いけいけ!!ボランティアナース

日々の出来事等を書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西日本豪雨災害報告

2018-07-23 17:54:19 | 大震災
7月20日 記

キャンナス代表の菅原です。

岡山真備で日々キャンナス仲間が頑張っています!!!

菅原さん今回の活動資金は?
と聞かれ答えられない私。

見境なく困っている人のところに飛んでいき、誰か助けて〜〜!!!と住民さんの声を代弁。
集まってくれる志高い多くのナースに支えられ、311以来色々なところで活動してきました。
そして今回も・・・

全額自己負担で、自己決定自己判断自己責任で入ってきてくれる優しいナース達。現地の方々がどれだけ救われているか。

24時間張り付いている私たちに市の方が配給の物資を一緒に食べていいと言ってくださったのは7月11日。
それが、ダメになってきて、みんな車で遠くまで買い物に行きます。
ポットもないためレトルトも使えず。(ポットは明日入ります)

環境を整え、長期滞在者にはせめて食事代くらいは補助したいです。

如何か皆様キャンナスの活動にご理解いただき寄付をください!!

予算がないから撤退!なんていう団体を見ると悲しくなります。

困っている人がいるからそこにキャンナスは行く!!そして寄り添う。

そんな活動をするためにご協力をお願いします!!!!

・ゆうちょ銀行からのお振り込み
  00230-5-136630 特定非営利活動法人キャンナス

・ゆうちょ銀行以外の金融機関からのお振り込み
  当座預金 支店名〇二九(ゼロニイキュウ)0136630
   特定非営利活動法人キャンナス

  

お願いします!!!!!お願いします!!!
コメント

西日本大豪雨①

2018-07-11 14:13:52 | 大震災
この度の西日本豪雨において、被災された多くの皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。

さてキャンナスでは7月10日より、キャンナスの代表である菅原をはじめ、
各地の代表達が順次、倉敷市真備(まび)町の薗(その)小学校体育館に入り
支援活動を行っています。

focebookやメーリングリストでは、様子が伝えられていますが
特定の方のみとなっておりますので、ここでお伝え致します。





ここは約200人、認知症の高齢者の方や1週間後帝王切開で出産予定の方、
小さな子供さんのいるご家族が入っておられます。
電気は通っていたたようですが、今日から体育館に冷房が入り、随分環境が
改善されたと被災者の方々は感じておられます。
日中は泥まみれになった家を片付けて、足を怪我しそこへ泥が付き、傷の
手当てを求めて来られる方、やっと持病の薬を持ち出せ服薬できるも血圧
や心疾患の不安な方、冠水した水は引いたものの、その泥が乾き砂漠のよ
うに砂が舞い上がるため、眼の感染や喘息を引き起こす恐れも感じます。

トイレは水は水栓が流れ、やや泥が上がってますが、こまめにゴミ捨てや
手洗い場も清浄に保つ手入れをされています。

この段階でのキャンナスでの活動スタートとなりましたので、避難所での
生活をお支えしつつ、健康管理相談対応から早速入り始めています。

医薬品等がこちらの避難所にはまだなく、明日にとなりの避難所に入って
いるものを分けてもらいます。
そのため持参した消毒液とペットボトルの水、絆創膏とティッシュでの対応。
体調不安の方は、じっくり話をお聞きし不安解消の対応だけで落ち着かれて
おり、医師への緊急の要請は今のところありませんでした。
               (キャンナス滋賀犬上 久堀代表より)
コメント

熊本地震ボランティアさん急募です

2016-07-04 11:30:30 | 大震災
熊本地震が起きてから、もうすぐ3か月が経ちます。
6月半ばにも震度5弱等の地震があったり、
この時期でもまだまだ不安な要素があります。

避難所での生活を続けている方の不安を解消するお手伝いとして活動が続けられています。
6月中は長期的に関わってくださったボランティアの方がいてくださいました。

避難所生活も住民の皆さんの疲労が強く出る時期です。
仮設に入居したから安心できるわけではありません。
すでに使いにくさや仕様に関しての苦情が聞かれています。

そして看護師としての活動はもう終わったと認識している人もいる状況です。
急性期とは違った問題が起きています。

現地ではまだまだボランティアの方のお力を必要としています。

是非皆様のご支援をお願いいたします。

コメント

熊本地震 6月4日

2016-06-08 17:04:43 | 大震災
キャンナスの現地スタッフより。

気象庁は昨日、九州を含む西日本と東海が梅雨入りしたとみられると発表しました。
地震で地盤が緩んでいる状況では土砂災害、そして河川氾濫などの災害が懸念さ
れます。
これ以上、災害が起きないようにと祈るばかりです。

甲佐町の応急仮設住宅が90戸、3日に完成して今日から入居が始まったそうで
す。(90世帯250人)
1戸あたりの敷地面積や通路を東北の仮設より広くして、床や畳表に県産材を活
用しているそうです。

そこまではいいのですが仮設住宅の写真を見て、ん???となってしまいました。
風除室がないのです。梅雨の時期だというのに・・・
これでは部屋の中に靴を脱がなくてはいけないし、風の強い日には雨が吹き込ん
でしまいます。
台風の季節ならもっとです。それとも台風が多い地域なので風除室は台風に耐え
られないとか・・・まさかね。
やっぱり後から追加で付けるのでしょうか?入居を急ぐのは分かるのですが・・・
東北での仮設でも、風除室が必要ということになり、後から取り付けたという経
験をもっと生かして欲しかったです。

コメント

熊本地震 6月4日

2016-06-08 16:46:41 | 大震災

キャンナス現地スタッフより

最近、TVや新聞では熊本の事があまり報道されなくなっている。という声をよく耳にします。
同じ九州の鹿児島に住む友人でさえ、情報が入ってこない、どうなってるの?と電話があったり・・・

昨日アップさせていただいた嘉島町町民体育館避難所のように、皆様の力を必要とされている
方達がまだまだおられます。

早いところでは今月中に仮設住宅に移れるところもあるようですが、戸数が全然足りていない
状態で、避難所での生活はまだまだ続きそうです。
感染症や食中毒などが懸念されますが、それ以上にこの先の生活の不安、長期での避難所生活に
おけるストレスによる心労が大きくなります。

熊本ではまだ何も解決していません。むしろこれからが被災された方々には辛い時間が始まります。
キャンナスや、他のボランティアで現地に入られる皆様には被災された方達に寄り添い、生きる気力
を失いつつある方達を支えてほしいと願います。
コメント