再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

花嫁修業?!

2016-08-30 14:47:25 | Weblog
最近聞かなくなった言葉である。

あれも死語になったかな。
専業主婦ほとんどいないもんね。

ではあんたは何をしたの?と聞かれても・・・わたしですら返事に詰まる。
私は21年前に結婚したんだけど、親は厳しかったので、料理掃除洗濯に関して言えば、幼少から仕込まれたと言うか強制で手伝いをさせられたと言うか。
小学校入ったあたりから、食事の準備の手伝いとか、洗濯物畳むとか、中学あたりで親が忙しければ全部食事作っていたし、それで親が確認して品数が少ないと思えば追加で指示が入るとか、親かおばあちゃんが作るとか。

ちなみに茶や花や踊りははたしなんでいない。
着付けは嫁入り前に少し習ったが、嫌で仕方なかったのである。最低限は着られるけど、結局訪問着くらいになれば着つけてもらう方が楽です。

ピアノはずっとやっていた。

裁縫は和裁は出来ないが、子どもの浴衣くらいはミシンで縫ったしってくらいの腕。
だがドレスも作れるし、編み物もコートくらいは作れます。

嫁に行く前、舅と言う生き物が「料理くらいは」とのたもうて、母が密かに鼻で笑った。
そう言うこと言うから、舅に言ってやりたいが、ご自分の娘は??みたいな(笑)
嫁にも行ってないやん。駄目よ、自分の子に仕込んで無いのに他人にそう言う事言ったら。恥ずかしいですよ。(*ノωノ)
どーせ気に入らない嫁は駄目嫁な扱いしかしてないんだけど。
私がダメかどうかはきちんと確認したら?

親戚がうちにきて、母に向かって「娘さん料理くらいは…」それも母が鼻で笑ったどころか、親戚のお母さんが「ここの家は・・・全員それなりに料理が出来るわよ(要らん事言うんじゃない!!)」と窘めていた。母を小ばかにする予定だったようだけど。
残念ながら・・・

今に比べたら全然スキルが低かったが、そこらの者よりはやっていました。
私は本気を出せば、昔の法事レベルの仕切りくらいは出来るような仕込みはされてきました。問題はそれを活かす場所がないだけです。
自分でも勿体無いと思うが、そいつを活かせるのは代々続いてきた旧家くらいしかないだろうし。

悪いけど母の代と私の代では要求されるものが違っていて。
母の代は、着付けの時におばちゃんたちが言っていたのが、「最低着物の襟を縫い付けられないと嫁に行けなかった」と。
他所の地域は知りませんが、私が居た近辺ではそれ基準だったと言う。
他にも浴衣が最低限縫えないと・・とか、実際祖母も母も茶や花の免状は持っていたようで。
祖母が学校卒業時に学校の先生が作成したと思われる当時最先端のマナーブック(手書き)が亡くなった時に見つかって、それを私がいただいたのだが、ものすごいことが書いてあった。祖母は大正生まれです。

出来なければならないこととして、袴の仕立て、着物の仕立てから、食事について食物は粗末にしてはならないが、旬の時に困るからと保存食や瓶詰の数々、自分の名前は各流派の字で書けるようにそれぞれ見本、子育て、親戚づきあい等、当時必要と思われることは全て記載されていた。
今みたいにマナーブックもなかったし、それらはかなり役に立ったと思われる。
あと、当時では珍しかった洋食等のレシピもあった。
肉が入りにくかったのか、肉の代わりに魚使ったレシピのカレーとかね。
祖母が大事にしていたことも、大事に使っているのもよくわかるものである。

今の私はわからなければネットで調べるか、地域ごとの決まりはわからなければ母に聞く。
母が元気なうちじゃないと出来ないけどね。

ちなみに子どもが結婚する時は、私は促されれば言おうと思っている。
「着ないのなら着物は作る必要はない。借りるで納得ならそれでよし。必要なものだけ持ってきてください。修業とやらもお茶やお花の必要はないけど、最低限自分達が出るであろう場所で困らない程度の知識は身につけておきなさい」と。
この辺だと外物は男が、中の物は女が用意する慣習がまだ残っているが、金出して、自分達で好きなものを買って好きなようにした方が良いと思う。
ベッドに関して言えば、高い物を購入した方がいい、シングルが良いって言うと思う。



