ひろポンの“わたしにも作れますぅ” 

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に気ままに書いていきます。

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 完成

2012-12-02 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
ブラバムBT42/44 Team Canada 完成しました。

ウインドはポリカーボネートカラーのスモークを吹いてからブラックを薄くブラシで重ねています。
ちょっと濃すぎたかも…。
ボディーとウインド裏側にエナメルシンナーで溶いたクリアボンドを筆塗りし、乾燥後に貼り合わせます。
念のためアクアリンカーの水溶きを面相筆で隙間に流しておきました。
エッチングのピン、ファスナー、リヤウイングをエポキシで接着。
支柱がずれているのかウイングちょっと斜め…(笑)

まあ一苦労しただけあって何とか形にはなりました。
F1作り慣れたマニアの方には遠く及びませんが、自己採点90点です。
あまり参考になりませんがこんなところでご勘弁。
正直なところもう※※27は作りたくないですぅ…(笑)

以上おそまつでした。
















コメント (10)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 12

2012-12-02 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
ブラバム、完成まであと一歩。
タイヤを接着して4輪の接地具合を見ます。
地上高がだいたい5mmくらいでしょうか…。
ちょっと高いけれどもフロントはこれ以上下げられないんです。

エンジンのウォーターパイプは1.6mmの糸ハンダとプラ棒でそれらしく作りました。
タイレルのエキパイを使ったのですが、似ているようで若干曲がり方が違っていたみたい。
ウォーターパイプの影に1番目のエキゾストが隠れてしまいました。



インダクション・ポットは接着するつもりでしたが、全体の雰囲気を見て
取り外しできるようにしたいと思い、いつものミニコネクターを埋め込もうと考えましたが
今更大穴を開けるのはリスクが大きい。

以前どこかの43ミニカーのローラT70が、ボディー上面だけカポッと磁石で
取り外せるようになっていたのを思いだし、ネオジム磁石を埋めることにしました。





今回使ったのは直径2mmの丸いやつ。
ボディー側にピンバイスで穴空けし、インダクション・ポット側は
こんなランナーの足を見つけて穴空けして埋めておきます。
適当に切断してポッドの裏に瞬間接着剤でイモ付け。
吸い付くようにカチッと止まりました、これでOK。
最初から取り外せるようにするならフューエルパイプとか付ければ良かったのですが
キットのアルミファンネルパーツが使えないし…まあいいかな。

あとはウインドスクリーンとリヤウイング、ファスナーくらいを付ければ完成です。


コメント

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 11

2012-11-18 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
画像だけ更新…。
ウィーツェスのオッサンを乗せました。
余り物のエッチング利用のシートベルト。
バイザーはアセテートフィルムにポリカーボ用塗料でスモークを吹いています。
コクピットカウルで隠れてしまうので、見えないところは極力手抜き。
それにしてもこんなに上半身が出ていいんだろうか?と疑問に思ったんですが
実車画像を見るとこれでも低いくらいです。





さて今夜はアメリカGP。
オースティンのコースは結構ドライバーに評判いいみたいですが…。
あっちこっちの有名なコーナーの寄せ集めにしか思えないのは私の気のせいでしょうか…(笑)
コメント (2)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 10

2012-11-14 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
先週末からチョイと体調を崩してしまい、日曜日の横浜ホビーフォーラムも行かずに終わってしまいました。
月曜日は体がだるくて起き上がれず1日中寝ていました。

インフルの注射は受けたばかりなので効くまで半月ほどかかるし、ヤバイかなあと思ったけれど
ただの風邪だったようです。

前日に仕事の打ち上げが新宿であって、いつも御世話になっている方に
連れて行ってもらったのが貝料理の専門店。
こぢんまりした庶民的な飲み屋さんですが、美味しかったですよ。

はまぐり - 新宿三丁目/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

はまぐり汁のお通しに始まりホッキ貝のウニ焼き、小柱の餃子、生牡蠣、白ばい、サザエ、アワビ、トコブシと
次々に出る美味しい料理に酒も進み、2次会も行ったついでに帰りの人混みで風邪もらってきちゃったようです。

天気の良い週末を寝て過ごす情けなさ。
お腹が空いたら風邪にはリンゴかバナナ(笑)というわけで、先日帰省した時に土産にもらった
デッカイ信州リンゴを食べておとなしくしていました。

時を同じくクルマの調子も急におかしくなって、信号で止まる度にボッボッボッ…。
回転がバラツキ始めたので、昨日はディーラーに持ち込んで細かく調べてもらうことにしました。

