再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

自分で見られるのも

2017-04-22 11:05:58 | Weblog
問題だなあって思います。人相。
何が問題って、ある程度先のことがわかるもんで、例えば今日は仕事でトラブルがあるとか、怒られるとかわかって出勤するのはなあと。
今迄だって自分の病気とか他も人相で見てきたんだけど、今回ほどダイレクトに辛いなあと思ったことはない。

それでも気を付けて行くから、これでもまだこの程度で済んでいるのかも知れないが。

一番は自分が納得して始めた仕事でないと言うのが微妙に引っかかっているのかもしれないと思う。
多分、家人が災難運んできたくらいは心の片隅で思っている。

私とて現実見てないわけではないし。実際この年齢であっさり採用してくれるところなんて限られている。
大半のお客様は良い方で、本来ならこちらの大半のお客様が光らなければ詐欺だろうって思うのだが、現実はヤな目に遭った方だけが記憶に残ると言う。
ハッキリ言えば、同僚にも上司にも私は恵まれていると断言できる。
同僚の方たちに仕事が分からないから教えてほしいとお願いすれば気持ちよく教えてくださるし、上司もそう。

先日おでこの色が大して良くなかった私は、出勤するのにバスで降りる場所を間違ってしまい、「色々あかんな」と思いながら、一方で何かなければいいけどと思いつつ。その日にお客様が難解なネタを大量持ち込みされた際は、お客様も最初は「初心者だから仕方ないか」とおっしゃりつつも、これでもかと申し訳なかったのでお詫びしまくったら、少しだけ最後にくすって笑って帰って行かれました。
このお客様、意地が悪いとかではない。おそらく常連さんである。
さっぱりした性格の方で、私が困らないような配慮もしてくださったのであるが、私が未熟だったと。
この後、おでこの悪い色は消えました。

だが、この件では流石に凹んだのであるが、そこに追い打ちをかけるように出荷先から連絡が。
何かあったらヤダなあと思いつつ電話には出ました。
そしたら商品の確認だけであったのだが、間違いなく今もだしこの先しばらく知識不足でご迷惑をおかけするのは目に見えているので、最後に
「わたくし、新参者でおそらくしばらくは迷惑をかけると思いますが、平にご勘弁ください」と絞り出すように言ったら、笑いながら
「あー大丈夫大丈夫。心配しなくて良いから!」

ここの会社は上司と言い、この方と言い、落ち着く声の持ち主の人が多いようである。
声はとても良かったので、チャンスがあれば顔を拝んでみたいものである。
声の良い男性はもてるようですから。多分運気も悪くないと思った。声に張りがあった。

一方で慣れない事続きの私は体重が少し落ちたようである。余分な肉が落ちるのは結構であるが、一方で胃や腸が痛いのも事実であった。
そして仕事をやりながら気が付いたのである。
一番やりたかったのはこれではなかったなと。

好きなことを仕事にすれば、恐らく別の面でツライと思うだろう。
だが、私が生きてる!と思えるのは、他人様指圧して、「楽になった」と言ってもらえることが恐らく最上級の幸せである。
好きでも、この業界は報われないのも一方で事実なのであるが、今の仕事で割り切って稼いで残った時間で指圧するか?!

理由ですか?タダで体を楽にしてもらえるなら皆それにすがりついてくる、有料なら出し渋ると。自分の体なんだけど。
本来なら数年後を目安に開業も考えていたのだけど、私もこの先どうなるんだろうなあと。少しだけ不安である。
コメント

やっぱり大きくなった

2017-04-15 19:17:56 | Weblog
子どもである。

今日から国体選考一次予選とか言う物がやってきた。
だが前日残業付きの仕事で大してかまってやれず、代わりに家人が構ってやるような有様で。

子どもももう大人に近い年齢だから、構う必要もないのだが、まだひびの入った肋骨は完治していない。
朝から上半身に湿布を貼るのを手伝い、朝も縁起を担いで集合場所まで送って行った。
正直昨日の仕事は散々で申し訳ないがお客様に逆切れ寸前だったのをこらえた私は、内臓が痛む。
お給料は我慢料だが、だからと言って、何でもかんでも受け入れられるわけでもなく。後日私が怒られるかどうかわからないけど。
悪いんだけど、聞き入れることの出来る要望とそうでない要望はありますので。
派手に切れないけど、何かとうだうだ言い続けるお客様は申し訳ないが、某スケート選手が現役だった頃を思い出す。
だから運気悪いんじゃないの?と。

