じいたんばあたん観察記

祖父母の介護を引き受けて気がつけば四年近くになる、30代女性の随筆。
「病も老いも介護も、幸福と両立する」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バッハ「インベンション」と、ショパン「幻想即興曲」

2005-06-23 13:54:56 | 音楽
※設定ミスで「コメント受け付けない」になっておりました(ToT)
 修正しましたので、どうぞどしどしお願いいたします…(修正6/25 6:18)

たかがアニメのエンディングテーマである
wind (明星)

以前のエントリでご紹介した、この曲を演奏してみようと試みるとき、

何故か、全然似ていないはずの、「幻想即興曲(ショパン)」を思い出す。
(ピアノを弾く方はなんとなく解ってくださるのでは。)


-------------------------


小学3年の終わりくらいのこと。

ソナチネは小2の夏で卒業し、
ソナタも簡単にやってすっ飛ばし、

私の先生が、私だけのために選んだ、カリキュラムは
バッハの「インベンションとシンフォニア」だった。
(ハイドンとかシューベルトとか、そういうのは弾かせてくれていたけど、 
 メインの教材が「インベンションとシンフォニア」だったのだ)

子供の私には本当に本当に苦しい訓練だった。

…けれど、
「両手の筋肉をバランスよく鍛え、全ての指のコントロールを均一にする」
という目的があったから、
すごい我慢しながら頑張った記憶がある。

曲は嫌いじゃなかった。むしろ好きだった。
だけど、本当に本当に手ごわくて、奥が深くて、辛かった。


(間の時代は、複雑なので省略。またいずれ)


その後、とうに親元からも離れた16歳の頃、
バイト代で通っていた、新しいピアノの先生に
「たまちゃんは、本当はこっちのほうが向いているんじゃない?」
と、
ショパンの「幻想即興曲」を弾かせてもらえたときのこと。


愕然とした。


あれほど鍛えたはずの左右の手。筋肉のバランス。
苦しい苦しい訓練に耐えてきたはずの、あたし。
そんなものは土台に過ぎないと、思い知らされた。

あの、ダイナミックなのに繊細な曲を弾く感性を、
自分の中に育てる努力を怠ってきたのではないかと、怯えた。
楽譜を見るのが、怖かった。


だか、幻想即興曲を練習していくうちに、段々と、何かを「手が」理解した。

幻想即興曲は、聴き手に合わせて
弾き方を変えることができる、とても自由な曲なのだ。

確実な指の動き、音をコントロールできる筋力と持続力。
これがあって初めて、聴き手の心に、そして自分の心に
寄り添うような演奏を実現できるのだ。
 
そう思ったら、弾くのが、楽しくなった。
そうだ、あの訓練に耐えたからこそ今、あたしは自由に
この曲を弾けるんだ。

だったら、あたしにしか弾けないショパンを。
自信をもって。
上手くなくてもいい。精一杯のショパンをあたしは、弾きたい。


…今でも、介護に挫けそうなとき、あのときのことを思い出す。

下に紹介している本は、ショパンを割と本格的に、演奏してみたい人に
いいかなと思う練習本です。CDついてます。

私自身は、例の、あの、一曲ずつの楽譜で練習したのですけど、
アレ何ていいましたっけ?教えてはれうさん&偉い人!


珠玉のショパン名曲選〈幻想即興曲〉

ドレミ楽譜出版社

このアイテムの詳細を見る



◆追記(7/16)"三日でひとまわり"の、「バッハとわたし」にTBしました。

◆追記(7/19)"かっこうのつれづれ"「ミュージカル・バトン」にTBしました。
コメント (9)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 病気の症状としての「妄想」... | トップ | じいたんの行きたいところ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
では早速 (はれう)
2005-06-25 15:22:46
改めまして、こちらにもカキコしまーす。

一曲ずつの楽譜って、『全音ピアノピース』かなぁ、と思ったのですが。

今検索してみても、見覚えのある表紙とは違うんですよねぇ。

うちで買っていたソレは、表紙の下の方が、濃い緑色で横線がいっぱいあって、

下に行くほど太くなってる、そういうやつだったんですけど。

それのことでしょうか?

