見出し画像

命のカウントダウン(健康余命4626日

男女ともにスラックス

兵庫県姫路市立山陽中学校(940人)は2021年度、男女ともブレザーとスラックスを標準制服として導入する。
これまでは、男子は学生服、女子はセーラー服というごく標準的なものだった様だ。素晴らしい選択だと思う。今後、日本中の学校がジェンダーレス化の舵を切るきっかけになればよいのにと思う。
 同時に選択の幅を確保し、スカートも選べるようにする。という事なのだが・・・男子のスカート着用は認められないのだろうなぁ。誰か、試してくれたら良いのにと思うが、そんなひねくれた中学生は居ないのだろうなぁ!!
男女ともスラックスを標準とするのは兵庫県内の公立中学では初めてで、全国的にも珍しいとのこと。

私(66歳)が京都の公立高校に通っていた頃、京都の公立高校の偏差値は一律だった。一学区一校制だったので、公立高校は住所によって受験可能な学校が一校だけしか許されていなかった。だから、公立高校の偏差値は全て同一。そして受験科目は全教科!!英数国理社に加えて、図工、保健体育、技術家庭、全部で8教科だったか9教科だったか??
 そして、当時の京都の公立高校は制服が無かった。同志社高校も制服が無かったから、京都の高校は修学旅行肉とすぐに分かるといわれていた。
 時代は流れて、京都の公立高校で制服が無いのは、紫野高校位に限定されてきている様だ。ほとんどの学校で制服が定められていて、女子の主流はスカートの様だ。これが、スラックス主流になるだけで、ジェンダー意識はかなり変化すると考える。学校にはスカートは要らないと私は思っている。
 世界経済フォーラムによる「ジェンダーギャップ指数」では、日本は153カ国中121位です。 ジェンダー後進国ですよね!

マイペースで生きてます。マイペースで死に向かっています。いずれ死ぬのだけど実感ないS29生まれです。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「エッセイ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事