コメント

夢には出ないで

2016-08-28 09:08:19 | Weblog
確実ではないが、夢のことが当たると言うのが子どものころからあった。
ある家に霊柩車が止まっている夢をみたら、数日後おんなじ光景が・・とか、無言で私の夢に立つからなんだ?と思えば「体調悪いなんとかしろ」とか。

数日前の話。
ある人が私の夢に出てきたのだが、問題は生きている人なのだが黙って立っているのである。
以前もあった。時期的に夏の疲れって言うか暑さが若干緩むから、どっと疲れが出たり、救急車の世話になるでもいけないから、しょうがないなあと生存確認をすることにした。
普段ならやらない。せいぜいメール。

生存確認者は仕事中であったのだが、結局3分ほど時間を割いてくれた。
曰く「仕事が忙しいのだ。次から次に仕事が上がってるのだが、今週末は自分のホームグラウンドでフェアがある」
なるほどね。

私もそれは知ってる。自称:ホームグラウンドではひっきりなしに自分のお客さまがいらして、フェアの時間中、昼ご飯食べている暇もないってこともね。
「面白そうだから、私も壁からこそっとみたい」と言ったらひたすら笑っていたので、
「まあ・・それやると、私がただの変態じゃん!!ってことになるのですが」
やっぱり笑っていた。

巨人の星だっけ、お姉さんが陰から飛雄馬見守っているけど、私がやればもれなく「お前はお姉さんじゃなくて一徹だろ!!」って鋭い突っ込みがはいり、万が一お姉さんみたいだとでも言おうものなら「ド厚かましい!!あんなに謙虚じゃねえ!!!」と突っ込まれるに違いない。

その人、何やっても面白いから見てるだけでいいけど、わざわざ行って壁からこそっとやる趣味もないし、ストーカーじゃないし。



コメント

術後もうじき2年

2016-08-21 08:34:17 | Weblog
約2年前の9月に内臓一つ取り出すのに開腹手術受けました。ご入力で手術ではなくて呪術って出てちょっとびっくりした!

2年経てば元には戻らないが近いくらいには・・と聞いていたのですが。
実のところ腹を切った傷自体は余程寒いでなければ痛いとかはないけど、中の内臓切った部分だけは35度を越えたり、湿気が多かったり矢鱈寒い日は痛みがある。
家の、本当の家事くらいならまあまあ元のように出来るようにはなった。

ただ、身体の切り貼りって言うのは当て布と違い、無理やり縫うわけで、以前みたいに腹がのびなくなり、高いところに手を出すにも以前のようにはいかず。
以前好きだった楽器も5分も弾けばもういいやとなる。
同じ姿勢でいれば立ちくらみがくるが、これも少し限界に達するまでの時間は伸びた。

重い物も灯油缶は持てるが、形状いかんによっては持てないとか、腹に来るみたいなものもある。
襖は持てば腹に響く。灯油缶より軽いのにね。

ちなみにバレーやバドミントンも遊びでも出来なくなったようである。
ボウリング?怖くてやってません(笑)でも想像はつくよ。

パン生地も何とか3人分くらいまでなら捏ねられるようになった。
でも次の日筋肉痛。

編み物や手芸も長時間は出来なくなった。
1日20分位ちまちまやるのが望ましいみたいなことになった。

実家の農作業?やったら死にますみたいなことに。
この辺は言っても理解してもらえないから諦めている。

実際自宅の草むしりや木の剪定も馴らしで日に10分と決めてやるようにはしている。
だが、後から腹に来る。

目下の問題は冠婚葬祭だなあ・・2年間は出席等免除してくれと言って、実際そう言うのはなかったのだが、そろそろなあ、何かあれば出ろって言われそうで。
自分の方ならまあ融通が利くが、問題は根性が悪い家人の一族で、私一人黙っていれば問題が起こらない家人の方である。
家人ごとでなければまとめての悪口になるだけだが、私だけ欠席となれば、どうなるかってこと。
言いたい人には言わせておけばいいが、実家の母が「あんたの不始末は、親の自分達まで悪口の対象になるのよ」と。
本当に文句があるんなら、当人らに言えば済むことだと思うが、それを直接言わないなら悪いが大したことではないってことだよ。
悪いけど、自分が良くも悪くもしたことは自分に返ってくる。
私が悪いなら私に、理不尽なことをしたならした方に返るよ。

