再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

続きですが?!

2017-10-30 14:53:43 | Weblog
前の続きである。

車のランプの件は、帰宅して「叔父さんにブレーキランプ切れてるって言われた」と家人に伝えたので何とかなったが、次の車検に本格交換だなあと。
だが、運転手やった叔父さんも楽じゃなかっただろうなあと思った。この日雨が強くて、結構視界が悪かった。
私も疲れた。

ちなみに、後から調べたら海外が長かった叔父に帯同した奥様の方も結構有名だった様で。
それと年を重ねても綺麗な理由がわかったわ。良い意味で自分のやりたいことをやってるのもあるのだなあと。
無駄に若作りなんかしていないのだ。それでも綺麗だった!生き生きされている。

ちなみに私、実家が親戚が集まることもあったので割に遠縁の方でもお目通りしている。結婚してからは減ったけど、今回はご縁でもあったのだろう。
叔父さんたちは皆私が子どもの頃から知っていて、どなたも心根が優しい。
お嫁さんになる叔母さん達は、一人除いて思春期あたりでお目にかかるようになったので、先の叔母さんよりは親しくないってことになる。
ただ、あちらが気を使ってくださっているのもわかるので、こちらも気を付けるようにはしている。
基本タイプは違うが、叔母さん方は若いときから綺麗だったり可愛かったりするのだ。

それから場所を移して食事となったが・・・
ごめん、町暮しの人には理解できんような昭和チックなお店に行くことになった。
ただし味が悪いわけではないのだけど。

当然ご親戚の皆さんは目がテンだったようだ。
私ですら、普段この手の店に最後に行ったのはもう10年くらい前の話で。
一番有名な叔父さんに至ってはトイレから戻って来た後「おい・・・和式だったぞ」とぼそっと私に言って席に戻られた。
そりゃあねえ・・・まだ昭和が残っているような店ですよ、失礼ながら。
叔父さんはたまにテレビに出られることや、ギャラの話と今度どこかの番組でカメラクルーがくっついて某国へ行くことになったとおっしゃったので、
「申し訳ないのですが、放映される頃に母に連絡してください。そちらから連絡が来るでしょうから」と。
私が割にネット事情を知っていたので、多少驚いておいででしたけども。

その話聞きながら思い出したのは仏の世界でもないけど、人は二度死ぬって。
一回は命が切れた時、もう一回は誰も自分のことを覚えている人がいなくなった時だと。私もこの辺は詳しくないのだ。
だがこの叔父さんの場合、多分見えない苦労なさって功徳を積んだこともあって、先々で忘れる人はいないだろうと思うなあと口には出さなかったが思ってしまった。
ちゃっかりものの私は叔父さんと記念撮影しておきました。
子どもにも「あんたもね」と。
煮詰まっているのは知っている。どの道に向かっても真面目にやっていればなんとかなるかもしれないだろう。
成功した人間見ておくのも悪くはないだろう。
ただし、成功する人間はそれなりの原動力がなにかあるはずなのだが。

ただ、その食事風景見てあることを思い出した。
子どもだった頃、私の家族と分家の大叔父大叔母が元気だったころに9人乗れるぎりぎりで、ワンボックスカーに乗って出雲大社に正月に出向いたことを。
運転は叔父さんたちであった。まだ奥様方がいらっしゃらない頃で、私は車に酔いやすいからと前列の真ん中に乗っていた。
道のりは途中から車がほとんど動かない状態ながら昼前に出雲大社に到着して、お参りした帰りに今回使ったような店で食事をした。
見れば、注文している物が叔父さん達は当時とあまり変動していなかった(笑)
私は変動したけどね。当時は食が細かったので、出先ではランチ等は注文せずうどん単品だったから。

見てくれ昭和の店で内容も昭和なメニューでしたけども、とても美味だったんです。エビフライ定食。
家人来られないなんてもったいなーいと思いながら完食だった。

そして、親戚の皆さんとはここでお別れ。
おねえさまが「次に全員そろうのはあなたの葬式ね」と叔父さんに向かって朗らかにおっしゃった。
その言葉にびた一文嫌味はない。
だが、その前に妹と私は叔父さんの手相に大変興味が有ったので見せていただいたのだけど、今の段階なら「絶対ない」
皆笑っていたけど一瞬叔父さんの顔が曇ったので、「誰かわからないから、次は私かもしれません」と。
「元気そうなのに何で?」
「私も内臓一つ欠損状態だからです」
皆固まったけど、事実。
「どう見ても元気そうにしか見えないんだけど」

残念だがその中に居て一番葬式早そうな人はやり玉にあがった叔父さんではないように思う。

おねえさまが言い出して今回集まったネタだそうだけど、明るさとかその辺で皆が救われているように思う。
だが、私もそのおねえさまに以前お礼の電話をした際に、叔父さんが海外行って留守だって聞いてついつい
「あー叔父さん、もしかしてボートピープルですか・・・」
そしたらおねえさまが明るく
「そーなのよー。今日本に向かってえっちらおっちらボート漕いでいるに違いないわ」とおっしゃって二人で笑い倒した。
切り返しが上手い。

日本にこんな女性がいるのかなあとたまに思うのだ。

問題はお客様が帰られた後に、残った全員でお茶をしながら、
「おい・・・一番浮かない顔をしていた夫婦が一番割を食いそうだな・・・」と父がぼそっと。
母も言っていた。
「親が亡くなった時にお葬式のお金を少しだけでもみんなで負担していたら多少は発言権あったのに」

私は聞いてないふりをして聞いていたのだが、結局皆面倒な物は要らないってこと。
自分にも言えるのだけど。
まあ覚えておきます。家人の一切から手を引いたのは私であるから。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホントに色んな人が