一方で子どもが車の中で言った。
「今日試合に来い。何時ごろに開始だからその頃来い」

今まで私が邪魔したら悪いからとずっと試合に行くのを遠慮して、去年のハレの日は邪魔が入り、まだ子どもの試合の姿を拝んではいなかったのである。
だが、集中力を必要とするのに邪魔はなあ~って思っていたら、来いって言うなら行こうかと、後から起きてきた家人に言った。
結局午後からお昼を食べて、家のことやって出ることにした。話では会場は満車と聞いていたので、他の場所に車を止めて歩いていく覚悟をしていたけど、駐車場は混んでいませんでした。

その上試合会場に行くと、顧問の先生がいらしたのでざっくり家人と頭は下げましたけど、先生家人みてちょっと驚いてるようだった。
理由はわからん。
年齢が若いからか、謎のオヤジ登場みたいなことになって何か思われたか。

だが、大半はこの姿を見て「あんまし喧嘩売らんどこ」って人が多いらしいのも事実。見た目が怖いんじゃありません。
多分醸し出している物が・・・と言うことにしておきます。

その後すぐに子どもがやってきて、家人と私のところにくるなり「出るからな!」
そこに子どもから頼まれたか、後輩が飴を買って来て持ってきてくださったから、子どもが後輩に「親だ!」と言うなり挨拶があったので、頭は下げました。
子どもがパシリにしていたのなら、ごめんなさい。エントリー前に売店行くようでは先も知れているが、だからって人様を使うと言うのもなあ。(-_-;)

結局決勝予選までは勝ち残ったようである。
私と家人は本当なら良く見える席を教えてもらい、そこに行け!と言われていたのであるが、集中力を削いだら悪いなと思ったので、目立たないところで見ていた。私は「大丈夫」のお守り握って試合は見ていた。

「大丈夫」・・・効果あるなあ。(;^ω^)

子どもは試合中はどこにいるかわからなかったようであるが、試合後に探して自分達のところにきてくれた。
高校生ともなれば、試合前後に親と接触するのは嫌がるに違いないと思っていたのだけど。
だが、暦の運気に今迄左右されてきたけど、暦が当人にとって悪かったにもかかわらず左右されなかったのであれば、少しは成長したんだろうと思う。

コメント

優しかった

2017-04-13 08:51:37 | Weblog
研修も済んで以後は”独り立ち”と言う名目だったが、今までは少しでも上司の配慮で上司がほんの少しでもいてくださったので、大変でもなんとかなってきた。

昨日の勤務のことである。初めて上司以外の人が一人で待っていらっしゃったので、はじめてお目にかかることもあり、丁重に挨拶をした・・・までは良かった。
絶対私のせいで迷惑をかけている可能性大だからである。
実は店自体は半年前にオープンして、最初に雇われた人達のチームの中に、私が半年後入り込んだみたいな図式だった。
だから、統制が取れているところに私が行けば、前後で顔を合わせるだけでも多分迷惑をかけていると思った。
当然陰で努力しても、仕事は数こなさないと未熟なままでもある。

でも前の勤務の人から開口一番出たのは、笑いながら
「ねえねえ!!あの客に当たったんでしょ!!悪いんだけどあれは気にしなくていいから♪って言うか、嫌なことがあったら次の勤務の人に喋ってすっきりして帰らないとここはもたないから。嫌な思いをずっとするよりここで笑い飛ばして。それとミスだなんだは全員でカバーするんだから心配することもないから!!」

アウェイなのかと思えば逆で、皆さん私と顔を合わせるのを待っていてくださったのだそうです。
そして、前の勤務の人は自分の時間を残業なしで1時間以上割いてくださって、ここの実情を色々教えてくださったのである。
主婦も片手でも真面目にやっていたら、他人の為に割く時間なんか無いはずなのである。

ちなみに私がお客様に怒鳴られた件は、早速全部の勤務の人に話が行き渡り、「新人の人(私)むっさかわいそう」みたいなことになっていたようで、そこらを何とかしてやろうと前の勤務の人は残ってくださったらしい。
正直、新卒で入った会社も、派遣で回った大手企業も、最終的に勤めた会社も足を引っ張られることばかりで、ここで一生懸命説明してくださって目から汗が出そうになった。

