再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

柔道部じゃない!!

2017-03-28 16:46:05 | Weblog
今日朝子どもの様子を見ていたら、妙だなと思いつつ。
その上部活に出るのに珍しく荷物なしで行くと、その上忘れ物をしたからと一回うちに帰宅して出直して少し経ったら、私の携帯に子どもから連絡が着た。

聞けば事故をしたと言う。
前方に相手方、後ろに子ども、相手方が前の老人避けるためにハンドル切って急ブレーキかけたらしい。
携帯で連絡してきたので、その後相手方に変わって私が話を聞くことになったが、どっちにしてもこのまま本人が部活に行くと言っているのはなんとなく不味いと思ったので、「一旦うちに帰ってきなさい」

先方さんが病院を薦めることもあったが、私も念のために病院にはやるつもりであったが、問題は私は病み上がりで3日連続労働をして、身体が微妙にだるいがそんなことを言っている場合でもないから、家人にざっと説明して子どもを病院に連れて行く。

見れば、子どもが事故をしたあたりに警察と相手の人が居ると言うので、ちょっとUターンしてその場に戻って、子どもを急いでおろしてから子どもが警官に説明した。こちらの言い分は大して聞いてないくせに断言した人たちに関して言えば少々むっときたが、ここで怒っている場合でもないなあと。

遅れておりた私を見て、先方さんはどうやら車に乗ろうとなさっていたようだが、私のところにいらっしゃった。
私は相手の声しか聞いて無かったが、喋り方と状況で多分○師?と思ったがその通りであったのだが。
その上で、子どもが迷惑をかけたのは事実だからそこは詫びた。ただし、念のため今から病院に行きます、他の話は後から連絡をしますと。
結局子どもの前にいた先方さんが急ブレーキをかけて、子どもが車間距離を開けていても突っ込んでもうたらしい。

急ブレーキの原因は老人が車道側によろけてきたと言う。

もう仕方ないので、病院。
病院で説明したら、この病院私も子どもも顔が割れているし、子どもは最近も受診したので、受付の人が慌てて色々してくださったのだが、受付の人に「最近もきたよね?」すかさず「ここが好きなんでしょう・・」と言ったら受付の人笑っていた。
その後すぐ受診で、子どもが動揺しているから仕方ないから説明したら、「とりあえずとその辺のベッドに寝かされて、その後握力はかって~」って見れば痛いのに本気で握力計にやっていて、数値聞いて私が二度驚いた上に、本気だったからマスクの中で笑う。(〃艸〃)ムフッ
ホンマにこの人けが人か??って。

だが、結局レントゲン撮ったら、先生はうなりながら「○○君。君はどれだけ頑丈なんだ・・・車にぶつかったと言うのに・・・肋骨に多分ひびが入っているってことで、この2日のうちにだんだん痛くなると思うので、様子を見て、痛み止めと湿布出しておきます」って話になった。
「先生入院はないんですか?」って言ったら、先生笑い転げていた。

だが、今の問題は肋骨やらかしてもあの握力ですか・・・とそっちの方だったな、私の問題は。

まあ肋骨だけ入院にならないのだけど、だからって家に居たらおとなしくしているわけがない。
出来れば突っ込んでいただけたら私は助かったんですけど。

仕方ないので、家に連れ帰って保険屋から学校から連絡入れまくって、相手方にも連絡を入れたんだけど、問題はこの事後処理をなんで私一人でやらなきゃならんかと言う話。
迷惑をかけたのは事実で仕方ないから菓子折でもないけどお詫びの品を購入しに行ったり、休みどこー?ってことになった。

子の不始末は親の不始末である。

保険屋さんは迅速に動いてくださるそうだし、近日中にあちらにお詫びに行けたらとりあえず肩の荷が下りるだろう。

だが、問題はここではなかった。部活の決まりで休む場合は顧問に連絡とあったのだが、子どもじゃちょっとと言うことで私が連絡を入れたんだけど。
事務の人、悪いんだけどうちは「弓道部の・・」と言ったのに「柔道部」と間違えるんじゃない!!
って言うか、柔道部の中にうちの子みたいな体型の子はおりませんし。やせてもないけど、あんなにガタイも良くないわ!!!
私が一番突っ込みたかったところはここである。

でも、子どもが私が怒らなかったから「なんで・」と言ったのであるが、「今アンタは棺桶に入ってない。それで済んだんだ。アンタはしばらく痛いかもしれないし、良かったとも違うだろうけど、生きている良かったのだと思う」と。
相手の人が良心的だったこともある。

じゃなかったら、無理やり部活に行って、家に帰った途端倒れて、親の私がなんじゃそりゃ??ってなっていた可能性が高かったに違いないのだ。

その日のうちになんとかお詫びに行けることになったので、お詫びの品を持参してしっかりお詫びしておきました。残りはあちらの車の修理だけである。

コメント

やれやれ

2017-03-27 20:11:34 | Weblog
私の仕事の研修期間がそろそろ終了になる。

だが、昨日は上司からのダメ出しばかりで流石に心が折れそうになったのだが、子どもが一言放ったわけで。
昨日も教わったことをノートに書いて覚えていたら、「ちょっとノート見せてみ?」と言うので、「字は汚いから読めるかどうかわからないけど・・」
「この段階でこんなに書いているのか?だから時給が他所より高いわけだな・・」

