ジルとうなぎの 風に吹かれて気ままにキャンプ

キャンピングカーと趣味について気ままな生活のブログです。

走行充電器の容量不足

2018-09-14 |  サブバッテリー

今年の北海道の旅では雨が多くて、ソーラーパネル(710W)からの充電があまりできなかった。

今日はそんなややこしい電気の話。

キャンカーのサブバッテリーは300Ahづつを2系統に分けて合計600Ahとしている。

今年は、電気食いの冷蔵庫と冷凍庫を稼働させているので電気の消費がやたらと多い。

天気が良ければソーラーパネルで充電するが、悲しいかな太陽はあまり顔を見せない。

そうなると、電気の補充は走行充電によるか、発電機を回してすぐれもの充電器からになる。

走行充電器はオルタネーターからの電圧を14.4Vに昇圧しているが、容量は30Aしかない。

30Aと言えばそこそこあるように思えるが、冷蔵庫と冷凍庫のコンプレッサーが動けば10A近く流れるし、マックスファンやテレビが点いているとさらに電気を食うことになる。

そうなると、サブバッテリーの充電電流は20Aを切る容量しかなくなる。

サブバッテリーは300Ahの2系統だから、そうとうに時間が掛かることになる。

発電機ですぐれもの充電器を使って充電しても、充電器の出力は22.5Aだからもっと時間が掛かる。

 

 

オルタネーターからの電気を直接サブバッテリー1、2に入れるスイッチと、走行充電器のスイッチを付けて、どちらでも充電出来るようにしている。

 

 

左側がサブバッテリー2 (サブサブバッテリー300Ah)で右側がサブバッテリー1 (300Ah)。

サブ1の上に載っているのが30Aの走行充電器。

 

 

これが走行充電器で10A×3=30Aの容量だ。

オルタネーターは130Aなのでまだまだ余裕がある。

 

 

この大きなリレーでサブ1と2をパラに連結させたり独立させたりしている。

充電する場合は、ソーラー、走行充電、発電機のいづれもリレーを閉じて連結させる。

さらに電子レンジを使う場合もサブバッテリーの負担軽減のためにリレーは閉じている。

 

 

一般的に考えると、そこまで電気を使わない方法を検討するのが先だろうと思われるが、色々な方法をやってみて結論を出しても遅くない。

今回、冷凍庫がある旅の快適さを味わったので、走行充電をもう少し充実させる等の対策を検討してみてもいい。

 

お願い。
 下の2つのランキングに参加していますのでクリックして応援、お願いします。
 1日にどちらも1回でいいです。うなぎの順位が表示されて得点が加算されます。

  にほんブログ村

 人気ブログランキング

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« キャン友さんと北海道の反省会 | トップ | ブロ友さんの想い »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
走行充電の容量 (堺の風車)
2018-09-15 04:48:52
SBが空腹な時はオルタネーター直結でも
ドンドン充電する様ですが
ある程度底入れした状態になると
アイドリングでは充電電流は少なめですね
そんな時にコノ昇圧装置が効果を発揮出来るのでしょうが30Aでは少ないですか?
SBが600ahも有れば不足気味?
大飯食らいの育ち盛りが6人居ると
お母さんは毎回1升飯を炊き続けないと(*_*)
昇圧器も6個は欲しいカモ(。>﹏<。)
堺の風車さん (うなぎ)
2018-09-15 08:45:48
サブが新しいとオルタネーター直結でもガンガン充電出来ますが、古くなると中々言う事を効きませんね。
やはり少し高い電圧で押し込んでやる必要があります。