でもってこの1週間のブラバムです…。
タイヤレターを吹き付けました。MFHのテンプレートを使ってみたのですが
このキットのフロントタイヤはサイドウォールのRがきつすぎて
テンプレートを当てると外側に大きく隙間が出来てしまいます。



試しに吹いてみたところこんなに吹きこぼれが…。コリャダメだ。
デカールは使いたくないしどうしたものかと考え、例の先細綿棒を使って
シンナーで拭き取ってみました。
pinokiさんの作例のマーチやロータスと比べて見ると、同じ製造元のヒロのキットとはタイヤが違うんでしょうか。
サイズも実車より大きいし、色もホントは黄色っぽいのですが良くわかりません。
何となくイマイチですがこれで良しとしておきます。



ドライバーフィギュアはヘルメットをボディー同様にカラーデカルを切り出して貼りました。
あと一息…かな。

コメント (2)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 9

2012-10-28 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
今日のおやつ…。

近くのコンビニで見つけた旭山動物園のパン。
レッサーパンダです、眼がズレています…。
ほかにペンギンとアザラシもありましたがみんな歪んでいました。
旭山動物園の名に惹かれて買いましたが中身は何てこと無いチョコクリームです。
どうゆうコラボなのかイマイチ意味不明(笑)

さてブラバムですが今日はオイルクーラーを製作。
キットのメタルパーツは44Bなので使えません。
タミヤP34のジャンクパーツを切断してからエッチングパーツだけ切って接着しました。
接合部はモデラーズのパーツとアルミ棒で適当に。





オイルクーラーには飛び石防止のメッシュがついているので
ハセガワのモデリングメッシュと0.3mmのワイヤーでらしく製作。
エンジンに取り付けてみます、まあまあそれっぽい感じなのでOKとします。
ただしこの辺は実車資料がないので全くいい加減です。



メーターパネルは全然違います。
回転計小さすぎ…。ステアリングの穴の位置もおかしいので埋めて下に空け直しました。

ドライバーも一応6輪のフィギュアを使って乗せてみました。
エンジンとタイヤも仮止めして雰囲気を見ます。
車高が若干高いんですがメーカーの作例もこんなもんです。これ以上落とすのは結構厳しい。
こうして見るとフィギュア乗っていたほうが格好いいみたい。
もうこれで行っちゃおうかな…。







コメント (4)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 8

2012-10-21 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
ブラバムはボディーのクリア吹きと研ぎ出しまで終了…。

今回は精密屋に替わってバルケッタのウレタンクリアを使ってみました。
重ね吹き無しの一発吹き。
途中でデカールの段差消しが出来ないので少し厚めに吹きました。
塗膜の厚みがよく判らないので研ぎ出しはいつもより軽めに仕上げています。



乾燥までのあいだに作ったフロントサス周り、まずはアップライトに
ブレーキ冷却用ダクトの受け部をエポパテで作って付けました。
この辺は資料があまり無いのとキットのパーツが適当なので、気にせず適当に。



リヤと同じくダンパーはフレキシブルワイヤーを丸めて、ステンレスパイプや
洋白棒から自作。
あとで気がつきましたがちょっと上のマウント部がデカすぎました…。
サスアームやスタビは1.2mmのステンレスパイプをハンダ付け。
時計用極小ビスとエポキシでアップライトを固定しておきます。







ブレーキ冷却ダクトは芯に糸ハンダを入れて曲げた3mmのスプリングです。
フラットブラックに塗ってアップライトに固定しました。
左右のラジエーターを付けて、これでフロント周りはとりあえず出来上がり。

ドライバーフィギュアを乗せようかちょっと考え中です…。
コメント (8)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 7

2012-10-06 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
お天気が良かったので仕事の合間にブラバムの塗装も済ませ、楽しいデカール貼りまで進みました。

ブツクサ言いながらもここまで来たので、今更途中で投げ出す訳にもいきません。
マイナーな仕様なのでろくに資料もありませんが、MARTINIもいいけどこのカラーリングは
やっぱりいいなあ、と鼻歌歌いながらインダクション・ポッドにカエデのマークを貼っていて…

あれ??何か変…。






そうです、キットは44Bのままなので、パーツに合わせて文字はそのまま、カエデの葉っぱだけ
しっかり縮小してあるんですワ。
実車の大きさだと先がハミ出ちゃうからなのね…(涙)