その上ダメ出しの最中にあろうことか内緒にしていた妹が突如昨日店にやってきた。
私「あ・・・○○○さん」
妹「あーーーーーーーーーーーー!!」
上司・・・・・・・
妹「姉がいつもお世話になっています」
上司「妹さん?」
ダメ出しの最中で固まっていたんだけど、妹の顔見てなんかへんなもんが抜けてもうた。
対応が棒読みになってしまったような記憶があるが、定かではない。

子どもの時給うんたらは何気ない一言だったが、お給料は我慢料だって美輪明宏さんもおっしゃっていたなあと。
ただ私のは我慢に入らない。我慢をしているのは上司の方だって知っている。上司は私より少しだけ年上だと伺っているが、注意されるよりする方が大変なのは、自分でも教育係を押し付けられた時に知っている。
おそらく叱れば社員が減るとか有ったのだろうなあと思う、言い方に気を付けていらっしゃるのも気を使っていらっしゃるのもわかるだけに、逆に申し訳ないのである。もう言われて腹が立つではないのだ、若くないせいか申し訳なさばかりがくる。

新卒正社員で入った会社の後輩が5つくらい年上だった上に、私からしたらその人の最終学歴が有り得ない学校であった。20代前半で自分でもかなりやな奴だったけど、ただでさえ後輩が年上の時点でやりにくい、学歴より学力の差がありすぎて説明が通じない、四捨五入が出来ない、そもそも高卒の奴が何で管理部署にいるんだ!!!ってこっちは怒り心頭な上に、あまりに出来ないから上司に切れた私であった。
「ボス!あの人は絶対無理です!!!!何が無理かって、そもそも四捨五入が出来ない者がどうして管理部署なんですか!!!!!(そりゃ詐欺だろうが)仕込むにしても色々問題がありすぎます。私は確かに数か月後に結婚退職しますけど、それまでに私がやっていることを仕込めって言っても??絶対ダメだと思いますけど」
ともかく私が3時間で終える仕事内容が1日かかるのである。その段階で問題ありなんじゃないかと。
その時にボスが静かに言ったのは、「あの人はおそらく現場に入れれば、現場のオバサン達にしごかれてすぐに辞めるだろう、だからここの部署で機械を扱うことになったのだが、確かに○○さん(私)が言う通りだ。だが、覚えることも行動も遅いのは事実だけど、一回覚えたら絶対に忘れないのも事実だから頼む」って頭を下げられたのである。

人格者に頭下げられてふくれている場合でもなかったので、徹底的に教え込んだけど、それでも高卒でもキチンと学校が教えてなかったかビジネスマナーも身についてない、ビジネス文書も書けない、タイピングは遅いで、結局私が辞めるまでにすべての仕事は覚えられず、いくつかは本社に仕事が戻されたと聞いたが、その時の彼女と今の私は同じである。そこまでひどくないだろうけど、仕込む方からしたら覚えない段階で同じであろう。

だから今日は、花屋の前でいつものようにお花眺めて、「よっしゃ!!行くぞ!」
今日の最初の勤務は研修最初頃に一緒になった方で、40や50過ぎての再就職はそもそも求人がないのだが、ここで拾っていただいたと言うご恩をそれぞれが知っていて、それでも頑張ろうって感じの話をしたのであるが。
「もう研修も終わりごろのようだけど、少しは覚えられた?」と聞いてくださったのである。
ついつい「上司はとても良い人なんですが、問題は私の頭の覚えが悪くて迷惑をかけています。こないだから商品説明やあれこれ教わっているのですが、覚えきれなくて申し訳ないです」ってぼやいたら、
「あったあった私も!!それも私はもっと年取ってここに来たから、20代のように覚えられなくて、出来ないし言われるしでその場で半泣きになった!!」

昨日の妹に引き続き、その一言でスコーンって何かが抜けた。
正直、他店勤務になる研修者なんかどうでもいいはずなんだけど、そこの人たちは毛色が違う私にでもぞんざいになさったりはしなかったし、むしろ感謝することばかりである。

だから、その恩義には報わないとと思う。

毎日ノートとにらめっこしてもいざカウンター前に立てば頭からそれらが滑り落ちたり散々だし、私は使う物によって利き手が変わるのだが、違う指示出されたら頭はフリーズするし、楽ではなかった。でもこんなとこ辞めてやる!!なんて思わなかったのは不思議だった。

最近になってワケアリ再就職をした私に色んな質問が上司や他の皆さんから飛んでくるようになった。
多分「喋らせたらおもろい奴なんじゃないのか?」とばれつつあるようですが。

今日のヒットは上司だった。
「○○さん車何乗ってるの?」「家人の趣味でアメ車です」
「あははははは」(上司笑い転げてる)
「ごめん、本当に悪いんだけど、それと○○さんが結びつかない」って更に笑っていらっしゃった。
「私もそうだろうと思います」

身長が大して高くない私がでかい外車って言うだけで結びつかないのは自分でも知っているし、下手したら昔から「運転席にざぶとんいるんじゃないの!!」とか言われましたけど。
150より低かったら知らないけど、少なくとも座席を一番前にする分でも150以上あったら座布団はいらないんじゃないのと思います。
その上外車歴20年って言ったら更に結びつかないのも知っているし、まあ言いたいことはわかるんです。
そんなもんで笑ってもらえるんならなんぼでもと思います。