実際、今結婚式に出席しろって言われても、親族なら着物はアウト、同じ状態での姿勢は間違いなく意識がなくなるので、今まではおそらく家人が「言うな」とお願いしたことに関しては一切黙っていてくれたが、今後はどうなるんだか。

それにしてもあれだけ難儀をしても、実のところわかっている者と居ない者といるのはよくわかった。
コメント

あーあ

2016-08-19 19:52:56 | Weblog
今日は昼間一人だし、ゆっくりどこにも出ずにいようかとおもったが、そうは問屋が卸さなかった。

「今日部活サボるわ」
悪魔の声に聞こえました。

・・が問題は、学校では服装他の規定が厳しいが髪は伸びている、宿題はやっているようだが、微妙に手がついていないのもあって、結局私がゆっくりすることはかなわなかった。
仕方ないので、髪を切りに行き、ついでに宿題が歴史探訪(文化財があるところ、もしくは建物が指定されているところ)をさっさと済ませることになった。

髪は1000円でええってことだったから、大型店舗のあるところへ。一方の私はスーパーで買い物。
その後合流して、軽く昼を食べて探訪にまわることにしたのだが、問題は最近若い人と茶や食事をしてなかったもんで、はあ・・・飯は飲み物ですかみたいなのを目の当たりにして、駐車場でナビをセットして回ることにした。

一つは寺の本堂が文化財指定されているところに行く。
以前、この周辺の寺社巡りを妹とやったのだが、その時は子どもの受験がかかっていて、でも体調他戻ってない部分も私にはあるので、駐車場がある文化財のあるところにお礼参り兼ねて行く。

私は以前この寺を狙って伺おうとしたのだが、伺った日は葬儀の出棺前であった。
私はでかい門構えの寺で、普通に本堂使っての葬儀出棺には驚いてしまったのである。
この辺のでかい寺は葬儀や法要専門の会館を持っていることが多いからである。それででかい門構えだけ見て寺の見学は諦めたのだが、今回は駐車場もあるってことで車で出向いたのだが、この辺の寺にしては確かに本堂もでかかった。駐車場も。
隣に金金って連呼する住職の寺があるのだが、全然こっちの方が作りは地味であるが、素敵な趣である。
ただ・・この寺に限らず、微妙に道が狭い。

子どもは外と自分が写った証拠写真さえあれば良かったのだが、折角なので、中で少しだけ手をあわせようと入らせていただく。
この近隣の寺のすごいところは、賽銭箱に数珠やお守りを買った場合、「賽銭箱に入れてください」って。
こちらでは不届きものがいないんでしょうか・・・
私が通っていた座禅をやっている寺は以前は全面開放してあったが、いつからか、お堂でもお寺さんしか入れないようなところに何かした輩がいるのだろう、座禅が終了したらお寺さんが木の柵を持ってきて封鎖されていたので、まあ無礼者はいるのだろうと思われる。

私は子どものお賽銭と自分のと、お守りを一ついただいて、帰ることにした。

そして、次!!メインに決めた神社である。
だが、ナビでは出てこないから、適当に行ったら、到着した。その上駐車場は山の上だったがあっさり入ることが出来た。
でも坂道がすごくて、珍しく車が困っていたような。
ここから大きな駅が目の前に見えていてなかなかの景色なんだが、本来なら階段使ってあがるところを今回は車で手抜きした物だから、あのこわいような階段は使っていない。落下したらあれ、死んじゃうわ。
それとも守られているからそう言う人はいないのかなあ・・・きになるところであるが。

ここの神社は文化財だらけである。まずお参りをして、子どもと「ここは・・多分勝守りがある」って探したらあったので、それは購入することにした。
子どもは勝守りをいくつか持っているのであるが、それでも効果がある寺社とそうでない寺社はあるみたいで、本人の相性とかもあるんだろう、「ここはなかなか良い」って言っていた。
問題は購入するにも誰もいらっしゃらなかったので、インターホンでお呼びすることにしたのだ。
「すみません。お守りいただきたいのですが?」と。
そしたら神主さんか?すぐに出ていらしたので、お守りをいただく。
部活・・・また良い結果が出たらいいね。

その後、文化財前にして記念撮影して帰ることにしたが、そのまえにそれぞれがおみくじを引くのは忘れなかったのである。
私は末吉であった。実は出雲大社でとんでもおみくじ引いてから引いて無かったような。
全部悪くはないが、結果がスローリーな感じのネタであった。大事に財布に入れておきます。

