ひろポンの“わたしにも作れますぅ” 

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に気ままに書いていきます。

Christian Papazoglakis氏の絵本

2018-09-03 | Illustration
先日SNSでフランスの方が紹介していた絵本がとても素敵だったので入手してみました。

ベルギーのイラストレーター:Christian Papazoglakis氏が描いたモータースポーツのコミック絵本です。
A4よりちょっと大きめ24×32cm、どれも50Pほどの厚さです。
フランスの出版社 Glénat グレナから発売されています。




1970セブリング12時間、1951~57ルマン、1964~67ルマンの3冊です。
どれも魅力的なタッチで当時のストーリーが描かれています。
レースヒストリーに詳しい方ならすぐ判る話ですが、なにしろフランス語がわからないので
そこはGoogle 翻訳カメラ機能を使って地道に訳しましょう(笑)

ジャガーのルマン参戦、フォードとフェラーリが作り上げた神話的な時代、そして
架空のチームがコルベットで参戦するセブリング………..。









スピード感のある線画にデジタル着色のイラストがなかなか素晴らしく、これ判らなくてもページをめくっているだけでも面白いです。

他にもこの方の描いた作品はいくつもあって、脚本家は異なりますがルマンは68~69と72~72も、ロドリゲス兄弟、セナ、ニュルブルクリンク、チャップマンとロータス3部作などがあります。
Papazoglakis氏のサイトでも見られますよ。

http://www.papazoglakis.net/







どこか日本版でも出版してくれませんかねえ。
コメント (3)

イマイ ロータス49 : 1/12  IMAI  LOTUS 49  : 3

2018-08-24 | F1 Models


さてさて、DFVエンジンはVバンクの谷間を作りましょう。




まずフューエルポンプですがキットのパーツは右下のような真っ平らな代物。
この8つの突起にクリアチューブを挿すわけですが、ちょっといただけません。
そこで左上のタミヤのパーツに似せて作ります。

丸棒に8つ穴を空けて1mm径のプラ棒を放射状に通しました。
このプラ棒に穴を空けてチューブを挿すための金属線を接着。シルバーで塗装しておきます。
チューブはMFHの0.8mmイエローチューブを使用しました。
挿したチューブの断面は経年で割れることがあるので、指す前に1mmのメッキパイプの
輪切りを通しておいて接着後にかぶせています。








続いて金属棒に真鍮のワイヤーをぐるぐる巻き付けて...........





ちっこくて見えませんがL字に曲げたプラ板も作って...........こんなモノを...........。






ついでにプラ棒と金属線と挽き物の極小6角ボルトとかも使って
スロットルプレートのリンクロッドを作りました。
ここはタミヤでも表現されていませんし(マトラはありましたね)、このキットの内容では
あきらかにやり過ぎではありますが(笑)、目立つところなので良いんです。(^_^)b





エアファンネルはタミヤのパーツを使用。インジェクション・ノズルもタミヤです。
以前作った1/18のM8Aのファンネルメッシュと同様、今回も60線のメッシュを
グリグリ型押しして丸く切り出しました。
ファンネルの淵に接着するにはのりしろが無いので、今回はWAVEのUバーニアのパーツから
ちょうど良い丸パーツを選び、まずこれにメッシュを接着。

それをファンネルに接着し、縁に0.4mmのフレキシブルワイヤーを巻いて接着し
こんな感じになりました。
お金かけずに見栄え良く、がモットー(笑)
まあまあ良い感じじゃないでしょうか...........(^^ゞ









コメント (2)

イマイ ロータス49 : 1/12 IMAI LOTUS 49 : 2

2018-07-31 | F1 Models


さて、動力となるRE14モーターですが、キット付属のものは通電しても回らないので
手持ちのジャンクを使用。
樹脂製ピニオンギヤは経年で割れる恐れがあるので、真鍮のギヤを打ち込んで動かしているうちに
変な音がし始めたので、これはモーターも変えなきゃダメだと後継モデルでもあるRE-140 をネットで注文。
ついでにギヤも耐久性のあるやつを、とミニ四駆用カーボン強化ギヤに。

まあちょっと動かすだけなので本当は何でも良いんですけどね。

ドライブシャフトはコグレの1/12のように、コの字型のパーツのユニバーサルジョイントを
組み合わせる簡易型のやつ。

シャフトの出る穴もメチャデカくてここに付くカバーの部分も無骨で大きい。
まずはバッサリ切り落としてからWAVEのタンクパーツの直径がピッタリだったので、これを輪切りにしてミッションに接着しました。