ちなみに悪い足を引っ張るのは大半は女性ではなかったのである。
女が仕事が出来て面白くないとか、管理部署にいるからだとか、仕事のミスを押し付けられたりとか。

上司はここでずっといるわけではないから、上司抜きで教えてやろうってことが山ほどあったから、わざわざ時間を作ってくださったのだなと思った。
それが、私はここまでの間に女子大生のバイトの方に何度も助けてもらったのだが、彼女は私の子どもとあまり年が変わらないのに「私も助けてもらいましたから」とおっしゃった。
二十前後でそう言う言葉をすらっと言える彼女はとてもすごいと私は思ったから、そのことも話したら、
「あはは~○○(女子大生の方)はね~どういうわけか、他人のミスやクレームを被ることが多くて、何度も泣きながら連絡が着たことがある!!(笑)」

「それにここはね、色んな人に遭遇するから、人に対して優しくなるしかないわよ!!」

今の段階で仕事を辞めないと迷惑がかかるに違いないと思っていた私は、ここにいていいのだと思った。
だが、良い人たちだからやっぱりさっさと覚えないと迷惑がかかる。

その上、私がノート持ち歩いているのを見たその方は、「私も持ち歩いているよ」と見せてくださった。
やっぱり同じように綺麗にまとめてあるノートを仕事の時は持ち歩いていると言うことであった。
すごく肩の荷が下りた。
頑張れるかどうかわからないが、やれるだけのことはやってみようと思う。
コメント

こんなルールだったか?

2017-04-10 08:38:12 | Weblog
昨日のことである。

実家に一族集まり、農作業他やっていた時の話である。
私には可愛い姪が2人いるのであるが、彼女らとかくれんぼをしたときのことである。
小学生と幼稚園児であるが、確かかくれんぼは10(別に50でもいいはずだけど)数えてから鬼が他を探す・・・だったはずなんだけど。

姪二人がかくれんぼをしていたので面白がって私もそっと木の後ろに隠れたら、幼稚園の姪が私を見つけて「みっけ」とやってくれたので、加えてもらうことにした。(間違っても遊んであげたのではありません)

それで私が鬼をやって本気で探しても面白くないので、鬼やって10数えた後その辺のベンチで寝ていたら、幼稚園の姪が「みっけ」って私を見つけて「おいで」と言って、私の手を引っ張って小学生の姪のいるところを教えてくれたのである。(笑)
「ちょっと!!!」と小学生の姪。まあそうだわな、妹が鬼に居る場所教えてるんだもんなあ(笑)
最早かくれんぼではないような気がする。

それで他の人間がそれ見て笑い転げている。
挙句家人まで巻き込まれて一緒にかくれんぼしちゃってる。
だが一番面白いのは残念ながら家人ではなかった。

その上悪い不良中年(私)は隠れていたところを見つかったら「うわー(笑)」って鬼をやっている姪を脅かしたり、見つかった途端「私、叔母さんじゃなくてたぬきの置物ですけど?」、わざわざフード被って「私お地蔵さんなんで、お願いなんでその辺に10円で良いから賽銭おいてってくんない?」
幼稚園の姪がそれ見て困っていた。可愛すぎる。

「あーはっはっはっ、お地蔵の真似までして・・・」
おばあさんの腹筋が崩壊しているが、気のせいにしておいた。
挙句悪乗りして妹が、透明な大人一人は入れる透明な温室を私にかぶせてくれた。(隠れてないし(-_-;))
そして、周りが私を見て大笑いした後、姪たちもやってきて「あーーーーーー!!」
彼女たちも笑いながら「入るー!!」「
温室かぶせたら喜んでくれたけど、幼稚園児の姪が私にも入れって言うのだけど、私と姪二人が入ればぎりぎりくらいの広さで。
面白がってくれたんならいいや。

一人はそろそろ入園式、一人はそろそろ最上級生で大変だろうと思うが頑張りなと思う。
2人とも楽しい思い出がたくさんできますように。

コメント

怒られた

2017-04-08 19:46:56 | Weblog
今日は早朝からの勤務であった。
5時に無理やり起きて、食事は受け付けなかったので味噌汁だけ飲んで、バスを最寄りの停留所で待った。
休日ダイヤで一瞬来ないかと心配したがバスは無事やってきた。こんな時間でも人は乗っていらっしゃるのだ。

