再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

お祝いふぅ

2015-07-27 12:37:58 | Weblog
何かにかこつけてお祝いと称してあれやこれと。
4月にも確か名目つけてやったんだけど、もうじき結婚して丸20年になるのと、子どもの誕生日やってなかったので、昨日フレンチの店に予約入れて行くことにした。

正直存在が胃・・・みたいな食べ盛りとフレンチに行けば、どうなるか目に見えてわかっていたが、それでも子どもは学校の修学旅行の時に、ちょっとお高そうな宿泊先でテーブルマナーが組み込まれている以上、親としては何もしないわけにいかず、場慣れさえしてれば何とかなる。
家でもナイフ&フォークは使うメニューも出すし、食べ方がおかしければその場で指摘する。
だから、問題はないはずなんだが、それでも気になるのが親。

本当はステーキ会席があるところにしようかと思ったが、最近肉ばかりは嫌だと言う家人がここなら・・と許可を出したので、数年ぶりに行くことになった。

ただ、予約を入れた時、子どものアレルギーネタを事前に言えばよかったが、アラカルトがあるから良いだろうってタカをくくっていた。
実のところ家族で以前も伺ったことがあるが、子どもは覚えていなかった。

店では、アラカルトはなかったので、コース料理を頼むのに、子どものだけアレルギー食材を外していただくことになった。家人は酒類、子どもはフライドポテトを追加注文していた。コースで足りたらそれはそれで子どもの体調に問題ありかも・・・

繊細な前菜が出て、寿司風なものとスープが出て、カルパッチョが出て、ステーキが出る前にポテトが来たが、何が何が、冷凍ものではなく、ちゃんと店で作り、本気の熱々なポテトとディップが出てきたのである。子どもが一番喜んだのがこれであった。

だが・・・問題は子どもの場合、エビとキノコを外していただいた代替品が貝やイカだったりするのだが、奴は魚介類でも貝やイカがそこまで好きではなく、それでも店のご厚意だからと食べるが、顔は正直である。

その上、どうにも一番美味だったのもポテトだった様で。
ステーキの後は、デザートとサービスだと言うソルベが出てきた。

久しぶりに来て、若干メニューの変動があったのだが、昔と変わらず好きな店だ。

実は予約の時に、誕生日特典とか記念日特典のことを聞くのは聞いたのだが、どうにも今は知らないが、昔のファミレスみたいなさらし者にされそうな勢いで、すべてお断りしたんだけど、それでもサービスしてくださったらしい。

昔ファミレスで誕生日です・・・って言ったら、照明が変わり、大音量でバースデーソングとケーキが出てくるサービスがあったと思うが、あれに近いネタであった。

家人はそれを聞いて、「ここがずっとあるのは、まあ固定客もついているのだろうが、色々配慮があるからだよなあ・・」と言ったので、実は内緒にしていたことがあると、私は初めて家族の前で口を割った。
「以前仕事をしていた時に、まあ営業だったが、その時に手引きしてくださったお客さんに、お礼にとここにお昼だったけど招待したことがある。その時私はちょうど靭帯損傷で左指の小指に包帯がぐるぐる巻かれていた時だった。何にも言わずに食事(ランチだけど)済ませて、デザート食べようとしたら、頼んでもいないデザートが出てきてね、そこには別の種類のデザートに、皿でチョコレートでかかれた文字だったが、”手をはやくなおしてくださいね”って花火付きでそいつが出てきたんだよ。そいつを見て、目はテンにはなるし驚いたのもあるが、一方でその配慮が嬉しくて、お客さんと半分こにして、そいつはありがたくいただいたのだよ。そんなだから、数年に一度の頻度とは言え、ここには来たくもなる」と。

店を出るときにはお礼を言って出たけど、また来ようと思います。

問題はその後であった。提携の駐車場の機械がぶっ壊れていたようで、その場で30分近く待たされたのであった。
1ヶ月早いとんだ結婚記念日である。
お店には行きますけど、今度から駐車場は別の方のにします・・・

問題は、子どもは食べ方は綺麗になっていたので、フィンガーボールが出てくるようなのでなければ問題は無いだろうと思うが、あの人骨付き系は多分苦手だろうなあと・・・練習させとくかなあ。
コメント