その上内臓取った件でどうなのかと聞かれたのでかいつまんで説明したらやっぱりそこでも笑われたのであった。
肝臓取ったと思われていたようですけど、そっちなら顔色がもっと悪いだろうと思う。
「皆が取った場所聞いて「○○か」って言うけど、取られたらそんな事・・って内臓にいらんもんないよ~って言いたくなります」って言ったら。
「まあ有ってもなくてもいいかもしれないけど、だからって取られたら痛いんですよ。普通なら腹腔鏡で済むネタのものが、開腹しか方法ありませんって下腹部ざっくり切られて縫ってその場所医療用テープで格子状に固定されて、そこの傷がむかでみたいなまっ黒な傷なんですよ、本人にしたら笑えません」って。

だから健康診断は大事です。

研修残り一日、何とかこなしたいと思う。毎日ノートは見直すけど。
上司が「私は大丈夫って適当にやっていたら、滅多にないが変なお客様に遭遇することもあるから気を付けるように」と最後におっしゃった。
確かにそうなんだよなあと。
手相と人相学んでたまに暦使う私が思うに、自分のテンション低いとき妙なのに遭遇するのは事実。
なるほどなあと思ったのである。
コメント

残念だなー

2017-03-24 19:26:40 | Weblog
残念なのは、私が最近出くわした残念な店員なんですけど。

ちなみに、女性の店員の方であんまりひどいのは見かけない。明らかに着任して間がないとかでなければ接客は女性の方がまともだなあと。
先日から家人引っ張り回してスーツ新調したり、シャツやネクタイを購入しているんだけど。

最初に布地に惚れ、スーツを買うことにしたときは、店員さんの対応が綺麗だったのだが、以後がグダグダ。
以前に子どものスーツを作った時もだったし、私の信頼している人が作ったと聞いていたのでまともなのかと思えばここのとこ店員がハズレ過ぎた。
私だって見てくれこわいそうなんですけど、きちんとしていただければお礼だって言うし、本当に先方が申し訳ないと思って詫びているのなら、怒りは解きます。

だがそうじゃなかった。
先日スーツを取りに行けば、やや標準語どころか(これは地方なら多少仕方のないことだと思う)岡山弁と関西弁が混ざったような口調の品の無い中高年男性が対応してくれたが、そもそもその場にその言葉はふさわしくありません。
私はスーツの名前入れとスーツのスラックスのお直しをお願いしたんですが、確認したのはスーツの名前だけ、直した部分の確認は一切なく、ハッキリ言って福沢何枚も出しているのにそれはないだろうと言う対応であった。

別に10万円使ったから10万円分のまともな対応をしろと言っているのではない。
私に言わせたら、100円だろうと10万円だろうと対応は一緒でないとおかしいが、直しの確認をせずに客にそれを渡して、もし不備が見つかった場合はどうするのか?と言うことである。商売人だろうと雇われだろうと”確認”は当たり前ではないのか?

当然、二度とそこでは買いません。
スーツの生地は良いのに最悪である。

問題は無頓着な家人が着るので、あの人は着心地が悪くなければ関係ないのであろう。

そしてその後に文房具買いに行ったのだけど、そこの店員たち。最初にレジにやっぱり中高年男性がお客様対応をしていたのだが、わからないことがあって、私のレジ対応した人に話しかけたのである。
ただし、その前に私の担当をした人は「こちらにどうぞ」と先におっしゃってから、中高年が質問したので私に問題はない。

他にも数名周りに店員はいたので、わからなければそっちに聞け。
私の上司がその場にいて、もし私がその店員と同じことをしたら、後からみっちり絞られる。

その上私の対応をしようとした方も話し込みだして、中高年が対応していたお客様が
「ちょっと、こちらを先にしてあげてください!!」・・・・客に気を使わせてる店員って何者なんだ???
悪いけど空気の読めない中高年はレジに置くな!以上。
結局女性店員ばかりが私に平謝りであった。何か違わないかそれ。

ハッキリ言えばバイヤー失格であろう。
最近この店では、女性店員ばかりでなくなり、中高年バイヤーが出てきたのであるが、大半スキル不足である。
再就職したのか何なのかわからないけど、使えないのはうざいだけです。お客様からクレームでないのかな。

この人たちの何があかんかって、お客様に対しての押しが強すぎるのである。全部「私が私が」で周りが見えていない。
商品アピールもしつこいと思えば、お客様だって逃げてしまう。

この辺は庶民の店だからまだ「まあしゃーないな」で怒りはこらえたんだけど、今日がこれのピークであった。

少々高い物を置いてあっても某庶民のお店に懲りた私は、デパートに家人連れて乗り込んだ。(正確に言えば、家人が運転してきたのであるが)
・・・でKって店に良さそうなシャツがあったので、入ってみたんだけど、これまた鬼門かい!!って突っ込みそうになった。
また中高年である。それも男性。この辺になれば言葉使いこそ丁寧なんであるが、今日のが一番押しが強かったのである。

