Carnal Engagement

大人のための真面目な blog

精神的な貞操感覚

2006-09-15 15:50:06 | ソープ
逆説的なようだが、風俗嬢、とくにソープの泡姫には、精神的な貞操感覚がしっかりしている人が意外と多い。

売春していて何が貞操だ、と言い出す人もいそうだが、本当のことなのだ。彼女達は、「仕事としてのセックス」と「自分の気持ち」とをはっきりと分ける。そして、後者についての貞操感覚は、押しなべて堅い。プライベートでのセックスは基本的に夫や彼氏など好きな相手とだけ。心を許すかどうかも同じく。夫や彼氏のいない姫であっても、やはり「好きでもない相手とは、仕事ならいいけど」という感覚が働く。

セックスで感じるかどうかも、この区分けでかなり違って来る。
もちろん、貞操感覚がしっかりしている姫の中でも、仕事としてのセックスで感じるかどうかの度合は、姫によって千差万別だ。仕事では全く感じないという姫から、仕事でも相手によってはそこそこ感じる姫、仕事中にオーガズムに達する姫だっている(プライベートほどでは無いにせよ)。

男性にはこの貞操感覚・線引きがなかなか理解しがたい。「仕事で誰とでもやってるんだからプライベートでやっても一緒だろう」などと考えて店外デートに誘おうとする困った客もあとを絶たない。
同様な話として、最近の日本の男性客には「キスNG」が理解できないという話がある。男性から見ると「セックスやらせてくれるのにキスが駄目ってのは貞操感覚として理解できない」という話になる。しかし、今でこそキスOKが当り前となった日本の風俗業界だが、世界的な売春事情を見るといまだにキスNGの方が圧倒的に多い。映画「プリティ・ウーマン」にも出て来たが、「仕事ではキスNG」というのが女性にとっての気持ちの線引きとして万国共通なのだ。日本の場合は、「セックスは禁止だが他はOK」という不思議な法律があったせいで、非本番系風俗が発達し、そこでセックスできない分を埋めるためにキスが標準サービスとなった。そうなったのはここ20年ほどの話だ。

私はこの姫の感覚を大事にしたいと考えている。姫の気持ちの線引きを敢えてこちらから越えようとは思わない。もちろん姫がそれを望むのであればそれはそれで良いことだ。しかし、私も含めた男性というものは「この姫はそう望んでいるに違いない」と自分に都合良く思い込みたがる生き物だということも承知している。
姫が仕事として接してくれる中で楽しむ、というのが私のスタイルだ。仕事でもそれなりに感じてくれるという姫であれば、感じてくれることが嬉しい。「姫を感じさせられる自分が嬉しい」では無い点に注意して欲しい。感じるか感じないかの決定権はあくまで姫の側にあり、私はそれを尊重する。だからこそ感じてくれることが嬉しいわけだ。一方、感じないが感じている演技はしてくれるという姫であれば、演技してくれることが嬉しい。実際のところ私は演技の上手な姫が結構好きだ。こちらの気分を盛り上げてくれる。それに、こちらの気分を盛り上げようとして演技してくれる気遣いは、やはり嬉しいものだ。

ところで、最初に「意外と多い」という曖昧な書き方をしたが、実際のところどれぐらい多いのかについては、私も定量的なデータを持っていない。ただ感覚として、相当に多そうだ、という気はしている。
もちろん業種や地域などによる差は大きい。風俗の中で一番貞操感覚が堅いのはまず間違いなくソープだろう。本番が仕事の一部として組み込まれているソープだと、そうでない他業種に比べて、やはり感覚が堅くなる。また、東京よりも関西の方がしっかりしている人が多いらしい。仕事を頑張るための明確な目標や確固とした自分があるか、という差も影響するらしい。
ただし、「相当に多そうだ」という感覚には、私の主観/好みが影響している可能性も否定しない。私はこういった姫の貞操感覚をリスペクトしており、ぶっちゃけて言うとそういう感覚を持っている姫が好きなのだ。何を隠そう今の馴染みが、この感覚についてかなりしっかりしている。私と馴染みはこの貞操感覚/気持ちの線引きについて何度か語り合ったことがある。「東京より関西の方が」「明確な目標を持ってる子の方が」というのも実は馴染みからの指摘だ。思い返すと、今の馴染み以外の昔通っていた姫にも、似たタイプの姫が多かった気がする。
コメント (3)