お疲れさまでした

2015-07-26 11:21:37 | Weblog
子どもの学校、甲子園予選で頑張っていて、先日も学校で試合帰りの彼らに遭遇した。
非常に礼儀正しいから頑張ってもらいたいとは思ったけど、実際顔見たら・・・うーんだった。
次回は難しいかなと。

そして、準決勝試合。
見に行くとかは全くなく、まあせいぜいテレビの前で応援かなと、テレビを試合中つけていた。
家のことをやりながらだから、ずっと座ってみていたわけではなかったが、人相学って当たるんだなあと思った。

あるところを見れば、その試合に勝つかどうかわかると聞いていたので、そこ見たんだけど・・・
個人スポーツなら本人見ればわかるが、団体スポーツだとどうなんだろうってテレビで見たんだけど、勝つチームは微妙に顔色が良くて、監督の顔色でもしかしたら勝敗分ける?!って思った。
努力している人、頑張っている人を冒とくしているみたいなので嫌なのだが、本当に人相極めるんなら試合や人の出入りが激しいところや、病院の待合室などがいいらしいと聞いていたんですけど、すごく複雑。

そう言うわけで自分はそのネタで勝敗をあてたのだが、あんまり嬉しくない。
勝つ学校の監督の顔色と生徒の顔色が多いチームの勝ちってことか。

結局負けたのである。頑張っているのは知っていたので、苦労は報われて欲しかったけど、そもそも監督の先生の色が悪すぎ。
聞けば子どもの某教科を持っている先生だったらしいが。

昔、ある有名な占いの先生がテレビで、「私がチームを持ったら、その時に運気が良いのを試合に出して、占いで優勝に導く自信があります」とおっしゃったことがあったが、まあ今ならそれもわからなくもない。聞いたその時は「でっかいことを言うなあ・・」って思ったに過ぎなかった。

だが、あんまり嬉しくないって言うのは、裏側を知っていたからである。
私が学生の時、野球の試合のウグイス嬢をやっていた時期があったからである。

自分がしたバイトの中でも、一番変わっていたバイトがこれだと思う。

はるか昔の、高校の時、野球部が甲子園予選に出るときは吹奏楽で応援に出た。
その時は近くの会場で開会式があったので、学校の吹奏楽部は駆り出されて、炎天下で楽器吹いた。木管楽器には過酷どころか危険なネタである。

私は木管楽器だったので、金管みたいに楽器持参で応援ではなく、自前の声。
だが私の居た学校は、当時甲子園に近い別の学校と対戦してあっけなく一回戦が終了した。
あの時に野球部員が泣き、吹奏楽部も一部号泣。

ウグイスのバイトは次年度以降2年間。吹奏楽にもいたけど、バイト料チラついたらもう。選ぶのはどっちかって話。
甲子園予選から、少年野球のそれまで依頼は年中あって高校生のそれが一番凄まじい。

ちなみに、中学の地区予選や小学校のなんちゃら杯に関して言えばVIP扱いで、放送さえマトモにやってりゃ他の雑用はやらなくて良しみたいな。
弁当からジュースに菓子がついて、飲み放題食べ放題状態で、たまに知った人見たら挨拶して、たまに暇なら関係者と喋って手伝ってくらいで、バイト料はその割に美味しいものだった。当時は暑さとか全然平気だったし。
こっちのデメリットは、試合に来た子どもにからかわれるのが面倒だっただけで、だが口は悪くても最後にはお互いバイバイって手を振ってお別れとか言う、ちょっとだけすがすがしいものであった。

甲子園予選に限りウグイスもやるけど、それ以外に放送席にいないときは、球場内にいた、放送局の人とか高野連の人とかにお茶を出さなきゃならなくて、一方で仕事で来ている人は当然のことながら厳しい。
その上バイト料は美味しくないもので、案外冷めた目で見ていた。

