再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

狭い世界で

2017-01-31 15:56:45 | Weblog
私は今日も生きている。

今日は保険屋さんとの交渉である。
本来なら、保険屋さんも数年に一度いらして、サインして終わりなんだが、自動車保険だけはお金の時期が微妙だから引き落としは勘弁してくださいってお願いしているから、保険屋さんには大変申し訳ないことだと思う。
来年から子どもが免許を取れば、負担額も上がるからそこらへん伺っておいた。

そして、保険屋さんにもう一つ質問をしたのである。
「うちは・・・実は断らなかったら、転勤で県外に出ていたんです。今回は転勤断ったから居座りますけど、その場合に保険・・・どうなります?」と。
保険屋さん驚いていた。
だが、家人は自分が乗っている車やバイクのディーラーがないのも、趣味の店が一つもないのも嫌だったんだそうだ。
私は、予定地には子どものことさえ何とかなればついて行っても良いと思っていた。
心残りが一つだけあったんだけど。ここにいれば、心残りはないだろうけども。

何せ、大好きなものがいっぱいある地域だったから。
本来なら、子どもについて、家人だけ単身赴任1年でも良かったのかもしれないが、普通の企業ではないので、男一人で出せば、もれなく遺体でリターンなので、この場合だと私がついて行き、子どもの世話の為にたまにこっちに戻ってくるが正しいだろうな。

結局、担当変えずに書類の送付等でなんとかなるし、ご自分のお客様で一番遠いお客様は石垣島にいるっておっしゃっていた。

だが、問題はその後であった。保険屋さんは謎の夫のことを聞かれたのであるが。
実は転勤先の地域と本社勤務兼任だったことと、諸事情をかいつまんで話した。
家人は出来る男だと思っておられたようだが、実は・・・って喋ったら絶句しておられた。

家人は”yes””no”がはっきりしているのである。
これは家の中も外も関係ない。
当然仕事でもだ。昔嫌いな上司と東京日帰り出張の時、上司はタバコ吸わない、自分は吸うから、あろうことかチケット買って来いって言われて、吸わない上司に禁煙席、自分は喫煙席買って渡したんだそうだ。これ天然でやらかしたとかそういうのではない。
普通なら上司に合わせるんだろうに、お前はお前、自分は自分ってやらかし、結局帰りの席は上司が折れて喫煙席を買って一緒に座ることになったそうで。
これは保険屋さんと大笑いしたんだけど。あたしでもやんないわ、それ。
その上司は上司にゴマをすってすってすりまくって、上席ゲットしたようだけど、家人ともなるとそう言うのはまるっきり興味がなく、出世も興味なく、やれやれ将来どうなるんだろうって思います。
だが、重要なところは押さえていると言う、食えない人で・・・私、多分現職中に家人が逝くようなことがあれば、葬式で皆さんに詫びることになると思っている。

そんなだから、使えない営業職はもれなくうちでは淘汰されます。
保険屋さんは多分定年ないだろうから、やっていらっしゃるうちはお世話になると思います。

そして、大叔父さんからお礼の連絡があった。
昨日病院送迎と、ビーフシチューお渡ししたのであるが、問題は家人や私にとっての一人前のつもりが、2食分だったと言う(-_-;)
大叔父さんごめんなさいm(__)m栄養はあれ、摂れるけど・・・

好きなものが2食続くのはともかく、これが口に合わないもんが2食だったら恐ろしい話である。

大叔父さんには、本来なら家人母が健在ならなにかしらなさっていたんだろうけど。
これがよりにも寄って、ポンコツで壊れた姪の息子の嫁の私では申し訳ない限りである。
だが、たまの生存確認と称した連絡をお待ちだったのにはびっくりしたのである。

「本来なら姪がやってくれてもいいんだろうに・・」と。
皆生活があるから仕方ないとはおっしゃるんだけど。

結局愚痴を聞くみたいなことしかやってないんだけど、問題は奥さんが帰宅なさって食事がどうなるかである。
おそらく聞く限り、ガチの介護食は口になさらないと思う。
どっかのじいさんが頭をよぎったんだけど気のせいや。わがままばっかり言って母を困らせているようだけど(笑)

多分、ご主人がお作りになったものとか、ご主人が食べる物じゃないと口にされないんじゃないかと。
どうか、退院後上手く行きますようにと。


コメント

そうなるか

2017-01-30 20:08:21 | Weblog
今日はやっと思ったような予定がスムーズに行ったようである。

大叔父さんと約束をしていたので、差し入れ持参で、ついでに病院送迎しておく。
大叔父さんが病気ではないのだが、それでも病院の往復は大変で、私は申し訳程度しかやってないのだが、病院前でおろして終了。
「お見舞いは?」
止めておきました。うちに今病気を持ち込んでは困るからである。
特に家人。逆に子どもの学校ではノロとインフルが流行りに流行っているようで、逆に持ち込んでも困る。
ただ、私の行動は薄情とも取られかねないなあと思う。
一定世代の人は誰かが入院したり手術したら、その場に駆けつけて当たり前って観念だからである。

それでひどい目にあった私である。
来るなって言っても手術の日に身内が行かないとアカンとか、病室に行かなきゃお見舞いの義理が立たないって、そりゃ心配していただくのはありがたいですけど。
だが、普通ならしんどいときにお見舞いに来られても困るだろうし、女なら美しくない姿を見てもらいたくないとか色々あるだろうし、私は養生したい時のお見舞いは要らないしはっきり言えば迷惑です。
来なくて良い奴のお見舞いは本気で迷惑であって、そう言う奴に限って、金を包んでくるとか物を持ってくるどころか手ぶらだったり、貰って困る物を持参みたいなことに。
だから来なくていいから!!って喉まで出掛かる。だから、滅多なことでは出入りしません。
自分が嫌なもんは他人にもしない、これ私の鉄則。