余裕

2006-09-10 14:37:49 | ♂と♀
風俗嬢のつぶやき に出ていた「嬢の恋愛」の話を読んで、根本的に“恋愛”というものは心に余裕がないと出来ない事 という箇所にはっとさせられた。
姫との恋愛についてはこの blog でも 姫に惚れること と題して記事を書いたことがあったが、今回はもっと広く一般的に「余裕」というキーワードで考えてみたい。

風俗でも恋愛でも、「心に余裕を持つこと」は恐ろしく重要である。

通常の風俗でも、ガツガツしている客や金銭的にセコい客は嫌われる。これは「余裕がない」ためだ。
高い金を払って風俗店に行く客としては「元を取りたい」と思う気持ちは当然と思う。しかし「なんとしても元を取らないと」と思ってしまうと、心に余裕が無くなる。これは姫も敏感に察知する。そうなると、相手を思いやる余裕も無くなり、相手の良いところを見つける余裕も無くなり、客・姫の両方に不満が残る結果になる。
特に客が擬似恋愛を楽しみたいなら、余裕はますます重要だ。姫が客に本当に惚れることは滅多に無いわけだがが、「個室にいる間はこの人が恋人」と自分に自己暗示をかけてムードを盛り上げようとする姫は割と多い。しかしその自己暗示も、余裕の無い客が相手だと簡単に破れてしまうのだ。
もしあなたが高い風俗店に行くことになって、「これだけの料金は自分にはかなりの大金だ」「これだけの金を払うのだから絶対失敗はできない」と思うなら、正直行くべきではないと思う。それより、自分の心に余裕を持てる価格帯の店に行く方が、結果として満足できることが多いのでは無かろうか。あるいは、高尾太夫のためなら(3年かけて貯めた)金を捨てても構わないと思った紺屋職人のように構えるか。

風俗でもそうだが、通常の恋愛でもやはり余裕を持つことは重要だ。余裕が無くなると、相手の気持ちを思いやる余裕が無くなる。
かれんさんは、嬢の恋愛について、嬢を好きだという“自分の気持ち”よりも嬢自身の気持ちを大切にする事が出来るならば と書いているが、姫との恋愛に限らず全ての恋愛一般について同じことが言える。

最近はいわゆるストーカーが社会問題化しているが、あれも「余裕の無さの悪循環」とも言うべきものが大きな原因ではないかと私は見ている。
実は最近、私の友人(♂)と別の友人(♀)との間で色恋絡みの揉め事があり、♂の方が半ばストーカーしかかるという困った事件に巻き込まれてしまった。私は以前より両方から相談を受けていて、たいへん頭の痛い思いをしていたのだが、かかる事態を防げなかったことはたいへん遺憾に思っている。
♂の方は以前から、「相手の気持ちを理解するよりも、自分の気持ちを相手に理解してもらいたいという気持ちの方が強い」という性格だった。その点には前から私も懸念を持っていたのだが。二人の仲がこじれてくると、♂の方は心に余裕が無くなり、「相手の気持ちを察する」ことができなくなり、「自分の気持ちを相手に伝える」方にばかり熱心となっていった。当然それがかえって♀の気持ちを遠ざけて言った。ますます余裕の無くなった♂は…とまあ完全な悪循環にはまってしまったのだ。
余裕の無さは、例えば「仕事も友人関係もうまくいっていない、もう俺にはこの人しかいない」と言った追い詰められた心理からも生じる。そういった環境要因と、相手の気持ちを察する余裕の無さが重なると、人間というのは結構簡単にストーカー化してしまう、のではないかと私は睨んでいる。

風俗で、姫の好意を勘違いして恋してしまう、あるいはストーカー化してしまう客が多いというのも、こういった「客の余裕の無さ」が原因ではなかろうか。
昔はいろいろ余裕のある人が「遊び」として風俗に通っていたが、最近ではいろいろ余裕の無い人が「救済」として風俗を求めるケースが目立ってきたように思う。うまく癒してあげられれば誰にとってもハッピーなのだが、難しいケースも多々あるようだ。

風俗で客が姫に惚れてしまった場合にはさらに難しくなる。いろいろと苦しい思いをすることになるので、まず確実に余裕が失われるのだ。「結ばれなくてもいい」とは前回書いたとおりだが、そこまでの余裕を保つのはそうそう簡単なことではない。
実は私も一時期心に余裕を失ってしまった時期があり、あの時は知らないうちに姫に迷惑をかけていたかもしれないと未だに申し訳なく思っている。この blog を読んでいる方々には、なんとかうまくやって欲しいと願っているところだ。
コメント