ドライブシャフトも実車通りのタミヤに置き換えようかと思いましたが、あのホンダやロータスを
走らせると結構ここんとこは華奢な作りでグラグラして壊れそうな雰囲気ですよね。
オモチャっぽいのをどうにかしたいけれど今回はキッチリ走らせたいので、ここは丈夫なイマイをそのまま使い
ちょっとだけそれっぽくしておこうとメーターリング同様、丸めた0.7mmのフレキシブルワイヤを押しつぶしジョイントパーツに接着しました。








こんな感じでミッチャクロン、サフ、ブラックを吹いて、あとでスパッツスティクスでクロームに仕上げ組んでみました。







上に見えるスロットルプレートはなぜか2段重ねになる構成です………..?
赤で示した隙間からフューエルパイプが出てくるんですが、資料を見ても実車はこんな風になっていないので
ここは削って接着してしまいます。
エアファンネルですがタミヤと比べると間隔も広く長くてスカスカに見えるので、ここはタミヤに置き換えます。
エンジン下部に付くウォーターポンプは5〜7つのパーツで構成されるんですが、タミヤと形も全く違います(笑)

スロットルプレートも細部をパテで修正してサフを吹いて大体出来ました。

コメント

大塚康生16歳の車の画帖―終戦直後の日本の路上にて

2018-07-21 | Illustration


最近手に入れたクルマ関係の本をご紹介。

日本のアニメーション創世記から活躍し、ルパン三世や未来少年コナンはじめ数々の作品を手がけてきた大塚 康生氏が少年時代を過ごした山口の街中でスケッチした、進駐軍のトラックやジープなどの作品集『大塚康生16歳の車の画帖―終戦直後の日本の路上にて』

先日の航空祭の記事でコメントしてくださった、ブックマークでリンクしているPAPAYOYOさんに紹介していただいた本です。
これは現在『ジープが町にやってきた―終戦時14歳の画帖から』というタイトルで改題、改訂された文庫本が発売されています。
オリジナルは1987年に発売されすでに絶版になっていて入手は困難と思いましたが、とあるネットショップで幸運にもビックリ価格で売ってるのを発見して購入しました。



大戦が終わって進駐軍が日本各地にやってきた昭和20年。これまで日本人が見たこともない自動車の大軍が、中国地方の小さな街にもどっと押し寄せ、大塚少年は毎日片っ端からスケッチをして描き続けました。

あまりに細部まで正確に描写したため、怪しまれて進駐軍にスケッチブックを没収されたことも。
鉛筆でスケッチしたあとで万年筆で作画し、薄めたインクや色鉛筆で仕上げていますが、今更ながらに14歳〜16歳の大塚氏の画力の凄さに圧倒されます。










写真を撮ってそれを見て描いているわけではなく、土埃舞う山口市内のあちこちに止まっている軍用車両をひたすらスケッチし、帰宅後に1点1点記憶を呼び起こしながら描いていたのを想像すると、この観察力、記憶力、表現力の素晴らしさに感動します。

文庫本も先日見ましたが、やはりオリジナルは20cm×21cmの大きさなので全然違います。
もし見つけられたら是非おすすめです!

大塚氏に関する書籍はいろいろ発売されていますが、この本はその中でも天才のルーツの一コマを知ることが出来るかなり貴重な一冊です。
コメント (2)

イマイ ロータス49 : 1/12 IMAI LOTUS 49 : 1

2018-07-11 | F1 Models


さてさて、そろそろ始めなければということで
イマイの49です。

まずはグリーンメタリックに塗られたこの塗装を剥がさねば、ということで
水抜き剤をドボドボと100均のタッパウェアに注ぎ、ボディーパーツを漬けてしばらくおきます。
1時間ほど経つと塗膜がシワシワになってくるので、つまんで剥がすとペロペロと面白いように剥がれてきます。




左下の〝ふえるワカメ〟みたいなのが剥がした塗膜です。
モールドの中や入り組んだところも流水に当てながら歯ブラシでこすれば取れてきます。




剥がした後のキットのパーツはなぜかシルバーでした。
水洗いして乾かしてから、改めてモナカ割りのボディーを仮組みして確認。

左がイマイ、右がドナーにするタミヤの49Bです。いかにイマイのボディーが薄っぺらいか判ります。
前後バルクヘッドの形状も全然違います(笑)
原寸で5mmくらいは厚みが違いますね。(ということは実車で6cm 、大したことないじゃん、と思いますが)
タミヤのノーズカウルを当ててみたらカーブがピッタリ!
あれ?なんかカッコ良いんじゃない?(笑)