そう言う人達は野球は多分神聖なもので、あたしらみたいな適当なのが首突っ込んだらいけなかったのかもしれない。

比較的裏側にいたもんだから、現実も見るし、学校の先生方も出入りするから、まあ裏情報とかも入ってくるわけ。
試合に来るときに、高校側が私立公立問わず、部に金をかけているかどうかは裏ですぐ把握し、勝てばともかく、負ければ裏側がすごいことになる。
号泣の嵐だったりすることもある。特に数年中に甲子園に出た強豪校が、弱小校(申し訳ないのですが)に負けた時のそれは凄まじく、泣きながら球場の砂かき集めて持ち帰り、裏で「うお~ん」って、そうなると裏方の仕事やっていてもちょろちょろしたら悪いって思うし、小さくなって仕事をし、なるべく見ないようにすると。

その一方で、冷たい麦茶だけで満足しなかった某先生。
お茶づくりに励んでいた私のそばに寄ってきて、「オイ、○○(まあ呼ばれるのは当時未婚だったから旧姓ね)。わしは喉が渇いた。麦茶だけではつまらんから、わしが今からアイスコーヒーを作る!!お前手伝いね」
「・・・は・・はい」

ちなみに怖い先生で有名だったものですから、当然異論を唱えるなどとんでもなく。別に悪い今年なければ優しい先生でしたが。
寝たら怒られるくらい。
「○○、やかんに水入れて、インスタントコーヒーと砂糖とミルク持って来い!わしはここにある氷を砕く!!」

*氷・・飲料用ではなく。

でかいクーラーボックスにドリンク入れて冷やしていた氷を使用するとのこと。
「おい、アイスピックねーか?」
「ないですよ・・・こんなとこにそんなもんは」
球場設備お粗末だったもんで。道具類も最低限以下。

「じゃあ仕方ない。これを使う」と、先生の握った手を見れば右手にちょっとサビの入った鉄の重たい灰皿(鋭角つき)。
アタマなんか一発殴っちゃったりしたら、あっと言う間にあの世行き!みたいな激しい奴。
ざるをシンクに置き、灰皿をちゃちゃっと洗って(汚いし)、氷を砕いてざるに入れて、氷を適当に洗い、やかんに氷を入れ、インスタントコーヒー、砂糖、ミルクを入れて、甘めのアイスコーヒー完成。

喜んだのは某先生だけ、「○○~!美味いゾウ!!」
「・・・はは・・はぁそうですか・・・」
「お前も飲んでいいぞ!!」
「あ・あ・あ・・・ありがとうございます」
これでは怖い人の偉い人と舎弟状態。私直立不動。

これで、腹を壊さないってすごいと思う。
現状見て飲めるわけがない。

仕方ないので、その辺の人に「某先生が作ったアイスコーヒーいかがですかぁ」ってすすめたら、一口飲むなり、
「甘すぎる!!誰が作ったんだ!!」と言われたので、
「某先生であります。先ほど、私にアイスコーヒー作るから手伝えって言われて・・・まあ私は必要なもの用意して後ろで見ていただけなんですけど」
「某先生は甘いコーヒーしか飲めないから、これだったんだな・・・」
怒る気も失せたらしい。

だが、このコーヒーは以降誰にも飲まれず、関係者の人が私に「悪いんだけど、これ・・・こっそり捨てといて。某先生に見られないように」
「わかりました」
こっそり証拠隠滅。

高校野球より、ウグイスより一番強烈な甲子園予選の思い出。

なおこの某先生、某学校のオープンスクールに行くと”校長先生”として挨拶なさったのであるが、当時より一回り小さくなっておられたが、迫力は相変わらずであった。私は正体隠して子どもと家人と一緒に潜り込んだのであるが。









コメント

三者懇談?

2015-07-24 04:22:09 | Weblog
気圧の変動で腹の痛みが変動しまくって、正直弱っているのに三者ですと?