ローション

2006-09-09 20:27:55 | ソープ
ローションは、多くの風俗業界でマットプレイなどに使われる必需品である。堀之内でマットプレイが発明された頃は「泡踊り」などと呼ばれてボディソープが使われていたが、やがてローションに置き換わった。一日に何度もソープを使ってマットをやっていると姫の肌荒れがひどくなるが、ローションなら肌への負担がソープより小さくてすむためだ。それでもローション負けする人は結構いるのだが。

ローションはもともと、風呂に入れない寝たきり老人の清拭用に開発されたものである。私の父も10年前に末期癌が骨に転移し、延命治療を断ってぺインコントロール主体で死ぬまでの半年を過ごしたのだが、その際も清拭用にローションを使っていた。ベッドに寝たままでもこぼれないようにと粘性を高めて作られた液体が、あのローションである。
その医療用製品であったローションを風俗に転用してみようと最初に思いついた人は相当に凄い人だったと言わざるを得ない。

ローションの成分はよく「海藻成分」などと言われたりするが、それは大嘘で、実際はポリアクリル酸ナトリウムと呼ばれる化学製品である。増粘剤として食品添加物にも使われている物質なので、一応飲みこんでも安全ということになっている。しかし人によってはアレルギーとなることもあるので、あまり飲みこまない方が良いとは思う。

通常ローションはマットで使われるが、ベッドで使う技もある。マットでは全身ローションまみれでぬるぬるになるのに対し、ベッドだと少量を局所的に使う形になる。風俗以外でカップルがペペローションなどを使うようなケースだと、マットを持っていないだろうから、こちらの使い方になるのだろう。実際のところ技の幅はマットの方が圧倒的に広いのだが、たまに目先を変えるには面白い遊び方だと思う。今の馴染みが先日やってくれて、良いチェンジ・オブ・ペースになった。
コメント (1)

嬉しそうな姫

2006-09-06 23:50:46 | ソープ
私の今の馴染みは、いわゆる仕事系と呼ばれているのだが、ソープ技に加えて客に対する礼儀・心遺い・ムードの演出を武器にしている。客に「尽くされている」と感じさせるタイプで、最近は少なくなった仕事系高級店の本道とでも言うのだろうか。いわゆる恋人系だと「客に甘える」ことが武器になるが、そういう攻め方はしない。あくまでも自分は控え目に一歩引いて、客を立てる姿勢。接待に最適な姫だろう。
ところが、趣味/専門の話が盛り上がってくると、それが一変する。表情も声も生き生きし、客の話を聞くよりも自分の喋りたいことを優先するようになり、自慢話や軽口も出るようになる。仕事系高級店としては失格なのかもしれないが、私がこの姫を好きでたまらないのはまさにここ。
このツボを見つけるまでには結構かかった。初会が散々で、裏を返したときにまあまあ、三度目に入ったときに「女性は男性に本当のことを言わない」という話で盛り上がったのは前にも書いた通りだが、もっと盛り上がる共通の趣味の話題があるとわかったのは四度目だった。歯止めが効かなくなることは姫自身も自覚していて、普通は自制しているようだ。三度目である程度打ち解けていたから四度目につながったのだろう。それでもいまだに、別れ際に「今日も趣味の話ばかりしてごめんなさい」と謝られることがよくある。私がそっちを楽しんでいるのはわかっているだろうに。そこはやはり仕事師のプライドなのだろう。

私は昔からこういったところに惹かれ易い。ソープ嬢としてのきちんとした仕事や接客態度が身に着いているが、時おり素顔を覗かせる、というパターン。
「そのギャップが魅力的」というのもあるし、「それなりに心を許してくれているから普段はあまり見せない素顔を見せてくれる」という満足もある (中年貴族さんの自分だけ特別という話とか)。しかし一番大きいのは「姫が嬉しそうにしているのを見るのが好き」ということなのかもしれない。どんなメイクも笑顔には勝てない。私は「セックスで仕事を忘れさせるほど姫をいい気持ちにさせよう」などと言った大それたことは考えないが、「仕事を忘れるほど楽しい時間を一緒に過ごせ」たら嬉しいと思う。
メールアドレスの話のときに書いた5年目でアドレスを教えてくれた姫も、着うたを聴かせ合っている最中は本当に嬉しそうにしていた。あの姫も仕事師としてのプライドの強い姫だったが、そのときは二回戦目をしないうちに話だけで時間になってしまい、コールが鳴ったとき本当に驚いて、そして申し訳ないという顔をしていた。

もちろんこれは、いわゆる手抜きとは違う。仕事せずに済んで楽ができるから嬉しい、という姫なら大勢いるだろう。また、仕事のきちんとしている姫なら誰でも、というわけでもない。性格や興味の相性が大きい気はしている。
コメント