そして、私は欲しかったお守りを手に入れたのである。
少しは昨日のやさぐれが取れたかな。
コメント

愚痴

2016-08-18 18:20:33 | Weblog
やっと束の間だけど、私の平穏な昼間が戻ってきた。

私がやるゲームはどうやら主婦の皆さんが多いようだけど、「夫の盆休みが無駄に長いー。じゃまー」みたいなことになっていた。
昔と違って代休の買い取りみたいなことを会社がやってくれないせいもあるだろうし、妻がだんだんいい顔をしなくなるのも薄々はわかっているのだろうなあとは思ってみているけど、一番の問題は、主婦は盆だろうとなんだろうと休みなしに働いて、暑い台所におっかぶさっているのに、てめーは箸一つ運べんのか!!みたいなところから問題が勃発する。

会社は社員に休み取れ!って言うけど、いたら邪魔になってくるんですわ。本音は。

自分は好き勝手して、好きな時間に起きてきて、深夜遅くまで粘ってPCとかで遊んでるんでしょう。
一方こっちは部活だゴミ出しだってほとんど平常通りの生活の上に、思うように買い出しには出られないし、だんだんストレスになってくる。
正直私は日曜も長期休暇も要りません。
それで遊びにでも出てくれたらいいが、それもなし。

それだって、人がいなければ、冷蔵庫の残り物で熱い台所で格闘せずにご飯が食べられるわけで。
一人なら冷ご飯に漬物だけでも問題ないんです。
文句を言わないだけまし位に思っているのだろうがそうじゃない、もう邪魔なんです。申し訳ないけど。
食べたからって、食器一つ動かさない人は邪魔なんです。
私が開腹手術を受けた後もほとんど何もしなかったけど、こーゆーことを平気でやっていたら、後でとんでもない仕返しが来るだけだ。
てめーが患えば最低限の手出ししかしない、あたしが逝けば困るのはお前って奴ですから。
あたしは先に逝く分は別に困んないですから。(笑)

私の盆の置き土産は十二指腸潰瘍の悪化と、原因不明の体のブツブツであった。
あの人、1週間まるまる休んで盆にやったのは私の実家の顔つなぎと洗車だけで、あとはずっとPC占拠してた。
悪いが、口に出さないだけで本当に犯罪にならないならやってるよ、私は。

残念ながら、男が盆に行けば客扱いだが、女は客扱いではないのは言うまでもなく。

その上、やっと一人になれる・・・って時に「子どもが暑いから部活休みたい」って言い出して切れた。
独りになれるかなって時の邪魔は身に堪えるし、理由つけて栄養ドリンクと指圧つけて出しましたけど、冗談じゃありません。

私を殺す気か。

頼むから、おとなしく出ててくれ。
どっちにしても、家でくつろいでるあんたらは良いかもしれないが、こっちは手間が増えるだけや。

そーゆー気の毒な私に何かご褒美はないんかと思う。
盆で唯一寝坊出来る日があったが、あっけなく隣に寝ている家人に邪魔されて大して寝られなかったと言う。

包丁突き立ててもらいたいんか!!ってキレそうになったわ。
暑いのに私の近くに来るな、物音うるさい。

その上近所の騒音まで勘弁してもらいたい。

コメント

実家のお盆

2016-08-16 06:51:32 | Weblog
最近は正月とお盆のこの日!って日を指定して、揃うようにしている。
でないと親にとんでも負担がかかるからである。
婿殿にあたる2人の男性には大変申し訳ない気持ちがある。
嫁実家で下には置かれないが、楽しいとも思わないし。

私の子はもう大人に近いし、あんまり喋ってけたたましいタイプでもないのだが・・・

実家に行くと、見えるわけではないが前にいた犬の気配がする。
一日様子を見ていたのだが、犬はどうやら敷地内に父がいれば、父のそばに来ている感じがした。
でもこれ言っちゃうと頭のおかしい人認定されるので。犬は父に感謝しているのだろうか。確かに大事にはされていた。
たまに無茶苦茶で、犬はとんでもな目に遭っていた。
妹が言うに会社の大ネタが成功して、打ち上げ済んで深夜に帰宅して犬に話しかけていたらしい。
犬にしたら「睡眠がぁ~」くらいは思っただろうか。

父は、自分が病気になって、自分の身がわりに犬がなったとショックを受けていたのだが。
私もあの犬がいないと実家行っても落ち着かないのだが。

犬はもうおいといて、問題は・・・
実家のこの時期は昼はBBQと決まっている。敷地は無駄に広いし問題ない。
問題は何故か母が、子どもと同級生だってことにされてしまった。
肉の食べっぷりか?!

