子宮頸がん治療のはなし+副鼻腔がんも少々

2004年の年末に手術しました。
不具合はありますが元気でやっていますよ!
不安な人は気軽にコメントをどうぞ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

患者の時間と医療者の時間

2020年03月06日 22時15分47秒 | 家族のがん

おかんが入院になって早・・・・何か月??

季節が冬から春へと変わろうとしている。

起き上がると頭痛と吐き気に襲われるため、寝たままで過ごすことを余儀なくされている。

 

以前から、「看護師さんは忙しいから」とよく言ってて、私が来るまで我慢していたりすることも多かったのだが、頼むのが嫌なのか、ただ単に身内にやってもらいたいのかわからなかったけど、ここに来てやっとわかった。

看護師さんと患者であるおかんとは時間の流れ方が大きく違っているため、看護師さんのちょっとした態度が急がされていると感じたり、自分でやろうとしているのに、勝手に手助けされてしまって、頑張ろうとしている気持ちをくじかれたり、もう一度うがいしたいのに、もういいですね、と言われてしまったり・・・

そんなすれ違いがあるようだ。

このビミョーなニュアンスを汲み取れるかどうかは、看護師さんの資質というかカンというか、看護技術ではない部分なので、おそらくなんともしようがないのだろうな。

 

(でも、緩和ケア病棟なんだし、そこらへんはやれよと思うけど、むりなんかなー。)

 

そういう不満が「看護師さんは忙しいからっ」という言葉に凝縮されてしまっていたようだ。

 

その結果、動くと吐き気が強くなったり、頭痛も強くなることも手伝って、一時自己ネグレクトのような感じになってしまい、歯も磨かない、着替えも拒否する、というような感じなってしまった。

看護師さんたちも、一時はちょっと困っていたが、動く前(着替えや洗髪など)に投薬するなど方法をとってくれて、最近はまめに着替えもしてもらえるようになった。

 

私の方でも、見舞いに行ったときに様子を見ながら、歯を磨こうか、と促して磨かせたけど、興味がなくなっていてどーでもいいという態度。

次に試したのは、鏡で自分の顔を見せてみた。

どうやら、これが現実の世界に引き戻せたようで、ついでに口の中も見せて、汚れてるでしょー、と言ったらびっくりして、歯を磨きだした♪

 

あと、無理やり起こした寝起きは、寝ぼけて夢と現実がごちゃごちゃになるので、自然に起きるのを待って、ちょっと話をしてからの方がいいんだなとか。

 

そんなわけで、歯磨きと夜の投薬と夜の顔を洗う(拭く)ことをしに、ほぼ毎日病院に行っている。

 

「〇〇やる?」とか「〇〇しなくていいの?」とか質問されると、やろうかなと思う部分も大きいようで、「何がしてほしい?」では何も引き出せないことも分かった。

でも、我が一族の男は「何かしてほしいことはないか」しか言わないので、ぼーっとして帰ってくるだけのようだ。

 

本人も本人で、弟やおやじにも、来た時にいろいろ手伝ってもらえばいいんだよと言っているけど、なにを頼んだらいいかわからんらしいw

歯磨き手伝ってもらえよ、と言っておいたw

 

そんなこんなで、現在、最後の時間を過ごしている。

コメント

抗がん剤、ちょいとお休み

2019年09月26日 20時02分43秒 | 家族のがん

おかんの話ですが・・・。

2017年の年末にがんが発見され、がんの正体を突き止めるのに3ヵ月かかり、その間、小さな手術を1回(全身麻酔)、その後、陽子線治療で主に口の中が大やけどになり、髄膜炎なんかも発症してしまい、ご飯が食べれなくなり、どうなることかと思いましたが、ゆっくりゆっくりと回復をしました。

その後、首のリンパにがんが転移して、これまた手術で採りまして。

あれから一年ぐらいたったでしょうか。

 

ほぼ一年、TS1という飲む抗がん剤をちょっとのんびりスパン(2週間飲んで2週間休薬)で治療しておりましたが、徐々に体が弱ってきたなーと感じていましたので、先生に相談して、抗がん剤を1ヵ月ぐらいお休みすることにしました。