そう、それです! (介護人たま)
2005-06-25 22:25:10
『全音ピアノピース』。ああなつかしい…



ベージュベースの表紙で、中央部分あたりから、濃い緑色の横線が段々、下に行くにしたがって太くなっていくやつ。

譜面の裏表紙に、AからFまでの難易度が表示されているんですよね。

んで、やっぱしランクFまで全曲を弾きたいよね、なんて思いつつ、裏表紙見るのが楽しかったな~…。

今はデザイン違うのか…。

私あの楽譜で弾くの好きだったです。とても。

ほんまいつもすみませんありがとうございます



追伸:「月光の曲」の第三楽章、弾くの楽しくて、凄い好きだったです。今、事故で手首も痛めていて、握力とか信じられないくらい落ちて。

もう弾けないかもと思うとかなしいな…
なつかしーなあ (たまと)
2005-06-26 09:08:55
おはようございます。



私が幼い頃は、女の子はピアノを習うのがとても流行っており(今もかな?)私も習っていました。たまさんのような高尚な思いは一切しませんでしたが、美しい音楽は感じることができました。



私はソナタくらいまででやめましたが、まだ幼かった弟なんて感動して聞いてくれてました。私ははっきり言って下手なのですが、先生に「モーツアルトがあってるわね」とおだてられ喜んで弾いていました。この言葉はずっと覚えているので、いかに人を誉めることは大切か、の見本です。



ドビッシー、バッハ、ショパン、みんな素敵ですね。息子たちはジャズピアノを弾けるようにと習わせてみたが、二人とも挫折しました、残念!
ジャズもいいですよね>たもとさんへ (介護人たま)
2005-06-26 09:51:30
習うチャンスはなかったけれど、やってみたかったです。性格的にはあっちのほうが私に合っているかもしれない。



「ララバイ・オブ・バードランド」っていう曲。

小4のときのクラスメイトが、教室のオルガンで良く弾いてくれて、耳で覚えて、弾いていました。

タイトルを知る機会がずっとなくて、悲しかったのですが、

受験勉強でいっぱいいっぱいになっている教え子(家庭教師というかたちでその時はかかわっていました)を、気分転換させようと連れて行ったジャズ・バーで、たまたま演奏されて。

20年たってやっと、題名を知ることが出来たときは本当にうれしかった。



たもとさんもピアノ習っていたんですね。

たおやかな弾き方をなさるんだろうな、と何となく想像しています。
持参しました (はれう)
2005-07-16 14:54:11
こんにちは。

早速トラバお持ちしました♪いつもありがとうございます

ありがとうございます>はれうさん (介護人たま)
2005-07-16 16:27:30
こんにちは!

やっぱクラッシックのことは、はれうさん。

ほっとしました。いつもありがとうございます

次、ベートーベンの話を書こうかなーと思っていたんですけれど、はれうさんも扱うとの予告が。

いい感じにマッチしそうだったらまた、よろしくでつ
こんにちは (うさと)
2005-07-19 15:52:10
めぐりめぐって、お邪魔しました。先日バッハの記事を書きましたが、ピアノを弾く方の記事、興味深く読ませていただきました。ララバイ・オブ・バードランドも大好きです。うれしくなってしまいました。勝手ながら、バッハの記事トラックバックさせていただきました。よろしくおねがいいたしますね。
うさとさまへ (介護人たま)
2005-07-20 00:09:24
TBありがとうございます。ようこそお運びくださいました。

Kenさんの所で盛り上がっていた「バッハ談義」がきっかけで、うさとさんの記事も、こっそりRomさせていただいております

TB記事、うちの読者さまも喜んでくださると思います。

本当にありがとうございます。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
幻想即興曲より (匿名)
2009-06-19 02:43:20
バッハのインベンションのほうが音楽的に難易度高いんだよー…。幻想即興曲はショパンが引き出しに入れっ放しにして忘れてた程度なんだから。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

◆バトンはバトンでも“Musical Baton” (デンドロ・カカリア)
フラフラBLOGのフラフラさんと「MXFXの日々是ライブドア日記」のMXFXさんから“Musical Baton”のバトンを頂戴しました♪“Musical Baton”とは何ぞや?こちらで“はてなダイアリー”の解説があります。5つの質問を答えて、次のBLOGへ繋げる不孝の手紙に似ている事です!(笑
バッハとわたし (三日でひとまわり)
5人目の先生に教わっていた頃。そして大学の1年生の頃。 ピアノの基本だからと練習していたのが、 バッハの『インベンションとシンフォニア』である。 ピアノ弾きさんのうちの大多数は、これはイヤ、とおっしゃるくせものだけど、 中には、好きという人もいる。私も、その
平均律上のバッハ (うさとmother-pearl)
私は、ただただ音楽を聴くだけの人でピアノお稽古もしたことはないし、初めてのクラシック体験は百科事典の付録のソノシートで聞いたシューベルトの「野ばら」だった。だから、バッハのこともよく知らない。 バッハという人はエピソードを語られない人だ。モーツアルトもベー