再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

続きとくる

2017-05-27 10:46:47 | Weblog
だが・・・私の残業も悲惨であったが。

持ち込み数が多い上に注文が多かったので、そのまま仕事を渡したら何がなんだかわからんって私ですら焦っているのにと言う状態だったから。
原因はポスティングされる安くなるチケットのせいであった。
だが、こちらのお客様は育ちが良い方で、必死でやっているのに文句は一切おっしゃらなかった。
申し訳ございません。
そして、漏れもなく無事に済んだ。

そして私がちまちまやっている間、文句を言いに来た年配の方がいた。
自分のところにはそれが配られていない、私は会員なのになんでか?と。
ちなみに学生さんは他の超忙しいところに派遣される優秀な方で仕事もてきぱきとできるので、いくら年上でも私がしゃしゃり出てと言うわけにいかず、他の仕事しながら様子だけ見ていたんだけど、一生懸命説明しても相手には通じないの繰り返しで。

ポスティングなんかどこに配るか特に指定がなければポスティングする者の自由で、家の作り、場所によっては入らないこともある。
だから私のところに入らないってことなら、私なら「うちにも入りません」って笑って言うのだけど。

私は中年だからそう言うネタがくれば最低限のみ頭下げて御帰り願うが、やっぱり仕事が出来ても子どもと年齢が変わらない相手だからそこらは苦手なんだろうなあと、珍しく声を荒げない人が、「では確認の電話をします」と。
そこまでやれば大半帰るが、このお客様に関して言えば対応した者が私の話をきちんと聞いてくれないかまってちゃん的な要素が強い。
家人も私も、お客様の話を時間さえあれば丁寧に聞いてきたから家人は某役所の救世主と呼ばれ、私も難しいお客様と以前の会社で契約を結んできた。

正直変わってあげたい気持ちもあったが、私年配でも新人マークつけてるし普段学生さんには助けてもらっているしと心の中で思ったら、次のお客様がいらっしゃった。
それで、次のお客様に向かって大きな声で「お客様!!」
先に居たお客様が文句を言うのを止めて一瞬びくっとしたが、「次でお待ちのお客様以下略」と少し大きな声で伝えたら、先に文句を言っていたお客様が「じゃあ今日は帰るわ」

はあ。もしかして私の声、迫力満載でした?
てか知ってる。この場合大きな声のもん勝ちなんだと。家人の指南のおかげである。
ひるんだお客様の負けだわ、申し訳ないけど。

学生さんごめんね、こういう止め方しか出来なくて。
あの手は丁寧に話を聞いて頷いて差し上げるしかないのだけど、そこらは私が先に入った方に言うのはどうなんだろうってところもある。
珍しく愚痴を後からおっしゃった。

お客様に申し上げるのなら、この回の件なら私どもの立場に文句言っても上には伝わらないんだ、大変申し訳ないけどそこら文句が有るんなら本社におっしゃったらよろしいのよ。チケットくれ!って。
本社が必要なら改善してくれる。
それに要点もポイントもまとめてないから、あれではただの文句言いに来た程度の扱いになる。
お客様の話を聞くのも給料のうちだけど、あれでは申し訳ないが寺以外のお経である。



コメント

ここのとこ

2017-05-27 10:25:01 | Weblog
仕事日の忙しさにバラつきがあるなあと思いつつ。

私よりも新人さんが前の勤務の時は、どういうわけか仕事がさばききれなくて、30分延長みたいなことになっていた。
それでも手伝うけど、先の方が「ここまでやります」とおっしゃれば、では・・となる。
私は残業は今まで運よくなかったのである。

それでも前後の勤務の人たちとは無難にやっています。

問題は私の昨日の勤務である。
前の勤務の人の残りの仕事をやって、後は適当でもないけど、必要なことをやりつつ一本の連絡が。
別部署の偉いさんだったのだが、私はどうにも風邪の引きかけで声も出にくいし、緊張して声が更にでないな~と思いつつ対応したら、その後自分の上司から。
「○○さん、別部署の上司になんかやった?」って。
聞けば、先に対応した私の電話対応がつっけんどんって、電話の後に上司にねじ込んできたそうである。
以前にその上司から話は聞いていたのであるが、はあこの人だったんですかと。
「ちょっとでも何かあれば、なにあれ?って電話してこられる」と。

・・・半分言いがかりと言いたいところであるが。
まあご指摘に関して言えば、私も喋り方に気をつけろと言うことであるからそこは受け入れるけど、私に言わせたら偉い人でも多分近親憎悪みたいなネタだと思った。
電話を聞いていたら同じような喋り方をするようだし、私もその方に関しては同じように思ったもんで。
こちらは、口が裂けても言えないってだけだ。