恨み言くらい言われているかもしれないけどね。

そして帰り道、送迎帰りに見かける神社に初めて足を運ぶ。
この辺の七五三やホテル等での神前結婚式はこの神社が使われているのは知っていたが、今迄ご縁も何もなかったようで。
駐車場が微妙だったが、止められたので、止めて本殿に向かうが、私は今まで神社の向きがよくわからなかったのだが、予想と反対だったことに驚き、大叔母さんが良くなられるようにお願いして、お守りを求める。

これはある方に、迷惑千万なのは承知で送りつけるというか、押し付けると言うか(;^ω^)
今回は移動が多いようだから、旅行お守りにしてみた。だまって毎年のようにチョコつけてお守り送っておきました。無事届くと良いな。

大叔父さんは結局、病院から老人保健施設に行く予定を拒否して、大叔母さんを退院させることになさったようだが、どうかその願いが上手く行けばいいがなあと。
共倒れになったら何にもならないから。食べ物の差し入れも考えないといけないが、嚥下障害もあるようだから、おかんに色々聞いてみることにした。
おばあちゃんが入院して、一時帰宅したときにそう言う食事を出していたからである。
大叔父さんはその手はほとんど使用されてないし、たまの差し入れだからどうかなあと。

でもおかん、「病院からは高くついてもレトルトや缶詰の介護食を指定されていたから大半はそれ、しかしおばあちゃんも家に帰ればわかるだろうから、簡単なのは自分で作って出していた」と。詳細は省くが。
そんなおかんは今、食道がんの手術を受けた父の、色々食事が大変になったのだがその愚痴を言うのも忘れなかった。いや、それは吐き出してくれても結構ですが。
私が行けば、その辺微妙に押し付けられるし。父と一緒に栄養指導受けたから。

簡単に行くかどうかわからないが、私も大叔父さんに「これこれを作ったのですが、いかがでしょうか?」と聞くから。どうなるかな。

・・・だがとどめはそれではなかった。
子どもである。最近野菜を美味く感じるようになったようで、鍋物とかに野菜が沢山入っていたら喜んで食べるようになったのだが、あろうことか食い盛りが
「かーちゃん、来月しばらく野菜中心のメシにしてくれんか?」

は?
家人と私二人なら、野菜大量でも問題ないわ、だが食い盛りにその要望されると。
体を絞りたいとかではないらしいが、たんぱく質は魚が補いたいと言う。

肉がなければ、野菜に油脂分がないとご飯満足しないってことだろ??絶対無理!!!!
アタマ痛くなった。まあちょっと確認はしてみるけど。宿坊料理でも出せとでも言うのかな。
私は本持ってるし、たまに作るけど、決してカロリーが低いわけではないから無理ってこともないのだろうけど。
コメント

そう来るか

2017-01-28 18:01:39 | Weblog
今日の昼の話である。
家人と二人、パスタと甘くないクレープでお昼を取っていた時のことである。
子どもは学校だった・・・

いきなり電話が鳴るので、よく見たら業者さんであったが、昼の12時に「今から行っていいですか?」って世間じゃその時間は昼飯タイムじゃ!!と喉まで出掛かったが、「家人に聞いてからで良いですか?」と確認したらOKだったので来ていただくことにしたが・・・
あり?確か来週にならないと無理だって聞いてたんだけど???

業者さんは近所である。すぐ来ると言えばまあ3分以内にいらっしゃるのであるが。
家人には「悪いがあなたが今日は対応した方が良いだろうと思う」と言ったら、珍しくやる気を出してくれたが、普段は興味がなければ絶対玄関対応などしない。

業者さんは3分後には到着で、家人と私が見ている中、ベランダだけは即座に処置してくださったが、業者さんも家人がその道の人間だと言うのはわかったようで、二人で専門用語でなにやら。私は蚊帳の外で正直、呪文が飛び交ってるなあ!!ってくらいの感覚で聞いていた。
だいたいはわかるんだけど、混み入るとわかんない。

結局業者さんも不動産業者が見に来るタイプでもないし、口で言うだけでは無駄だと知っているので、本日は怪しい箇所何か所かを写真撮影してご帰還になられた。
家人は業者さんに言っていた。「うちは報告義務があるから言うだけで、決めるのは家主。それでほっといて床が崩れてもどうしてもうちには関係ありません」と涼しげな顔をして言い放っていたのを見て、私は背中が寒くなった。
普通の人は「直してください」ばかり言うが、このタイプの不動産業者に直してくださいって言ったところで無駄なのは嫌ってほどわかりましたので。
曰く、不動産のおっさんはボンボンらしく、苦労知らずっぽいと。でも奥さんは若いんだと。

私声しか聴いたことないけど、声だけなら女は引っかかるかもね。

声の良い男性と言うのは非常にモテるんだそうです。
私は声の低い男性は好きではないから、これもどうなんだかって話ですが。
私は年の差の恋愛を否定する気もないが、父や大叔父さんの入院で色々やった側としては、たまならいいが、年代的にしょっちゅうはメンドクサイ。
入院中のとーちゃんの栄養指導に行った時に、「奥さんですか?」聞かれ、目の前が真っ暗になった私だ。
30も違うわがままなじいさんなんか勘弁してくださいってんの。
大叔父さんとはお茶をすることがあるが、気を使うから自分が元気じゃないと面倒です。
あっ、一人いたわ。全くの他人のおっさんとお茶をすることがあるけど、まあこれも周りから見たらどう見えるんだかわかんないけど、そのおっさんには気を使う必要なんかほとんどないから、気分的には楽かもね。
知り合いに見られたら、見た方が困りそうだけど(;^ω^)
本人は慣れたもんで、茶をすするだけでガタガタ言われたくもないんだけど。

そうですか、じゃあ以後の対応方法はわかりました。

業者さんも家人は食えない男だと思われたのではないかと思う。あの人涼しい顔してとんでもないこと言うから。
顔が涼しいわけでは決してない。
コメント

電話?!