ここは一番のアイポイントになるのに、これじゃあチョイとショボ過ぎです。
仕方ないので拡大してカラーデカールから切り出して貼りました。



大事に使っているモデラーズの赤デカール。
ラッキーなことにキットのデカールとほぼ同じ色味なんです。
インダクション・ポッドの部分は元々、部分貼りするようになっていますので
そのまま貼るとあちこちに隙間が出来てしまいます。
この部分は上部をプラ板で作り直しているので、余計に合わない。

こんな所も細かく切った赤デカールを重ねて貼りますが、軟化剤を使えば
ほとんど“重ね”が判らなくなりました。

これで数日乾燥させて、クリア吹き。
その間にフロントサスの組み立てに進みます…。

コメント (4)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 6

2012-09-24 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
先日ブラバムをほぼ半年ぶりに再開しました。

プラ板で組んだインダクション・ポッドはポリパテで修正してあとはザクザク削ります。
カウルの後端は今のマシンのシャークフィンみたにエッジが立っているので
つまめるくらいしっかり削りこんでみました。

水平のフィンは長さが足りないので、削ってエッチングソーで切れ込みを入れ
薄いプラ板を差し込んで成型しています。
ウインド周りのカウルは前部の凹みをパテで修正。





続いてリヤウイングですが、ウイングの支持板は例によって44のパーツのまま。
#50番はトラス構造風に穴が空いているのですが、BT42ともちょっと違うし
よくわかんないので適当に穴を空けてこんな雰囲気に。
おそらく間違っているはず(笑)
あちこち気にしたらきりがないし、元々適当なキットだから気にしないことにします。



ウイングは前縁が丸く分厚い形状で、これも何かの流用なのか薄いんだけど
パテ盛りすると凄く重くなるのでこのまま。
エッチングの翼端板とハンダ付けしておきました。
熱加えすぎて一部3mmほど大穴空けちゃいました(Q_Q)↓
パテハンダで埋めてまたヤスリがけ…。

フロントサスは全然形が違うアップライトを削り、6輪のタイロッドパーツから切り出したチッコイ破片を
ピンで埋めました。
このあとまた洋白線でアームを作らねば。



仕事の切れ間に次の作品、マトラの絵の下書きも進めています。
MFHからも新作のこいつのキットが昨日届きました。
なかなか素晴らしい内容なので、またアップします。

コメント (6)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 5

2012-03-18 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
今年もF1が開幕したらしいですね。

地上波放送が無くなったので今年は全くTV見られません。
うわずった甲高い声で絶叫する地上波はいい加減に辟易としていたし、昨年は
モナコとイタリアと鈴鹿と3つくらいしかちゃんと見てなかったので今更なんだけど
全然見られないというのもちょっとつまんないかな(笑)
かといってBS契約するほどでもないし…。

で、BT42です。
エンジン周りは一段落したのでボディーに進みます。
ノーズカウルの両サイドはメタルパーツなので、ざっと磨いてセンターに接着。
アンダートレイのパーツは分厚いのでペーパーで薄々に削りましてこんな感じ。



エンジンのインダクションポットはBT44のパーツのまんま。
42とは似ているようで全く形と大きさが違います。黒いラインがパーツのアウトライン。
こちらはAS誌の表紙の写真で見比べてみます。吸気口も正面から見ると長方形です。
面倒くさいけど仕方ない、パテハンダをてんこ盛りに盛っておきました。
思いきり横に流れちゃった…、下手クソですいません…。
あとはヤスリでまたゴリゴリと削り出していかなくちゃ、ああ…。(T_T)





コメント (6)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 4

2012-03-07 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
ブラバムは全く進んでおりません。

細々した作業をちょっとしただけであっという間に10日…。
この間にレースの絵も描いたりしているうち、また忙しくなってきたので
ありがたいことなんですけどね。

ヒロのBRMに備えて20年ぶりに買い換えたハンダごては、バルケッタのサイトで見たガス式のコテライザー。
なかなか便利ですね、これ。
低温ハンダも買って準備だけはOK。



前回のトップ画像にもちょっと写っていますが、形が違って使えないミッションエンドの
スタビライザーまわりのフレームを造り直したのみ。
キットのパーツを切り刻んで洋白線で資料を見ながらアバウトに組んでみました。
これまたエイリアンのフェイスハガーみたいに?なっちゃってる一体成型のエキゾスト。
(こうゆう所を1/20で一体にするかなあ??)は仕方なくタミヤから。
マフラーはストレートに延びているのでここはプラパイプ。