自分でもたまに言われるのが、慇懃無礼。
丁寧だけどって奴。
まだ本人見て対応している分ならそこまで言われないが、声だけだとそうかと。
自分でも迫力増産機が搭載されているのも知っているし、仕事から離れたら色んな意味で偉そうなのも知っておりますが。

それで今までの職場でもすごく難しいタイプに難癖つけられたこともあったが、はいはいここではその方かと思った。
上司には申し訳ないことをしたのでひたすら謝ったのだけど、上司ですら「何で言われたのかよくわからない。もしかして早口だった?」くらいの突っ込みであった。
早口は確かにあるかもしれない。だいたい電話の相手が暇人ばっかりではないから、家人などに仕事中に連絡とるのだってさっさと言わないとみたいなところはあるから、確かに反省材料は多いなあと。

帰宅して自分の人相見たら、言ってきた相手は多分さらっとしていて言えばそこで終了、次回に気に障れば今度は直接言ってくるのだろうと。
その一方で、上司の人相が心配そうにしていたのも。

ただ、その一方でそのお偉いさんのおでこの色はきっとすごいことになっているだろうなあと。
その上司が厳しいのは会社の為か、本人の八つ当たり目的か今の段階ではわからない。
前者ならお気の毒だが、後者なら自業自得。

だが、恨まれるとその辺の色がものすごく悪くなるようで、実際何人か見たことがある。
芸能人でも後輩へのあたりが強いと言われていた人とか、元の会社でマネージャーと呼ばれていた人で、1年前くらいに見かけたら恨まれまくっている様子が取れた。だがその人も解ってやっているのかどうかわからないが、少なくとも下の立場に対しての注意の仕方は悪かったのである。
いくら正しいことを言っていても、あの注意では間違いなく恨まれると言うやり方で、ハッキリ言えば立場的な物でみんなへいこらしているのであって、本人自体は好かれていない。
最後に見た時は、満身創痍な状態であった。

私の方はお目にかかることがあるかどうかわからないが、一度くらいはお目にかかりたいものである。(半分皮肉)
おでこ確認のためにね。

だが、昨日の一番の地獄は、商品持ち込み50点近く・・・の拷問であった。
仕事終了間際の持ち込みで、結局40分ただ働きして帰宅することになったのであった。
あとの勤務の学生さんには申し訳ないことをした。
コメント

ふぅ

2017-05-23 16:11:34 | Weblog
今日は仕事が休みであった。
だからって寝とる場合でもなく。てか近隣うるさくて寝れない。
工事やってるんだから仕方ないにしても。

どういうわけか、昨日の夕方から自宅で電話が鳴っているような状態で対応してきたのであるが。
一つは家人の出張の時に使うカードのネタ。
信用問題に関わるから仕方ないんだけど、”奥様”と呼ばれしものにすら本人の許可がないと説明出来ないとか仕方ないにしても、世間の大半の夫とやらは仕事出ているんだから、平日の昼間に呼ばれても出ない。
結局巡り巡って、私が用向きを聞くことになったのだけど、最終的に連絡してきた奴は、日本語がおかしかったぞ。
私もサービス業だが、その日本語だとお客様怒るってば。
若い人のようだったのだけど、まだ不慣れなんかなあ。電話の途中で何度か笑っていたけど。
私もPCで電話番号確認しなかったら絶対出てないしなあ・・・

笑ったのは身分証明書の一部が判別できなかったとのことで、「偽造ならしておりません」と私が返しただけである。
そしたら笑われたが事実である。
あの人そんな事やらなきゃならないなら、もう少し精巧にやってるし、面倒嫌いだし。(-_-;)

次は保険屋さん。
子どもの事故のネタが完済した連絡が一つ目。
ただ、相手の車の修理費用聞いて二度びっくりであった。
「そんなにかかったんですか?」
「これでも安くしてもらった方です」

・・・ごめん、申し訳ないがうちの車と対極の扱い受けているような車だったんですけど、どーゆーぼったくりをしたらその金額になるんですかと。
保険屋さんには謝っておきました。私は釈然としませんが、相手はもっと釈然としないだろうなあ、スミマセン。
あちらにしたら貰い事故だもん。

次がパパ。
入院中に何やっとるかと思えば、「退院した」
・・・・予定より1週間早くて唖然としたのであるが。
いやエイプリルフールでもないよなと一瞬考えた。
「無理だけはしないように」
「せん」←これ信用しちゃっていいのかなあ(-_-;)

お願いなんでゆっくり養生してください。

・・・でその次来たのが、別口でガンで養生している人から。
「足・・あるんですよね?」←失礼な奴。しかし以前に私もやられた
「ある」
「今どうしているんですか?」
聞けば自宅療養兼病院に通院して抗がん剤やっているようで。
自宅にいるだけは自由だろうけど、随分と辛いと思う。
本人放射線よりはマシなんだがとぼやいておいでだったが。
仕事復帰どうたらは結構なので、早く元気になれ!!