私は売り込みは必要だと思うが、これも私が私がって感じで、こっちの話は聞かずに私が全てみたいなことに。
家人はみてくれ標準サイズの体型である。しかし、痩せている割に肩も割に張っているし、皮膚が弱いから首きっちきちのシャツは駄目だし、素材も間違うと本人が酷い目に遭うのであるが、この店員だけは私の意見ガン無視で「絶対お客様(家人)はMサイズです」ってのたもうてくれたけど、そのサイズだと本人首がきつかったんだなあ。
その上本人がこれがいいってそぶりも見せなかった(笑)

私は他人を見抜かない愚か者は嫌いである。
確かに家人の服を探しに行ったけども、家人の服の購入だけは最終決定権があるのは私である。
私が似合うと言わない限り、本人は買うとは言わないのだ。理由はわからん。
車なんかだと最終決定権は間違っても私にはないが、家人もとりあえず20年以上連れ添った私にはかろうじて信頼は置いているのだと思う。
本人行かなくても、フォーマルやスーツに関して言えば外していないからである。

少なくとも私が気分害したので、「他も回ってきますありがとうございました」と言って他を当たる。
うざいわって喉まで出掛かったんだけど、結局他の物でいくつか買っているGって店を見ることにしたのだけど、こちらには家人に合うどんぴしゃりなネクタイはある、シャツも種類が豊富ではなかったが結構いいのがあったし、一番は店員さんだよね。出過ぎないタイプの方で、ここで購入することにした。

バイヤーも自社の物の勉強もしているし自信もあるのだろうけど、私とて下手したら物には詳しいよ。
今の仕事がそう言うものを扱っているんだから。最新鋭も当然見てきているし。

いっそ、このGで全てあつらえたら良かったかもなあと思った私であった。
でもスーツの素材は家人にぴったりはまったのである。次からはここで作ることにするか。

ちなみにこの辺の目が厳しいのは、父の友達でそう言う店をやっている人がいたからである。
きちんとした店ならお客様が冷やかしか本気か見抜くし、財布まで見抜く。
って言うか、誰が客になるかわからないからね。






コメント

大勝利とな

2017-03-22 20:08:52 | Weblog
子どもの部活ネタの為に、方々の神社にお詣りに行き、お守りをいただいてきた。

そこで偶然見つけたのが、松江護国神社であった。
なにやら大勝利と大丈夫と言うお守りがあると。

いつもなら正月前後に家族でどこかの神社にお詣りに行くのが恒例となっていたのだが、この度だけ時期が合わず、3月になってからになってしまったのであるが。
護国神社の類は勝守りが多く、実際近くの護国神社のそれはご利益があるようで、子どもは気に入っていた。
運が良ければ上を目指せるかも知れないと思い、急に休みが取れたので三連休の中日に出たのである。

これに関して言えば、とんでもない渋滞に巻き込まれたり散々ではあったが、なんとか行くことが出来た。
噂通り、松江城の敷地内にあると言うのに、人は少ない。最初はどうなんだろうかと境内に入ったのだけど途中から空気が変わった。

家族でお詣りして、子どもに
「大丈夫と大勝利(お守り)どっちだ?!」
「大勝利!!!!」
「じゃああんたは大勝利ね。私とその他は大丈夫にするわ」とお守りをいただき、しばらくその場で佇んでいた。
一方絵馬もある。「大勝利」とあるが流石に子どもはそれを書くのは望まなかったのであるが、自分がおみくじを引いて大吉だったので、
「かーちゃんはこっちを引け!」と強運おみくじを指さした。

私は正月に超ご利益があると言われた神社で引いたおみくじが当たり、「待ち人なかなか来ない」が引っかかり、この度はおみくじはやめとこうかなあと思ったのだけど、子どももああ言うしと思いながら引いたら大吉であった。

一方の子どもも素敵な結果と素敵な財布守りが当たったようです。

では私のお願いは叶うのかな。
私は1月から待ち人待ってるんですけど。

ここは素敵な神社である。(子どもと私には)
結局良い結果が出るかどうかわからないが、私には良かったようである。
仕事に”大丈夫”持って出かけます。もう後には引けません。
家人にも大丈夫のご利益がありますように。

本来なら戦没者祀ってある神社なんだけど、私の地元の神社とも趣は違うし、雰囲気も違っていたのだけど。
また縁があったら訪れたいなあと思いました。

・・・で結局この後家族で適当に観光して帰ったんだけど。
気の毒なのは家人です。
私の趣味に皆が振り回されるのはいつものことだけど、家人は往復400キロ一人で日帰り運転する羽目になったから。

私は望んだところには一応行けたのだけど、ただ、予想外な結果ばかりではあったのだよ。
某所土蔵群も写真だと壮大な感じがしたのだけど、実際は土蔵と土蔵の間の距離が狭く、あー写真にだーまさーれたー!みたいなことに。

文句を言う気も突っ込み入れる気もなかったんですけど、昔某テレビ局で製作されたものを見て少し憧れがあって、そいつだけが派手に私の中で膨らんでしまったらしい。誰のせいでもなく私が悪い。
だが、あれも防火耐火を考えた間隔なのかどうか私は知りたい。