2017-10-29 17:32:41 | Weblog
昨日も怒涛の勤務であった。

申し訳ないが仕事で金のあるなしでお客様は見ないが、だがカウンター越しに喋りや動作で育ちが分かるのも恐ろしい話で。
ため息しか出ないようなのもあった。

その上、他部署から色々クレームが出て代表して上司が怒られたそうで、そこからうちのチームや他のチームに伝達が行き渡ったネタもあったようだ。
ちなみに各部署に居る某役職の上司たちである。
だが研修中と称してそこで最低限の仕事を教わるが、先に研修受けてたベテランさんたちと後から来た私では一部内容が違っていたようで、正しいのはこっちの方だったと言うのが再々あるので、最近はベテランさんも私が何を聞いているかを先に聞かれるようになった。
だが今回の大半の引き金はうちの一番新しい人で、やったらいけないミスを連発したようで、どうにもベテランさんがお休みだけど確認と注意は入れたんだそうです。
一方で、私は次の日に用向けがあって実家に飛ぶ予定でいて、正直鬱鬱となるようなネタは飛んでこなければなあと思っていました。

だが一番びっくりだったのがうちのワースト客と呼ばれているお客様がやってくる日で、誰が当たるか正直チームが鬱になるわけで。
要は”憂鬱な土曜日”みたいな感じで。あしながおじさんでもないんだけどね。ありゃ憂鬱な水曜日だったか。
今回当たりくじを引いたのは私である。

だが、カウンターに来たお客様は嫌な雰囲気は放っていなくて、カード見て問題の客だと。以前に一度当たったことがあるのだが、その印象とは違う。
カード見て正直腰を抜かしそうになったのだが、一瞬で人相見て「顔の色は大して良くはないが、ちゃんとやれば問題なさそうだ」と思ったので、
お客様情報を見ながら的確にこなしたら、別に怒られたり嫌な空気を出されたりしなくて、最後お帰りに小さな声だったけど「ありがとう」とおっしゃって帰宅されたのである。

シフト交代時間に近かったこともあって、バイトさんがそれ見て「今の!!!○○さんでしたよね?」「はい」
「あれが私の時に来ないってだけで私は凄くラッキーです」
「そうですよね・・・ですが、ありがとうと小声でしたがおっしゃってから帰られました」
「え??????????」

そりゃそうか・・・・びっくりするほどの暴言吐かれたと言うし、嫌な思いをしていればトラウマ状態なのは間違いないだろう。
だがなあ、おそらく本気で喧嘩したらバイトさんの方が絶対強そうなんですけど。ない物を求めると言うのなら、悪い相性では無いような気もするが、もしかしたら安懐の関係かも知れないなあと。

だが私は思ったのであるが、私の裏勤務で同じ時間帯に入るベテランさんも普通に対応したら「ありがとう」と言ってもらえたそうで、おそらく憂鬱な土曜日はおそらく昼にいらっしゃることになるのだろうなあと。間違えなければ多分険しい顔をなさることもないのだろうけど。

その客には私ともう一人裏勤務のベテランさんがメインだが、それ以外は割に厳しいとか何とか。
良くは解らないが、うちでは全員あまり良い客ではないと皆思っているが、客の方もその辺は打開したい節があって、それで少しでもマシな対応をすれば小声でも「ありがとう」とおっしゃるようになったのかなと。
要は北風と太陽か、飴と鞭かは謎です。ただなんであそこまで顔の色が優れないのか、もう少しまじまじと見たかったがそうもいかず。

そんな日の次の日。
今度は実家である。
妹と子どもとで出向いたが、メインな客は私たちではない。そもそも客ではない。
いつもなら別行動だけど、台風で公共交通機関が泊ストップしたらと言うことで、今日は一緒。

肝心なお客様は昼前に到着なさったのだった。ご親戚御一行様。
面白いことに数夫婦での到着であるのだが、これも夫婦に寄って人相の良しあしがあるのである。
生活も金も満ち足りているご夫婦には顔に変な色は出ておりません。

服もそう。一番満ち足りているご夫婦が一番質素にしていらっしゃるが実は・・・ってことでした。
一番すごい夫婦は国際的にも有名な人であるが、あたしみたいな適当な親戚のクズみたいなのにも腰が低いのです。
これは子どもの時からであった。絶対相手が誰であれ、ぞんざいな扱いはなさらないのである。
ご自分のご兄弟に関して言えば知らないけども・・・

これ、当たり前と思っていたけど、当たり前ではないのだ。
ある国々でご夫婦で超VIP扱いを受けるはずなのだが、それでもだ。
やはり職場でも思うが、一流極めたりそれを見事なまでに支える人は謙虚でした。
幼少から知っていることもあって、私たちもこの夫婦に一番懐いていて、叔母には「おねえさま」と言う関係だし。
叔母は若いころからものすごく綺麗だったが、今だって綺麗である。
綺麗に年を取ったんだなあと。

問題は到着してから。
私の子がほぼ成人まで大きくなっていることを皆忘れていたようで、
「あっ、だんなさん?!」と子どもは聞かれて、「おいこら、いっそかーちゃんの横で旦那です言うた方がええか?」と。
「それがだんなさん少し太った?と思ったのだけど・・・よく見たら顔が若い」ってことになったのだが、最近私の実家付近で子どもは
「あの機械動かしているのは何番目の婿さん?」と聞かれるようになり、当人的には心境は複雑だろう。
それでもお口はともかく、心根は優しいままなので必要な手伝いはしていた。
ちなみに夫は太らない体質なので、結婚したころとあまり変わっておりません。どたまが若干白くなったくらいである(笑)
そっくりなのは顔の一部骨格と、眉毛です。

だが忙しい夫に代わり、私が夫と共に出るべき冠婚葬祭や公の場には夫に代わって子どもが勤めてきたのも事実である。
小さいときから黙って私を守る風なそぶりも見せてきてくれた。これも事実。
今日も大事な話があって、必要な頭数が揃った状態で。