・・・と思ったが、子どもに部活の出がけに「必ず来いよ!!倒れるとか色々ないように」と釘を刺され、出る前に晩御飯の支度していたら、自分の指すりおろすし、なんだかなあと思いながら、学校に出向く。
遅刻だけは不味いからと車で20分のところだが、30分くらいの余裕を考えて出た。

正門から入ったら、ちょうど野球部の皆さんが・・・
この学校の野球部の皆さん、超がつくほど礼儀正しくて、車乗ってるおかんなどに会釈など・・・と思うが、深々と頭を下げて挨拶をするのはこのクラブの皆さん。
私は野球とかサッカーに全く興味もなく、だが野球部の皆さんを見たら、全員顔が白光りしてんの。なになに?
この人たちいいことあったのかなあって思いながら、「じゃましてごめんよ」と思いながら会釈して駐車場に。

この学校、オープンスクール以外での生徒挨拶ヒット率は微妙。
これなら当初の希望の農業高校放り込んだ方が・・と一瞬思わなくもなかった。
あそこは校則にもあるように、全員来客にはご挨拶するのだ。当人らは大変だろうが、こちらにしたら気分が良くなる話である。

部活終了後の子どもとは教室前で待ち合わせだが、私は三者予定時間の20分前に着いたもんで、うちわ片手に気長に待っていようと思ったのだが、前の生徒さんはとっくに済んでいて、一方の子どもはまだ来ないしと思ったら、教室から担任の先生が・・・「子どもが来てないので・・」と言ったのだが、お入りくださいってことだったので、入り口付近に立って、まずは先生に普段ご配慮いただいているネタのお礼と挨拶。そして先生はグラウンドを眺め「早くおいで」って子どもを見つけておっしゃったようで、ちょっとしたら、汗だくの子ども登場。

早速挨拶後、成績のネタに突っ込みが。
家庭科とか9がついてるけど、苦手教科は地べた這ってる。
評定平均値と学年順位、クラス順位付きの成績表。嫌なネタだなーって思った。そして、誰にも言えないが、私の成績表(高校)の時と、ネタがあんまり変わらんなーと思ってしまう。
あと、大学推薦評定平均値を出され、このくらいかさ上げしてくださいと言うことと、二学期からの勉学についての説明。

バカな私がゆるく、「先生。(脳みそ筋肉な)バカ推薦じゃないけど、バカな子でも部活でそれなりの記録残したらスポーツ推薦的なもので、大学推薦ありますか?」
先生が一瞬吹いた。だが「推薦は・・・部活が部活なんでないですけど、内申書の方が少し良くなります」
ちっ。けち臭いのう。どーせなら、ドーン!!とサービスしてくれよ。

ご質問はと言うことだったので、まずは買って数か月しかたってないけど、学校指定のカバンのつくりの甘さと、夏服ズボンの布地の甘さについて突っ込んでみる。前者は現在修理中、後者は1週間でダメになるわりに、ブツは決して安くないんだから何とかなりませんかと。
先生微妙に困っていたが、上にあげてもらわないとこっちも財布には決してやさしくないので、何とかしてください。
あと、
こちらはアレルギー持ちなので、以降にある調理実習についてのネタと、先生は修学旅行のネタの食事についての確認。
あとは部活で合宿があるのだが、そちらについても配慮はしておきますとのことだったので。
色々とわかりやすい担任である。

懇談、予定時間より5分早く終了。

子どもと車に乗り込み帰宅したが、私が「成績については、自分で何とかするしかない。かさ上げがいるんなら家庭教師でも塾でも考えなさい。もっぱら去年死に腐れた私が言うのもなんだが、もう元気で生きていてくれたらさー、嘘もつかず、他人の足を引っ張るような情けない真似をしないんなら、それでいいわ・・・って思うよ。自分が困るんなら、勉強はするしかないんだし」

拍子抜けしたらしい。
実際、もう身長が175以上あればいいとか、お利口さんだったらいいなとかそう言う欲は子どもに対してなくなったよ。
他人様に迷惑かけず、姑息なことをしなければそれでいい。他人に敬意を払っていれば、何かの時は助けてもらえることもあるんだし。
こんなんだから、成績が上がらないのだろうかと。

問題は夜帰宅した家人。成績の話をしたら早速確認していたが、
「うわーなんねこれは!!」
・・・9はすごいけど・・・・学年順位とクラス順位はなんとかならないのか?で終わり。
酷い家だな。

なお、帰宅後数時間して、当初の野球部の皆さんの顔が白光りしていた理由がわかったのである。
甲子園予選、勝ち進んだそうだ。私が見たのは、彼らが学校に帰還して間もない時だったらしい。