2017-01-27 21:01:17 | Weblog
今日は子どもと私が、病気で弱っていた。

・・・が電話はそんなものは待ってはくれず。今日は電話がかかりまくって、子どもが呆れていた。
うち、普段は静かですから。

午後の一発目は大叔父さんであった。
どうにも奥様の退院が決まったからと連絡を下さったのである。
だが、事情を聞けば、退院って言っても満期退院みたいなのではなく、ベッド開けたいの??みたいな病院側の思惑がちらほらと垣間見えるようなネタである。
要は病院から出して、自分ところの指定の老人保健施設に出すみたいな話であった。
だが、大叔父さんは男気がある人だから、諸事情込でそれは不味いと判断されて、家に引き取る選択肢をされた。
一時は急変するかもしれないと言われていて、心配されていたが、私があろうことか「大丈夫ですよ」とのたもうたことから半信半疑ではあったようだが、私の人相学が当たったので驚いていらしたのは知っている。
だって、大叔父さんの顔に葬式の印はなかったもんで。

病院でも保健施設でも食事をまともになさらないが、大叔父さんは自分ならかろうじてでも食事をしてくれるからと。
でも大叔父さんの家の呼び鈴が鳴ったから、電話は尻切れトンボ状態で終了。

多分状況がなんであれ、夫婦仲は良いのだろう。
「一緒に長生きしよう」と言えて、「(病院に)また来てくれる?」と言える夫婦関係である。誰も割り込めないし。
やれやれ、私と家人がじーさんばーさんになったらどうなるんだろうかと思ってしまう。
ついでに子どもが、「酔っぱらったとーちゃんのまねー!!」とか言ってアホなネタをやっているのを見て、寒気がした私はその先なんか想像したくないのだ。

次にやってきたネタは知り合い。今度は携帯が鳴る。
慌てて出たら、「忙しいのだ!!よりにも寄って今月来月は面倒ネタが無いと言うのに、(上層部が)面倒ネタ作ってくれて、こっちはてんやわんやで、口先だけで回している状態だー!!!」
ストレス溜まってんなと思ったが口には出さず。
「それに○が食いたいのに、冗談ではない(以下略)」
「別にそれでしたら食べてないから、来月まで待ちますんで」
「取ってくれているのか?」
「はい」(くれてやるって言ったもん食わないわ、流石に)
しかし、ジビエ系が好きなんだなあと。
「じゃあまたな」
意味が分からん。

・・で居間の掃除機をかけようとしたら今度は家の電話が。
今度はお母さんである。
聞けば昨日、置いて帰ろうとしたものを孫たちに置き忘れてしまったので、今日宅急便で送った。明日受取れと言うことであった。
やれやれ、申し訳ないことをした。
5分で済むかと思ったが、結局30分近くしゃべることに。
昨日足の話ばっかりして気を悪くさせた詫びだけは入れた。
私も母の足が一時期悪くなった時に、色々調べてきたのであるが、とある人以外にそれ以上の腕が有る者がいなかったのである。
私がもう少し近くにいて、時間と日数詰めたら私でも何とかならないことはないにしても、その人間より絶対腕はない。

自分も2か月松葉杖とか言う状態になったことがあるから言うが、歩けないと言うのはダメージでしかないし、下手したら絶望でもある。
だから、頼れる場所がなんであれ存在するのなら頼ってほしかったのである。
結局治した人も「お宅は娘がいるのだからその辺に頼ればいいのに」と散々言われたそうであるが、これ多分私のことだと思う。
車渡されて好き勝手やっているようにしか見えないのは私である。
だが母は言ったそうだ、「自分で何も出来なくなれば頼らなければならないけど、今の段階で頼る必要はありません」と。
二度と言わなくなったそうだ。

それに大事にしている趣味があるのに、足がヤバい間やれたのか聞いたら、こちらの趣味は先生が大変腰の低い奇特な方でしたので、習い事は普通に出来たと言う。
私はお腹を切ってから、エレクトーンも管楽器も吹けなくなった。カラオケですら怪しくて数年遠のいている。
足腰が悪ければ到底楽器などは出来ないから気になっていたのだが。

ついでに昨日、早いけどバレンタインにと父にゴディバのチョコと中村屋の月餅を渡しておいたのだが。
曰く「帰宅してからさっさと開封して、月餅ばかり食べているのよ、それで他にも出しかけの物とかあるから、そこを言ったら、”わしの自由にさせてくれ”と言って食べてるのよ」

食べられたのならいいけど、メインはチョコの方だ!!お父さん・・・
月餅は亡くなったおばあちゃんも好きだったし、父とデパートに行けば、絶対見てるから嫌いではないのは知っているのだが・・・
そんなに食べるんだったら、もうワンサイズでかいのを買えば良かったと思ったが、
「お母さんも少しは食べてね」
・・・さて、お口に入りますやらどうやらと言ったところ。
いつもなら、おばあちゃんのところに供えてから食べるのも知っているが、今回はどうだったのだろうか・・・