しまいには「私は○○○高校の生徒だ文句あっか」とか言っているので、
「文句はねーです」

だが、子どもと同級生の響きは気にいったようで、「おばあさん」とか言っても返事はしないが、「○○(子ども)の同級生」と言えば返事をしていた。
もういいやそれで。老けこまれるよりいいわ。

数か月後、母の古希のお祝いの寄せ書きには子どもにはぜひとも「おれの同級生の○○ちゃん(おかん)へ」とでも書いておけって言ったら、全力で拒否されたが。
子どもはその場で何とも言えない顔をして、乾いた笑いをしていたが。
結局、古希は遠方は日程が全員合わないから、近くではあるが、有名な旅館をおさえた。
その打ち合わせも兼ねていた。

一方、アホの私の楽しみは姪二人である。
かわいいのである。一人はなついてくれないけどねー。人見知りがすごくて。
私の家族は魔よけか何かかと思うが、仕方ないわ、半年に一度も見ないのでは。
だがかわいい。
一人は小学生である。素直な子どもである。
私には全く似ていないし、系統も全く違うが懐けばかわいい私はやっぱりかわいいと思ってしまう。

ただ、彼女が納得する遊びは腹切りの私には出来ないから、一緒に顔占いをやった。
実際、バレーボールをやったが、レシーブ一回挙げただけで次の日死んだ・・・(;^ω^)
頭痛全身疲労他で痛み止めの世話になる羽目になった。←バカ
開腹した外腹は傷まないが、仲の内臓切ったところが暑すぎて痛むのだ。
家で地味に生活する分には大丈夫だが、他はまだまだみたいです。

顔占いもちょっと時間が潰れるネタで、タイプを分けるのに質問に答えて、一番数が多かったものが該当する性格ねと。
それには父が加わった。それだけで30分くらいは潰れた。

そして、一部は帰宅して、残った人間で夕ご飯。
その後、姪と母と妹と花火をやった。
じみに女子会??みたいな感じである。これが一番おいしかったかも。
ネタが阿呆な感じで、母に「近所の寺にまだブリキのバケツでご飯やおかずが出てくるのか?」と聞いた。
「出てるよ」と母。
姪は????な顔をしていたので、かつて、寺で合宿をやった際にカレーがブリキのバケツに入れられて出てきたことを話した。
そのバケツは食器用専用でそれごと火にもかけられるし、不潔なもんではないが、妹と私にしたら、「学校の雑巾バケツとそいつがおんなじなわけよ。そうなると綺麗なもののはずだが綺麗に見えない」と。
姪がやっぱり???な感じであった。

あと、何故か私の小学校の時の担任で、出身校の中学でなぜかPTA会費を横領して解雇になった先生の話が出たのである。
なんでかって?母の実家と先生の実家は距離にして2キロも離れていないらしく、ガキの時にものすごかったと言うそのくらいの噂は聞き及んでいたと。
地域も学校の校区も全然違うんですけど、母の実家とその先生のお宅は何にもない関係ではなかったそうで。(親戚とかではない)
私も妹も初耳だったが、学生のうちには絶対耳には入れなかったのだろうな、母も。

ただ・・私の話でその先生が担任だった時に、母の実家に住んでいた祖母が亡くなった。
当然孫の私は忌引きをもらい葬儀にだけは出たが、次の日「○○(私の旧姓)、お祖母さんの葬儀はどうだったか?」
厳しい担任で、他の者にそう言うことは一切聞いたことがない人がその反応である。一番面食らったのは私であった。
「人が多かったです」
ホントに多かったのよ(;^ω^)親戚も多いし、伯父の知り合いとかそう言うのもだったのだと思う。
なんにせよ、私の実家関連の葬式は人が多い事このうえなく、実家の祖母の葬儀も人が多かった。