妙に納得してしまった。
もっぱら礼儀正しい皆さんだから、頑張っていただきたいものだ。って言うか、努力が実ればいいと思う。




コメント

結婚式かぁ

2015-07-22 14:20:47 | Weblog
正直、結婚式予備軍は数名いる。あと何年かしたら、私の子もそっちに入るだろう。
私の再婚はないんかー!!って吠えてもいいかな?
別に白無垢着たいわけでもないんだけど、言うのはタダ。
(中年がぼやくだなんてみっともないわ)
この年になると色気とかそう言うのが全くない(笑)

近々古巣でブライダルフェアやることになったんだけど、今回趣旨がちょっと違う。
友達に振ったら、もう友達の子どもがそっちのテリトリーに近い状態、実際に見学はしたかったみたいで色々聞いてきたので、「何でしたら、超のつく一流の担当者あてがってやろーか?」と振っておきました。

冠婚葬祭関連に及ばず、私の大事な方々に、私のネタをあれこれ紹介する時は、一流しか用意しません。じゃないと私の信用に傷がつくもん。
実際、私も気が付けば保険だとかあれこれ人に紹介していたようで。私の関係者、どれもこれも一流な方々なので(紹介した本人は情けないことに三流以下だときた)、概ね評判は良い。

ちなみにブライダル担当者もそう。
古巣だから、もうずいぶん昔に辞めてしまったのだけど、それでも私に手を貸してくれる人が相変わらずいる。
出来れば営業成績に跳ね返るから、決まれば一番良いけど、こればっかりはご縁の問題とか色々あるからして。
実際、回したけど結果は誘致失敗とかあったし。あはは。
そうなると双方で謝りまくりなんだけどそれでも縁は切れてない。不思議なもんだ。
他のネタはいくつか回って仕事になったけど。

そこの会社、システムが変わっていなければ、悪いんだけど社員割引とかない。
他の値引きシステムがあるから。
だから、担当した者や所属の技量で値引き状況とかがまるっきり変動するわけ。通常では考えられないのだが、お客様だって当たるのならあたりに当たった方がいいって。
だから私に相談があった時は、それなりをご用意する。

問題はそのそれなりがなかなかつかまらないので、今日もメールで簡単に諸事情説明して「助けてくれ~」って。
そしたら連絡が来たので、大まかな詳細と、もしフェアの時にその場にいるんなら、変なのに捕まるくらいなら、出来ればもしお客様がそちらに行かれるようであれば、そっちで拾い上げてくださいって手回し。
ただ、状況としてしつこい営業はかけてもらいたくないことと、変なのを担当者にあてがってもらいたくないこと、どういう風に持って行くのがベストか教えてもらう。

あちらにも独特のシステムがあるから、今もあるかどうか確認した後、あちらがでかい声で「どうもありがとうございました!!!!!」
「・・・あの、ネタが出たからって結びつくとは限らないし、だが、こっちも相談があれば、わかっていて変なのを担当者にはあてがいたくないわけで。まあ結びつけばいいんですけどね・・・」
「わはははは」

変なので察したらしい。
以前この人と、ブライダルカウンターの小生意気な奴、事務所でぺしゃんこにしたことがあるんだ。
当時その会社にいた私は、ブライダル部門とは違うのだが、あるブライダルネタを任されていてお客様を誘致しまくっていた。
まあ、折角苦労して誘致してもブライダル担当の奴が対応間違えたら、私が努力しても契約には至らず、無駄足に終わる。
実際、私はその部署での誘致ヒット率が高くて、だがご案内の際に失礼等があれば来ていただいても・・・だが決まりで、こちらからブライダル担当を選べるネタは限られていて、私のそれでは選べなかったと。
別のネタで契約にこぎつけたら、こちらからブライダルの担当を選べるんだけど。

だが、こちらがお客様連れてきたのに、仕事をもらう側のブライダル担当の対応がものすごく偉そうだったわけで、30分前に顔合わせをしたその日、怒りで事務所で荒れていた私と、その日たまたまその場にいたその人。一応同じ部署だったもんで。
ちなみに私の直属の上司もそいつを嫌い、後から知ったのだが、その場にいたその人もそいつが死ぬほど大嫌いだったそうだ。
私もそいつは態度がでかい上に、車のセンスが悪くて大嫌いでした。あの車でお客様のところにいくのー??って当時、フランス車に乗っていた私は思った。