お茶出してしばらくしてから、食事の場が設けられていたのでそちらに移動。
うちの親も込で、車はうちに乗ってもらうのだが、叔父の一人が
「この車は?」
「夫のです!!」←バカ。だって私が稼いだ買った車じゃないので夫の所有物を借りているが正しい。
「どこの国の?」
「アメ車です」
「ダンナさん好きなのか?」
「そうですね。アメ車好きかもしれませんね」

多分皆知っている。この20年で3台車が変わっているが全部外国車だったので。
私が乗っているのが謎なんだろうと。私は身体がでかいわけでもないのに、ほとんど車にこすった傷はないから。
だが。海外赴任が長かった夫婦からしたら、アメ車好きは別に珍しくもなんともないだろう(笑)

・・で食事の場に移動して、最後に親戚の車を運転していた叔父が私に
「ブレーキランプ切れてるよ」と静かにおっしゃったのである。
「ありがとうございます。夫には伝えておきます」と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色んな人をみる

2017-10-26 13:40:23 | Weblog
これが私の仕事だ。良くも悪くも。

ちなみに先日金を払いたくないとごねた客は、ベテランさんが勤務の際にいらしてカウンターで散々ごねたのと、先に私からの伝達を見ていたから「お代は今回は結構です」って言ったら、「じゃあまた来るね」と言って帰って行ったんだそうです。ベテランさんには申し訳ないことをしました。
確か私に電話では「お宅は高い、消費税も取るし二度と来ない」ってガチャ切りしましたよね?

私は連絡の際に、下手に出てこちらのミスで大変申し訳ないのはわかっていますが、不足分を払っていただけませんでしょうか?と伺いました。
この場合、払う払わないは当然お客様の選択肢であるが、その先だってその場で「払いません」とでも言えば「では次回よりお願いします」で済んだ話であって、少なくともわざわざ耳の聞こえないふりをしたりとかする必要もないし、金を取られなかったらまた来るんですか。
一番は一番新しい人がミスばっかりするからである。結局わからなければ誰かに聞けばいいくらいで仕事やってるから、何時まで経っても覚えられないわけで。
50越えてこれってなあ・・・って、誰か家族が注意してくれって本気で思うし、多分この仕事向かないのでは?と。
だいたい会社の通話で使う専用携帯、彼女が使った後は半分充電が減っている。ついでに充電していない。

客もそう、いくら何でも矜持と言うものはないのだろうか。
来ないって言うのなら来るな。金取られなかったらまた来るってプライドないんか!って突っ込みそうになった。
もし生活があまり裕福でないにしても、体裁も整えられないようではおしまいである。
聞いた人間が呆れかえっていたけど、正直この手の客は口で言うほどお金は落として行かない。
疎遠客にしたらヤバいってほどでもないし、こちらも噂にされたところで。
申し訳ないけどそんな程度で、本当に怒らせたら不味いお客様でもないってこと。

まあ今度レジのお知らせ欄に書いておいてやる。

一方で最近は老紳士なお客様もここは多くいらっしゃる。私のやってる仕事の業界、女性客の方が圧倒的に多い業界なんだけど。
だいたい小ぎれいにした格好の紳士は私に向かって「あなたは太陽のような人だ」とおっしゃるので、
「あはは、ありがとうございます。顔が丸いですもんね(笑)」くらいで笑いながら切り返すことにしているが、
「そうではなく、あなたがいるだけで場が明るくなる」
そうですか。本人ボロボロなんですけど。そう見えるのなら結構なことである。
それで後ろに客がいなければ少しだけ喋って帰宅なさるのだが、お帰りの際の一言にこう言う方は必ず反応されて「ありがとう」と言って帰宅なさる。

よく考えたらうちのチーム、喋れば面白いが、見た感じがとりあえず明るい人って言うのはいないなあって気が付いた。
そう言う意味なら私は異端だろうなあと。多分目つき悪いしとっつき悪いが、たまにそそっかしいところ見せて笑いとってばれたらあとはお客様が助けてくださる。
お客様が例えばやり取りの中で、「私が悪かったかしら?」などと聞かれたら絶対に「悪いのはこちら」的な切り返ししかやらないし、例えそうだったとしても謝ってくださったりしてくだされば次回よりいつもの対応だし、多分アホの子くらいに思われているのだろう。
これは派遣で他人の飯を食う環境だったことや、親の会社での手伝いや、個人で適当にやらかしていた頃に覚えたもの。
相手の勘違いだったとしても、そこは絶対つかないのが私のやり方だ。
「私も言い方が悪かったと思います」とか自分を悪者にしてお茶を濁す。
これも営業の師匠に黙って教わったことである。この人には今度しっかりお供え(御礼だって!!)しておかないと。

ちなみに、人を疑っておいてお金間違いの詫びを入れなかったバイトに関してはまた後日、お返しする日が来るだろう。
学生バイトは良くて数年しかいないだろう、職がなくて居座ったら知らないけど、その時にあまりに目に余るようなことをしていれば、周りだって辞めるとわかればこれだって手のひらを返してくるのだ。そこをわかってないのだろう。
今は誰がどの立場に立つかわからないからと皆黙っているだけである。
だが、別のバイトですらそこらはわかっているみたいで。
ご本人も、私に物申すときは「自分も人のことは言えないのですが」と前置きしておっしゃるからね。

彼女もここの事情や置かれている状況、地域性も分かっているのだと思う。

次の勤務は土曜日である。
おそらく曲者ワーストの皆様がいらっしゃるのであろう。

色んな人を見るようになったが、子どもに見習ってほしい人そうでない人がいるが、それでも奴の人生で素敵な人に出会えますようにと思いつつ。
私も素敵なお客様に時折お会いすることがあって、あの喜びは何物にも代えがたいものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐るべき鈍感力

2017-10-24 10:30:29 | Weblog
もうこの年になると怒りで眠れないのもたまにあるが、若いころ程ではなくなった。
それに仕事から帰宅すれば、家族がいるからね。あの人たち見るだけでも癒されるとは違うのだけどホッとはする。
ただし、ちょっと他所むいといて!!と一言言って、「○○のばかたれ~」くらいは言ってるから、家族は「またですか」くらいは思っているだろう。
流石に昨日の案件はかいつまんで喋ったら、子どもがドン引きしていたけどね。
私は酒に逃げないから一言吠える。

今月のセールには大変ひどい目に遭わされ、お客様からも同僚からもと突き上げ食らっていたのだけど、昨日も結局疲れて朝までぐっすりであった。
今日も怒りがないわけではない。お客様に関して言えば反論ごもっともで、こちらが間違ってしまったもので金を払いたくないと言うのなら、次にいらした時に対処をするまでだが、うちの仕事の関係上、これまた誰がそのくじを引くのかわかりませんけど。
私も被ったけどそれでも次に当たった人に詫びるしかないが、私とてこのミスは自分のミスではないから、多分当事者が勤務に出て青くなるんだと思う。気の毒なのはそちらで。
だが私は勤務時間が変われば、次の者に仕事が移行するのだから、それで怒られても悪いが「また吠えてるわ」くらいにしか思わない。
「お宅のところはもう使いません。消費税取られるし高いし」って負け犬の遠吠えみたいなことを言って切るようではオオモノではない。

申し訳ございませんお客様。
消費税は取らないところはほとんどありませんけど。

こちらも言わせていただくなら選ぶのはお客様。だけど店にも客を選ぶ権利があると言うのはお忘れなく。
普通に対応してくださるお客様は選ばないし貴賤も問いません。お客様です。
だが、客と等価交換してこちらは仕事をさせていただいているが、必要な物を払わないとごねる客は等価交換出来ていないと言うことで。
私もここにきてそっちのミスだから絶対払わないとか、脅して金券寄越せとか、自分が損をするのは絶対嫌というのは見てきましたが、やっぱり悪銭って身につかないです。一時的に得をしても、どこかでそいつ持って行かれます。そんなもんでしょう。

ただ、こういうごね方をする客に限り、人相学的に言うと顔の色がものすごく良くなかったりする。
貧すれば鈍するのかもしれないし、その人見てないからわからないけど。

だが、うちは一回でとんでもない金額を叩き出す上客様が何名かいらっしゃるのであるが、この人たちに共通するのが乗ってくるのが高級車、品が有る、鷹揚とくる。車は3年ベースで新車買いかえみたいです。車見ればわかる。(笑)
それで、こちらにミスがあってさらっと「気にしなくていいから」と。なかなか出来る事ではないと思う。
だからって私はお客様は区別はしないけど、こう言う人たちは人相がどちらかが普通でもどちらかがべらぼうに良かったり、夫婦で品が有るとかそんな感じです。
仕事している人間を下に見ることはないんですよ。ちゃんと同じ目線で「ありがとね」くらいは言ってくださる。
ただ、酷い客に当たれば、良いお客様と出会えてもその感謝の言葉が鈍感力で鈍るようではと思ってしまう。

嬉しいもんなんですよ、「ありがとう」って言って帰ってくださると。

それでおもったのだが、私のが営業の師匠って言うのが居る。
黙って色々教えてくれて、本人は絶対師匠だなんて思ってない。
・・がしかし人生を変えてくれたのは確かで、「頭を下げるだけならタダ」って、別にそこに心が無いわけではないが、頭下げてお金を取られることもないわけで、聞いた途端スコーンって何かが抜けた。
多分私は今でもプライドの塊だと思うけど、それでも前ほどではなくなった。
そして、黙って裏でフォローするのもこの師匠である。さりげなくそっとやっていた。
今すぐは無理でも、先でそうなれればと思う。ここだけは鈍感力働くなと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふざけるな~

2017-10-23 19:23:13 | Weblog
今日の勤務である。

うちの職場は何故かセールが多く。
今もセール期間中で前勤務が慌てて作業こなしていたのだが、それでも仕事がおそく私は時間に入っても自分の仕事が出来るのは30分後とか言うオチが付く。
その上お金持ちの皆様が爆買い状態で、他のお客様もビックリするくらいの勢いでお買い物なさるので、後に居たお客様が、
「すごいですね~」ってぼやいていらっしゃった。
その後の処理が大変でしたが・・・・

問題は前の勤務の私より新人さんは何かとやらかしてくださって、今日は代わりにお客様に怒られたが仕方ないなあと。
お金を多く貰う分なら良いのだけど、お金を少なく貰ってしまうと後から絶対「払いません」と言う人間は一定数いる。

それでも自分が仕事で苦労したことのある方は「仕方ないねえ」とは思われるのだろうけど、気持ちよく支払ってくださる。
ブツブツでも言いながらでも払ってくださるのも、それはこちらが悪いのだからありがたいと思う。

問題は「はらわない」とか「はらいたくない」とごねる人である。
今日のはそれ、うちが高いだなんだと散々言って払う払わないを言わずに電話切られた。
もう悪いけど慣れたこともあって、あーあーって感じで上司には報告しておいた。
これも前勤務の人がちゃんと先にどうすれば聞いていたら、これもなかったのだけど。
前勤務の人はいつも上司に電話かけて同じことを何度も聞いているらしく「何度も聞きたくないです」ってさ。やれやれ。
だから同じようなミスをするんでしょうが!!って喉まで出掛かったわ。

その上学生バイトが何やらやらかしたようで、他部署から連絡が着て私が平謝りである。
流石に担当者と電話に出た私は別の人間だから、怒られはしなかったが、この他部署の人偉い人で多分怒りこらえているんだろうなあって(#^ω^)
ただ、言葉遣いには厳しいようですが、そうでなければこちらにも親切らしいと言うのはわかった。

更にお客様は途切れなくて、自分がまともにトイレに行けない状態で困ったお客様ばっかりやってくるのである。
14枚渡したと言い張るのね。実際にいただいたのは13枚なんですけど。これも説明するのが大変で、あちらもさすがにこちらが下手に出ているとは言え、切れモードに入りかけた頃に「ではあなたの言う通りで」って、ふざけるなー!!
時間かえせゴルァ!!ってキレそうになりました。出したもんの枚数位覚えとけ!