そして、朝食コンビニで買って職場に。
既に上司いらっしゃっている。
話では週のうち1日休みだとはきいているが、私は既定の時間より10分以上早く来たんですけど。

そしてやったことない仕事の手順を習う。
今の私には注意やミスが多く、上司には心から申し訳なく思う。

でも怒られたのはそっちではないのだ。
お客様にである。
詳しくもかけないが、店側の精算ミスがあったけども、お客様にお金をいただく旨をお願いしたら逆切れされたと言うわけです。
自分のミスなら納得が行くが、店のミスだから納得がいかないとも。
だが、未払い金をいただかなければ自分の手元に物が来ないのも事実なわけで。

私のミスではなかったが、チームでやる以上誰かがかぶらないといけないのである。
逆切れ途中にお客様いらっしゃるんだけど、これまた余計なひと言を言ったお客様のせいでその方ヒートアップされたんである。要は自分に味方がついたと。
本人は良かれと思って言ったけど、逆効果になるのは私はわかっていた。
他人が怒っているときは無駄に口なんか挟むものではない。今回は口をはさんだ人間に飛び火しなかったが、万が一その人も言い方が不味くて絡まれたらどうするのだろうか。うちは監・・✕いやお守りのカメラがいらっしゃるのであるからして。
全て録画されている。

結局上司と連絡して、その件のみ保留になったが、お客様は激怒のままお帰りになった。
他のお客様は成り行きを見ていたが、口をはさんだお客様が「私は忙しいのにあれはね~ないわ」
(いや、アンタのせいやろ)とは間違っても口が裂けても言えない立場である。

後にいらっしゃったお客様は怒鳴られている私を気の毒に思ってくださったようで、必死で詫びつつ商品をお渡しした。
この辺は問題のものもなくスムーズだった。

その後に次の勤務の人がいらっしゃったので、事情説明したら、「これ・・・あなたのミスじゃないのに」と対処してくださったのであるが、問題は次の勤務は女子大生の方である。ただし勤務歴は私なんかより長いから、店のことは把握していらっしゃるのだ。
結局再度上司と連絡とって対処してくださったのであるが、問題は上司と女子大生の方に慰めてもらう中年ってどんなんや?!て話です。
コメント

あーあ

2017-04-07 20:32:10 | Weblog
仕事に行くのが怖くなってしまった。

仕事内容を完全に把握してないことと、一人で原則切り盛りだからである。
だから時給が高いんだろうなあって話で、一人の代わりに○視カメラさんがいらっしゃって逐一、
監○・・・・✕
・・・いや、守ってくださっているのだそうである。○

仕事は最低限は教えてくださるが10人いらっしゃれば10通りのネタがあるから、マニュアルうんたらでは賄いきれないのが現状であろう。
だから自分や社を守るためにお守りのカメラさんがいらっしゃるようなのである。

休みの日に仕事ノートを見返して忘れないように、聞いたことの漏れがないよう見たり書いたりしているが、帰宅した後に仕事のミスが延々出てきてシマッタ!となる。
仕事に行くためバスに乗っても心臓バクバクして、職場についたら変な覚悟みたいなのが出て、それでも怖くなる。
不安が先立つが正しい。

困れば上司が電話で対応してくださる、だが常日頃気配りしてくださっている相手に迷惑なんかかけたくないのである。
長らく教育係をしてきた友達に愚痴をこぼしたら、「不安だと思うのは問題ない。問題なのは不安感が全く無い方である」と。
それでもなあ、覚えは悪い出来は悪いのを助けてくださっているのだ、だから恩には報いたいがなかなか上手く行かないし、勉強してもこれほど鈍い反応だったのは初めてなんである。

それでも、お客様の中には研修中の私に「頑張ってね」と優しく一言声をかけてくださったお客様、お見送りする私に「ありがとう」って丁寧におっしゃったお客様、「気を付けてお帰りください」って申し上げたお客様がおそらくSクラスかAMGと思われる(ごめん横しか見えなかったけど、そのくらいの判別は出来ます)ベ○ツの前で「ありがとう」っておっしゃったこと、ご確認をした際に「あっ、これ私のじゃなくてジジイのだからよくわかんなーい♪」って和ませてくださったお客様。
大半は優しいお客様達である。

