今日も眼の前から

眼にしたことを自然に連ねています

奨学金の返済であえいでいる若者が多いらしい 給付型(返済なし)の要望が多い様子! どうする日本社会?

2016年02月29日 20時49分57秒 | 日記・エッセイ・コラム

「奨学金返還が結婚に影響」という報道内容を見たけど、確かに大変でしょうね。

 

まあ、大変かと言えば「大変だ」と答えるに決まっていますから、どういう質問の仕方をしたのかも、詳しく載せてくれるとよりわかりやすいと思いますが。

 

そして、今の奨学金制度は結構な額を貸してくれますからね。

学生さんも、とりあえず借りておこうという考えもあるそうです。

 

ともかく、一年間で100万円前後借りれば、単純に計算すると4年制で400万円強、6年制であれば600万円強。

卒業時の借金が、これは太い金額です。

 

これを背負ってスタートするのは大変でしょう。

特に、医学、薬学のような6年生で国家試験に通らないと、言い方は品がないけど、元を回収できないことになり、さらに4年制大学以上の高額な借金持ちになると同時に、年もとっているので、再起が大変なわけです。

 

ただ、もっと大変な人達もいます。

大学の授業が理解できない等の理由で、中途退学した人達ですね。

 

この人達は、今の制度であれば、年100万円以上は借りることが可能なわけで、やめた年次に応じた多額の借財も抱えるわけです。

しかも中退。

 

こちらの方の再起はもっと大変でしょう。

 

ところで、今回の奨学金の借財のため、結婚に大変さを感じる旨が多いとした報道内容の趣旨は何なのか、そちらも気になるところです。

借金支払いが大変だから、チャラにしろということなんでしょうか。

 

それはそれで、後進のために、本当に勉強したい、優秀な素養がある者の貸与のチャンスを奪うことにもなりかねません。

 

その反動で、原資不足、審査強化といった変化も生まれ、修学機会を失う者もあらわれるかも。

 

ただ、今後の姿は未知数であっても、今できることは、貸す方も、借りる方も、今よりはもう少し慎重にお金に向きあうこと。

 

具体的には借りすぎないこと。

貧乏人は教育を受けるな!と言われそうですが、そういうことではなく、将来の返済を考えて借りたほうが良いということです。

 

僕も借りてましたから、今より少ないとは言え、12年間返済するのは借りていたから仕方がないのですが、それでも苦痛には感じます。

 

ましてや今の学生さんは卒業時、僕の4倍から8倍の額を背負うのですから、重いでしょう。

ですから、借りるのは慎重にした方がいいです。

 

そして、社会としては、少子化で学生を確保したいとする大学、特にお金のかかる私立大学とどう向き合うか、考える時期になっているのかもしれません。

 

※ 補助しろ!ということではなく、本当に存在した方がいいのかどうか、少子化社会の中でその存在意義を(個別的に)考える時期ではないかということです。

(こういうことは私立大学から恨まれる内容でしょうけど。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

40代男の職探し日記にある奨学金 

http://oshimasa.com/rework/employee-3/

コメント

野々村竜太郎被告は26日に保釈 神戸地方裁判所も疲れたかな? 世の中いろいろです?

2016年02月27日 10時25分55秒 | 日記・エッセイ・コラム

今朝もHOTというか新しいネタ、そうでもないもの等々目にしましたが、あれはどうなんでしょうね。

釈放された野々村竜太郎被告、保釈金を積んで、要するに800万円で、本人自身を本人が身うけしたような感じに見えますが。

 

お金持っているのですね。

それとも親族がかき集めたのかな。

 

詳細はわかりませんが、ともかく勾留を解かれたことだけは間違いないようです。

次の公判は結審ということで、審理は終了するようですから、今からでも少しは素行を良くしておいた方がいいですよね。

 

でも、神戸地方裁判所の人も疲れたでしょう。

あのようなへそ曲がりというか、精神的軟体生物のような人と関わっていると疲れる?

 

僕なら、そういう機会はまずないでしょうけれど、まずはご免蒙る・・ですね。

 

いろいろな人がいるとはよく言われますが、多くの人は一般論として、どう思っているのでしょう。

こういう人には出会いたい、出会いたくない?

 

コメント

シャープ ホンハイ外資のもとか 冷蔵庫等の白物家電の美味しいとこはどうなる?

2016年02月26日 08時12分32秒 | 日記・エッセイ・コラム

シャープが台湾の力を頼らないとダメか。

とうとう、こうなってしまったかという感じだけど、やむを得ないのだろうか。

 

かこれで、台湾を通じて、中国大陸にまた日本の技術を渡す素地を与えてしまった。

 

シャープは確かに、日本では失礼ながらもあまりパッとしない感じはあるが、それでも白物家電は他のメーカーと遜色のないものを作り上げる力はあると思う。

 

そもそも、白物家電においては、技術的な優位性を感じさせるものはない。

安いかどうか、配達してくれるかどうか、消費者の考えるところはその程度だから。

 

ということは、シャープの技術も侮れないものがあると思うわけですよ。

それなのに、外資、よりによって、将来の日本に災いを成すかもしれない中国につながるところに売ってしまうとは。

 

どうなるかな。

日本人って、わりと凡庸・・ボンクラ?、今までの日本人が作り育ててきた技術を、しかも日本のほかのメーカーも同様に持っていると思われる技術を渡してしまうのだからね。

 

つい、僕はそんなふうに見てしまった。

コメント

地方創生の取り組み 大きく踏み出す 国機関移転 文化庁京都移転か?