そうやって私の休みは無くなって行くのである。

コメント

実家でブヒブヒ

2017-05-21 09:21:23 | Weblog
別に豚さんがいるわけでもなんでもないんですけど。

結局母から助けてほしいと言われ、子どもは授業があったし色々あったのだが1時間だけ申し訳ないけどサボってもらって、子ども拾って実家へ。
家人は一瞬顔をしかめたんだけど、それ以上は言わない。
サービスエリアでご飯を食べて実家に行くと、営農集団の皆さんが苗箱を運んでいらっしゃったのでざっくりご挨拶をしたが、半分はガン無視・・・
だが、高齢すぎるのをみて私はうなってしまった。
確かにご高齢でもお元気なんではあるが、これが田舎の現実で出来たら偉い人にはこの光景を是非とも見ていただきたいものである。

母に頼まれたものを持ち、その足で病院に向かう。
入院している病室が分からない上に、ナースステーション誰もいねー!!ってことになり、さっさと探すことにしたら割にさっくり病室が見つかったのである。
患者(父)は暇ぶっこいていたようですが、私たちは入院の保証人が数年前から約束となっているので、その書類を書いて「悪いんだけど、その後に手伝いに入るから、さっさと帰るね」と。
「手伝ってくれるのか?」と言っていたので、ここから早く帰るってことは実家に戻れば即仕事と言うことである。
悪いんだけど大半保証人がいるとなれば家人か私がなってきたのは事実で、今回家人の会社名までいるかなあと思っていたら、住所だけだった。
この辺の総合病院なら、保証人の会社住所や電話番号まで記載なんですけどね。
一番笑ったのは、見舞いメールを受け付けてくれる病院であるが、自分が病室に上がってきたら、私のお見舞いメールが届いていてビックリだったと言うので、
「お母さんから連絡来る前に友達が、お父さんとお母さんを見ていて、病院でみかけたとメールをくれましたから」
唖然としていたが、母が言うにその日は病院で知り合いを6人くらい見かけたというのだ。
その上私の友達にも見られていたとは知らなかったようで。

患者には司馬遼太郎の国盗り物語を置いてきた。暇が潰れたら良いなあと思う。

そして職場に迷惑かけている私は病院の隣の某観光地でお土産を買うが、レジャーと勘違いされたらあかんので、一筆菓子には添えておこうと思う。
病院の隣が某観光地以下略と。

帰宅すればさっそく家人は車の運転他、子どもは物運び、妹と私は分担して苗箱や他のものを洗うことにしたのだが。
母が私の仕事を変わろうとしてくれたが朝から動いているのは知っていて、「お母さんはすわっとれ」と言いつつ、オカンの親やじいさんの話を聞くことにする。
占いを100%信じているわけではないが、一時期その道も考えて勉強は怠っていないので、占いで気になったことでも先祖のことはわかんないから聞く。

以前に言われたのが手相で、「父方の墓参りは怠らないよう」と言われた一方で、違う占いでは「母方の4代前の男性の影響が」ともあったので聞いてみる。
今まで自分の身辺をあまりしゃべる人ではなかったのであるが、聞けば教えてはくれるようになった。

結局3時間でほとんど片付いて終了。子どもの働きが大きかったのは言うまでもない。
でも学校早引けだし、試験週間だし、いいのかこれで!!
だがこの子は自分よりじいさんを優先する。昔からである。
「俺の試験中に限って」とは言うのだが、それでもじいさんは優先する。

ちなみに苗箱を置くシートを洗っていた私は最終的に水浸しと泥まみれになったのであるが、久しぶりに楽しかったのである。
今日早速あちこち痛むし、昨日の夜から左足が頻繁につったけど。
コメント

大変だなー

2017-05-17 18:41:03 | Weblog
仕事が休みの昼に、友達からメールが来て、「お母さん見かけた」と。
聞けば実家付近であろうことか病院内であったと言う。
てっきり検査かと思っていたのだけど、違っていた。

何故か?その数分後に母から連絡が着たからである。
聞けば父が入院したと言う。だが、私には問題があった。

仕事はシフト制。
さっさと上司に言って休みをもらうなら貰わないと、他の人たちに迷惑がかかる。
それで「明日行く」と伝えて、一旦電話切って、上司に確認を取る。
結局どなたかが交代してくださったらしい。
心から申し訳ない。
来月から勤務日数減らす方向で話はしていたのであるが。

・・・がその後母から連絡があって、「明日は来なくていい」
ごめん一瞬ぶち切れそうになった。私の仕事はシフト制で、簡単に出来る仕事ではないと。
その辺わかっていないようで、「早まったね」の一言で、本気で悪いんだけど以下略。

