いけいけ!!ボランティアナース

日々の出来事等を書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お盆も終わりました

2007-08-21 15:45:33 | いけいけ!ボランティアナース

相変わらず暑くてたまらない日が続いてます
お盆も終わり、また平常通りの日々にもどりました。

といっても介護のお仕事にはお休みなんてないですが…

この暑さで家の中でも熱中症が起こるそうなので
本当に水分をよく摂って、気をつけないと

イブの赤ちゃんたちです。
2ヶ月経ちました
もうかなり元気で飛び回るので、3匹一緒に写真を撮るのが
至難のワザです。
しかしバッチリ撮れました

では『いけいけ!ボランティアナース』の感想です。


「いけいけ!ボランティアナース」を時間をかけて熟読させて頂きました。
以前から拝読したいと思いながら、入手できなかったので
嬉しく読ませて頂きました。
何と気っぷがよく、思い切りがよいペンタッチの運びに、時々声を発して
笑ったりして、とても愉快で、そして真剣勝負をかけての菅原さんの苦闘の行動に
私はうなりました。
今までの菅原さんの全貌が、今ここにはっきり見えてきました。

こんな凄い人と出会えたなんて。それもナースという共通店をもって結ばれている事が
私は心から喜びを実感しました。
賛同者の多くの人の声が、十分に伝わってくる感じがします。
これほどまでに、理念と強い使命感をもって、10年間も頑張ってこられたことに
本当に頭が下がります。

 私自身のナースとしての使命感は、一握りのものでしか過ぎなかったことが
改めて身にしみる思いがしました。
それ故に菅原さんがナースの代表者としてありったけの、取り組みを続けてこられたことに
尊敬の念が盛り上がってきました。
行政とのやりとり、同じ専門職との戦い、マスコミ戦略、厚労省に対する毅然とした
対応などなど、随所に限りなく痛快にして、ワクワクしました。

菅原さんの思考力や行動力や言動が、口幅ったい言い方ですが
私自身と共通点がいろいろと似通ってると感じているので、勿論菅原さんの足元には
及びませんが多くの事が共感しています。と同時にナースを代表して
代弁して下さっていることが本当に感動しております。
文中に出てくる、時代の移り変わりとその歴史が刻まれていて、学問的にも
歴史的にも大変よい勉強にも繋がりました。
よく研究なさいましたね。(略)


コメント

花火大会

2007-08-07 15:14:39 | いけいけ!ボランティアナース
今日も相変わらず暑いですね。
夏ですからね

そして今日は江ノ島の花火大会です。
おかげで朝から車が混んでるようで
事務所の人たちも、ご利用者様宅に伺うのが、大変そうです



『いけいけ!ボランティアナース』の感想です。

キャンナスの発足、ちょうど10年前だったんですね。
(略)
菅原さんの介護生活の苦労と、そこからの気づきで立ち上げた
キャンナスの活動、あれから、こんなにも沢山のハプニングが
あったのだなと、改めて知りました。
行政との戦い、組織内での対立やしがらみ、人に助けられたり
裏切られたり本当に色々なご苦労があったのですね。
そして、世の中、何て理不尽なことが沢山あるのだろうと思い
ました。ナースであるが故に、ヘルパーが出来ることが出来な
いなんて。誰が考えてもおかしいけれど、従わなければならな
いことの多さ!

それと同時に、この世の中、色々な場面で、理不尽なことが、
多すぎることに私も
困惑しています。こんなことを、より考える(遭遇する)ように
なったのは、30代になってからです。
今の職場でもそうですが…。プライベートのあらゆる場面でもそ
うです。
私もそんなことはおかしい!と食い下がってしまう性質なので、
本当に辛くなることもあります。

そんな中で日々生活する私に、この本は勇気と元気を与えてくれ
ました。内容も、とてもわかりやすい表現で書かれており、すら
すら読めました。きっと、医療・介護関係以外の一般の方にも、
読みやすいようにご配慮されたのでしょう。
                                 K様
コメント

夏到来!!

2007-08-02 14:34:49 | いけいけ!ボランティアナース
梅雨も明けて、いよいよ夏がやってきました。
やっぱり夏は暑い!!
今朝方、急に雨も降り、とてもムシムシして暑くて体力消耗です


『いけいけ!!ボランティアナース』の感想です。


『いけいけ!!ボランティアナース』を読ませていただき、
菅原様が介護を体験されそこから本当に介護をお心に抱き、
キャンナスを立ち上げられたこと。
「困っている人の役に立ちたい」「自分の能力を発揮でき
る場が欲しい」「充実感を得たい」と思っているスタッフの
方々を集め、そして何より1番強く「心から喜んでもらえる
介護がしたい」と思っていらっしゃるのが菅原様ということ
もよくわかりました。そのような強い思いを実際に形にする
ことは本当に難しい道なのだということもよくわかりました。
強い菅原様の信念が沢山の人々の心を動かし、行政を動かし、
新しい介護の形が出来てきたのだと思いました。
とても勇気づけられました。
コメント