良く知りませんがこのメーカーの別ブランドらしき??MONOPOSTっつーところからラルースLC92が出るみたいで
HPに画像が出ているんだけど、キャリパーとかキッチリ作っているんですよねえ。
他のキットもそれなりに出来ているみたいだし、なんでこのキットはこんなに適当なのかサッパリわかりません。
製品間のバラツキが大きすぎるような?これがスタンダードじゃないんでしょうね。
まあ、作ったのが今回初めてなのであまり言えませんが、たぶん2度と作らないだろうな。
製作途中でこれじゃマズイですけど(笑)



次はリヤウイングのステー。これも44Bのものなので作り直し。
あまり資料がないので適当にやります。
あ、そんでもって描いている途中の絵ですがテーマはこれ!!
(見たとおりのオヤジギャグ…笑)


コメント (4)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 3

2012-02-25 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
リヤサスがぼぼ出来上がりました。

自作のダンパーはこんな感じ。
タミヤのパーツを切断してメッキパイプと洋白線を埋め込み、前回作ったフレキワイヤーの
スプリングを入れてみました。
まあまあいいんじゃないでしょうか。



ついでにドライブシャフト(実車と若干異なりますが)とキットのIアームもメッキパイプに交換。
ディスクローターにはエッチングパーツを貼って、放熱穴は適当に面相筆で描き入れてみました。
Vバンクの中のディストリビューターやフューエルポンプのパーツはタミヤから。
適当に雰囲気だけの造形ですが、キットのサブフレームと比べてみれば
これだけで結構シャキッとしたのが判ります。



アルミのファンネルは曇りを防ぐためクレオスのプライマーを筆塗りしてから
ファンネルプレートに接着します。
インジェクションノズルも無いので作ろうかと思いましたが、ノズルの出る欠き取りが
ファンネルにありません。
タミヤのパーツを使おうと思ったけれど、ここはインダクションカバーが被さって
完成後ほとんど見えなくなるので、割り切ってキットのパーツを使います。
最終的にカバーを接着するかどうかは追って考えることに…。

コメント (5)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 2

2012-02-19 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
きょうは午後からチマチマとした作業をちょっとだけ進めました。

まずノーズの凹みの修正。
キットのノーズは凹みがちょっと深すぎる気がしたので、ポリパテで埋めます。
ペーパーがけが楽なようにシンナーを平筆に付けて表面をなめらかに均しておきましょう。

リヤサスまわりのサブフレームは結局タミヤのパーツを切断し、実車の画像を元に
ワークの0.3mmのメッキパイプを繋ぎました。
面倒なハンダ付けを極力避ける方向で、というか手抜きなだけですが…。
エンジンブロックのダンパーの付くピンも削り落として、下方向に付け直すために洋白線で仮止めしておきます。



ロワーアームはメタルパーツのアームだけ切断して、ここもメッキパイプで繋ぎ直し。
ドライブシャフトと一体になっているアップライトもタミヤのコピーです。
メタルパーツはモールドが甘々なのでここもタミヤを使います。加工も楽だしね。
ディスクブレーキは妙にキャリパーが大きいのですが、気にせず使います。
ちなみにこのキャリパー、すごい大ざっぱな造形でおまけにフロントと形も大きさも異なります。
キャリパーってだいたい前後同じですよねえ?これもどこからかの流用でしょうか?

でもってタミヤコピーのミッションケースに固定するにも足が無いし、キャリパーの出っ張りが当たってしまいます。
しょうがないのでタミヤのパーツのミッション側を薄くエッチングソーで切り取って瞬間で貼り付けました。
なんだかやたらに手がかかるキットです…(笑)



ダンパーも作り直すのでサカツウのフレキシブルワイヤーでコイルスプリングを作ります。
プラ棒に巻いてサフを吹いておきました。
ノーズも成型したけれど…実車画像を見るとちょっと形が違います。
上面上半分はもっとフラットにならないと…。
ここはもう一度作り直しです。

まる1日かけてたったこんだけしか進みませんでした。
先は長いな、こりゃ…。



コメント (2)

BRABHAM BT42/44 スタジオ27 : 1

2012-02-14 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
週末に意気込んで着手したブラバムBT42/44。
タミヤの44Bは売ってしまったので、組み説のコピーや42の資料を手元に始めたものの……。

このキットは44Bなどとパーツを一部共有しているため、よーく見てみるとあちこち??なところばかりです。
デカール替えのバリエーション展開ではないものの、足回りなど作りかえないといけないところが沢山あります。
一番問題のフロントサスペンションですが、アッパーアームなど一応アウトボードのパーツが入っているんですが…タイロッドと一体です。
ロワアームは44のまま…、おいおい(笑)