次にDFVエンジンを組んでみました。

左がタミヤです。

最初タミヤより大きく感じましたがそうでもないですね。
ディテールが無骨なので大きく感じたのかも...........。
タミヤもギヤボックスを中に入れるためにだいぶ実際より大きくなってますが
イマイのこのカムカバーは何とも...........。
他のエンジンみたいに見えますが、ここはどうしたものか...........。

タミヤの上に実車画像を薄く重ねてみました。(赤枠)
タミヤもちょっと上下が厚いですね。
イマイとタミヤの中間くらいの厚さがちょうどかも。

とりあえず新しいモーターも入手したし、走らせる前提なので、このまま組むしかないですね。
部分的にスルーできないところだけ流用、自作することにします。





コメント (2)

Hooters Thunderbird ‘Alan Kulwicki’ : Monogram  :3

2018-06-30 | その他のクルマ模型 : Other Car Models
昨年の夏から始めたフーターズ・サンダーバード。
やっと完成です。

昔買ったディテールマスターのエッチングパーツをかき集めて、バンパーのインテークのメッシュやら
キャッチピンを取り付けました。

エンジンなどは素組みにパイピングを施した程度。

最初からお手軽モデリングで始めたのでこの程度でも充分。
ただしあちこちミスもあって、完成度はイマイチ満足いきません。

リヤウインドから覗くウェッジとトラックバーの調整ジャッキの受け口とか
いろいろ作りたかったのですが、それ以前にこのマシンの内部構造についての資料が見つからず
いささか不満の残る仕上がりになりました。

ま、クルウィッキのこのTバード、大好きな仕様なので何とか完成させられて一安心。
あと放置中は155だけになりました。

とりあえず次はイマイの49を来年に向けて始めるつもりです。

















コメント (8)

防府航空祭2018 : 航空自衛隊 防府北基地

2018-06-11 | Miscellaneous


梅雨入りして早速台風も近づいているようで、うっとおしい季節になりましたね。

さて6月最初の終末は西日本は快晴で、山口に帰ったついでに自衛隊基地の航空ショーを見て来ました。
以前から知っていたものの、今まで開催されるタイミングで帰る事が無かったのですが
今回はちょうど日にちが重なったので、これを見逃す訳にはいかないとチャリを飛ばして防府北基地へ行って来ました。

前日も練習日だったので、基地の回りの畑や住宅の中にはカメラを構えた航空マニアがあちこちに。
ショー当日の日曜日は朝は曇り空でしたが次第に晴れて良い天気。
基地の回りの道はすでに渋滞していてツアーの観光バスまで来ていました。



ここは航空自衛隊のパイロットを養成する基地ですが、ほかに陸上自衛隊も飛行場を共有している基地です。だからここでは陸自のヘリや戦車、装備なども空自と一緒に展示されているので1粒で2度美味しいイベントです。

滑走路に並ぶ陸自装備と車両の数々。
AH-1、UH-1、OH-6とお馴染みのヘリが並び、デモフライトを披露してくれました。


















74式戦車の体験走行は土埃がものすごいけれどかなり楽しそう。
乗りたかったのですがまた次回。
地元や近県の家族連れも沢山来ていて、パイロット訓練用のT-5、T-7といった練習機の数々も人気です。









新田原基地の2機のF15、築城のF2のアクロバット、ものすごい速度で低空を通過した三沢基地のF16に驚き、最後のブルーインパルスは帰りの混雑を避け、早めに基地を出て近くの畑の中で見ました。

飛行演目はたくさんあるので知識の無い私には判りませんが、唯一知ってるハートマークを描くキューピッドやスタークロスもきれいに青空に披露してくれて想像以上に楽しかった。
演技の動画はこちら。



この方の動画が素晴らしいので貼っておきます。

F2機動飛行




久々に飛行機プラモを作りたくなった1日でした。
コメント (4)

Hooters Thunderbird ‘Alan Kulwicki’ : Monogram  :2

2018-05-24 | その他のクルマ模型 : Other Car Models
放置車両その2のサンダーバード。
素組みに毛が生えた程度のディテールアップなので工程は端折ります(笑)
内装最後にウィンドウネットを作りました。