コメント

当たった

2017-03-18 20:09:12 | Weblog
当たったのは人相と手相である。

当たったのは家人のと私である。
先月”地獄”がうちに一瞬舞い降りてきたのだが、その前からけったいなことはいくつかあった。

私の顔に1月半ば過ぎて、見知らぬ顔が自分の顔に出てきたのである。
「なんじゃろうかい、この顔は!」と思いつつも、その顔に心当たりはなかったのであるが。

それが分かったのは2月も中盤に差し掛かったころである。
家人の人生に変動をもたらすネタが訪れた後、私は生活費を少しでも捻出せねば!とダメ元で受けた企業の面接であった。

それが、面接を受ける前に先方様より連絡が着たのであるが、先方様の声を聞いた途端、何故か矢鱈安心した私である。
そして、面接を受けたのであるが、その時に「私の顔に出てきたのはこの人だったのか」と。
場所的に助けてもらえる場所にあったのであるが、合点が行ったのである。

一方で面接がダメかどうかに関しても、手相や人相学の嫌なところは自分のネタだって否応なしであることだ。
自分の病気も何もかも当ててきた。そう言うのは嫌で仕方ない。
一方で他人様の病気も当てて、それだって気持ち良くないんです本当は。

でも、面接の時に「受かるだろうなあ」とは思ったのである。
受かったからってラッキー!って浮かれている場合ではなかったのだけど。
ともかく覚えることが多すぎるのである。

一方の家人は、災難が降りかかってきたのに、職場から帰宅したときは本人自体は清々しい顔をしていて、一方で数日後に色んな世話をしてくれた人間の顔が家人の顔に出て来たことである。面白い物で、一番心配して動いてくれた人間の顔が出てきたけど、本当に心配している顔で、家人に顔の絵を描いて見せて、
「こういう顔に心当たりがあるか?」と。
「・・多分」
しばらく会っていなかったので、髪型が変動していたのであるが、半年前に会ったと言う人の写真を見せて貰ったら「この人だな・・・悪いがこの人が手助けしてくれるよ」

それも1ヶ月後にそれが現実になった。
今までは大して重きを置いて無かったようであるが、当たるのでそれなりに耳は傾けてくれるようになった。

だが、この人はものすごく良い仕事をしてくれたと言うのが正しい。
家人に手を差し伸べた人間は実質二人、本気で心配して動いてくれたのだ。
家人には「恩義はきっちりご本人に返しておくべきだねえ」とだけ。

困った時に手を差し伸べてくれる人は、自分が窮地に立った時に誰かが助けてくれる。
私の人生で、自分が困った時に本当に手を差し伸べてくれた相手の恩は忘れない。

でも私は困った時に美しい手を差し伸べてきた相手が、現在病気療養中だと言うのに、立場的に何にもして上げられません。
それだけがもどかしいです。

立場的にって言うても、不倫とかやってるわけじゃないんですけど。(;^ω^)
やましいことはなくても、相手の事情あってのことだから、私は表に出られません。この調子で葬儀にも出られませんなんだろうなあと。
笑えないよなあ。せいぜい本人が望んでいるようにするしかないのである。
コメント

酷い話だ

2017-03-17 15:29:50 | Weblog
私は必死で仕事を覚えようとしてあれこれ模索しているが、どうにも部分的にしか頭に入らない。

原因はわかっている。一つ糸口を掴めば覚えられるが、その糸口を探すまでに時間がかかると言うことがわかった。
上司が言っている内容を必死で仕事中メモして、帰宅して書き込んだりPCのデータにおさめたりして覚えようとするが、専門用語がわからず。
一部のものは自分でも仕事で扱っていたし、趣味もそっち方向だったので、それらに相当の金をかけてきたのも事実。

一部の生地ならわかるのだが、意味不明なのまである。

ただし、上司の説明が悪いわけでは絶対ない。私の頭が覚えてくれないだけです。ごめんなさい。

結局大型書店にて専門書を昨日見つけたが、その時は持ち合わせがなかったので、今日他の用事と一緒にその本を買ってきた。
金欠の私には痛い話であったが、仕事が覚えられないと上司と他の皆さんに迷惑がかかる。
結局それも並行して仕事内容と覚えないと点と点が繋がらない以上仕方がなく。

一方で、先日の子どもの現国のテスト問題を見せてくれて、「かーちゃん解けるか?」と聞かれ、問題を見せてもらったのだが、現国だけは今でも問題なかった。
漢字テストもほぼ出来た。ただ内容が私が読まなかった本で、夏目漱石であったのだが、問題の答えがなんとなく高校生へのあてつけみたいなネタで、正直「なんだかなー」と思った私である。
ちなみに夏目漱石はお札のイメージと、唯一まともに坊ちゃんだけは読んだが、いちいち皮肉なネタだと言うのが私のどうでもいいような感想で、他は読んでおりません。教科書に抜粋されている分は渋々読んだけど、結局好みではなかったと言う。
このテストの場合、当てつけは夏目漱石ではなくて、問題出した教師なんですが。
思うに国語教師のテストも素直な問題と何か引っかけ問題に徹している教師がいて、前者はだいたい好かれているんだけど、後者みたいな傾向の問題を出すのは嫌われている教師が多いのではないのかなあと個人的に思う。
生徒を伸ばすために多少引っかけ問題がある程度なら何とも思わないのですが。