あと、トイレ貸せとか。
うちはお客様は奥のブースに入れるのは禁止されていて、当然トイレもお貸しするのは禁止されています。
気の毒だとは思ったけど断りました。奥まではさすがに監視カメラついていませんので。

その上、先ほどのレシートの意味がわからんって再度きたお客様とか。
私は仕事が立て込んで忙しいのに、何の嫌がらせかと思ったね。暇ならいくらでもお相手するんですが、忙しいときに限ってこれですか。

思わずゴミ箱に向かって、某元議員さんが降臨したかのように・・・・「ふざけるなー」と叫んだのは言うまでもありません。
私は神様でも仏様でもありませんし、思いっきり凡人なので、我慢も限界があるんです。
客の立場でもやっていいことと悪いことがある。

その上、学生バイトの皆さん。
前の勤務で私にお金が足りないと二人で言いましたよね?

それで、今日お金は正しかったので私が補てんした分とそこに「ごめんなさい」ってついていたんだけど・・・・
お宅ら自分のやったことわかってる?ハッキリ調べもしないで、私疑ったってことになるんだけど。悪いんだけどあんまり調子こいてたら知らないよ。
だが、今日の勤務でバッティングしたバイトの方からは後からお詫びが来たんだけど、悪いのはアナタの方ではないから。
だがお詫びをした方には矛先引っ込めるけど、あんまり先に入ったと調子に乗ってやらかしていたら、お客様に隙なりなんなりを突かれると思う。
彼女らも早くそう言うのをわかればいいのだけど、親も言って聞かせていないのか、本人の元の性格かわからないけど。

図式で一緒に入ったパートには逆えないとインプットされていて、あちらがミスをしても一切の指摘はしないが、自分より後に入った人間にはともかく容赦ないし、だが、後からの人間だってあなたのミスを庇っている場合もあるし、正直お客様からのクレームが一番多いのだって、そう言うところお客様に見抜かれているのでは?と思わなくもないが、注意する者がいないと言うのはそう言う意味なら不幸だなあと思う。
言えるのは身内とうちのベテランパートだけだろうなあと。
私なら絶対自分の子にバイトに入ると言うなら、その辺は言って聞かせる。
「例え自分の方が勤務年数が経っていても、年上の後輩が出来た際は最低限扱いに気を付けるように。それなりに社会経験摘んできた者にいくらこの仕事が出来ても社会経験だけは追い越せないのだから、度を越えてやりすぎたりしないように」と。
ついでに中年以上なら、ある程度の社会的地位にいる者は人脈他は持っているから態度と行動には気を付けるようにと。それ以上を自分が持ち合わせているのならその限りではないにしても。
私の場合なら私の後ろに隠しているネタなんだけど。

それでも怒りMaxの福袋?!状態でも、我慢できるストッパーがあるから我慢しているのではあるが。
ただ、必要以上に他人に我慢させると言うのはひずみが出てくるし、度を越せば相手の立場が何であれ反撃されることもある。
その時の怖さを若いから知らないのだろうなあと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最強らしい

2017-10-20 14:50:22 | Weblog
昨日と今日のことである。
私に最強の運気がやってきたらしい。

正月にお願いが強烈に叶うらしいと言う神社に参拝して、その時にひいたおみくじは「待ち人遅くなるけど来る」であったのだが、キタ――(゚∀゚)――!!みたいなことになった。
それはここ10年私に最強を持ってくる人物である。
その人物、私が買いものに出た場所でご飯食べてたんだよね(;^ω^)
問題は病気してちょっと風体が変わっていたのであるが、私が目の前に現れたらびっくりしていた。
「なぜ連絡をくれなかったんだー!!!」が第一声だったが、んなもん居るとは思わなかったっつーの。

この人物には半年前に最強な神社と呼ばれるところで病気治癒のお願いをして、お守りをいただいてきたのでさっさと渡して、「今日の用件はこれで終了しました」と言ったら、「待て・・・」
それで、時間が許すうちは適当に喋ってお茶ご馳走して帰ったのであるが、この人物私に褒めてくれるのだが、まあ最近じゃ滅多に聞かないような言葉まで聞いたような。

ただしこの人物に会うまでが最悪で、家人が会社辞めて転職して、私が再就職かけたのがこの人物が入院したころであった。
まああのまま黙って転勤についていけば、この人とは二度と会うこともなかったのである。
目の前に居ると言うことがどういうことかと言うことである。
大事にしろってことですかい。確かにこれほどに私の運気を変える人間はそうもいない。

一方で家人が珍しく20年前の恨み言を私に言った。
何かの話から、私が以前友達の結婚式に出るのに、家人が彼だった頃に服を選んでくれたのであるが、どうにも私の見てくれが世間様が見るにふりふりをくれていたのですけど、家人もそんな感じだった。
割にフリフリなスーツ一式を私の為に選んだのに一度しか着なかったとおかんむりだったのである。
ちなみにそのスーツ、襟が二つ付いていたり、リボン等あって取り外しも出来るしイメージをかなり変更することが出来たスーツで、それに関しては、
「外資系製薬会社に行っていた頃にしょっちゅう着ておりましたが?」
「見てないから以下略」
だって、あなたその頃出張の嵐で家にいませんでしたやん。
意外に執念深い家人である。知らなかった(;^ω^)

