写楽湯遊

キャンピングカーで名所旧跡を訪ね、温泉に浸り、たまに山歩き、写真撮影、釣りなどを楽しんでいる夫婦です。

老人ホーム優先入居勧誘詐欺の電話が掛かってきた!

2018年02月26日 | その他
我が家では番号が非通知の電話は拒否するように設定してから、不審な電話が掛かってくることは無かった。
ところが今日、老人ホーム入居勧誘詐欺の電話があった。


その始まりは午前10時過ぎの0120で始まるフリーダイヤルからだった。
家内が出ると「近くで新しく老人ホームの建設が始まりますので、工事に伴う振動や騒音でご迷惑を掛けるかも知れません。6月ころから工事が始まりますので、宜しくお願いします」との事だった。
工事が始まる前によくある挨拶の連絡と思い「分かりました」と言って電話を切った。
次に電話があったのは午後3時過ぎで、03で始まる固定電話からで「楽天証券のxxですが、近くに老人ホームが建設され、○○さんは優先的に入所出来ますが、如何でしょうか?」と切り出した。価格は1000万円との事。
家内は「我が家は二人とも元気で、当分必要ないです。」と丁重に断ると、「次の人に優先権を譲って良いですか?」と言われたそうだ。
家内は気にもせず「どうぞ!」と言って電話は終わったそうです。
この二つの電話は私が外出中で、家内が受けていました。
帰宅すると家内から「すぐ近くに新しい老人ホームが建設されるようだよ!」
その老人ホームの名前をネットで調べると実在している施設だった。
二度目の電話は怪しかったと家内から報告を受けている最中に電話が鳴り、着信の電話番号を確認すると、先ほどの楽天証券を名乗った電話番号と同じだった。
二度目の電話から20分ほどしか経っていない。
私が出ると私の名前の○○ではなく「佐々木さんですか?」と言われた。
私は澄まして「はい、そうですが!」と答えると、「資料が届いていると思いますが、その資料の2ページ目の一番上の数字を」読んでくれませんか?」と畳みかけてくる。
そこで、私が「ところで何処のxxさんですか?」と問うと「東京のxxです」
すかさず「東京のどこですか?」と問うと「世田谷です」と返ってきた。
更に「世田谷のどこですか?」問うと、途端に怒鳴り声で罵詈雑言を浴びせかけ、電話は切られた。
家内が出れば、優先権を譲ってください。
次の電話では、優先権を譲るのは法律違反で、解決するにはお金が必要です。
老人ホーム優先入居勧誘詐欺の典型的なストーリーが見えてくる。
家内が出なかったので、咄嗟に私の名前○○さんではなく、佐々木さんと言って、間違い電話の振りをして切るつもりの様だった。
しかし、私が佐々木さんに成りすまし、架空の資料確認にも応じ、逆に何処のxxさん?と問い詰められて、最後は怒鳴り散らして電話をきった。
直ぐに警察に電話を入れ、事の経緯を報告した。
我が家の近くでの老人ホームの建設計画は全く無く、100%詐欺の電話だと言われました。
表示された電話番号は他人名義になっていて、犯人の特定に繋がる事は皆無だそうだ。
警察の話では、同じ区内で今日も還付金詐欺の被害があったそうです。
皆さんも詐欺被害に会わないよう、くれぐれもご注意ください!!、
コメント (2)

.風景写真

四季の風景写真