そして、先日親とあった時に、家人が会社から元上司の写真一式を持ち帰ってきた。証明写真他。こちらで処分するでも良かったんだけど、なんとなく申し訳ない気がして、実は家人は元上司の家は遠方だが知っている、私は元上司の家は知らないが、その親御さんの家は知らないこともない・・と言うことで、写真は母に託して、そちらの親御さんに渡してもらうことにしたんだけど。

親御さんにそれを持って行ったら、何故か喜んでくださったんだそうです。
そして、母はお礼に花をもらったそうですが、問題はここからです。
「その恩恵は家人が受けるべき恩恵であって、かーちゃんがもらってどーする!!!!!」
以上です。

かーちゃんもわざわざ通り道とは言え、そのお宅まで持って行ってくれたのも事実なんだけど(笑)
それに花は家人に渡せないのもわかるんだけど・・・なんだか違うような気がするんだが。まあ判断は家人に任せることにする。

・・とここまで書いたら家人が帰宅したので突っ込んでみたんですが、
「花ならいいや」と言うことでした。まあご本人さんに返却されるか親御さんがお持ちになられるかは謎なんですけど。

そして本日一番酷かった話は、家人のスーツ代を支払いに行くだけの用事で、その店で30分待たされたことでした。
普通なら手間かかっても10分で済むような内容だって言うのに。

コメント

現実は

2017-03-14 09:35:25 | Weblog
結局療養生活をしていたこともあって、外部とほぼシャットアウトだった私であるが。

現実を見れば、既に女子大生と呼ばれる人との年齢差が、子どもよりの年齢で親子ほどの年齢が離れていることに気が付いたのであった。
先日の仕事である。仕事場は1日を3交代に分けてシフトを組んでいるようなのであるが、先日からちょいちょい紹介されるのが女子大生のアルバイトの方である。
店には色々規定があるから、外見がそこまですごいのはいらっしゃらないようだけど、よく考えたら私の子に年が近いなあって今更のように気が付いた。

それで、私・・・年とってる!!って。遅いだろって話ですけど、だからって自分を若いままって思っているわけでもないのだけど。
肌衰える、髪コシがなくなりつつある、身長縮む他、自分で言って傷つきますのでこれ以上は止めておきますが。

あちらもこちらの年齢等わからなくて、無難に今まで何をされていたのですか?と聞かれて呆れられるパターンのようです。

ただ、個人的に年齢関係なく仕事場では先に入った者が先輩と思っているので、彼女らに教えてもらうときでも言葉遣いは気を付けるようにしているが、逆に戸惑わせてしまうこともあると気が付いた。
私が年上でも年下の彼女たちに物を教わるのであれば、当然使うのは敬語であろうと思うからである。
でも敬語だとドン引きされてるような気もして。

逆にオバサンに説明するのは大変だろうけど、彼女たちは一生懸命丁寧に教えてくださるのです。
本当にありがたいなあと思います。あちらも言葉を選んでいるのがわかるだけに心より申し訳ないと思う。
次に少しでも勤務時間が被って何かあれば私は教えを乞う立場なので、「また次にあったら色々教えてください」と頭は下げて帰ってきた。

で思う。見てくれで判断するのは良くないことなんだなあと。姿だけ見たら私とまた別の世界の人だなあと思うから。

問題はもう一週間分働いたら研修期間終了でそのまま本チャンに入るってことで、わからないまま仕事を覚えきれないまま入れば、自分の首が絞まって、上司に迷惑をかけると言うことである。
連帯責任どころかこれ、一蓮托生状態なんじゃないの?と思ってしまう自分がいる。
完全把握はしていないけど、上司も仕事状態が楽なわけでもないみたいだし、折角拾ってくださったのでそう言う真似はしたくないなあと。

暇があればそれら書き込んで勉強するが、半分頭に入っていればいい方で。
残りの研修期間中に覚えなければ以後自分の首が絞まって行く。

実際同時期に入った人で速攻お辞めになったかたもいらしたので、どうするかなあと思っていたのだけど。

私は単純だから美味しい物を食べたら元気が出るので、もうひと頑張りしてみるか。
・・・となった。

先日親が料亭でごちそうしてくれて、ホワイトデーに家人がケーキをくれたからである。
そういえばかーちゃんが就職祝いって商品券くれたし、頑張らないとねとは思うが、不安の方が先によぎるのである。
コメント

一方で

2017-03-12 18:17:59 | Weblog
私が再就職してそろそろ半月になる。
仕事が分かれば面白くなるかなあと思いつつも、この年で一から何もかも覚えないといけないので、結局帰宅するころには車で結構な距離走った位の疲弊感はある。今でこそ短時間勤務だが、時間増えたら身体持つかなあと思う。
とは言え、家事は出来るときに徹底的にやってしまうのであるが。おっつかなくなりそう。

正直、こちらが一つでも不手際をすればとんでもないことになるらしいと言うのはわかった。
今は上司からの手厚いフォローがあって何とかなっているが、残りの研修期間中に全て覚えられるのかなあと本気で思う。
上司のストレスが溜まってなければいいんだけどと心の底から思う。

教育係と言うのは鬼畜だってイメージしかない、下に就くのが優秀ならいいが、そうでなければストレスMax。
下についたのがものすごい生き物だったことのある私は、あれだけは心の底からやりたくない。
本人はまじめだが、ハッキリ言えば多少頭脳系に問題があった可能性がある。そんなものがついたら地獄しかないです。