そして、今日は免許更新に行かねばと重い腰あげて出たんだけど。
問題は視力で条件にメガネがついたらどうするかなあって心配だったが、ぎりぎりでセーフだった。
昨日の人物のおかげか????
それで30分講習受けて帰還となったのであるが、最近は凄いこと言う人が増えたようで、事前と事後にそこにいる方が妙な説明をするようになった。多分教官みたいな方。
事前説明は乳児を連れてきている人に対して、要は文句は言わない罵声はあびさせないようにと言う説明だった。
そして子連れの人は、暗くなったりして子どもが騒ぐようなら後ろであやしても良いですって。
この子どもたちは先であなた方のお小遣いを下さる貴重な方ですので(年金のことか?)、大事にしましょう見たいなネタである。
以前乳幼児禁止と言われていたような記憶があるのだが。
私は、子どもは5年免許更新のおかげで、乳児を連れてくるとかはなかったんだけど。
それと携帯他の電源は切ってください。これが切らなかったばかりにトラブルになって、この場で喧嘩が起こったこともありますのでと。

頭の中が?????(・・?となったのは言うまでもない。
最近おかしなところで切れる人は多い。車に乗っていても、これ・・・免許持ってちゃまずいだろってんのが一定数いるし、仕事で最初から切れモードのじいさんとかいるし、まあ言い分はわからないではないんだけども。

ついでに最後に、写真写りについてクレームが入ることがふえたんだそうで。
やっぱり二度目がテンになった。
要は自分はこんなんじゃないとか、コンプレックスは隠してくれとか、チェックするのは自分の写真と名前住所他が合っているかどうかで、そっちではありませんと。

悪いけど、そう言う人には特別照明でも用意しろよって思ってしまった。
実際病院で写真付きの診察券の証明写真だと何度もやり直しているのがいるもんね、後ろ並んでいるのに。
確かに、四十路に入ると身分証明の写真がひどいんですわ。自分でも絶句したわい。前のままにしてくんない?って思ったのも事実だ。

わたしゃその場で説明した方が上手いなあと思ってしまった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癒してくれるもの

2017-10-17 17:32:56 | Weblog
私には人には言えない癒してくれるものと言うのがいくつかある。

一つは子どもが大事にしていたぬいぐるみであるが、気が付いたらそいつ睡眠の神様に格上げ(笑)みたいなことになりました。
私は恐ろしく寝つきが悪いのであるが、そのぬいぐるみが枕の近くにあれば割に安眠みたいなことに。
最初は子どもが「今日はこれと寝てね」と渡されていて、それらがいくつかあるのであるが、一番のお気に入りは睡眠の神様。
他にもある。

今で昼寝するとき用、お願い用他。(;^ω^)
それで子どもが先日きつい一言を放ってくれた。
「もし俺が出て行ってかーちゃんのそいつを俺が持って行ったら、かーちゃん間違いなく俺のところに来るなあ・・・(超迷惑)」と。
そーゆー趣味はないのですが。

まあ世間様から見ても子どもから見ても小汚いんだそうですけども。
子どもが大事にしていたものだから、ちっとも汚く見えないし、しょっちゅう洗ってメンテナンスしとるわいって話です。
犬のぬいぐるみですけど、子どもが「おい・・・こいつだけは人形供養に出したら周りがびっくりするぞ!!」(断言すな)
でも、怨念籠っていそうだから供養に出さないとやばそうとも言っている。
酷い言われようである。
どこに行っても「ブッサイク」と言われ続けたのであるが。家人ですら「まだいるのか、そいつは」と言う始末である。

そして私を本格的に癒してくれる者がある。
そいつは滅多に捕まらないのですけど、今日は何故か電話で捕獲した。
相手もヒマプーだった様で、しばらく喋っておりました。
最近は開いても開口一番「仕事休みなんか?」である。
私が謎の勤務についていると思い込んでいる。
まあ、言ってないし。言う必要もないし。
その人は宿曜法で言う栄親の関係なこともあって、割にツーカーで伝わるし、おかしな気を使うこともなく。

会話がアホなくらいで。
今日だとアレルギーの話とその苦労であるが、アレルギーの苦労は私のではなく家族。
私のはせいぜい熱帯魚屋で水の管理が悪かったら鼻水が止まらなくなるのと、仕事やらであまりにすごいオッサン臭嗅いだら鼻水が止まらなくなると言ったら、オッサンのその人は困っていた。が大笑いすることも忘れなかったのであるが、その後に、
「んなもんは自分もだ!!!!!」と切り返されたのであった。
後は電話越しに笑い倒すしかなかったのである。

あと裸。
人の裸ではなく、某所でまだ葬式当たりに香典袋に入れずにそのままの現金で葬儀にやってくる地域のことである。
まだ残っている地域があるようで、今もそうなのか?とそちらに近いところに住んでいるその人に聞いたら、「もう廃れているのではないか」と。
これを裸銭だとこの辺では言うのである。
残念ながら双方とも枯れているので、今更人の裸もなにもなあ・・・・
子どもが普段パン一なので、見慣れているし。
残念ながら私のも見せられるそれではないんで。

そして最後にこう言われたのである。
「自分を探せ!」とね。
へいへい。暇なら某所で探して差し上げますわ。
だが、最近霊感とか第六感とかそう言うのが綺麗に消え失せているもんだから、探せるんでしょうかね。
頑張ってみます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒涛勤務終了