仕方ないから、病院に遠隔地にいる者対応で、お見舞いメールが送れるとわかったので、そいつは黙って送っておいた。さてどういう反応をしたか知らないわ。
何せ様子見に行けないから。

そして、妹に連絡したんだけど。

その6時間後、判明したのは病状と、私が頼まれた内容は家人に助けてもらわないといけないから、その辺もお願いしておいた。
うちは・・○証人当たり前みたいです。別に構いませんけど、お約束化してんなあって。

コメント

うぅ・・・

2017-05-13 07:41:49 | Weblog
昨日の勤務のことである。

最近は10分前に入ることが出来るバスに乗って職場に向かう。
でもよく考えたら、最近配属になった人が前勤務だったなあと。

で行ったら、案の定パニックになっておいでだった。
捨て犬みたいな目になっちゃっている。その状況なら新人の私でも多分神様に見えちゃってる状態である。

その場の対応は預かったものを返却するだけだったので、「お疲れさまです。それ(預かったものの控え)見せてください。じゃああちらをお願いします。こちらは私が探します」

配属された人は私は以前別のところでお目通りしていて、私みたいな髪型の奴は職場にいないので、まあってことで。
お客様が帰宅された後、すっげー涙目で「助かりましたぁ」

うん?これは一カ月前の私と同じ状態で、ものすごく不安に思っていらっしゃるのだろうなあと思った。
とりあえずまともな挨拶をして、話を聞くことにしたのだが、早速お客様についてだったので、「ちょっとそれは不味いです」
「ここだけなんで愚痴位こぼさせてくださいよ~」
甘い。いくら配属されてすぐでもそりゃあかんって。お客様いついらっしゃるかわからないのだから、その場での言い方はある。
話では私よりも年上だと聞いていたのだけど、ここが不慣れなのは仕方がない。私だってまだ不慣れである。しかし接客経験とかはなかったのだろうかと。
この手の話はバックヤードや事務所とか家でとか、絶対お客様の耳にふれないところでやるもんである。

要はお客様にうるさいことを言われただったのであるが、そうなれば自分達も臨機応変に言い方を変えるしかないこと、ここは先に勤務した人にわからないことを聞いた方が得策で、前後のシフトの人に事前にわからないことをまとめて、そいつらに聞いた方が良いですよと。
ここの人は質問すれば教えてくださるからと。
問題は、しばらくシフトが前後が私だったりするわけで、その人ちょっとお気の毒だと思ってしまった。
前後がベテランさんたちなら、もう少し突っ込んで聞くことも出来るのに。
あと、こっそり上司が忙しいときは助けてくださるからと内緒だけどね・・と伝えておいた。
上司は後ろに目がついてるんかってくらい、目配り気配りが出来る方であるから。

彼女も私も同じである。だが彼女は接客経験があまりないのか、私よりも詰めが甘いかなあと思わなくもなかった。
私の接客はサービス業から小売業まで様々で、大半は大金が動くところであった。
たまに父の会社の受付やったり。だが私はどう思われても100円のお客様だろうが100万円のお客様だろうが、対応は同じと決めている。

以前お客様に言われたことがあるんです。
「自分は安物しか買わなかったが、あなたはその安物を買った自分に対してとても丁寧な対応をしてくれた」と。
要は安物を購入したら安物の対応しかしてもらえないとその方は思っていらっしゃったのであろうが、その言葉は嬉しかったのである。
何人かのお客様に言われたのだが、それは頭の端っこに刻み込んである。

でもねお客様。極端な例が100円のお客様が300万円のお客様に化けることだってあるんですよ。実際問題。
身なりも購入金額も関係ないと言うのはそこなんですけど。
私は財布の中身なんか見抜けないから、誰でも同じ対応をするだけ。

そして、ぼちぼち私もお客様が顔を覚えてくださったようで、「あら」と私の顔をみたらおっしゃってくださるようになった。
きちんとこなせたら嬉しいものだなあと。
私もドクターストップが先か、配属された人が諦めるかどっちだろうなあと思いつつ、配属された人は諦めないでほしいなあと思いつつ。






コメント

色々見えてくる

2017-05-11 14:58:40 | Weblog
私が仕事に出て、家も半日留守の日が出てくるようになった。
監視カメラさっさとつけないとなあ~と思いつつ。

近隣のガキと一部のお宅に信用がおけないとこうなるんか~と思いつつ、周りもうるさいけど文句言えないってぼやいちゃっている。
文句の付け方なら現在なら多種多様だろうに、不勉強もあるだろう。

職場でも色々見えてきて、同僚間のトラブルが少ないところではあるのだが、それでも少しずつ人間関係が透けて見えてきている。
私がいつも交代で勤務に就く前の人は、とてもきびきびしていてかつ親切である。