覚える内容もメモを取っても次から次に出てくるので、メモも一つでは足りなくなり、今日買い足す羽目になった。
研修場所まではバスとJRを使っていくが、電車が延滞したら即遅刻だから、一つ早いので行くのだが、現地に到着すればしばらく時間があるので、薬局や100均で暇をつぶすようになってしまった。
なるべく遅刻はしないようにするのが、私のどこの職場でも目標にしていることである。

ただ、再就職一発目で採用してもらったこともだし、本気で私みたいに健康に問題があるのを取ってくださった上司には感謝しているし、気長に仕込んでくださるような努力を上司がなさっているのも知っている、だからこそさっさと戦力になりたいのであるが、なかなかうまくも行かず。
家で暇見て勉強もするが、おっつかない。勉強だけやっていればいいってわけにいかないから。

一方で目的はこっそりお客様の人相を見て勉強することであった。
やっぱり人相や手相と指圧は好きなのである。
一番はそう言う場所でこっそり勉強することである。

ご来店に関して言えばお一人でいらっしゃることも多いが、夫婦とか、カップルとか家族とか色んなケースがあるから。
ただ、お客様から商品が持ち込まれるので、商品と人相見たら”ああ・・・”と思うことが多いなあと。

持ち込まれるものに人格が現れるからである。
だから、申し訳ないけど多分この人運気が停滞しているなあと思えば顔と商品見ればわかると言うことだ。
古いとか新しいは関係ない。大事にしているかしていないか。

お客様の持ち物だって必ずしも高額ではないけど、ご自身の物の使い方とかですよね、その辺と人相は一致するのかなあと。
そしてこういうところで態度が悪い人って言うのもあんまりなんだと。

今日も割に厳しそうな顔つきの品のあるお客様がいらっしゃったのだけど、それでもこちらの不手際で「もうしわけございません」と頭を下げれば、「気にしなくて良いから」とニコッと笑ってくださったり、やりがいもあるのかもなあと思えることもある。
一方でこちらはそのつもりはなかったけど、シマッタ!と背中に冷たい物がたらーりと言うこともある。
やっぱりお帰りの際は、気持ちよく帰っていただきたいですから。

きっと続けば、いろんな出会いもあるんだろうなあと思う。まだまだ先は見えないけども。



コメント

恐怖の通院と子ども

2017-03-11 08:30:47 | Weblog
先日は親が大学病院への検診であったので、仕事は休みをいただいて足をしてきた。
病状とかは特に問題なくとりあえず術後3年半が過ぎた。
あと1年半でもう来なくていいとなるか、まだ来るように言われるかはわからない。
がんが再発しなければ良い。

そして、親と病院からデパートに行き、家に戻ってお茶を出して親は帰宅した。
だが今日の話題は、小学生の話題である。
どうにも小学生が居ない実家とうちは、子どもが外で泣いていたら気になるって話ばかりしていたのだが。
どこの地域でも泣かされながら帰ってくる子とか、この辺だと誰かを外しにかかる相談しているとか、聞いていてうんざりもしたくなったのだが、問題は親が帰った後に起こる。
こういうことを言っていたらフラグが立ってしまったのであろう。

いきなり居間にいた子どもが外に向かって「何しとるんじゃゴルァ!!!」と私でも聞いたことのないような声を外に向かって出している。
泥棒かなんかでも来たのかなと思って、干していた洗濯物投げといて玄関に向かったら、ランドセル背負ったクソガキ約2名。

私の子どもの、ものすごくどすの利いた声と姿で既にこの段階で半泣き状態で足が固まっていたようだが、私が玄関に出てきて逃げようとしたので、こっちも「ちょっとまちなさい!!」
私のそれも否応なしである。
子どもが軽く説明してその後子どもは室内に引き上げた。説教が奴だったらガキはおもらししてしまうに違いない。

その場で説教を差し上げることとなる。
「ちょっと!!まず人の家の敷地には黙って入らない!!入るんなら家の者に一言かけてはいるべきで、黙ってはいるとはどういうことか?それに・・あんたらうちの置いてあるものの間に隠れてくれたけど、これら傷の一つも入れば、あんたたちの親の給料1ヶ月分くらいは簡単に飛んでいくんだが、そこらわかってんの!!!!」
このあたりで涙目になっている。事の重大さに気づいたのか、大人にこんな勢いで怒られたことがないのかは謎。
その場で家のものに傷がついていないか確認する。
ついていたら、うちから怖い皆さんが出てきたうえで警察と学校の関係者をその場で呼ぶつもりであった。
だが、運よく傷はなかったのであるが、一か所傷がつけば、全塗装と言うオチがつくからそうなると親が貧乏だと後は知りません、親が子ども保険の一つくらいは言っていなければ知ったこっちゃありませんみたいなことに。

私は以前、カ○ロに乗っていた時に車にものぶつけたガキをそのままとっ捕まえて学校に連絡して、引き取りに来た学校の教師に説明して、本人もやったことを認めたので、その親に修理費用一切出させたような奴だから、方々に連絡するにしても普通の人よりは垣根が低いし抵抗はない。
って言うか、遠慮していたらこっちの2つ目の内臓がなくなるってんの。
言う方だってものすごく嫌なんですけどね。

