ひろポンの“わたしにも作れますぅ” 

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に気ままに書いていきます。

イマイ ロータス49 : 1/12 IMAI LOTUS 49 : 1

2018-07-11 | F1 Models


さてさて、そろそろ始めなければということで
イマイの49です。

まずはグリーンメタリックに塗られたこの塗装を剥がさねば、ということで
水抜き剤をドボドボと100均のタッパウェアに注ぎ、ボディーパーツを漬けてしばらくおきます。
1時間ほど経つと塗膜がシワシワになってくるので、つまんで剥がすとペロペロと面白いように剥がれてきます。




左下の〝ふえるワカメ〟みたいなのが剥がした塗膜です。
モールドの中や入り組んだところも流水に当てながら歯ブラシでこすれば取れてきます。




剥がした後のキットのパーツはなぜかシルバーでした。
水洗いして乾かしてから、改めてモナカ割りのボディーを仮組みして確認。

左がイマイ、右がドナーにするタミヤの49Bです。いかにイマイのボディーが薄っぺらいか判ります。
前後バルクヘッドの形状も全然違います(笑)
原寸で5mmくらいは厚みが違いますね。(ということは実車で6cm 、大したことないじゃん、と思いますが)
タミヤのノーズカウルを当ててみたらカーブがピッタリ!
あれ?なんかカッコ良いんじゃない?(笑)






次にDFVエンジンを組んでみました。

左がタミヤです。

最初タミヤより大きく感じましたがそうでもないですね。
ディテールが無骨なので大きく感じたのかも...........。
タミヤもギヤボックスを中に入れるためにだいぶ実際より大きくなってますが
イマイのこのカムカバーは何とも...........。
他のエンジンみたいに見えますが、ここはどうしたものか...........。

タミヤの上に実車画像を薄く重ねてみました。(赤枠)
タミヤもちょっと上下が厚いですね。
イマイとタミヤの中間くらいの厚さがちょうどかも。

とりあえず新しいモーターも入手したし、走らせる前提なので、このまま組むしかないですね。
部分的にスルーできないところだけ流用、自作することにします。





『ミニカー・模型』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« Hooters Thunderbird ‘Alan K... | トップ | 大塚康生16歳の車の画帖―終... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒロシ)
2018-07-18 14:06:21
遅レス失礼します。
水抜き剤ってこういう風にはがれるんですね。
今まではシンナー風呂しかやったことなかったんで、今度機会があったらやってみます。

数年前オートモデリングの作例でタミヤの49Bを大改修しましたが、かなり大変だったので、同じタミヤの49は素直にモーターライズで作ろうと思います。
実は知り合いのモデラーさんから初版のキットを頂いたのですが、タイヤは溶けてドロドロ状態でして(笑)
なので手持ちの再販版に頂いたギアボックスなどを組み込んでモーターライズ化する予定です。
Unknown (ひろポン)
2018-07-19 15:19:07
>ヒロシさん、こんにちは。
水抜き剤も匂いはしますし火気厳禁ですが、プラを傷めないのと水で洗えるのが良いです。
49と49Bは全然違いますからね。
タミヤも結構強引な商売をしたもんだと思いますが(笑)
ヒロシさんのあの作品は目から鱗のところがいくつもあって
とてもためになりましたよ。
初版キットの完成品楽しみです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

F1 Models」カテゴリの最新記事