子どもが流石に「今日は電話が多いな」とぼやくのも忘れていなかったが、最後夜真っ暗になってからまた電話。
今度は学校からであった。この担任細やかで「具合はいかがですか?」と。
去年の担任には絶対なかったことである。
今日はあまりに出すのは不味いと思ったので出さなかったら、午後から熱が出ましたが7度くらいでしたと。
学校で色々流行っているから。ただ、提出物にやかましい学校だから、今日締め切りのものは明日でも構いませんか?と聞くのは忘れなかった。
これに関しては明日で問題ありませんと言うことだったが、担任の気配りはありがたいと思う。

でも、当分電話はいいわ。





コメント

チーン♪

2017-01-26 18:36:39 | Weblog
ここのところの私のΩ\ζ°)チーン!!って思われる下らないネタである。

綺麗じゃないのも混じっておりますので、下品なのとか気持ち悪いのが嫌いな方はスルーしてください。
まず私の体調。昨日から悪かった。
だから昨日は早くに寝たのだが、朝起きたら強烈な頭痛他関節が痛かった。
しんどいけど弁当は作らなければいけないが、結局動けばリバース状態が5分おき。
「私は火を噴いてるゴジラか!!」と思いつつ。

弁当作った途端くたばった。水分すら受け付けないから痛み止めも飲めないし、子どもには「すまんが朝ごはんは家に有るもので食べるか朝マックしてくれい」
当然朝マックを取りやがりました。

帰宅後に聞いたけど、実際食べのは朝吉牛だったそうです。

家人は朝、ポカリスエットしか飲まないからそれを出すだけだったが、その間ひたすら仮眠取り続け、家人が出た後に本格的に寝るのであるが、今日は親が来るのである。でも原因不明のものを移すわけにいかないから、「来ないように。もしくは車で出るのは無理」とメールしたのだが、親は来てくれたのである。
それでも熱の出ないインフルエンザだったら大変だから、こっちもマスクして、親には車に乗る前にアルコール消毒しておくようにと、結局お茶一つ出せず。
お茶出して移したら大変だからである。
だが、色んなものをくれてすごく助かったのは事実。

ここでのチーンは親にきちんと対応できなかったことである。

だが本腰入れたチーンは更にその後である。
私はベランダの一部がぶっ壊れたからと不動産業者にお願いしたが1週間経っても連絡が来ないのである。
さすがに私は報告義務は怠ってないし、その後に何かあっても責任とることはないにしても、まあ確認でも入れるかと必要事項を言ったら、
「あんまり言うと家賃値上げと言うことにもなりますよ」と。
私もこれには流石にカチーンときたのであるが、ここで冷静に対応しなければ意味がないので、
「家賃ですか・・・今ですらこの辺の相場より高いんですが?」
「でも直すとなれば・・」
「私は直してくれとは言っておりません。お願いしているのはここのところの地震等あってあちこちガタが来ているので、これに関しては家主さんへ報告義務があるのでは?直す直さないを決めるのは当然家主さんですけど、だからと言って壊れて言わないのはどうかと思っているのですが」
不動産業者が黙ってしまった。
この人悪い人ではないが、金がかかることを嫌うのもわからんでもないけど、家だって減価償却とか経年劣化とかそういうのガン無視ですか!!!

まあ最低限報告さえしておけば、何かの際は向こうだって文句は言えないだろうし。
悪いけど、うちを言いこめるのは無理だと思う。うちに来ればおかしい箇所を指摘して帰る父と資格がある家人。
わからないわけがない。

そして、指定業者も割にルーズって言うのか、この2業者が揃うとチーンが2倍ではなく2乗・・・
家のベランダはいつマシになるのでしょうか。

そしてどうでもよいと言うか私には関係なかったチーンですが。
お隣の奥さんである。
先日近隣走るバスに、孫がくれたハンカチを忘れてしまったのだと言う。
それで、以前うちがやった方法をまるまるやって、孫がくれたハンカチは取り返したそうですが・・・

以前奥さんがやらかしたのは高速バスで、どうにもバスで座るとハンカチを膝の上に置くのが癖のようなんだが、あろうことか冠婚葬祭用のハンカチを高速でその場に落としたまま忘れてしまったと言う。それであたしにどうしたらいいかと言うことだったので、高速バスの会社がわかったから、ネットで電話番号調べてそちらに連絡して、その乗ったバスが最終的に戻った場所で確認してもらったが、結果的に紛失していたと言うことであった。
その続き一切をしたのは私であったのだが。それを思い出してだと思うが近隣のバス会社に連絡したら、それは盗まれずにそのままあったらしく。

だが、近隣とは言え、バスの車庫まで歩いて行く気は毛頭なかったらしく、あろうことか別隣の奥さんに「お願い車出して」とお願いして取り返したと言うのである。

・・・このチーンは別隣に対してである。
って言うか、バスの最終まで乗れば済むことであって、お隣はタクシーではないだろう。私は多分自分が頼まれなかった理由を知っているが。

その前に、一回忘れて紛失したんなら、同じことはやらないなんじゃないのか・・・
こればっかりはうちの子も顛末知っていたから、ぼやいたら、「普通は同じことを2度もやらんだろ・・・」と呆れ気味であった。