私がつまんない質問をしても、きちんと教えてくださる。
一人で勤務するようになって7割この方に助けていただいてきた。
それでついつい掃除についての質問をその方に投げかけた。仮にTさんとしておく。
「別に掃除がしたくないって言っているのではないのですが、Tさんが朝勤務なさらない日はハッキリ言って職場が汚いんです。ここは店だし、気になることもあるので、その辺も教えてください」と。
Tさんともう一人のNさんは合間を見て掃除をなさっているので、その人たちが仕事に入っていらっしゃれば職場が極端に汚いと言うことはないのだが、彼女らが1日入らなかった次の日の職場は酷いものであると。

その人たちが居なくて、私がその時いれば私が掃除をする。
別に掃除をするのは嫌いでもないし、掃除だけですむんならそうしてくれ(笑)って言いたくなる。まだ仕事に慣れていないから。

カウンターも埃が、床もゴミが、自分達のプライベートスペースみたいなところならまだしも、お客様が出入りするそこが汚いのではお客様商売としてはありえないと。
そしたらTさんもおもむろにおっしゃったのである。
「実は・・・Nさんからも同じことを聞いた。若い子は確かに掃除をしないわ。あなたが来るまでは私たち二人でやるしかないと思っていたんだけど、今度からは4人でね!」
結局子持ちのおばちゃんは細かいところにまで目が届いてしまい、ついつい掃除をするみたいなことに。
Tさんは私が掃除をしていたのはご存じだった。
でも上司が掃除しない奴だっておっしゃったから、私は今まで見て来たことを言った。
「掃除ならちゃんとされていました。トイレもだし、職場もだし、確かに掃除表にご自分の名前は記載されないんですけど、何度も見ましたよ」と。
なんか悲鳴が上がったような気がしたけど気のせいでいい。

「ただ・・・夕方からの勤務は私も2時間だけ入って、あの忙しさなら彼女らは掃除をする暇はないなあと思いましたが」
「夕方はそうなんだけど、ともかく、現状は私とNさんとあなたと最近入った人、どっちにしても学生は数年もすれば就職で辞める。結局屋台骨は自分達になるわけで・・・職場綺麗にしていこうね!」
と言うことで掃除のやり方再びと、持ち帰って洗濯するものなどを教わる。

問題はとあるゴミだけだが、それはTさんの裁量にお任せすることにした。
曰く、上司もたまに職場勤務があっても、四六時中そこにいるわけじゃないから、状況がわからないから聞いても無駄みたいなことに。(;^ω^)

結局一人勤務だけど、皆見てない様でわかっているってことらしい。
だが経験上、掃除をきちんとしない人は仕事が出来るとは限らないと。そしたらTさん笑っていたな。
私は派遣が多くて色んな所に出向いたけど、確かにそう言うのはある。大きな会社なら清掃の人がいらっしゃるが、デスク周りまではやらないから。

そして、やっぱり最初にある人から「○○さんどう思います?」と聞かれた意味がだんだんわかってきたのだ。(前よりもね)
正直おばさんの自分よりは世間に揉まれていないこともあって、本人にそのつもりがなくても周りからしたら「横柄に取られる」と。
言葉が丁寧でも他人を傷つけることもある、正義が人を傷つけることもあると言うのが多分わかってないが故で、おそらくこのまま私がここで勤務をすれば大なり小なり聞いてしまうことであろう。
私も最近攻撃を受けた(笑)

ただし自分の人相見たけど、あちらに悪意はない。これだけは間違いない。
現実は勤務が済んだら、腸痙攣とくる。休日死んでる。
だが、私は自他ともに認めるプライドの高さと(職場では出さないが)、御意見無用とは思ってもいないが、御意見伺うならそれなりがないと聞かないのも事実。職場のことはお給料=我慢料ですから、きちんと聞きますけど、半分くらいあちらの思い込みでケチがついた分に関して言えば、私もすっこんでる場合でもないのかなあと。

ここはバイトもパートも扱いは同じである。年齢関係なく。だから、先に入った方が偉いでもないが、そう言う認識なんだろうと思う。
向こうさんは多分正しいを押し出しているが、こっちは教わることも多いし仕事が出来ないのに反論する気は毛頭ないにしても、身体は正直である。
私とて、子どもと変わらない年齢の者に、横柄に接していただきたくはないわけ。
私の態度が悪いのなら考えるが、私は相手が誰であれ、口の利き方も対応も同じです。これは言いきれる。
これは子どもがバイトに出るようになれば、その辺も言って聞かせる必要があるなあと。