私の上司がそいつを事務所に呼びつけてたけど、上司不在の時、そいつは事務所にのこのこやってきた。
私は、先ほど挨拶したときに偉そうな対応にむかつき、その人も好きじゃないので、事務所に着た途端、二人してものすごい顔で見た。
早い話、どっちもそいつを自前の迫力付でそいつを睨んでいるわけ。悪気はなかったのだろうけどあまりの態度で、私も幼少からちっさいってバカにされ続けたおかげで、妙なものを、その人はその・・怖い人にたまに間違われるもんで。
そいつが口にした。「・・・直属の上司さんいらっしゃいます?」
そしたら、その人が「いない!!!」って、本人ではなく天井に向かって言った。
そして二人できたねーもん見るように一瞥くれた。
「すすすす・・・す・・すみません」って言って去って行ったのだが、その後何も言わずに二人でニヤッと笑った。
ちなみにその人はフリーパス状態の権限持っているから、そんな雑魚になにかやられるとかまずない。私は転職決めていたから、別にあっちでどうこうしたところで知るかっつうのって感じだったし、仕事から離れたら、社会的地位はおそらくそいつよりは間違いなく高いので。その人はそこまで私のことは知っている。

これは後から本人から聞いたのだが、「当時アンタが何で怒っていたのかは知らなかったのだが・・・事情を知って、そりゃ怒るわって思ったよ」と。
本当は、どの仕事でもいいから、もう一回くらい一緒に仕事がしたいもんだ。あれだけは辞めるときに惜しいと思ったんだけど。

でもね、何かあったらお願いしますは、こっちのセリフだと思う。


コメント

何とかならないの?

2015-07-21 14:22:14 | Weblog
私の何とかならないの?は体型です。
あとクチの悪さ。

だが、私のことではなく。
近隣のゴミ出しのことである。
この地域、カラスが荒らすようになったから、ゴミの日にはシートをかける当番が回ってるのだが、それが15年くらい前から。

それより前はゴミシートたるものはなかったので、色んな人が出勤途中に色んな都合のよい場所でゴミを出していたのだが、シート当番が出来てからそれはなくなったのだ。誰ともなく。

こないだ早朝にゴミ出しに出たら、私が出すブースに見慣れない奴がいる。
そうは言ってももうじきまる20年になるのだが、まあゴミを出す人は区画は様々でも大体覚えているし、ゴミ当番だって、30何軒あるからだいたい7か月に一度当番が回るのだが・・・
新参者?って思ったら、近所に住んでる家人のいとこであった。

そちらは別ブースで出しているはずなのだが、別にルール違反でも法律違反でもないかもしれないが、こっちに出すんなら、ゴミシート当番やれって言われると思う。
ついでに、私に見られてバツが悪かったようですけど、アナタ・・・私より若いと思うけど、最初どこのばーさん?!って思ったのね。背筋はのびてないし、すっぴんはあれだし。

普段メイクはしているようだが、すっぴんは見せられたもんじゃないってことか。
肌質はともかく、化粧がなかったらばーさん顔か・・・そっちにびっくりしたわ、あたしは。
最近瞬時に見破れるようになったわ、職業柄。

私は家近辺にいるときは、メイクほとんどなしで、変な話すっぴんとメイク後にたいした変化はないんですけど、あんだけ違うのは何て言うか詐欺だろう。

それと、見られたのが私で良かったですね。ここは町内きってのツートップのやかましおばばがいるんだ、そっちに見られていたら、一瞬で噂広がっているよ。

申し訳ないんだけど、家人の親戚だって言うけど、悪いけど緩いのよね。一事が万事。
ここの地域って悪いんだけど、気を張って生きていかないと何かで突っ込まれる地域なのに、隙が多すぎるって言うか。
ここは見えない敵って言うのが存在して、一番怖いのはそれ。



