いけいけ!!ボランティアナース

日々の出来事等を書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

認知症について

2007-11-27 11:32:52 | いけいけ!ボランティアナース
今日は先日行われたヘルパー研修について書きます。

『認知症の介護と対応のコツ』というテーマでの研修でした。

よく物忘れが多くなって心配になったという方を見かけますが
健常者の物忘れと認知症の物忘れは違うそうです。

健常者の場合、体験の一部の物忘れで少し時間が立つと思い出せる。
認知症の場合、記憶の全体ごと忘れ、思い出すのが困難になる。
ということです。

そして介護するご家族がたどる段階があります。

はじめのうちは、認知症の高齢者に振り回された家族も、
段階を経て、最後は受け入れることが出来るようになります。
段階的にはおおよそ段階に分けられます。

①戸惑いと否定…今までの親の姿と現在の姿のギャップ。
        認知症であることを否定したり、相談できずに悩む。

②混乱、拒絶、いかり…認知症が改善されず介護がますます困難になる。
           家族は混乱状態に陥り、怒りの気持ちが起こり  
           心身ともに疲労困憊して拒絶の対応となる。
           常識的な対応が認知症を悪化させている可能性。

③あきらめとわりきり…介護者は徐々に介護のコツをつかみ割り切りも出来
           混乱も少なくなってくる。

④受け入れ…認知症に対する理解が深まり、目線が他の場所を見れるようになる。

以上の段階です。

どんなに認知症が進行した人であっても、一個人として尊重することが大原則。
相手の自尊心を尊重し大切にしながら生きる意欲を
引き出せる援助を行っていくことが大切。

ということです。

これから、高齢者はどんどん増え、このようなケースも
かなり増えると思います。

ぜひ、いろいろなところで情報を得て、悩まず、皆で支えあって
いければいいですね。

(参考文献…みんなの健康とくらしシリーズ 新企画出版社)
コメント

すっかり秋も深まりました

2007-11-13 15:23:53 | いけいけ!ボランティアナース

11月も半ばになってきました。
秋も深まり朝晩はすっかり冷え込んで
風邪を引いている人もたくさんいます
気をつけましょう

秋といえば読書の秋、美術の秋といろいろな趣味に
いそしみたくなってきます…

デイサービスくげぬまでは毎月趣味の時間があって
今回はかわいらしいフラワーアレンジメントを作りました。
プリンなどのカップを使って中にオアシスを入れて
花を活けました。
かなりかわいいです
エコ生活です
すぐに出来るし、造花でもいいので
ぜひ作ってみて下さい
コメント (2)