それでも完全ではないことからの恐怖はいつ消えるのだろうかと思う。
その上、私の勤務の後はほとんどが女子大生の可愛いお嬢さんたちである。

親子ほど違う彼女たちに私の不手際を押し付けているのならやっぱり申し訳ない。

たまに家族がその前を通り私の様子を確認したりとか、気にかけてくださっている人たちがいる以上、逃げは出来ない。
続くんだろうかと。
大丈夫のお守り他だけが私のカバンにいて、まだこの程度で済んでいるのかも知れないと。

だが・・・明日、また仕事のミスが露呈するんだろうなあと・・・気をつけても気をつけても。
いっそ怒られた方がましかもしれないが、上司はおそらく抑えていらっしゃると思う。だから申し訳ないのである。
コメント

本勤務キタ――(゚∀゚)――!!

2017-04-07 05:38:40 | Weblog
今月から本勤務入ったまでは良かった。

上司も気を沢山使ってくださっていて申し訳なさだけが先に立つ。
気配りだって、普通ならスルーしてやり過ごすくらい自然である。私は無駄に年を食いましたから、ああ気配りとか目配りなんだなと気がつくくらい。

問題はお客様あっての自分であるが、習っていないことは出る、お客様に悪気はないのだけどこちらが疲弊してしまう、初日は散々であった。
私も若くないから少々では頭から角は出なくなってきたし、「ウガ-----!!!」(ジャイアンか!)って頭に来るのも減りました。

だが、これだけは言わせてください。

大事な物は持ち歩かないでください。
それと安易なキャンセル。

社に寄るかもしれないけど、返金手続きが一番面倒だってこと。
その上習っていなかった(-_-;)

用事がある一日前に店にやってきて、購入後すぐに「やっぱりやめる」と返金手続きとかされて、私がパニックになった。
お客様からしたらお金を返せばそれで終わりか知らんが、私に待っていたのは地獄であった。
手続きは面倒だし、後からこの一つの行為で何人もが動き回って下手したらパニックになるのである。
上司と集配の人にまで迷惑かけてしまいました。本気でごめんなさい。

その上滅多に鳴らない電話までがじゃんじゃん鳴ると来た。
何かと思えば、お店で大事なエコバッグを失くしたから探せってさ。
ハッキリ言えば、大事な物をエコバッグにすること自体が・・・と年配の私は思ってしまう。

アーティストのコンサートなんかで売っている物は高いし、ファンクラブプレゼントかツアーの最中くらいしか限定されたものが手に入らないのも知っているが、それなくしたらもうオークションくらいしか入手ルートないと思うのですけど。
挙句、店で落としたから探せ、対応した店員に聞いてくれ、他に回っていないか確認してくれ他以下略。
店内で落としたら、うちだって監視カメラ付きまくりだし、変な話盗めばわかる話。
忘れ物があったら、その場で何時にどの辺に落ちていてって記載して、忘れ物ボックスに入れますよ。

正直、落とすって行為はご自分の不手際以外の何物でもなく、見つけたい気持ちも大事なのもわかるが、それによってどれだけの人間が振り回されるか。
このケースだと納得されないから、上司に連絡、上司からその時勤務の人間に連絡、別の上司にも連絡、無かった旨の対応は私。
挙句次の日の朝に上司が勤務しているところにいらっしゃったそうで、上司がないものはないと突っぱねたと聞いた。

私だって、その人やゆすったりなにかする悪い人とは思わなかった。電話対応だから声だけだけど、これだけ他人を振り回していても自分は”見つけたいだけ”と言うことも。
だが、上司の声からしたら多分食い下がってきたかなあって。
「ねえ・・・落としたって言ってもうちの外で落として、それで有名人のものだったから誰かが拾ったんじゃないの?」
温厚な上司が呆れ気味であったのだ。
私は、その辺に落ちている奴を拾うと言う行為が一番信じられないが、もしかしたら近所に交番あるんだから、そっちに行って確かめてみたら?と思う。
だがいるんだよね、他人の落としたもんそのままいただいちゃう人種が。