コメント

じいさんと孫その2

2015-07-20 16:35:49 | Weblog
急にじいさんがうちに来ることになった。
野菜を持ってきてくれるのだそうだ。

子どもにそれを話したら、出るのを止めてしまった。

子どもはじいさんが来る前に言った。「じいちゃんにいつ会ったのが最後だ?」
「GWだな。以後は行けてないよ」
「まーな。俺も疲れていたし」
実際問題、半事務半現場状態の家人は、きつい現場のときは、実家に・・とは口が裂けても言えない。
子どもも、学業が優先なら、やっぱり日曜日しかない休日は、寝倒す。
私とて、身体がほとんど回復してなくて、行くだけで役に立たないのだから、行くだけ申し訳ないのだ。
身体が戻って私が必要だったら、また前のように手伝いが出来れば良いと思う。

そうこうしたらじいさん御一行様がやってきた。
車に沢山野菜のっけて。
最初に「孫は~?ブツがおろせん」
子どもは30キロの米係らしい。

子どもが普段着でローファ(学校指定)を履いて出て、米を運んでいるが、怪しい石田純一さんじゃないんで、素足にローファやめてくれよ・・・
石田さんは似合っておられるが、うちがやれば、ただの不審者だよ、なんだよその違いは!!
本人曰く、一番履きやすい(笑)・・・だそうです。
妹が笑っている。

その怪しさ満載で、じいさんに隣に来いと言われ、じいさんの隣に行き、二人でニヤッと笑ってる。
会話はほとんどしていないが、周りの者曰く、あの二人は会話はしてなくても、あれこれ成立しておるとのことなので。まあいいか。
もう可愛くはないし、じいさんよりでかくなったが、昔と態度だけは変わらず。
今度は恩返しに弓持って、じいさん守ってやれ(笑)
弓一式は金を持っているじいさんから買ってもらいなさいね(笑)

じいさん入院中、SICUから出てまもないような状態なのに、嫌な見舞客が来ると聞いたときは、「俺が小さい方の木刀持参で見張っていてやろう」(キラッ
あんた、怖いわ!

野菜をおろして、そのままお茶も飲まずに帰宅してもうたので、お見送りだけした。
私は母方の祖母と父方の祖母がいたが、両方上品な祖母だったので、ニヤッと笑ったことなんかないのだ。
母方の祖母は、母の実家に出向いた時だけだから、あんまり面識はない。父方の祖母は同居だったから色々世話してもらった。
袋縫ってもらい、宿題教えてもらい、私が台風の次の日にトタンが飛んできて、首切った時は私の髪を洗ってくれ・・・って出せば、一晩はかかるうえに、足向けて寝られないわこりゃ。
親に怒られたら庇ってもらい、結婚前まで庇ってもらったのである。

じいさんは子どもにどんな思い出を残すのだろうか。
コメント

じいさんと孫

2015-07-19 08:46:01 | Weblog
昨日の夜のことである。
家人が夜釣りに出てしまったので、夜は子どもと二人になったので、色々馬鹿なことをしていた。

「かーちゃん、豆知識教えてくれい?」
「はぁ?豆知識?どんなんがいいんだ?まさか、牛乳200ml沸騰させてその後酢を大匙一杯入れて、漉したらカッテージチーズの出来上がりって奴とか?デザートにもつまみにもなりますってかい」
「それでいいや。それ教えてくれよ」
「あぁ?それ、小学校の時もやってくれたよね・・・何なんだ一体?まさか今から作れと?」
「いいなそれ」
しゃーねーなあ。そいつの手間自体は5分くらい、漉すのに5分くらい、ただ、冷やしてもないから、奴は生ぬるいのを食べるだけで、昆布つゆかハチミツのどっちかで食べるんだね?!って言ったら、ハチミツ選んで食べたが、「うーん、なんだか豆腐にハチミツかけたみたいな・・・」

覚えていないようだったから教えてやった。
小学校4年の時に、余った牛乳を粗末にしたくなくて、家でそいつをやったのはいいが、子どもが学校で何か班で研究するって話になった時に、子どもがそのことを班で言ったら、採用になった。それで再度つくらされてレポート書く手伝いをしてやったこと、その時は何故かウマの合うものばかりが班に集められていて、当時の彼女も同じ班にいたことをしゃべったら、後者の知識は要らん!!とぼやかれるのである。