私が仕事がわからないのなら周りに聞いてくださいって伝達ノートに書いてあった。
だが、私の前と後の勤務の人は知っているよ。私が嫌ってほど質問して、わからないことをしつこいくらい聞いていることは。
そちらは、私が質問してきちんと教えてくださっているし、その人の時はたまたま聞くことがなかっただけであればそちらにも聞いております。
ここだけは嫌味入ってね?みたいなことに。
それにここが出来た時に居た人の最初の社員教育と後から来た私への社員教育は同じではないようです。
実際、上司の「店ごとに内容が違うことはないし、ここで教えた内容に沿って職場も動いています」
・・・違ってた。
最初にいたパートやバイトは、色んな人間から色々習っているのだが、私やその後の人はそうじゃない。
実際、聞いた内容で仕事をすれば「否」と切り返されたことも何度もあって、正直どっちやねん???で味方なんかいないも同然なんですが?
都度聞けって言っても、聞く相手いませんけど?
正直、自分のもの差しでしか計れないのも仕方ないにしても、延々我慢している方からしたら「怒りのポイントいつ満杯になって切れるんだろうか?」です。

ただここの仕事、敵を作ったら自分の首が絞まるんです。
シフトだから。何かあって、そりゃ病気や冠婚葬祭の休暇はくれるそうだけど、そうなれば交代する人間探してこないといけないわけで。
彼女もなんだらかんだらで密かにそう言う不満を周りにもたらしているのなら、少しだけ考えた方がいいんじゃないのかねとオバサンの私は思わなくもなく。
実際、変更要請はその人から出てきて、他のバイトか、パートの誰かが残業してやりくりしている。
結局同じ時に勤務についた人たちにはそう言うことは言わなくて、後から来た者にだけ結果的に物申しているなら・・・
私は今のままでいきます。問題は腸がもつかなあってことくらいで。
コメント

長かった

2017-05-09 10:58:54 | Weblog
家人が転勤を断り、会社を辞めてもうた。
この話が上がったのは2月の半ばである。
この段階で一年転勤を伸ばしてくれと本人が言い、会社がそれを受けてくれていたらこんなことにはなっていなかった。
そのまま転勤を受けていたら今月付で赴任先に行っていた。

それにしてもその時に誰が敵で、誰が味方かはっきりしたのである。
以後の付き合いがこれで決定した。実際手は貸してくれなくても愚痴を聞いてくれた人もいらっしゃったようです。

転勤受けたら子どもは一人暮らしになり、月に2回くらい私が高速使って子どもの様子を見に行き、一方で家人の世話だけなら身が空くから、赴任先で仕事を探せばよいと思っていた。

結局家人は4月末まで有給他消化で、今月から新しい会社に着任みたいなことになった。

その間なんとかお金には困らない状態ではあったが、不安だったので私は車で行かなくて済む会社を一つ見つけてダメ元で受けた。
これが健康に不安があることも正直に話したけど、あっさり採用になって3月から勤務に入り今に至るが、私はともかく肝心の仕事が出来ていなくて、勤務後必ず落ち込む。
自分のミスを自分で被るかどうかはわからないからである。
お客様次第だから、その時にお客様の対応をした人間がそれを被ることになる。
この二か月謝ってばかりであった。

上司や同僚に不満はないのだ、ありがたいことに。
逆に迷惑ばかりかけて申し訳ないくらいで。明日の勤務だって最初からお詫びしまくりなんだろうなあと。

だが時間も何もが許さず、その業界のことをわからないまま飛び込んでしまい、メモと称したノートが何冊にもなってしまい、一つ覚えてもまたもぐらたたきではないが、次の新しいことが出てくるのである。詐欺だー!と叫んでももう遅い。
だが、先に入った人に伺ったら、「私もノートなら持ってるわよ。それにしてもあなたここまでノートに取ってるの?」と少し呆れられた。

そんな私も家人が過酷だったのも知っているし、最終的に思うようにしたら?とも言ったが、地獄に落とされたことには変わりはない。
あのままなら今もふーちゃか専業主婦で家族を支えていたに違いないから。家人が激務だったことにより、二人分の給料を叩き出していたこともあって、私は家を守るが仕事であった。

だがその生活が長かったので、家人は家のことをやろうとかどうとかはなく、結局有給他消化するのに2か月家にいたけど、こっちがテンパりそうになった。
私が同じ時間居れば、家のことは全て片付いていたが、結局自分のペースで生活してくれたら、勤務時間次第では布団は風に当てられない、掃除機かかっていない、当然ご飯の支度も出来ていないとか、正直いらんわ!!!ってキレそうになったことはほぼ毎日であった。

その家人がやっと新しい会社に移った。
それだって、辞めると言った日にすぐに関係先に連絡を取って、あっさりもぎ取ったものである。
面接もどうにも形だけだが、同業他社から移ることもあって、色々制限がかかるとも聞いていた。
だが、蓋を開ければどうやら半年後にはマジ本採用で転勤も視野に入る。
はあ・・・