2016年02月25日 15時47分08秒 | 日記・エッセイ・コラム

文化庁・・京都ならいいや!という声も聞こえそうだけど。

地方創生の取り組み、石破大臣の意気込み。

 

どうなるかですね。

文化庁と消費者庁の移転について。

 

どうしても中央省庁の人達からすると、東京を離れることは気持ちが沈むことになるとでしょう。

元来、東京に遠いところに住むかどうかよりも、東京にいることに価値があると思ってい人が多いでしょうから。

 

ここは単に地方創生だけでなく、官庁の「東京大好き意識」、もうちょっと言うと、「東京得だね意識」を削らないと変わらないでしょうね。

外野も含めてね。

もちろん、これ想像。

 

どうしても、文化庁はともかく、消費者庁は「都落ち」というふうにしか、本人達も外野も見ないだろうから。

 

結局、こういう見方が定着していくと、仕事も三流という視点になって、あってもなくてもいい存在、これが怖い。

とりあえず、どこか泣いてくれ!我慢してくれ!的な創生にならなければいいのだけどね。

 

だからこそ、ここで経済産業省あたりを長野に持っていくとかね。

防衛省は群馬にサンダーバードのような秘密基地を作るとかね。

 

東京が地震で壊滅した時、動いてもらわないといかん官庁は地方優先とかね。

 

ちょっと高級官僚?と呼ばれそうな人種も、地方に根付かせないと本当の意味での再生には繋がらないような気もします。

 

変な言い回しになったけど、別に文化庁と消費者庁がアカンという話ではない。

地方にある官庁は三流官庁、都落ち官庁と呼ばれないような工夫も同時に必要と感じたということ。

コメント

ドナルド・トランプ氏が共和党ネバダ州党員集会で勝利! 大統領選に向けまた一歩前進 頼りに見える?

2016年02月25日 08時36分10秒 | 日記・エッセイ・コラム

トランプ氏が移民・不法入国者が多いとされるネバダ州の党員集会で勝利したらしい。

これで、大統領への道を一歩前進させたようだ。

 

しかも、ヒスパニック系が州人口の約3割を占めているとあり、よくこういう地域で勝てるな?と不思議な感じもする。

が、とにかく勝利したのだからある程度の支持もあるのかもしれない。

 

この場合は二通り。

一つは移民を、不法入国者を排除したく、苦々しく思っている者からの支持。

もう一つは、ヒスパニック自体の支持。

 

意外と、このトランプ氏、ふところが深いのかもしれない。

とにかく、既存の政治には飽きているのかも。米国民は。

 

ヒスパニック系や不法入国者は仕事を求めてきたのだから、それを与えようというようなことを言ったのか?

それはわからないが、ともかく、トランプ氏が爆進中のようには見える。

 

ちょっと前、日本と中国と韓国は米国の冨を奪っているような発言があったらしいが、他の2国はいざしらず、日本は互恵を主体としていると思うのだが、だめかな?

 

とにかく、日本に対して、好意的に見てくれると、日本人としては嬉しいが。

そんな感じになってくれないかな?

・・・

風邪が治ってまずは復帰第1日目の書き込み。

僕の風邪など、どうでもいい話だが、世の中、動きが早いことだけは間違いない。

ところで、全然関係ないものをここに。

再就職活動ヤローの日記らしい。

http://oshimasa.com/

 

コメント

老人ホーム施設の転落死 殺人事件 理屈抜きで怖い時代!

2016年02月19日 01時09分54秒 | 日記・エッセイ・コラム

原因はいろいろとあると思う。

給料が低い。

 

いうことを聞かない老人。

暴れる。

 

介護要員への過大な要求。

以前、自分自身も親をそういう世界に置いたことがあるのでわかるが、そういうことがあってもおかしくはないと思う。

 

父親が怯え、施設から出た時の顔と、車に乗り込んで連れに寄りかかるようにして、安心した顔を見た時はびっくりしたものだ。

あれほどのスパルタンが、痴呆になるとこうなるのだ!

 

して、もっと驚いたのは、体中の打痕の跡。

すぐ察しがついた、頭は呆けても体が元気だから、周囲の人はもてあましたのだ。

 

もう10年以上も前の話。

その父親も今はいない。

 

しかし、施設を責めることはできないと思う。

もちろん殺人はよくないが、人は少ないし、なんと言っても介護員への処遇は低い。

 

それは自分自身が介護をやってみないかと言われた時に断ったことがあるからだ。

それだけ低いのだ。

 

繰り返すが、僕自身ができないと思ったことをやっている人達が働く施設を悪くは言えない。

だが、中には悪い奴もいるのだろう。

 

だから、父親はあざを作ったし、今回は殺人だ。

とりとめもないが、とにかく、処遇の改善を行い、国が消費税を上げるのなら、それを財源に職員彼らの処遇を改善してやればいい。

 

の上で、悪い奴は厳罰にする!

どうだろう!

 

こういうのは・・こうするしかないと思う。

あの若い職員もどこかで変節したのだと思う。

 

国は真剣に考えるべきではないか。

変なスキャンダル攻撃と防御の国会論議よりもよほど大事なことだと思う。

 

今回の事件を単に受け流すようなら、国会議員は毎日言葉を遊びをしている、庶民と隔絶した単なる金持ち集団だと思うな。

つい、いつも以上に真面目に受けとめてしまった。

コメント