車のお礼はなさったそうですけど、問題はそこではないわ。
自分の始末は自分でやるべきであろうと思われ。

コメント

見たらいけないもの

2017-01-23 14:49:28 | Weblog
ここのところ、学校とか町内とかばっかり書いてきたんだけど。
そこで見たらいけない物みたいなのも実際見てきた。

衝撃的だったのが、子どもが幼稚園の年少の時のクラスのお別れ会のことである。
その時の内容はクラス役員から「1家族に付き一品持ちより。ただし、お菓子でも食事類でも構いません」と言うことであった。
余りにアバウトすぎる内容により、私はクラス代表に確認を取った。
そしたら、その時のお答えは”手作りでも市販品でも人数分あれば一番良いのですが、お任せします。”であった。

ちなみに私の得意分野は、冠婚葬祭と大人のパーティである。
冠婚葬祭のお支度の類は・・・ごめん実家で仕込まれた。
子どものパーティ(場所がよそ)と言うのは範囲外である。
これについては、不勉強過ぎた。

悩んで悩んで、クラスの人数分小分けにして鯛素麺は無理だろうから鯛飯持って行ったんだけど、問題は当日蓋を開けたら市販のスナック菓子を一つだけどさっと開ける人から、一品に対して心づくしのものまで沢山あった。
ただ、人数分とやっていたのは役員さんとうちくらい、あとは皿やバスケットに盛り込まれていた。
子どもが食べやすい物となるのでフライドポテトとかウインナーとか色々あって、凝っていたのは役員さんのそれで、一人はお菓子を小分けにして人数分袋に入れてラッピング、一人は一品料理を紙コップに入れて持参であった。
後は子供向けの物から食べやすいものまで。そこで私は拍子抜けしたのであるが、問題は、その時は空いた弁当箱と箸類を持参とあったんだわ。
要はそれに入れて食べろと言うことである。

そして、あらかた終了したころ、私は見てはいけないものをみてしまったのである。
空き容器にポテトサラダをいっぱい詰め込んでいるお母さんを。
しれーっと弁当箱にきっちりと入れて、蓋してカバンに入れていた。

うわーと思ったけど、園の誰かにそれを言ったことはないけど見たらアカンもん見てもうたと。気分が悪かった。
察するにあの量なら晩御飯の何かのおかずの添え物にはなるし、私もその時に少しいただいたのだけど味は凄く良くて、いただきたくなる気持ちもわからんではなかったけど、子どもの前でそれをするのはなあと。
その時に余ったのは事務室の先生方のところに行ったんだけども。だったら同じ?んなわけないような。

これもどうかと思ったのだけど、申し訳ないが100円くらいの袋菓子持参して余ったポテトサラダを持ち帰ると言うのがね。
泥棒とは違うんだろうけど、こんなもんを見て育った子は、これが当たり前になるわけで考えようによっては恐ろしいなあと。
私が知っている限り、入学式にはイギリス車で登場して、最近出来た分譲マンション住んでいてそこをケチるのかと。
車はその後国産車にかわっていたけども。

現実は他人の見てくれは良く見える。
だが、そこでのネタと言うのは、誰も見てないようでも見ている。
だから例えば小学校とかに入って、皆公園にお菓子持参となっても、パワーバランスが取れず以下略みたいなことになったり。
こう言うのが原因とも言えるのではないかと。

ちなみにこの町内会の老人部門でも同じようなことがあるんだと。
皆から徴収した金でお菓子を買って分けるんだけど、その場で分けて余ったら、ここの団地のトップカーストのばあさんが必ず持ち帰るんだそうです。次回に回すでもなく、最後に残った人に分けるでもなく、自分がいただく(笑)
それでそのお菓子は、別のお茶会の時に「これ自分の分」って出すんだそうです。
これは人づてに聞いたんだけど、それも考えようによっては怖いなあと。

この行為は泥棒とも違うんだろうけど、見た人が間違いなく気分を害する内容ではある。
実際いるんだけどね、人の家で出されたものが気に入って「これまだあるんならちょうだい!」

それは等価交換してから言いなって言うのが。

ちなみに実家でもあった。
実家の法要の時に、注文した折詰以外に母が作った漬物とか他の箸休めのものがいくつか取り箸と一緒に出てきて、テーブルを回るのだが、そもそも老人でたくさん食べられない人が、折詰だけでも結構な量なのに「もし余ったらこれ美味しいからちょうだい」と。
母は気前も良いし、はいはいって差し上げていた。だからその方も「私、この人のこと大好き」って言っていたけど、結局は自分が作るのが面倒な時にそれを食べるってことなんだろうけど、結局全員(下働きの私たちは除く)にまわった後に、別に使い捨ての弁当箱に詰めて渡していたが、他の人無言だった。

法要でねだる人なんか初めて見たし。

でもお寺さんでもこういう人がいるらしい。
法要の時に料亭とかで食事をするときに、「私が食べなかったものは全部持ち帰るから折に詰めて」
残念ながら私の地域当たりでは、食中毒やその辺の関係もあって、結婚式場ですら、持ち帰り用の折詰用の箱なんか20年くらい前からつかなくなった。
他の店だって例外ではない。
店の方が丁重にお断りしても「だったら食中毒になっても一切文句は言いませんと一筆書くから、頼む」って。
私も物を粗末にするのは嫌いであるが、あかん言うてる物にゴリ押しするのはねえ。
その場にいた人たちは当然ドン引きで「このお寺さんちょっと卑しくない?」みたいなことに。