昔買ったディテール・マスターのネット製作エッチングガイド。
細く帯状に切ったこの紙はなんつーかインレタの裏紙みたいなちょっとざらっとした表面なんですが
これを交互に編んで木工ボンドで重なったところを接着。
そのあとつや消しブラックを吹いて取り付け部上下の金属線を挟んで帯を接着。
上部は乗り降りの為、シートベルトと同じバックルで取り外しが出来るようになっています。
ドライバーが乗っていないのにネットが閉じてあるのも変なので、今回は下部のみ
サイドのフレームに固定して上部は外して外側に垂らした感じで仕上げます。

リヤのスポイラーは虫ピンでリヤフードに固定。

あとはウインドと小物だけです。








コメント (2)

PORSCHE 962C  :  Revell 1/24 :完成

2018-05-04 | PORSCHE
昨年10月にアップしてすっかり忘れていました。
次回は完成画像を、と言いながら放置中だったヨーメーシュ962、やっと重い腰をあげて
ヒートプレスした塩ビのライトカバーを付け完成です。

引き続き同じく放置中のHootersのサンダーバードもこの連休に少し弄っています。

世のモデラーさんたちは静岡への追い込みで頑張っている最中だと思います。
まだまだ本調子まではほど遠い有様ですが、まあちょっとづつ色々手を付けていく予定です。













コメント

IMAI 1/12 LOTUS 49

2018-04-25 | F1 Models



今週末から連休ですねえ。
それが明けたらいよいよモデラーのお祭り静岡ホビーショー。

今年は訳あって欠席です。
一昨年くらいから製作意欲がダウンしたまま全然復活の兆しもありません(笑)

先日手に入れた素晴らしい1/12 DTMのジュリアのエンジン、あれは来年の静岡には
持っていくつもりですが他に何にも作っていない。
それでも2つほどキットは入手したので、作る作らないは別としてとりあえずひとつご紹介。

ジュリアのエンジンに負けない凄いキットと先日書いたのが………..。
迷作!イマイのロータス49です。
ホンダやマトラは何回かホビーショーやワンダーランドで完成品を見ましたが、なぜかこの49だけは
見た記憶がありません。
発売当時も見た記憶が無いんだなあ………..。

私にとっては幻?のキットなので、そいじゃあ私が作るっぺ!と、ebayをサーフィンしていたら
たまたま出ていた一部お手つきのキット、商品名にタミヤと書いてあったところからして
アメリカ人にとってはタミヤでもイマイでもどーでも良いらしく、ヤフオクよりずっと安値だったので
とりあえず入手。



このボックスアート、ホンダはタミヤと同じで若干俯瞰の角度が違っていましたが
今回はまた同じになるのを避けたのか後方からのアングルですが………..。
これ実車写真がおそらく無かったのだろうけれど、こりゃ無いよなあというパース。
結構リアルに描いているだけに悲しいです。

でもって箱を開けてみて再びビックリ!玉手箱(笑)



ボディーカウルを何故かダークグリーンメタリックに塗装済み。
これが結構きれいに塗ってあるんですよ。
これ剥がすの勿体ない気がしますが、何よりこのボディーの薄さ!
タミヤと比べるとペッタンコで、エンジンも薄く前後に長い。
取り説の完成画像?っぽいのを見てください。
これ49には見えないなあ。




ホイールは全く深リムになってないし、スポークが6本の大間違い。
タイヤはホンダと同じくらいの幅だし。
モーターライズなので仕方ないんですが、はっきり言って修正するのは至難の業。
突っ込みどころ満載で疲れます。

ただ見てお判りのようにFサスのアッパーアームの根元のカウルの膨らみとか
エンジンのスロットルプレートのリンクなど、タミヤは表現していないところを別パーツで
キッチリ作っているところがイマイらしい。
ホンダはもうちょっとましだったし、このあとのマトラは結構良い出来だった。
なんで49はこんなに中途半端なんだろう?



タミヤのパーツ流用しようかと思いましたが、それだともう全部タミヤにしないと
どーにもなりそうも無い。
ここは最低限のディテールアップと改造だけで、仕上げた方がいいかもしれないと考え
ドライバーをタミヤから持ってきて走らせるように完成させようと思います。

あとこれにはトップ画像のようなウイングがついたキットもあり、もしかしたら
タミヤの49Bに合わせてイマイもウイング付きのキットを出したのかもしれませんね。
想像ですが。

個人的にタミヤよりイマイのほうが好きなので大事に作りますよ。そのうち(笑)………..。
コメント