そして冬休みの宿題。
微妙にネタバレするが、母の実家ではある農産物を作っているのだが、そいつをお正月に遊びに行ったときに、その場にいた者全員でその農作物を収穫したことを作文に書いたのである。
そして、宿題を一通り確認した担任が「○○。収穫はどうだったか?」
くどいが厳しい担任であるが、他の生徒からしたら「こいつら親戚かなにかか?」みたいな状態。
母の実家は山林をお譲りいただいた経緯があるようで、それであっちもこっちも面識があった・・・が正しい。

実家のことはあまり話さない母であるが、どうにも村史の件をいとこから聞いて、その本が実家にもあるから、持ちだして読んでいたら、ぼちぼちそう言う話が出てきたのである。






コメント

ふと思い出した

2016-08-13 08:46:10 | Weblog
お盆だからなのかどうなのかわからないが、思い出したのは夫の母方の祖母。

正直、家人はこの方に大事にされて育ってきた。その可愛がった孫の嫁の私が気に入ったかどうかはわからないって言うか、むしろ・・・
優しい人だったけど、家人が出張でいないときは「始末はしている?」くらいは聞かれている。
この辺の言葉で「節約してる?」って意味合いである。始末って言葉は。
だが、そこに悪意はなかった。これは断言できる。
普通なら、夫の筋がこう言うことを言えば、「いびり」にあたる可能性がなきにしもあらずってところだが。

結婚してすぐに私が入院したときのことである。
夫の祖母は身体の状態があまり良くなかったにも関わらず、病院が近いからと杖ついて何度か来てくださったのだ。
杖ついたからってひょいひょい歩けるわけではない、むしろ病院の私の方がって感じだった。

そして、物が食えない動けない私の為に、家人が来ない平日の昼間にもきてくださったのである。
その時に杖ついてくるだけでも大変なのに、あろうことか時期が時期だったので、「食がすすまないのなら、みかんはどう?退屈してない?雑誌持って来たわ」
って。

目から汗が出そうになった。;つД`)
家人がその場にいれば、家人が送って行くが、そうじゃなければ・・・
病院だって個人病院だから、階段しかなかったし。
来てくださって当たり前の方ではないのだ。

そんな方だったから、入院されて若干の手伝いが要る時は、週に2度頻度くらいで伺った。
いつも「すみません」っておっしゃったが、これで家人が女なら家人が行っているわけで、逆に謝られて申し訳ない私であった。
専業主婦で暇だったし、かと言って仕事に出られる状況でもなかったのである。家人の帰りが今よりももっともっと遅かったからである。

家人の祖母とその妹さんにあたる大叔母さんの夫婦はまともであったが、あとは全然まともではないので、申し訳ないが付き合いはやめた。
って言うか、何かあればこっちが相手の寝首をかくような状態になったしまった。
私さえ我慢すればまあ丸く収まったのだろうが、そうもいかなかった。私とて限界があるからである。

やれやれ家人の祖母をどう思ってるんだろうって思う・・・
全部私のせいにすれば丸く収まるって思っていらっしゃるかしら?
コメント

子どもとの会話

2016-08-09 14:38:43 | Weblog
子どもは高校生。
普通なら会話は少ないだろうって言われるのだが、子どもは知っている。
おかんの会話のおかげで、何度か学校から提供される危機を逃れたからである。

子ども=おかんはこうるさいが、何かあれば息子を擁護して、容赦ない援護射撃する奴
そう言う認識らしい。
キチンと色々話してくれていたから、自分で学校へ言えなかった分を、おかんが言いましたってだけである。
別に先生たち取って食おうってわけではないわ。
ただ、一定数人の話を聞かないわね、教師と言う生き物は。それも上の学校に上がることに酷くなるって言うか、聞かないのが増えるって言うか。

家人からも「普通の息子はあんなに母親と話をしない。○○(息子)と○○さん(私)はどうなっているんだ?」
確かにね。
これ、宿曜法の「栄親の関係」だからである。
あっちが栄、私が親の立場になる。子どもとの関係や相性もあるのだろうと思うけど、私は複数育てたことがないからわかんない。

ついでに、父親不在だったから、大半カバーしたのが私だった。

そんな子どもと昨日の会話。
「ちょっと・・・万が一転勤ネタが出た場合、高校生のうちは何とか飛ばない努力はするが、何かあれば間違いなく私はついていくことになる。そうなると独り暮らしすることになるんだから、少しは色々出来るようになったおきな」
「一人暮らしは面倒だから、弁当で済ませたらいいじゃん!!」
「馬鹿者」
なんであれ、身の回りのことくらい出来なくてどうする。
合宿で意外に美味かった弁当を食べたから、そう言う悠長なことを言うのである。