ちなみに私が家人の家の仏壇ネタでお茶を淹れた時は、義妹が出してくれたんだが、銘々皿に会った饅頭と、別添えで小さい重箱に入れていた干菓子をあろうことか重箱ごとも持ち帰りやがりました。非売品で二度と手に入らない奴をね。
今度会ったら〆る!!!って思ったけど、その場にいた奴が誰も止めなかったんだそうです。ド阿呆!!!!
ちなみにこれに関しては、家人の身内もいずれ〆る。私は一生忘れません。
私は食器蒐集が趣味で、気に入れば古い物から何から買って集めてきた。今はストップしているが。
その中で一番気に入っていた小さいサイズの重箱持っていかれました。

これに関しては、聞いた全員、寺の奴が卑しいだろ!ってさ。絶対付き合いたくないわ。

コメント

雪かき三日目

2017-01-17 11:14:10 | Weblog
一昨日昨日と必死こいて雪かきしました。

近所の皆さんと。メンバーこそ違っても近隣の道路に面したお宅の方と喋りながらそれ自体は楽しかったが残ったのは私の全身疲労。
術後2番目くらいの激しいネタで、正直倒れるかと思ったが、軽い筋肉痛ですんだ。
多分身体が覚えていたからであろう、雪かき。

2日雪かきしたから、今日は家人を新幹線の駅までなんとか放り投げることが出来たが。
目の前の奥さんとやってなかったら、車すら出せなかったし、バス何かいつ来るかわからない状態で待たされるか、来てくれるタクシー探さないと行けなかっただろう。目の前の奥さんには家人も感謝してください。
でも目の前の家のバイクはやっぱり出せなかったようで・・・

この昨日の雪かきの後、クソガキの皆様が道路の端の雪で遊んで、道路を真っ白にしたまま帰宅したようで、本日バッチリ凍っておりました。
初日サラサラ、2日目、少しかたくなってる、3日目、マジ氷で道路から凍った雪が外せないような感じ。
家は微妙な寒冷地仕様の私と雪道へっちゃら家人がいるから、それでも車が出せたけど、意味もなく雪をまき散らしてくれたおかげでバイクが出せなかったり、挙句腰の曲がったご婦人に雪かきをさせるなどは言語道断である。
今そう言う方も珍しいのだろうけど、普通にやったってものすごく負担のかかる行為だ、雪かきは。
大人が雪かきするには理由が絶対あるんだけど、だがガキの皆様だってすっ転ばないですんでいるんだ。そこらわからんか!!(理解せんかい)と思う。
昨日などは郵便局のバイクですら立往生していて、やっぱり降雪量多かったんだなあと(この辺にしては)

私が許せなかったのは、自分が遊んで汚し腐った場所を他人に雪かきをさせて当たり前ではないって話。
昨日おとといまでは簡単にスコップも入ったけど、今日になれば、完全に凍っている。
悪いが私以外、雪かきになれてない上に、ガキがすっ転んでもせいぜい骨折だろうが、年寄りにはそのすっ転ぶが命取りになる。
極論だと言われても仕方ないが、自分さえ良ければいいわけで。

この辺寒冷地ではないから、雪が珍しいのもたくさん降って嬉しいのもわかるが、てめーらが考えなしにやったことが、結局周りの迷惑になっていると絶対言われなきゃわからないだろうって。道路で遊ぶから迷惑蒙る人間が出てくるのだ。人の迷惑にならないところでやらんかい。
物凄く頭に来たので、学校の先生にはお願いしておきました。
この辺は報告義務がある地域ですから、問題はないはずです。って言うか、こちらに迷惑かけないでほしいわ。
車とかにぶつけられるんじゃないかってひやひやする。コントロール悪いし。

だが、一番理不尽なのは某宗教の奴ら。お祈りしとる暇があったら近隣の雪かきした方が、周りから絶対感謝されると思いますけど。
不気味な冊子配るだけじゃ雪はとけませんので。



コメント

異分子には酷い

2017-01-17 07:18:36 | Weblog
ここのところ近所の方と関わったので、ついつい思い出してしまった。
普段は隣の奥さんとは深い話もするが、他とはしませんから。

いつもかくが、この地域にはカーストがある。でもどこにでもそれは多少なりともあるだろう。
トップカーストは先住民と元某企業の出身者。
ただし先住民の場合、昭和後期に移ってきた人間でも、最初か後かでまた順位他変わってくるのも事実。
その中でそれ以外がトップに躍り出るなら、自ら役員でも買って出て手駒を取ることである。

ただ、新参で役員買って出てもやりすぎたら叩かれますが。

結局誰であっても、突っ込もうとすれば突っ込める材料はあるのだけど。

そして、居住歴が10年くらい経たないと人扱いはない。世間話をさせてもらえるのはそのあたりから。
私は家人が先住民でそれも一番早い部類、私はそこに嫁いできた人間だから、よそ者ではあっても見えないガードは存在していた。”あそこん家の嫁”と言うことで。ここでその辺知らなかったら後で不味いことになるのは間違いない。
それでも嫁の私はよそ者扱いを10年されました。

だが、そうではなく知り合いが全くいない中で入ってきた場合。
やられる洗礼はいくつかある。

1.町内会の組長が回ってきたとき、手順が悪いと因縁をつけられる
2.組長は町内会の役員もやるが、新参者は古い人間からやり方が悪いと因縁をつけられる
3.ゴミ当番でちょっとでも何かあれば連絡が来る(酷いのだと早朝に電話連絡)
他。

