あっぱれ日本車 / されど日本車

世界に誇る日本のクルマの素晴らしさを感じて欲しーな

木曜日スズキ「スイフトの次を期待してます」

2013-02-28 | スズキ
  「世界のトヨタ」のグループ企業のダイハツと長年、国内で激しい軽自動車市場で争い続け、最近になってその軽自動車市場に「世界のホンダ」が参入してきてより激しくなった。さらに「世界のGM」とM&Aがらみの訴訟を抱えて、北米市場から追い出されつつありながらも、「世界のVW」を相手にインド市場で堂々のトップを走るのがスズキです(もちろん「世界のスズキ」です)。これだけビッグな企業に囲まれながらも自力で販路を切り開く姿は、全産業の日本企業にとってお手本のような会社であり、日本人として胸が熱くなります。

  そんなスズキなので、当然に熱いクルマファンが多く、実質的なフラッグシップモデルの「スイフトスポーツ」が人気です。スイフトスポーツ(スイスポ)はデザインに優れているだけでなく、1.6Lでこのサイズのクルマとしてはパワーのあるエンジンを積んでいて、しかもMT設定もあるとても気の利いたクルマになっています。ただスイスポはクルマ初心者にその魅力がすぐ伝わる種類のモデルではない気がします。クルマが好きな人にとっては、比較的低価格で運転して楽しいクルマが買えるのですが、新車で200万円くらいするので、コンパクトカーとしては割高な印象と感じる人も多いとは思います。

  スズキのラインナップには、スイスポのユーザーに次に勧めるクルマが見当たらなかったりします。もう1車種くらいデザインとスペックに優れたクルマがあったほうが、ブランドとして魅力的になるのでは?と思います。たしかにミドルサイズセダンの「キザシ」がありますが、スイスポがBセグとするとキザシはDセグになるので使用環境が大きく変わってしまって乗り換えにくいの気がします(というよりほとんどないかも)。キザシは北米市場を目指して作ったセダンだったのですが、先ほど書いたように北米最大手のGMと司法で争っているスズキは北米からの実質的な撤退を余儀なくされています(生産中止になる模様)。

  スイスポは人気車種なのに対して、キザシは知る人ぞ知るクルマになっていて、いくらクルマが大型な北米でもラインナップが揃ってないと、ブランドとしてクルマを売りにくい部分があるのかな?と思います。GMの傘下として、シボレーやビュイックのチャンネルで販売できればいいとは思いますが・・・。やはりスイスポより一回り大きくて、スイスポと同じような人気のCセグサイズのモデルを用意した方が、日本国内でも北米でも売りやすいのでは?と思ってしまいます。ぜひスイスポユーザーが喜んで乗り換えられるような、Cセグのセダンもしくは3BOXタイプのスポーツクーペをつくれば、国内では意外とライバルが少ない気がします(ハッチバックは国産・輸入ともライバルが多い)。

  あえて3BOXにすることで、スズキのイメージも大きく変わり、スイスポでは引き付けられなかった新たなファンが獲得できるように思います。かつての日産シルビアのような「古典的」なクルマはトヨタ以外のメーカーは、念頭にグローバル展開があるので参入しずらかったりしますが、スズキにとってはその状況がむしろ好都合で、他の日本メーカーとは違う新興国市場でCセグの「日本式クーペ」をヒットさせることもできるのではという気もします。さらにスイスポのユーザーをスイスポとは違うタイプのスポーツカーに乗り換え時に誘導できるので、とても良いと思います(スイスポのファンはやはりスポーツカーが好きなはずなので)。

コメントを投稿