ひろポンの“わたしにも作れますぅ” 

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に気ままに書いていきます。

Jochen Rindt :  Lotus 72C

2018-03-21 | Illustration
去年の暮れに描き始めたグランプリドライバー・シリーズ(勝手に命名)?のイラスト第2作
ヨッヘン・リントがようやく描き上がりました。
今回もクルマはイラレでベースを作りフォトショに書き出し。あとはPainterで仕上げました。

〝Tiger〟と呼ばれたリント、そのまんまの虎の顔と組み合わせてみました。
72Cは初期のエンジンにインダクション・ポッドがついていない仕様です。
翌71年はスチュアートのティレルが7勝と圧倒的な強さで、エマーソンとレイネ・ウィーセルの
経験不足もありロータスは1勝も出来ませんでしたが
もしリントが生きていたら結果は違っていたかもしれませんね。

『イラスト』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 1/12 DTM : Alfa R... | トップ | IMAI 1/12 LOT... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凛としているリント (SDTM)
2018-03-24 10:27:04
☆ 駄洒落かまして済みません。

  ロータス72とリント、良いですね!
  リアルで1970年のF1はモニターして
  いませんでした。翌年よりAUTOSPORTS
  を購読し、スチュワートの快進撃を
  認識しておりました。当時のBRMや
  フェラーリ、マトラなど等、個性的で
  ジョーホンダの撮影した写真を楽しく
  見ておりました。本当に懐かしいです。
Unknown (ひろポン)
2018-03-25 19:34:42
>SDTM様、ありがとうございます。
葉巻から空力ボディーに技術が移り変わるこの時代のF1は、どれも皆個性的で面白い時代でしたね。
それだけに事故も多発して亡くなったドライバーは数知れず。
描いて残したいテーマが沢山あります。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
Unknown (ガン)
2018-05-31 07:33:33
ひろぽんさん、おはようございます
お久しぶりです
久々に、「Weekennd of chanpion」みたとこで
ゴールドリーフカラーのロータス72が
目についてました。
イラストのリント、実際イメージのリントより
スマートな行動しそうな感じをうけました。
昨年、というよりたぶんだいぶん前から
体の調子がわるかったらしく(本人あんまりわかってなかった)
年末からえらいことになってました。
またこれからもよろしくお願いいたします
スマートな行動しそうな感じをうけました。
昨年、というよりたぶんだいぶん前から
体のの調子がわるかったらしく(本人あんまりわかってない)年末からえらいことに
なってました。またこれからもよろしくお願いいたします
お大事にしてください。 (ひろポン)
2018-05-31 07:53:56
>ガンさんこんにちは、お久しぶりです。
しばらく更新が無かったのでお忙しいんだと思っていました。
もう回復されたんでしょうか?
私もですが、クルマと同じで気を付けていてもあちこちにガタが来てますから、本当に日々のメンテは大切ですね。
停滞気味の当ブログですがまたすこしづつ始めていきますので今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Illustration」カテゴリの最新記事