転勤の行先によってはついて行きたくない場所もあるんですけど。
家人は多分知っている。私がデパートがある、もしくは珍しい寺社仏閣と温泉がある地域ならついてくるが、そうでなければ絶対ついてこないと。
そもそも私が家人を必要としてないとも思われているようだ。

その間、履歴書やいろんな書類を作るのに、何度も採用試験を受けている私が説明して、昨日も書類書きの説明をしつつ。
あっさり採用で、詐欺だ・・・って私がぼやいたら、「そりゃ人脈はちゃんと持っていますから」とかしれっと言うので、
「へいへい。悪いがこっちは結婚する際に苗字から仕事から全部捨ててきて、今じゃ年齢的なことも込で、再就職だなんだで苦労して正直詐欺ですよね」と皮肉を言うのも忘れなかった。
女の市場価値は間違いなく40が境目だからである。
「だが・・・それで(私が)支えてくれたから今があるのだよ」と家人。

女の市場価値は本人考えても居なかったようで、この2か月延々言い続けてきた。
ハッキリ言えば「同じ条件で若い女と中年女が面接にやってきたらどっち採用するかって話だよ」と。
その辺正直に「同時に来たらそりゃ若い方になるだろうが、そうでなければ先にきた方」
あっそう。

ほんまにそうなんかどうなんかは謎ですけど。
私は辞める際にのたもうたのが、「うちは生活するのに今の場合なら○○万円は最低必要となる。転職は構わないが、その金額はどうにも叩き出してくれないと困ります。生活できませんから。それでいいって思うなら、辞めるなりなんなり好きにしたらいい」と。

一方で年齢的な不安もあったのだが、業界的に中年が育っていない業界だったようで、首はつながった。
一方で、行った先がアウェイなのかも心配だったがそうでもなく、飲みのお誘いがいくつかきたようだから少しは安心した。
その代わり、家人を助けてくれた人間が直属の上司になるから、一生一蓮托生家畜状態だろうなあと。
コメント

子どもの結婚

2017-05-08 16:16:24 | Weblog
私にはまだ先の話である。

問題は、彼女っ気と言うものがまるでないのである。
私は早ければ数年後には姑になるかもしれないが、まだ実感すらない。

確かに大事に大事に育てたから、出来れば大事にしてくれる人と結婚してもらいたいものであるが。

その上でなるべく口も出したくないんですけど、出したくないのは自分の時に散々だったからである。
家人の親戚に沢山難癖をつけられたからである。
その時に我慢に我慢を重ねた結果、今ではそいつらいなかったことになっている(笑)
実際この世にいないのもいるんですけど、生きている人間がいなかったことになっている。

家人親に付けられた難癖は「早い」であった。
年齢的にでき婚でもないのに早かったのは事実であるが、結婚間際まで「早いよ」
だが、こなしてきましたけど?
冠婚葬祭で散々家人一族に嫌がらせされても黙ってましたけど。
私以外の人間が私と同じことをされているのは見たことがありません。
家人祖母のお宅で座布団もお茶も出なくても黙っていましたけど。こういうの恥ずかしいと思わないのですか?
今度チャンスがあれば突っ込んでやる。同じ土俵に立つ気はないから、同じことはしません。ああいうのは育ちの悪い人間がやることである。

その上、しばらく家人親にくちばし入れられていた私もしばらくは黙っていたのであるが、西原理恵子さんの名言ではないが「女はポイント制」って言うのが多分あてはまる。怒りのポイントが一杯になったのである。
私は家人の一族の自分らの子どもが、私と同じ理不尽に遭っても一切文句を言わないと言うならこれ以上は言わないが、絶対違うから。
結局自分に甘いだけである。
結局逆らえない立場でいる者に対して言いたい放題言えば、最後は仕返しされるか、いなかったものにされるかどっちか好きにしてくださいとなる。

家人と子どもと私の身内と大叔父さん夫婦は大事にするがそれ以外はいなかったものになった。
家人が家人親にうちに接触するな!と言い放ったせいか、今のままなら今のままである。
子どもの怒りがとけなければ、家人親は子どもの結婚式には呼ばれないのである。

そんな子でも、子どもに日にとお小遣いを下さる大叔父さんと私の親には敬意を払い、ぶっきらぼうながらお礼の電話くらいはする。

どうなるかわからないが、私も子どもの結婚他なるべく口は挟みたくないので、出来たら良い人がきてくださいますように。

だがこのご時世でも、子ども可愛さに必要以上に口をだすおかんがいるようで。
彼女連れてきたけど、後日散々彼女のダメ出しを息子にして、息子に伝えさせたってあった。
息子伝書鳩か!ってことに。
これもうらまれる要因になるとは思わないか。

