Caroの住人たち~Caroどうぶつ病院のスタッフブログ~

Caroどうぶつ病院の看板犬・猫などのスタッフ紹介や院長のひとり言、院内の様子や新情報、病気のお話などを紹介します。

子金魚&new機械

2014年11月19日 09時49分43秒 | 病院のアレコレ
すっかり寒くなりましたね。

ハロウィンも過ぎ、当院でも早くもクリスマスの飾り付けをし始めました。

毎年、少しずつ飾りを買ったりして、ちょっとずつですが、変化を楽しんで頂ければと思います。
ちなみに今年はまだ検討中です…。


話は変わりますが…
昨年、夏祭りの金魚すくいで生き残った活きのいい金魚たちをもらいうけました。
その金魚たちの子どもが今年の夏に生まれ、何とか一匹!!!繁殖に成功しました!!!


素人が金魚を繁殖するのも、結構大変ですね…。今まで何百個の卵が犠牲(栄養分!?)になった事か…。

その稚魚一匹(まだ金魚ではない)と親たち(どれが母親でどれが父親かは不明)を今日、水槽を掃除したのを機会に生まれて初めて一緒の水槽に入れました。
親から生まれた卵は、大人の金魚たちと一緒にすると、おなかが空いているからなのか、パクパクと食べられてしまいます。
なので、卵から今の大きさまでは、子どもを隔離(保護)していました。

一緒に入れられた稚魚ちゃんは、他の金魚とはある一定の距離を保っているように感じます。

強い性格のDNAを受け継いだ子金魚なので、たくましく生きていくと信じていますが、どうでしょうかね~。

悲しいかな、自分の親がまさかそこに居るとは思っていないでしょうね~


続いて、新しい院内機器の紹介です。

新しい動物用眼圧計が入りました。

人と同じように、犬や猫も緑内障になったりします。
この眼圧計は従来の眼圧計と比べ、より正確な眼圧を、より簡単に短時間で測定してくれます。
また、従来ですと目に点眼麻酔をしてからでないと測定できませんでしたが、この機械は点眼麻酔をしなくとも測定することができます。
白いちっちゃなプラスチックの麺棒みたいなものが…

ボクシングのジャブのように「シュッシュッ」と動いて測定してくれます。
緑内障の診断や、緑内障予備軍の診断に活躍してくれる事と期待しております。

柴犬さんなどは、特に中齢から緑内障になる子も多いので、定期的な健康診断の際に眼圧を測定していきましょう。


二つ目は動物用簡易血圧計です。

犬や猫でも人と同じように心臓病や腎臓病の時に高血圧になったり、ショックや頭の外傷の時に低血圧になったりします。
そのような時や手術の時の定期的な血圧のチェックのために新しく、簡易血圧計を導入しました。
この血圧計は、人の血圧計と同じで手や足、シッポの周りに空気で膨らむベルトを巻いて測定します。
オシロメトリックの血圧計は、ドップラータイプの血圧計よりは、誤差が生じやすいですが、より簡単に短時間で血圧を測ってくれます。
診察の補助として活躍してくれる事を期待しています。


これからも、少しずつではありますが、院内設備を充実させて、より正確な診断と治療ができるようにしていきたいと考えております。
ご期待下さい。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 生もの!? | トップ | 新年明けましておめでとうご... »
最近の画像もっと見る