この一喝で本気で泣きそうになってるクソガキの皆さんであったが、これが一度や二度ではなく、今日本人らに注意してそれで駄目なら、もう警察と防犯カメラくらいしかうちに防御するネタは残っていない。学校は既に通報済みであるが、それだって悪いけど一時的である。先生たちには悪いけど。
この辺の子どもとその親の質が思いっきり低下してきているからである。
前だったら少なくとも黙って敷地内に入るような子はいませんでしたわ。
正直迷惑一家が越してこなければ、こんなにスラム化状態にはなっていない。一軒品がないとこうなるらしい。

〆るんなら徹底的と決めて出ているんだから、ガキには申し訳ないが恐怖感が残ってくれないと困るわけで。

ついでに、近所のやかましい人に聞こえるように、
「それとこの辺で騒いでいるのおたくらでしょ?悪いんだけどものすごくうるさいんですけど。もう少し静かにしてくれないかな」
ガキは凹んで帰って行ったけど、ここで済ませる気はなく、結局学校にもお願いしておいた。
最後の情けで名前だけは出さなかったが、教師もバカでなければ学年と給食着持っている子どもと私が誰かは知っているので、その辺が帰宅通路として使っているのが誰かわかれば犯人さんは簡単に出てくるでしょう。ちったあ学校も頭を使ってくれ。
一番は親の躾の悪さなのであるが、この辺だけは学校外のトラブルは学校への通報義務はあるんで。

先生にはお願いしておきました。「こちらは何もしていないのに、物傷つけて逃げられても困るから高額保険をかけ替える羽目になったり、もうそろそろ防犯カメラ玄関に設置しようか検討しているのですが、なんでそんな行儀の悪い者の為にこちらが出費しなきゃならないんです?」
当然校長先生は平謝りでした。
結局学校も指導しているとか言っていても、実際はこの有様。正直この地に20年以上住んでいるが、昔はこんなのはいなかった。
悪さしているのもいたけど、他人の敷地に入ってどうこうすると言うのはいなかった。

ちなみに近所のやかましい一家はこの日だけはおとなしかったようです。
結局、近隣に上品な人間しかいなかったのに、品の無いのが越して来たら一気に地域がスラム化する。
そいつら腐ったみかんと同じである。
そう言うのを消すにはそこを消すしかないのは頭ではわかっているのだが。



コメント

ぼやきの続き

2017-03-08 08:12:33 | Weblog
そう言うわけで前の続きである。
子どもに聞いてみた。

「自分が結婚する時に、お嫁さんになる人が着るドレス他私が決めるって言い出したら、アンタはどうするの?」
「面白そうだから、黙ってみておく!!」( ̄▽ ̄)
「ド阿呆!!その答えは正解ではない!!!」

横で家人が静かに笑っている。

「残念ながら、アンタがやるのはまず私を止めることである。私は人が着る物を選ぶ気はないし、よしんば似合っているかどうか聞かれればダイレクトにお答えはするけど、私が口を挟む範疇にない。もし挟んでくるようなら、私がボケてるかどうか確認するのが先!!」
家人が笑っているからそっちにも
「あなたは私を止める・・であって、静かに笑っている場合ではない」
「うーん」

何々家の嫁ってほど、この家御大層じゃないもん。(笑)
親に金出させて結婚式するんなら、お金分は物申すかもしれないけど、そうでなければゲストに失礼がないようにすれば問題ないだろう。
子どもは再教育が必要らしい(;^ω^)

そして今日の朝のことである。
「金が欲しい」と子ども。
「いくら必要なんだ?」
「○○円」
「本が欲しいのか?」
「そうだ」
「金はやらんこともないが、アンタがその対価でと言うのなら、多少の労働は必要である」
「では・・・」
制服のまま腹ばいになって、
「俺のロード。踏め!!」

「・・・・・・」
「だから、労働対価ね」
「アホー!!!!!!!」
「どうすればいいのだー!!!」

わたしをからかっていたようであるが、本は買わないとは言わないが、私も週に何日かは仕事に出ている。
そうはいっても多少ご飯の作り置きをして出るが、それでも一品暇な時にアンタが作るでも負担は軽減するわけで対価と言うのならそこでしょう。
一品は例え卵焼き一つでも違うんだからと。

「うわー1○80円の卵焼きかー。俺は食わんぞ」
「そう言う問題ではない。他のごはん見て判断してもらいたいが、例えば卵焼きがあればたすかることもあるし、湯豆腐なら鍋に昆布敷いて、豆腐切っていれておくだけにしてあれば、後火にかけるだけとかあるでしょうよ。そう言うのをちまちまやってくれたらと言う意味である」
確かに高級店の出汁巻きは素敵なお値段の物もあるので、子どもがそれと同等かと間違ったのは仕方ないにしても・・・

言いたいことはわかってくれたようです。
冬場の寒いときなら作り置きだろうが置きっぱなしだろうが、少々では傷まないが、この先の時期はそうもいかないから。

普通は先払い何かしないんだけど、今日は先払いしておいた。
これで最低限でもやってくれなかったら次からはあげないと前置きして。
コメント