だが・・・人相多少極める目的もあって、接客業狙ったけど、ここの時給が高いわけがわかったわと妙に納得したのであった。
時給安かったらバイトもパートも逃げてるわ。
それと一人勤務・・・ちょっと怖いわ。
ここは心の修業場所か!!!って思わなくもない。
コメント

スコーンと抜ける

2017-04-02 08:06:36 | Weblog
前の続きみたいなものである。

大半は私が仕事をしていることは知らないのであるが、勤務地の隣の駅で研修だったから、まあ知り合いに運よく当たらずに研修は済むかな?と思っていたけど、結局はそうは問屋が卸さなかった。
先週の妹に続き、次の刺客がやってきた・・・・であった。(刺客ではないけども)

昨日最終チェックを受けていたらお客様。
「いらっしゃいませ・・」(ん・・・?どこかで見たような・・・あ・・・でもなあばれてないならこちらから言う必要もないし)
「えーーーーーーーーー!」とお客様。

この段階で先週の妹同様、スコーンと頭から抜け落ちてしまったが、運よく商品を取りに来てくださっただけであった。

実は子どもの幼稚園の時に子どもの同級生のお母さん。
学区が違うので、小学校以降はほとんど会うこともなかったんだけど、親切にはしてもらったのである。最初はね弄られていると思ったんだけどね、口調の関係で。

「ここに勤めてるの?」
上司がが「今日までここで勤務、次回より隣駅の前で勤務です」と説明してくださったのであった。
「だんだん声が小さくなってるよ(笑)」って突っ込みを入れることを忘れてなかった上司でしたが。

四面楚歌状態で、お客様には物を渡して終了。
窓の外から元気に手を振ってくださったので、怒られてもいいやってこちらも大きく手を振り返しておいた。
それから上司。
「今の人は?(*'▽')」
「子どもの幼稚園の同級生のお母さんなんですけど、私みたいなのに何かと話しかけてくださったんですよ」とだけ。

正確にはこうである。
私は幼稚園に子ども入れて最初の参観日にカ○ロを乗りつけたら、駐車場にいた10人くらいのお母さん達に車から出た途端、モーゼの十戒のように道をあけられたこともあって、まあつかず離れずあいさつ程度にしておこうと一線を引いていた・・・ベンツとかBMWが今みたいに無駄に増殖して当たり前のように走っていない頃の話だ。
車を見た人は当然私には安易に話しかけないのもわかっていたし、まあつかず離れずが無難だと。
そしたら、話しかけてくるお母さんがいたんだけど、悪いけど最初ずっと弄りにかかっているのかと思ったのだ。
軽い口調で、その人は誰に対してもそうだったと後から知るのだが、申し訳ないけどとても良い人だけど誤解受けちゃうタイプの人みたいで。
だが、約10年ぶりに会ったのだが、ほとんどお変わりなく、体型も顔も綺麗であった。
そもそも私は、女性で綺麗でスタイルの良い人は私に話しかけないと思っていたし。綺麗で気さくで裏表がない。

本人は、真面目だったと後から聞いて本当に申し訳ないと思った。
その上ハンクラする人だったと聞いて、二度びっくりした私である。綺麗な人はハンクラやんないと決め込んでいた。
たまに遭遇するから、この方もご縁があるのだと思う。

多分ご本人は私がなんでここ?って思っているんだろうなあと思っていると思う。私も以前はハイヒール黒スーツだったから。
本人に聞かれたら言うつもりでしたよ、開腹して内臓一つなくなったから、もうその手の仕事は出来ませんと。
今は責任感がものすごく問われるけど、拾ってくださった上司にはとても感謝しているし、良かったと思うと。

子どもが手元にいるうちは、子どもの世話だってあと何年かわかんないけど、最低限みてやりたい気持ちはあるから。

コメント

グダグダで

2017-04-02 07:33:23 | Weblog
研修終了~

・・・て大丈夫かこれ。

一応入社したところは14日の研修期間があり、その間に必要なことを覚えていく。
ただし、厳しいマニュアルが存在しているので、覚える量はノート数冊に及んだ。
仕事→勉強→仕事→勉強の繰り返しで、先月は足と右腕と腰が死にました・・・
他の同条件の人が、同じようにしごかれているかどうかはわからない。