2017-10-16 13:50:22 | Weblog
・・・と思いたいね私は。
怒涛勤務終了間際の数日は、明け方の腸痙攣に苦しんだ。
腸痙攣はお友達状態だから上手くなだめたら良い。胃痙攣よりまし。どっちも痛いけどね。

季節が関係するネタでのお仕事であるから、時期でお客さまの多い少ないは当然あるのだが。
さすがに激しいと次の日手が上がらなくなる。
忙しいときは2名体制でやるから、お客様がいらっしゃらないときは他の人と喋ることもある。

そういう時は悪くないなあと思う。しょっちゅうだったら嫌だが、たまなら悪口が出てくることもないから。
ただ怒涛最終日は、前勤務他のミスを被ることから始まって、お客様に迷惑かけたりお叱りを受ける羽目になった。
自分のミスを自分がかぶる仕事ではないので仕方ないが、あたりがきついお客様に当たれば、こちらも凹む。

今回は滅多に組まない学生バイトさんと一緒であったのだが。
彼女は数字に強い印象で、仕事が出来ないわけではないし遅刻っ気がなければ、本当に優秀なんだろうなあと思うのだけど、遅刻と言うのは本人の価値が三割減にしてしまうものだとご本人が気づいてくれない限りは、ご本人に遅刻の意識があるのなら、尚更。
遅刻がアカンにしても、間に合いそうにないなら、連絡一つくらいがあれば別に怒ることもないし。
大体若いの差し引いても綺麗なんだから勿体無いなあといつも思う。

元々私もこういう顔だから、優しいようには見えないし仕方ない部分もあるのだが。
少しずつ理解してもらうしかないだろうと思うが、どうにも私だけパートの中で(あくまでパートの中である)一番若いし、他のバイトさんが一度見たこともあって、子どもの年齢と学校がバイトさんたちの間で話題になっていたようで、私の子どもの年齢と学校が話題だったようだ。
やれやれ。
それで今日のバイトさんが本当のことを知って納得していたのだけど。
県外出身のバイトさんが学校名とか詳しくわからないからなんだか混同していたようだと。

少しだけでも無駄話が出来れば、相手のことも少しはわかるし。
若い人だから、チームの好き嫌いみたいなのとかモロ解りだったのがちょっと笑えたんだけど。
学生バイトさんたちから見たら、私から上の年代はオカン年代ですものね。
それで他所の家の子どもさんたちだけど、結局わが子目線で物を見てしまうから、あちらはあちらでうっとーしいだろうなあと思いつつ。

特に休日勤務だと昼間っから派手に酒が入っている客も登場!みたいなことになって、ちょっと臭う程度で本人普通ならいいけど、出来上がってヤマタノオロチみたいな状態のが来ると対応が大変になるし、バイトさんの勤務は夜だから、そこら気になっていたので聞いてみたら。
「そんなにひどい人は来ないです」と言うことであった。
居酒屋とかじゃないけど、酒気帯びで”でかい声”だされたらちょっと怖いからね。

実は怒涛勤務あと数日残っているんですけど、ピークは越えたと思いたいです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やる気あるの?

2017-10-12 13:40:10 | Weblog
ここのところ、職場がご難続きである。
厄介なお客様の案件が片付かないと、誰の勤務の時に誰が当たりくじ引くんだ?!ってことになる。
でも一番怯えているのは、その問題を作った張本人だったりする。

先日の勤務のことである。
職場の周りにしめ縄が張り巡らされていて、暇な時に紙をくっつけるようにとそれらがご丁寧に配られていた。

先日の勤務なら、朝勤務が私より新人さん、昼が私である。
朝と昼の勤務が要は新入りなわけで、要は天候が許すなら髪をしめ縄にくっつけないといけなかった。
だが、朝の人やる気が無いって言うか、自分が置かれている状況わかっていないって言うか。
本当なら、うちの場合は出来ないやれないって選択肢はなく、その場にいた者が責任を負うのだ。
ということは、例外はない。
だが、あちらの口から出たのは「脚立無理です。高いとこ無理です。絶対できないです」
ハッキリ言う。あなたと私に出来ませんやれませんの選択肢はない!
結局下で見ているだけで3つほど紙をしめ縄にくっつけて、「明日天気悪くなるから止めましょう」ってそれで帰りやがった(笑)
だが、わかっているのかね。少なくともやる気なりなんなりは見せておかないと、後で困るのは自分ですよ。

私たちがやらなかったら、次の朝昼勤務はベテランさんだ!!学生バイトが脚立載ってやるわけないし。
ついでに私がパートの中で一番若いのだが、動かないと詐欺ですよ。
仕方ないから、残りはお客様来ないの見計らって半分ほどやったのだが、近所の人に「明日天気が悪くなったら紙がでろでろになるよ・・明後日の方がいいんじゃない?」と言うことで、お客様も適度にいらっしゃるから途中で中断。

・・がしかし、あれこれ邪魔が入り、半分しか出来ずに伝達残して帰る羽目になった。

・・・で心配で念のために職場に連絡入れたら、今日ベテランさんたちが残りをやったそうです。(#^ω^)
私のメモはみていたようだが、近隣全部しめ縄完了状態で、うちだけやらないってわけにいかなかったらしく。

おいこら、私より問題起こしてじゃあ・・・って残した結果がこれなんだよ!!!!
去年ベテランさんたちは文句も言わずにやったそうで、やれやれ明日は平謝りから勤務が始まるのかと思ったら頭痛くなってきた。
まあ今度からこういうこともあるから、取り決めじゃないけど有った方がいいかもなあと、その辺は言って見ようと思う。

それにしても、脚立こわいですって言ってたらうちじゃ仕事にならないんだけど。
重いもの持てませんとか、給料もらってほざく台詞ではないのだけは確かだ。
出来ないと連発する前に、ここは出来るけどここはこういう事情で出来ませんとか、言い方はあるよ。
ハッキリ言って、親にも亭主にも甘やかされてきたんだろう。
要は出来ませんが無限大に通用するとでも言うか。