いくら見えにくい場所とはいえ上下のAアームの作りが違うなんて、こりゃ無いですね…。
リヤサスが付くサブフレームも無骨で全く違う形。おそらく別のキットからの流用なのでしょうか?
42どころか44、44Bとも異なる形です。
インダクションボックスが被さるとはいえ、パーツ流用するにしてもちょっとねえ。
ヒロあたりと比べちゃいけないんでしょうがちょっと参ったな、という感じです。



とりあえずタミヤのタイレルP34をドナーにして、使える部分は流用することにします。
エンジンブロックはシャープさに欠けるのでタミヤから。
キットのコピーなのでしょうか、全く同じ大きさです。
サスペンションアームは全部金属で置き換えるしかないので(あ~、ハンダ付けが面倒!)切り離してしまいます。

44Bのダンパーが付くモノコックの穴も塞ぎます。
切り離したAアームの根元はヤスリとリューターで形を整え、モノコックに半分埋まる形で接着しました。



なんかタミヤの1/12を改造した方が全然楽だったような気がしますね…。
テナリブかSRCの1/43を思い出してしまいました。(笑)
ブーたれても仕方ないのでボチボチ進めていきますが…いきなり他のキットに浮気してしまいそうな気が。
コメント (4)

1/20 BRABHAM BT42/44

2012-02-01 | BRABHAM BT42/44 1/20 : Studio 27
シャパラル2Dはもうすぐ完成です。
でもって次は何にしようかな…と考えた結果これに決定~。



スタジオ27のブラバムBT42/44、74年カナダGP#50。
Team Canadaから地元ドライバー、エピー・ウィーツェス(Eppie Wietzes) がドライブしたマシンです。
ずっと以前から作りたかったこのマシン、ネットで見つけた海外のモデラーのなかなか素晴らしいタミヤ改造作品がこちら。

Startseite index

この方、ポリトイやイソ・マルボロなんてF1も1/12で作っています、マニアですね。
これと同様にタミヤの1/12でいく予定でしたが改造するのが面倒なので、ブラジルのACE Modelの
1/20キットを探していたけれど、これはもう全然手に入りそうもないので半ば諦めていました。
1年ほど前にもこれについてちょっと書きましたが、タミヤの1/12は結局売ってしまいました…。
※たかとと様、タミヤはもう作らないと思います、すいません(笑)

BT44/42とあるのは基本は前年のBT42で、外観を44にモディファイしてあるから。
見た目はほとんど同じですが、フロントのサスがBT44はセミインボードのダンパー&プルロッドなのに対して
旧いBT42のまま、アウトボードでダンパーユニットが露出しています。
サスペンションアームも形が異なりマットブラックではなくクロームメッキなので見分けがつきます。

ブラバムチームは最初は2台がBT44で、改良した44/42はスペアカーとして使用されましたが
その後はプライベーターに与えられてレラ・ロンバルディーやカルロス・パーチェなど数人が走らせました。
日立、アライドポリマーなどレースごとに色々なカラーがありますが全部同じマシンです。

ウィーツェスは予選最後尾からスタートして33ラップでリタイヤ。
これ1戦だけの仕様でほとんど記録にも残らないマシンですが、カラーリングは実にカッコイイ。
ウィーツェスはヘルメットのデザインもマシンに合わせています。
マルティニもいいけれど、やはりゴードンマレーのデザインがいいから模型映えしますね。

スタジオ27のキットはサスペンションパーツ以外はほとんどBT44と同じようです。
問題のフロントサスですがモノコック上部に開いているダンパーのマウントを削って
穴埋めをしないといけません。
あとはホワイトメタル一体成型のダンパーの自作も…。
カラーリングの赤い部分はきれいなデカールが入っているので、ヘタな塗り分けなどせず
このまま使用するつもりです。





BRMに行く前に手慣らし?のつもりでボチボチ作ってみます。

関連しますがBT44で検索していて海外の素晴らしいモデラーのサイトを発見!
すでにご存じかもしれませんが…1/12で日本人と違った視点からの作り込みは
非常に参考になります。
マトラMS10も素晴らしい。タイヤの真ん中削ってレイン仕様にするなんて始めて見ました。
ここまでやるかという感じで強烈です。

MRO F1 Engineering

オマケ:スーパーのチョコ売り場で見つけました。
ミーヤンさんのブログにもあったチョコトミカです。
インプレッサとかプリウスとかありますがこれはZ。
一口で口に入りますが…食べるべきかしばらく飾っておくべきか…?

コメント (6)