応援します!はじめての家づくり。

みんなどうやって家を建ててるの?

建てた後の幸せを大切に、家づくりをお手伝いします。

土地を決めるときには・・・② & HPリニューアルしました。

2016-08-10 09:54:15 | 日記
先日、ホームページをリニューアルしました。

新・ホームページ

これまでに建てさせていただいたご家族のインタビューを掲載しまして、

家づくりの雰囲気やお住まいになられている様子がより分かりやすく伝わるようになったと思います。



完成した時に産まれたばかりのお子様が、こんなに大きくなりました。



ウッドデッキが大活躍してますね。



サーファーのご主人さま。外シャワーは必須です。


インタビューで改めてゆっくりお話しすると、当時のことが思い出されとても楽しい時間でした。

皆様ご協力ありがとうございます!

HPはまだ制作途中で、これから施工事例やスタッフ紹介なども掲載していきます。

お客様インタビューはこちらからどうぞ。




さて、前回の土地選びの続きです。

一見、「うーん」と思ってしまう土地のひとつが、「古い家がある土地」です。

更地に比べ、どうしても印象が悪くなりますね。古い家の見た目に影響されて、新しい家が建っている様子が想像しにくいのです。


この感覚は絵を描くときを想像してもらうとわかりやすいと思います。

真っ白な画用紙に絵を描くのと、スーパーのチラシの上から描くのでは、どちらが描きやすいか。

どちらが「描きたい!」という気持ちになるかということです。





イメージするとこんな感じです。一目瞭然ですね。







しかしながら実際の土地選びでは、この第一印象に引きずられてしまうと、良い土地を逃すことにもなりかねません。

今回のA様の土地も・・・



最初はこのような感じで、売り出されてから比較的長く残っている土地でした。やはり、パッと見の印象はあまり良くないですね・・・

所有者の方は皆さま遠方にお住まいで、手入れもままならず、といったご事情もありました。

しかしながら、土地の日当たり、広さ、利便性、接している道路の広さ、周囲の雰囲気等、申し分ない土地だったため、

こちらで参考プランを作ったりしながら、前向きにご検討いただいた結果ご購入にいたりました。解体費は所有者様のご負担です。



解体後がこちら。スッキリした整形地が姿をあらわしました。解体前と全然印象が違います。

所有者さまも、長く売れないので解体してしまおうとされていた矢先でしたので、タイミングが良かったです。

更地になってしまった後だとすぐに買い手がついて、買えなかったかもしれません。

このような土地の見極めは私たちの重要な役目だと思っています。


着工前の打ち合わせでは、図面をもとに3Dのイメージを作ります。



俯瞰で透過してみたり、



家の中からも見れます。人を配置するとよりスケール感をつかめます。



吹抜けが広くていいですね。



見下ろすとこんな感じです。


注文住宅は形がないだけに、なるべく完成のイメージを共有していくことを大事にしています。


<今日のポイント>

土地選びは、建物を建てる会社といっしょに行うと安心ですよ!