3つプラスアルファだけではない、居住歴が短いとやられる内容一つ取っても、古い人よりもだんだん陰湿っぽくなるのだ。

1.はそう、ずっといる人たちの慣例に従わないと、仕事は出来ないとなる。
だから、若造が勝手に簡略化するのは許されない。ただし年配者の場合は例外。居住歴も若干関係はしてくるけど。
だが、ゴミの日のポスターや冊子は回覧板で回すべきではない。取らない人が増えれば、ゴミ出し間違いが増えるから。

2.役員も一番若い人間に部長を押し付けるのは当然だが、ひどいのになれば自分では何もしないが若造にあれこれ指示を出す。
大体部長はやらないが、やらない理由は「私たちPC使えないから」
別に手書きでも問題はないはずです。そのくせあれこれやらないのに指示を出す。

私は部長やらされているときに、しょっちゅう早朝とかお構いなしに連絡が何度も何度もあって、一度あんまりねちねちやられて電話切る時に「ねちねちとしょーもない用事で連絡してきて、いちいちうっせぇババア!!!!」って最後電話切ったつもりで、切れて暴言吐いたのがばれ、以後聞こえちゃったんでしょうねえ~、ねちねち電話は来なくなった。おススメはしないが、結果オーライだ。d(^^;)

そもそも人のやり方に口を出すんなら、手も出せ言う話です。最初に部長押し付けたのはそちらですし。
中にはやり方が気に入らないからと押しかけてくるが、これが新参者だともっと手ひどい事をされる。
私なら1度くらいで済んだのが、何回も役員じゃないのが押しかけて文句言ってきたりね。

3.ゴミ当番=シートを出すのと、汚れていたら掃除するくらいであるが。
だが原則6時までにシートを出すが決まり。それより後から越して来た人間には伝達されていない。(と思う)
10年より前に住んでいた人なら知っていることであるが。
だから出してなければ、早朝6時からシート出せ!とか連絡が来るようです。家にはそう言うのは一切なかったです。
それも名前も名乗らずに。無礼だなー(-_-;)悪い事してないのなら、名前くらい名乗ればいいと思うが。
言う方も相手みて言ってくるから、少なくとも目付きが悪くて気が強そうで1言えば10で返してきそうな私にはたまに言ってくるのがいましたが、正攻法でやったら二度と来なくなりました。

だが、ここでの救いは近所迷惑で警察に相談されていないこと、役所に相談されていないことと言う前書きがつくのでありますが。
年一頻度で、警察や役所が来るようだともう色んな意味で末期です。近隣にあるから言いますけど、酷いもんです。
だからと言ってそいつらも改善はしないから。

目の前の奥さんも多分、昨日話をしてみて色々思ったのだけど、この辺の人の生活感より上っぽい感じがしたから、それで嫌な思いもされたのではないかと。
私ですら、絶対ハイソ系だと思っていましたから。絶対人前にノーメイクで出られるときは帽子とかマスク着用されてたし、絶対普段からすっぴんの私とは違う!!と。真っ暗だからすっぴんでも起きっぱなしでも構わんやろとか言う私とは大違い。

注文住宅でメーカー依頼しても、すまないがメーカーにも格があるしその現場に来た人間の対処一つで心証も変わってくる。
その上で品がある行いをされたら・・・
こっちからしたら、近寄るには申し訳ないとなる(笑)
理由はわかったのですけど。

あちらの奥さんもうちに止まっているのが怪しい車だからやっぱり同じように壁があると思われたのだと思うが、昨日子どもがいじめられた話みたいなことになってしていた時、「どうぞ」って真顔で私の手持ちのごっついシャベル渡したら一瞬????(・・?となっておいででしたが、
「これ・・思いっきり凶器になりますんでよろしければどうぞ(笑)やられたことは、これでやってきても(仕返しとも言うが)よろしいのではないでしょうか?」
大笑いされてしまった。
このシャベル振り回すだけで十分凶器だし。

また、私がお笑い要員だと言うのがばれてしまったのであった。もうそれもいいか。(;^ω^)諦めました。








コメント

最近は雪合戦を

2017-01-16 15:49:40 | Weblog
道路でやるのか~

阿呆!って一喝してやりたいんですけど。
ここのところどか雪が降って、雪かきも大変だったんだけどこうなると喜ぶのはどうやら子どもだけではなかった。
この近所に父親の頭が湧いてんじゃないかって言うのが何人かいるんだが、道路で雪合戦はすんな!!
40くらいの年でまだ頭の中身はおこちゃまですか。

家と同世代かその下の世代は一部湧いているとしか思えない。
それも小学校とかならまだしも中学生が親と雪合戦道路でやっていたよ。
湧いている以前に、道路では遊ばないって言うのはないようで。
人が通らないからいいって感覚なんだろうなあ。

その上、親がこれでこの辺の学校もきちんと教えていないから正直、子ども危険にさらしているようなもん。
万が一はねたら、ドライバーの方が責任重いんですけど。不注意だなんだって。
こう言う人は自分の子がはねられても、賠償金他一切ドライバーに請求する資格はないなと思う。
逆に汚点付けたんだから、親がドライバーに慰謝料払えと思います。

私は田舎者だが、少なくとも道路で雪合戦なんかやったことないし、やったら当然学校に通報が行っておりました。
だから次の日、各クラスで「昨日帰宅途中に雪合戦を道路でやっていて危ないと地元の方から連絡がきました」

当然全員怒られるみたいな。通報ネタと全く縁がなかったこちらにしたら、「アホやろそいつら・・・」なんですが。

再度言いますが田舎です。自分の家の敷地で雪合戦位出来ますので、こういう注意をされるのは田舎に限れば本当に湧いている子だったのだろう。
私もいっぱいそれやって遊びましたが、道路でもやらなかったし、一度などは母の実家で要塞まで雪で作ってやりました。
遊んでくれたのはいとこの兄さんたちでした。いつも思います。迷惑かけましたm(__)m