サブバッテリーの充電効率を考えると、0.1C程度で充電するのがよさそうです。
300Ahで30Aだったら、600Ahの場合は60Aになりますね。
60Aの走行充電器は可能ですが、扱う電流が多くなると色々気に掛ける必要がありますね。
バッテリーのバンク毎に充電器を考えるほうが扱う電流も少なく、楽な気がします。
走行充電 (ふるかわ)
2018-09-15 08:46:43
私の場合、105A,115Aの2本使いですが、やはり走行充電は昇圧しても充電に時間がかかります。
最近は、大橋産業のBALアイソレーターを使ってみましたが、15.4Vまで昇圧されても3A程度しか流れ込んでくれません。結局電力不足になりそうな場合はエンジンON時にメインバッテリーでインバーターを駆動して100VからACデルコの充電器で15A充電します。スイッチ一つで出来るようにして有りますし充電完了は自動で電源が切れるので安心です。また、エンジンをかけるとキャン車内の消費電力はリレーでメインバッテリーに切り替わるようにしてます。そうしないとサブの電圧がふらついてACデルコ充電器の自動が誤動作するし、車内の機材に15V以上かかるのを防いでます。
ふるかわさん (うなぎ)
2018-09-15 09:11:17
サブバッテリーはACデルコのボイジャーでしょうか?
ボイジャーの場合は、専用の充電器を使うのがベストだと思います。
充電システムが違うので、一般的な充電器で15.4Vで入れても思うように入らないだけでなく、バッテリーを駄目にする場合も多いです。

充電電圧が高いので、充電中は他の機器から離す必要がありますね。
バッテリーを理解して、システムとして確立されているのですね。
走行充電 (ふるかわ)
2018-09-16 17:45:16
はい、追加したサブはボイジャーです、前の車でも使ってまして4年使ったM31を放電負荷試験10Aで計測したところ70%の容量が残ってましたので自分は信頼してます。購入したAMITYに付属していたバッテリーはブライトスターでしたが1年半経過した今は12V以下になる経過時間が早くちょっと信頼に欠けます。今後は小さい電池を固めたリチュウムイオンではなく、4個のセルで出来た100A以上のリチュウムイオンを試そうかと思ってますが、まだ高価なのと冬はそんなに電力が必要でないので来年かと思ってます。有難うございました。
 
走行充電 (tommy)
2018-09-21 08:41:25
東和モータースのwornに乗って6年になります。走行充電不足の解消に、スウェーデン製 CTEK を今シーズン使ってみました。昨年までは最大でも20Aしか充電電流が流れませんでしたが、CTEKではアイドリングで70A以上を確認できました。バッテリーはACデルコ M31のトリプル装備です。あまりの大電流なのでバッテリーに悪影響がないかAC デルコに問い合わせたところ、バッテリー1台当たり23Aなので問題無いと言う回答でした。CTEKは取り付けも簡単で、しかもソーラーも直接入力できMPPT回路が内蔵されている優れものです。
tommyさん (うなぎ)
2018-09-21 09:46:30
>CTEKではアイドリングで70A以上を確認できました。
私が知っているのはCTEKではMJS25ALで、充電電流は25Aです。
型番は何になるのでしょうか?

また、ACデルコのM31で23Aの充電電流は多すぎだと思います。
説明書では20A以下でとあると思いますが、長くもたせようと思えばその半分くらいで充電したほうがいいと思います。
走行充電 (tommy)
2018-09-21 11:52:04
CTEKのD250DUALとSMARTPASSと言うものでペアで取り付けました。日本でも購入できますが選り値段の安かったアメリカのAMAZONより購入しました。日本のキャンピングカービルダーではホワイトハウスやナッツ等が採用し始めています。充電電流23AはACデルコの回答では問題ないそうです。昨日山形から関東に戻ってきましたが、バッテリーのインジケータはグリーンでほぼ満充電状態でした。バッテリーは6年目になります。
tommyさん (うなぎ)
2018-09-21 13:23:21
D250S DUALの出力は20Aですよね。
もしかしてこれを2個パラで使って、それにSMARTPASSを使ってソーラーからも充電して70Aでしょうか。
それだったら納得がいく気がしますよ。

このシステムは最近ではバンテックも採用するのではとの話を聞いています。
走行充電 (tommy)
2018-09-21 14:42:33
D250S DUAL + SMARTPASSで構成しています。ソーラーは接続していません。CTEKのホームページを貼っておきますhttps://www.kk-tcl.co.jp/ctek/product/product_d250s_dual/

コメントを投稿

 サブバッテリー」カテゴリの最新記事