正直、こういう人は頭が悪い。結婚が破談になれば息子に恨まれる可能性は高い、一緒になってしばらくは嫁側も黙っているが、何時までも姑天下は続かない。姑とて若いままではないからである。弱った時に酷いことをしていたらどうなるか。
弱った時にお返しをされるか、助けてもらえるかは自分達が今までにやって来たこと次第である。
老年期は自分の蒔いた種の刈り取り時期でもある。そこで助けて貰えないのなら、そいつは人徳が無かったと言うことか。

実際に近所でもいる。
割に近隣でもきつめだなあと言われている人たちは、お嫁さんが寄り付かない。
何かあっても、実子(息子)だけがやってきて、最低限を済ます。ただ、最近は女性も働いている人が増えているので、嫌なことをしたから寄り付かないではなく、時間が無い人もいる。
でも、忙しくても出来ることをやるお嫁さんのところは、多分お嫁さんが嫁いできたころから下には置かなかったのだと思ってみている。
ついでに近隣の若い人間に優しくした人には、若い人だって優しくする。

コメント

誤解は解けたけど

2017-05-08 14:10:48 | Weblog
仕事には・・・慣れてきていません。
いや、一つ出来たと思えば、また一つ出来ない内容が湧き上がってくるなんかエンドレス状態なことになっている。

普通なら、これは出来るようになったからとほっと胸をなでおろすはずなのだが、この業界ばっかりは次から次へと仕事内容が上がってくる。
時給が高い理由がまた更に理解できた私である。

先日などは新人の集配の人間に「新人の人の時は手伝ってあげてください」と下手ではあったけど言われ、私は考え込んだ。
アナタも新人だよね?と思ったが口に出さず、したたかな私は「申し訳ないのですが、私もここは日が浅いのでどなたが新人さんかよくわからないので、その辺教えてください」

お答えは「新人は男性なので、男性見たら・・・」と言う曖昧なお答えでした。
呆れて物も言えなくなりましたがさておき。

一回人見たら忘れない、車のナンバー見てもしかりの私が、その人たちが新人かどうかはわかるにしても、すまんがそれ・・・アンタの仕事やろ!!と喉から出かかったのをかろうじて抑え込んだ。
出来る人ならナンバリングまで確実です。他人に注文出すような奴は、仕事が雑です。こっちがあとから難儀する。

そんなことを言う人間は今までの経験上だいたい仕事が出来ないし、使えるもんは親まで使うみたいなことに。
色々いらっしゃるんです。慣れていない人かどうかも最近わかるようになった。

だが、昨日のことである。見たことない制服着た中年のイケメンさんが新人さん連れてやってきたのであるが、あろうことかこのイケメンさん(多分偉い人だと思うが、私は名札が無い以上誰かはわからない)私に手伝わなくて良いからとおっしゃったのである。
それで新人さんにてきぱきと指示を与えている。
結局手伝いするのかせんのか、どっちやねん???
上司ですら、言い分が二転している以上、私は何を信用したらいいのだ!!!

もしかしたら、この人かな?と思い当たる節はあるんだが、そうだったとしたら先日の声の主かなあとも思ってみたり。

様子を見ていて思ったのだけど、相手が新人マークつけている私であれ、ベテランや上司であれ、態度が一貫している人は仕事が出来る。
上司にだけへーコラしているようなのは仕事が出来ない。こりゃどこの業界も同じだなと。

一方で最初の頃、ドレスの件でご迷惑かけたお客様がいらっしゃったので、先日の勉強不足をお詫びしたのであるが、「いいよいいよ気にしないでください」って。私は電話で説明した際に不機嫌になられたと思ったし、最初の対応が割に素朴だったから気に入らなかったのかなと思ったのだけど、そうではないことがわかり、女子大生に仕事をカバーしてもらっている私も、先日彼女の言葉不足で若干カッチーンときたけど、それも誤解だと言うのがわかった。
要は言葉の選び方がってことでした。
私は仕事はわからないが、彼女らの倍は無駄に生きている、だから世渡りは彼女たちよりもだし口もだ。彼女たちはそうではない。それだけ。

それだけでも嬉しかったのであるが。

だが・・・先日からの工場トラブルの口車に乗せられて、私はあろうことか一つ仕事をやり忘れていたので、上司とその人に迷惑をかけてしまいました。
上司が連絡してきた際に、抑えているなあと言うのも良く分かったし心から申し訳なかったんですけど、上司にしたら自分の説明不足もあるだろうなあって感じで余計申し訳なかったんですけど、次から気をつけます。(-_-;)

いやさ、前の仕事が新婦がごねたら一巻の終わりみたいなことになるから、言質取られぬよう、極力関わらないよう、口も出さないようにしていたが裏目に出てしまった模様です。水曜日の勤務できっと朝勤務のベテランさんに平謝りの刑が私には待っていると思われ。

おかげで相当体重が減った模様。顔周りと腹周りが多少すっきりした!!
こんなやせ方は要りません。


コメント