「それに、大変だったことないし」
「私が入院したのは忘れたのか?」
「ああ・・・あれはオヤジが居なければ問題ない話だったし」
オヤジは口だけで大して何にもしなかったと子ども。
手厳しいな。まあ手に取るようにわかるんだけど。

それから結婚の話になった。
CMで家族挙式とかやっていたから。
「・・・まあ呼ぶ呼ばないであんたは地獄を見るようになるから考えておくように」
「なんでだ?」
「絶縁中のジジイがいますやん」
「あっ、呼ばない」
「あれ巡って、オヤジと闘う羽目になると思うが、覚悟の上か?」
「おう」
結局相手方と意見が一致して、本当に家族挙式レベルなら、ジジイ呼ばなくてもいいが、問題は私と子どもが絶縁するのに、子どもの方が先だったのである。
理由は10年近くたっても教えてくれないが、少なくとも金づるになりそうな者から、絶対貰いたくないと、お金大好きな子がそこまで拒否するなら理由があると私も踏んで、今は静観。
私の件も、結果的に内臓を持って行かれたからである。もう我慢しません。
黙って尽くしたところで、何にもなかったどころか、尊厳まで傷つけられたらもう十分である。
「してもらって当たり前」の人は心せよって話である。等価交換は何かしらで絶対いると思う。50:50の関係でなくてもね。
お気持ちの問題もあるだろう。

そして最後、私がどういうわけか、どこに誰とでかけてもお茶一杯持ってきてもらうことがほぼないのであるが、それについての不満を垂れたところ、
「かーちゃんは地味に強欲である。陰湿強欲でもいいけど」
「なんでよ」
「今日俺はかーちゃんにジュースのお土産買って来てやった」
それは違う。
私はお土産うんたらの話をしていたのではない。
例えばセルフの店とかで、物頼んで持ってくるネタの大半は自分がやらされていること、たまには逆に持ってきてやろうって言うのはないんかと言うぼやきである。
最近は他人様にアイスコーヒー買って持ってきてもらったくらい。
子どもとて、お土産はくれるが、そう言うところで、じゃあって運んでくれることはない。
そう言う不満だったが、陰湿強欲にされてもうた。
コメント

微妙な出費サイン

2016-08-07 09:25:18 | Weblog
この間の水曜日のことである。

私の顔の某所に微妙な出費サインが出ていたのである。
本当に微妙で、大きな額でもないし、でも思い当たる節がなかったのだが・・・
予定外で、人を車に乗せ続けた結果だったらしい。

それが、メイクする前に気が付いて、でも事故サインは顔に出ていなくて自分でも何?って感じである。
少額トラブルでも嫌だからである。
水曜日は、予想外の人を30分だけ乗せた。
金曜日は子どもに迎えに来てくれと電話要請があった。これは行き帰りの電車賃も何も渡していて、どうしてもってことがあれば迎えに行かないこともないが・・と言っていたネタ。だが、通った道が悪かったか混雑していてイライラが増すだけであった。

問題はこの2つで車の燃費が更に悪くなっただけであった。

そしてとどめが昨日である。
まだ印が消えていないのだ。

そして、木曜日に親から頼まれたものを妹に持って行ったのが土曜日。
持って行くだけなら良かったが、そいつは重たいもので10キロ超えていたもの。今度は妹が渡されたものを持って、知り合いのところに行くと言うのである。
昨日は35度越えていたし、重たいものを・・と思ったら、「あんたどこにいくつもりなのよ?」
そしたら事情を話してくれたので、「じゃあ・・・持って行くだけならそいつごと指定場所に投げ捨ててやるから、車乗れ!!」

あーこれがとどめだって気が付いた。本当は渡しただけで終了だったが、見えない物がそうさせたようである。
以前もあった。父が大学病院に入院していた時に、洗濯物を預ける約束だったが、結局大学病院の正面玄関まで車だしたことが。

結果、更に車の燃費は悪くなった。お渡しした相手に微妙に迷惑かけたんじゃないかと思ったが、物を渡して妹の家に戻る。
ついでにバス停で待ち合わせでたまたま迷惑かけないようにバス停ちょっと外して止めたけど、ちょっと迷惑かけてしまった。(-_-;)
赤バスさんごめんなさい。

