見出し画像

命のカウントダウン(健康余命4381日)

嗅覚喪失で新型コロナ感染が分かる?

嗅覚障害、においが分からなくなることが、新型コロナウィルス感染症の重要なサインとなるのではないかと注目されている。味覚の喪失もあるらしい。

 

無嗅覚症COVID-19の潜在的な兆候として複数の国の専門家らが注意喚起している。

  米国耳鼻咽喉科・頭頸(けい)部外科学会(AAOHNS)は22日、事例証拠ではあるが、無嗅覚症と味覚障害が新型コロナウイルスの「重要なサインとなる症状」であることを示す症例が増えていると指摘した。

 ドイツでは、地域的な流行で2月に約1000人が2週間隔離されたハインスベルク(Heinsberg)で住宅を戸別訪問する調査が実施され、この時に感染者全体の約3分の2が数日間の嗅覚と味覚の喪失を訴えていたことが分かった。

 調査を行った独ボン大学(University of Bonn)のウイルス学者のヘンドリック・シュトレーク(Hendrik Streeck)氏は、「中には、子どもの汚れたおむつのにおいが分からなくなっていた母親もいた。シャンプーのにおいがしなくなったという人や、食べ物が薄味に感じるようになったという人も」と、独日刊紙フランクフルター・アルゲマイネ(Frankfurter Allgemeine Zeitung)の取材で語っている。

 英国の政治家として初めて新型ウイルス検査で陽性と判定されたナディン・ドリーズ(Nadine Dorries)保健・社会福祉政務次官も、嗅覚と味覚の両方が失われたことを明らかにしている。

 ドリーズ氏は先週、ツイッター(Twitter)への投稿で、「食べ物や飲み物が温かいか冷たいか、これだけしか分からない」と書いていた。【翻訳編集】 AFPBB News


マイペースで生きてます。マイペースで死に向かっています。いずれ死ぬのだけど実感ないS29生まれです。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「新型コロナウィルス」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事