ちょうど気候もいいし。

お休み期間だけど、先生に会いに2週間に一度は通院して、状態を報告したり、血液の状態見たりしてもらうことにしました。

そういう希望を聞いてくれたり、ガツガツ治療をしない方向で考えてくれたりするおかんの主治医は、とってもいい先生だなーとおもっております。

 

コメント

恒例の美人サバイバー大集合の令和元年5.3

2019年05月04日 22時12分57秒 | 08.ガン患者の輪

扁桃炎もおさまったようだし、せっかくの長いお休みなので、一日ぐらいは患者さんと集まらねばと集合しました。

 

 

 (LINEで借りた写真、ドンドコアップ~)

 

 

 

 

今回は、めろんさん、みゆきちゃん、makoちゃん、akoちゃん、Wさん、りかちゃん、しおりさん、rinrinさんと私。

 

めろんさんも扁桃炎で高熱出してフーフー言っていたらしく、同時期に一緒に同じ病院に入院して切ろうよー💛とか、アホなお誘いをしたり・・・

(本気度50%以上!↑)

しおりさんの介護の話がおかしかったりw

恋の話💛があったり・・・

 

大変楽しゅうございました。

 

がんだからといって、特別な人生になってはいけないのです。

みんなと同じ人生が、普通に続いて行くのがいちばんいい。

これからも普通のことに悩んだり、つまずいたりして、みんなで歩いて行きたい。

 

 

 

 

また年内に最低一度は集合しましょう。

 

 

コメント

TS1順調

2019年02月19日 18時11分09秒 | 家族のがん

おかんの上咽頭がんですが、4クール目が終わった時点で画像をとって確認しました。

鼻のところも輪郭がなくなってきていたし、肺の転移も影が薄くなっていたので、このままこの治療を続けることになりました。

 

「しんどくなったらいつでも休薬して、また始めればいいですから」と、先生が毎回言ってくれるので、本人もちょっと気楽のようだが、やはりしんどい時期が定期的に来るため、楽観はしていない感じがする。

今までは、治療中に首のリンパがコンニチハして来たリ、治療してても微増したり、ハラハラし通しでしたけど、外野としてはちょっと気分的に楽になりました。

 

近い将来、TS1は効かなくなると思うけど、なるべく辛くない薬で、髪の毛が抜けないタイプの薬でお願いね!と先生に伝えてあるので、治療しながらも日帰りで遊びに行けるぐらいの状態を保ってやりたいなと思っているところです。

 

コメント (4)

身を構うことの大切さ

2019年01月18日 09時51分31秒 | 家族のがん

うちのおかん、76歳ですけど心は私より乙女。

髪が抗がん剤や放射線でで抜けていた時は「どーせもう生えてこんわ」とヤサグレていまして、私がいくら「みんな生えてきてたよ」といっても聞かなかった。

髪が生え始めて半年。

伸びっぱなしになっていたので、何度も「切りそろえた方がカッコイイって!」というのに、こんなふうだから切っても無駄だとか言って聞かなかった。

最近になって、首のリンパに飛んだ腫瘍をとった傷に髪が触るとチクチクすると言い出して、やっと髪を整える気分になってきたらしい。

ただ、体調がいい時と悪い時の差が激しいので、当日になって動けなくなったときは、私が代わりにカットしてもらうということにして(笑)、がん友の美容師さんのいる店に予約。

彼女も患者経験があるのでその辺は分かってくれてて、キャンセルしていいからーと言ってくれた。

ありがたい。

 

カットの当日は化粧ぐらいしなよと言っておいたら、ちゃんと化粧してたw

1年ぶりぐらいの化粧だと思う。

ボサボサに伸びていた髪もおしゃれな感じで切ってもらって、茶色のヘアマニキュアもしてもらって、本人もテンションが上がったようで。

見た目が病気が発覚する前に近い感じに戻ったのがうれしかったようだ。

 

治療をしていると、がんになった自分がキライになったり、しんどくてそれどころじゃなかったり、様々な理由で身を構うことを忘れがちだけど、見た目が健康的に見えることで心がついて行こうとすることもあるんかなと思った。

 

コメント (2)