彼女はタクシーを使っていく予定だったが自宅前にそいつは呼ばず大通りまで出て拾うつもりだったらしい。自殺行為だ。いくら元気でも。
だが、小一時間、車の中でアホな話ばかりしていて、それはそれで気晴らしになった。
でもお礼はくれて、有名店のケーキくれていた・・・ありゃ悪いことしちゃったな。
問題はあちこち封鎖されていたのでちょっと迂回が必要だった。

助かったと言ってくれたが、まあそのくらいなら。
してもらって当たり前って態度ならやんないけど、そうじゃないし。

・・・で帰宅して顔見たら、微妙なサインはやっと消えました。
100キロ走行で20リットル近い消費をする車だけが・・・これはお盆に実家に行くことで燃費を良くするしかないようです。
コメント

寂しくなかったな

2016-08-04 17:42:03 | Weblog
昨日から子どもが合宿に出ている。

それでも普段は夕方には帰宅していて「お茶」とか、「指圧」とかなんかわがままなことを言うのだが、それがなくて手持無沙汰だろうなあって思っていたのだけど。

現実は寂しくなかったな。

昨日は出先で人と茶をした。
今日、コーヒーをごちそうになったくせにバッチリ礼を言い忘れていた。粗忽もの、馬鹿タレ!!って自分で言っておきますので許してください・・・ではなく、だいたいこの私、他人がこき使ってナンボで、少なくとも自分からコーヒー買って来て渡すような者はいないのである。
遅ればせながら別の要件と共にお礼のメールだけ送っておいた。

そしたらご飯食べていたら連絡がきて、向こうから指圧のお礼であった。
「ありがとうございましたっ」
聞けば、ぐっすり眠れたそうです。本気で全身マッサージやっていれば爆睡だったのだが、昨日は上半身だけだったので。
問題は私が看板を表に出していないことが問題で、「施術・・行きたいのだが・・・」
ああ、自宅だから家族への遠慮か。残念ながらうちは最低限の礼があれば問題ないのだが。
仕方ないので「これが申し訳ないがこの私に○いかかるって言うのなら、誰も賛成はしませんが、そうでないのなら何にも問題ありません。だいたい看板出さないのだって、要は私の腕を知っている人がそれを求めてくるならやりますってだけで、別に儲けたいわけでもないし、本気でやるんなら設備投資は若干必要で、それもそこまでやって他人から高額を取る気もないので・・・それで良いって人が来ればいいだけだし、○わなきゃ問題ないわけで」

一部伏せておきますので。

そしたら珍しく大笑いしていた。
「問題は、この私を○おうなどと言う、命知らずと物好きはいないんですよ・・・」

更に笑っていたけど知らん。
絶対その気はないだろうよ。

ついでに私の家、凶器だらけなもんですから。下手したら過剰防衛になるだろうなあ・・・あれこれ。
後はそちらで勝手に決めてください以上。マッサージしてもらいたければ考えるだけのことですから。

そして、今日の朝おかんから連絡があったのだ。「今日お父さんがそっちに行く」と。
でっかいスイカが出来たので持って行くと言うことであった。

本当ならお盆に行ったときにどうこうしようと思ったが、手ぶらで返すのは忍びなく、一部の物と、慌ててコ○トコ行って、あれこれ買ってきた。
絶対貰って困らない物だけ託すことにした。

そしたら父が3時過ぎにきたけど、問題は高速でやってきたくせに滞在時間が5分である。
大病して、私同様一部の内臓が無いのに無理をするってどういうことだ?!と思ったが、最後にお友達のところに行くと言っていたので、そちらでお茶でもするんなら・・・と切に願いながら。

・・で昨日、アイスコーヒー飲むのが早くて怒られたのを思い出したが、そうか、せっかちの根源は父であったかと。
でもね、飯食うのが早い亭主とかだとね、ちんたらやってたら待たせる羽目になるんだよ、全く。
父には無事家にたどり着いて欲しいのと疲れてたらいけないから、ドリンク一本渡しました。「それでいい」って。良くないよ、私は。

全然寂しくなかったんだけど、問題はあちこち傷を作っていて何かの拍子に出血して大変なことになるくらいで。
血をあちこちに落としてなきゃいいんだけど。(;^ω^)


コメント