そして次回勤務より一人で仕事を切り盛りすることになるのである。
お目付け役の上司がいなくなるのです。

この間辞めたいとは思わなかったけど、逃げたいなあと思ったことは何度もある。
とどのつまり、何もしなければ自分の首は絞まるだけだが、何が何でも最終的に覚えないと自分に跳ね返ってくるのはわかったので、必死こいて勉強してじゃあ次回は大丈夫!って思ったら次に覚えることがやってきて。

ちなみに、私が独り立ちしても、お目付け役の上司はまた何人か採用していて、繰り返しで教育指導に当たられるのだと思う。
それでも同時に採用した人は辞めて行ったとかあるみたいで。
命運を分けるのはなんだろうなあと。

私は逃げ場がなかったのである。
転勤断った人に待っているのは・・・って奴で、転勤しなかった代償が私にも降りかかってきた。
今ある金で半年や1年は過ごせたけど、だからってポンポン使うものではないし、四六時中家族の顔見るのもね。
一方で今がチャンスだなあとも。家人が希望していたのは専業であるが、ここで出なかったら多分一生何もないなと。

ただ、就職する条件が自宅から遠くないこと・・・だけであった。
外車OKな職場なんかよほどのところでないと許可してくれないし、私も避けたかった。以前にOKな会社もあったけどある外車乗りの上司の車褒めたら、「仕事頑張ったらあなたも乗れます」って言われて、実は・・・となかなか言えず、後日私の車がばれたのである。
ごめんなさい、頑張らなくても乗ってますって言えんやろと言う話。
頑張ったのは家人だけです。恩恵は私が受けちゃっています。
その会社の人は変わっていて、私が何乗ろうと面白がってくれたり、い~もん乗ってんじゃんってさらっていってくださる人たちばかりであった。
まあそこそこの職の人間は、皆さん良い車でしたから(;^ω^)
それを避けるなら、公共交通機関しかない。

結局バス一本で行ける場所が職探しでヒットしたのはここだけだったのだ。本気で仕事して家のことやらなくていいのなら別に勤務先は気にしないが家に帰れば仕事が山積しているような状態で通勤時間に暇と体力持って行かれたくなかった。

術後の大して状態の良くない状況からどうなるかわからなかったが、立っている仕事の方が実は楽でしたとオチがついた。靴は規定でぺったんこだし。
確かに立ち続けたら腰と縫った腹が痛むのは痛むけど、立ちくらみは来ない。同じ場所に立っているわけではないから。
姿勢が同じってこともない。仕事内容はさておき、私の状態には合っていたようである。仕事内容は煩雑過ぎて頑張っても覚えきれてない以上、仕事はあくまで出来ませんであるから。
この一カ月嫌ってほど努力したけど、年齢には勝てませんでした。

だが、出来ませんやれませんって言ったらいけないのだ。
私は他で勉強させてもらったけど、上司も他のところの方も、嫌な顔一つなさらずに色々良くしてくださった。
普通なら自分のところへ配属されるものではない私なんか良くする理由なんかないだろうと。
それでも、「これ食べて」ってお菓子下さったり、親切に教えてくださったり、フォローしてくださったのである。

昨日とて「研修が本日で終了になります。今までお世話になりました。迷惑かけてスミマセン」って言ったら、
「困った時ここにヘルプで入ってね。待ってるから」って、それが社交辞令だったとしても嬉しかったのだ。
今の約束なら私が助っ人で行く可能性は低い。だが、そこまでしてもらったのなら、そのしか・・いやお返しはせねばならない。

ただ・・・何日も居れば現実は見えてくるのである。
私にはめっぽう厳しかったけども、学生の皆さんへは一切厳しい指摘はなさってはないなあと。
ちなみに時給も何も一緒なんですけど、彼女らは夜に気持ちよく勤務してくださる奇特な方たちだからそこまでは言われないのかなあと。

まあ彼女らは学生のうちだけだしね。
そして私に残っているネタは、ともかくノートに書き込んだ物をまとめてコンパクトにして職場に持ち込むことである。
次回より一人勤務になったら、仕事が無いときは勉強OKとのことなので、片っ端から解らないことや画面の状態他、自分で納得しながらメモって行くしかないんだろうと思っている。
これもやらないけども、一歩間違ったら情報漏えいにもなりかねんだろうと思うのだが、勉強で私もそう言うことはやらないからOKなんだろうけど。

コメント