こんなだから、初心者マークつけているときにやるべきミスを誰かにカバーしてもらって、今頃大事になるのである。
今頃入力ネタの件を聞いてくるとかどれだけなんだと思う。

一方で最近私を悩ます客がいる。
年配の女性だが、先日から困った質問をしにやってくるのである。
ただ、私も多分顔の色がさっと変わればその客もそろそろヤバいと察するのか帰って行くのだが、価格についてとかで無駄に何分も喋って行くのである。
普段あまり周りから相手をしてもらっていないのだろう。
本当に必要なことを聞いて帰るのならそれでもかまわないが、どういうのかなあ、喋りに無駄が多いのだ。
2分で済む内容が10分かかるみたいな。
本人おそらくボケているとかびた一文も思っていないだろうけど、言葉に矛盾があるので、こっちからしたら危険としか思えず。
となると迂闊な返事をするとこちらが危険な目に遭う。

・・・でどこかで見たなあと思ったら、以前学生バイトさんにポスティングされる割引券がうちに入っていないと延々やらかした客だって今頃気が付く。
その時は学生さん舐めてかかって散々言いたい放題言って、上に取り次がせて確認させていたが、残念ながら私は学生から20うん年経っていて、向こうからしたら私に逆にやられるって判断らしい。
その時はあまりにうるさいし、後ろでお客様待っているのにカウンターから引き下がらないから、ついつい迫力ある声で「お客様。次お待ちいただいているお客様」と言ったら、文句がピタッと止まったのである。
だがお客様。ポスティングに関して言えば、ポスティングする人間が配る場所を選ぶのであって、こちらが事細かに指定しているわけではないから、運任せみたいなもの。それで逆切れしてうちに入ってないとかどの口が言うのかね。ご希望通りたいなら本社に連絡してくれ。

あれ・・絶対私がキレてすごむと思って止まったに違いないが、残念ながら待っているお客様の対応だ。

客の方も私の顔を見て「あ・・」って感じで喋るだけ喋ったら「じゃあこれで帰るわ」・・・
もう、うちにあるネタ引き取って二度とくんな!
だって話が半分以上通じていないんだもん。
ご家族がいるのなら、なんとかしてください。

申し訳ないけど高齢客が多いのだが、ご自分が何言っているか何やっているかわかってない方が一定数いらっしゃる・・・

一方で、隣のばあさんもうち以外にもお茶をする人に選挙のハガキ持って押し掛けたらしく。
その人からメールで連絡受けた時に、もうあかんなと思った。
自分が何やっていて、それをやればどうなるかを全く分かってないし考えてないのは良く分かった。
しばらく近寄らんどこってことになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うわー

2017-10-10 15:23:30 | Weblog
選挙の時期になったようだけども。

私も綺麗に忘れていたのだが、この時期になると隣のばあさんが老人会の色々なネタに騙されて、無理やり選挙の応援をする羽目になるのだが、これまた知り合いが沢山いなければ、微妙に付き合いのあるところに立候補者のハガキを持ってきてなんとかして!!!と。

何とか出来るかい。
前もその前も言ったはずだけど、うちは選挙の協力は出来ませんって何回言わせたら気が済むんだ!!!!!!!!!!

一番は近所より稼ぎ頭の会社での出方。
殊に家人の業種などは誰が当選するかに寄って、仕事のあるなしが変わってくる業界で妻の私が迂闊なことが出来るわけがない。
って言うか、あんまりしつこいから名簿から削除しろって本部にも言ったんだけど。

ホンマに票が欲しいのなら飛び込み営業でもないけど事前に挨拶に来いって話で、他人騙してこれに住所書いて持ってきて♡みたいなことして、ハガキ渡している場合ではあるまい。
こういうことされたら嫌だって人、一定数いると思う。
実際市議会選挙あたりだと奥方が事前に回ってくるのだけど、最初はお取り巻連れて滅茶苦茶感じ悪かったけど、最近は奥方一人で回ってきてそれならまあ頑張ってくださいくらいは言えるし、最低限万人が満足しないでもやり方はある。
実際チャリで出馬前にご本人が暑い中一軒一軒回ってきた人が何人かいました。
普段投票なんぞに行きませんが、それでもチャリで自ら回った人にだけは投票に行って投票しましたが。

聞けば、老人会に騙されて出向いたらそいつの奥さんからの挨拶だったと言う。
私は何度も何度もお断りしてるんだけど、もうその頭にはお断りされたネタは消去されてるのか。
いくら普段付き合いがあっても、選挙と宗教は押し付けたらいかんだろうにさ。

それでも黙って誰かが情報提供やっているようなら今度は電話一本でもかかってきたらキレるだろうと。

それにしても貴重な休みを買い出し行ったり、掃除したり必要なことやっていて時間が足りないようなときにやってきて、それも長居をされたらいい顔も出来ないし、お願いなので空気読め!

あの年代だから結婚後に仕事に出るなんてなかっただろうからこちらの事情を分かれと言っても無理なのだろうかどうなのか謎だが、勤務が立て込んでいて、貴重な休みは掃除だって片付けだってやりたいんです。ついでに仕事が客商売だから、いくら近隣とでも人を見たくない喋りたくない関わり合いになりたくないときだって私にもあるわけで。
それに最近私が大荷物抱えて車で帰宅した後に絶対来るんだよ。これが買い出しだったり実家帰りだったり。
そうなると車から出して持っている物渡さざるを得ないような間の悪さでやってくるから、そうなると物持って行かれるし、正直考えてもらいたい。
悪気の無いたかりと同じことや。

何か見える物見えない物ごっそり持って行かれているみたいで。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加