問題はこの辺。
遊ぶ敷地もないから、道路で雪合戦やるんです。親も。アホやろ通り越して、ド阿呆!!!って一喝したいわ。
子どもより喜んじゃっている。そう言う人は雪が豊富で迷惑がかからないところに行ってからやれ。

その上、学校帰りに残った雪でそれをやるのだが、やり慣れていないのでコントロールは出鱈目だし、あちこち人様の家の塀とか色んなもんにぶつけちゃっている。
全く。

結局今日も目の前の奥さんと道路の雪かきをすることになった。
最終的に目の前の道路を使う自分の為でもあるが、自分の家の前で誰かに転ばれでもしたらやはり気分はよろしくないし、世間話をしながらやることにしたのだが。
私はあまり人と情報を共有もしてないし不愛想だと思うのだが、あちらの奥さんは腰は低いし子どもにも優しい。
喋れば色々接点があることを知ったのであるが、あの奥さんも苦労されたんだなあって、話を聞いてて。
私もここでは苦労っぽいものはしてきたのだけど、それでも家人が先住民だったからそこまでの苦労はしなかった。
町内では。

奥さんはせきを切ったように喋られたから、余程思うところがあったのだと思う。
私もその辺は知っている。だから「同じような苦労は私もしました」と。
余りに気の毒だったから問題ない範囲で知っていることはお教えしておいたけど、ここは若いからって言うだけの理由でとんでもない目に遭ったり確かに大変なところではあるのだ。

今度はご一緒にお茶をすることにした。
10年くらいほとんど挨拶しかしたことがなく、それまでなんだったん的な状態ではあるのだが。
近所づきあいも色々わからないもんだなあと。
ちなみに雪かきはほとんど終了しました。町内会長は出来ればこの奥さんと私に「よくやった」くらいは言ってくだせえと思う。(;^ω^)


コメント

雪かきデー

2017-01-15 19:09:44 | Weblog
温暖地域のこの辺にも雪が降った。
降っただけならいいが道路まで真っ白になった。休日だからこれで済んだものの、平日だったら大変なところであった。
問題は車の上と家周辺に積もったものである。
折見てストーブの薬缶のものが沸騰するたびに湯をかけて、”参上お湯かけオバハン”状態だったのだが、午後から暇をみて雪かきをしたり、車の雪をどけたり。

ここの所困っていたのは、駐車場の目の前のお宅の雪かきである。
本当に悪気はなかったようだけど、おかれたら小回りが利かないタイプのうちの車だと出せなくなるので、そろそろはっきりお願いすりゃいいかって雪かきの為にシャベル持ったまま、「すみません・・・ここに雪があると少し出にくいので、ここの雪避けてもいいですか」と私にしてはゆるくスマイルでお願いした。
結局車を運転しないとかだとわかんなかったのだろうと思うが、申し訳なさそうだったので、一緒にそこら辺の雪はどけることにした。
これならうらまれないだろうと言うのと、一方で雪かきに不慣れなのは越してこられた時から知っていたので、一緒に。
私がシャベルの扱いが普通なので、「雪かきは?」と聞かれたので、微妙に寒冷地仕様の出身なことと、雪かきして車乗って仕事に出ていたりして、雪かきには慣れていること、家の前の問題はなくなったけど、お隣の雪かきには理由があったようで、

「もしかして今から車でも出されるので?」と伺ったが、

お嬢さんが次の日に出るのに、どうしたらよいかわからないままなさっていたことが判明した。
ハッキリ言えばおそらく世帯主が単身赴任かほぼ常時いないような状況っぽいのと、車やそっち系に詳しいのが家族にいなかったようで、
「はっきり言えば、家の前とかお宅の前は雪はさっさと溶けないけど、バス道路まで出たらだいたい雪は溶けているから、そこまで出られさえしたら出られますよ」と。
ただし、通常ルートは通らない方がいいから、迂回してもメイン道路通るのをおススメしますと。
ではどうしたら?と言うことだったので、最低限それらが通れるだけの雪かきをしておけばよいと。
ちなみにこれに関しては、バイク乗りの家人も言っているから嘘ではありませんと。

それで、私は引っ込んでも良かったのだけど、結局一緒にやることにした。
次の日からだが悲鳴を上げてる可能性は非常に高いが、一人でやってねと言うのも薄情な気もしたし。
正直生活ランクがうちよりもどころか、近隣よりも高いとみていたし、近隣で井戸端会議やるでもないし、子どもの友達のお母さんから色々聞いていたけど私みたいなのは相手にされないだろうと思っていたのだけど。だが、逆も同じように思われている可能性は高いかもね。

喋れば気さくな方で、気が付いたら子どもの話になっていた。
教育費がかかりすぎるとかね。雪かきは一人でやればきついんだけど、結局女二人で目標だけは達成した。
明日、運良くお嬢さんが出られたら良い。
無理ならバスで学校に出しますと言うことだった。
娘だと顔にでも怪我をさせたら不味いって言う親心はここまでやるのかと、アバウトな私は大変感心したのであった。

うちなんか子どもが言う事聞かなくて、大体この時期に大怪我をしてくれるから。
問題はこの段階ですでにサロンパスがあちこちにあたっていて、明日酷くなりませんようにと。だが久し振りに動いたせいもあって楽しかった。
しょっちゅうはやりたくないけどね。

コメント