手でシャカシャカバターの案件も出してやったが、「疲れているからパス」と一言。

そして、父親不在の子どもは大体私にお金のネタを振ってくる。
昨日もそう。そんな流れから、
「何なんだろうね、アンタもお金がそんなに欲しいなら、お父さんの方のじいさんに尻尾振ったらいいのよ。くれる単位は万札だろうに」
「あれはケチだからやだ」
「ケチ…でも誕生日とか福沢単位だったけどねえ」
「何て言うかケチなんだよな」
「もしかして・・・あたしの実家のじいさんばあさんと同じにしてないか?あの人たちは何て言うのか、孫がくいっぱぐれたり喉が渇くのはかわいそうだと考えて、一緒に行動する時は、まあすすめてもくる」
「あっちはそれはないな」
「ワタシャ一番笑ったのは、一族大移動(旅行)の際に、父さんが運転席で私が助手席にいて、後ろにあんたとじいさんがいた時に、岡山できびだんごをじいさんが買ったんだろう、じいさんの車の後ろの席でなんかもっちゃもっちゃ音がするなあって後ろ見たら、アンタら二人がもっちゃもっちゃときびだんご食っていたのよ、二人で嬉しそうに・・・」

「じいさんは・・・その・・・自分が食べるときは必ず俺にすすめてくれていた。かーちゃん実家のじいさんのことは鮮明に覚えているのだが、あっちの記憶がない。なんなんだろうかこの違いは」
「まあ、父さんの方はすすめてくれるタイプではないだろうからなあ・・・あっちに行けば、普通にくいっぱぐれあったし・・・」
昼も2時を過ぎて向こうから返されて、昼ご飯食べてないってことが何度もあったのだ。連れ回していただくのは大変ありがたいが、自分の子がまともに食事をしてないとか、正直親としては気分は良くない。

・・・としばらく無言になったのだが、私が、
「うーん、状況が同じことにはならないだろうが、じいさんが食道がんで手術する前の日のことだ。私はじいさんの付き添い当番だったが、じいさんは午後から絶食に入るから、食べ物の臭いをさせて行くのはどうかと思い、まあその日は午前中に病院に行き、ス○バでコーヒーかって、病室で飲んでいたんだ。私が帰る前で、あっちが絶食になる前に。その時に、アンタを連れて来いって言い張ったのね」
「どんなん?」
「○○(子どもの名前)を連れて来い」と。
「それで?」
あんたは試験中になるから、「明日から試験があるから、勘弁してやってほしい」と言ったが、
「○○を連れて来い」
「うーん、本人に確認取らないと何とも言えないんだよ。試験は大事だし」
「○○を連れて来い」

こんなんの繰り返しでね、まあもしかしたら本人はあの世行になったらいけないから、最後にってことだったのだろう。結局帰宅したアンタに事情話したら、「それなら行ってやるよ」ってことで連れて行った。事務所前で、じいさん見つけて、アンタは真後ろに私は横に立って、ニヤッと笑ったっけね。
あの時は、それから病室に戻って、少し話をして、じいさんと子どもは握手をして帰ったのだった。

その時のテストの点は当然怪しかったのであるが、善行を行った結果なので、私もニヤッと笑うだけで「仕方ないわね、今回は」とやった記憶がある。

あの時が手術の前日だったのよ。もし、父さんの親が同じことになった時に、あの人はアンタを所望するかしらね?
「あったとしても、俺は絶対いかんぞ!!!!」

・・・・・・問題は、そこじゃありません。

結局、どれだけ相手を大事に思っているかってことなんじゃないかと。
その代わり、この子は術後にあれやこれやと病院で雑用をしてくれ、瀕死状態の私を付き添いながら病院に通ってくれた。
私は犬と同じだと思っているんだけど。犬も恩義は覚えてるし(笑)

私は不思議なのは、子どもは、他人から施された恩は絶対覚えているのに、なんであの人だけ例外なんだろう。
じいさんに何かあれば、本気で怒るような子なんだけど。

そして、じいさんがいなかった私は、子どもとじいさんのそれを見て、たまににやっと笑う。
ちょっとだけ羨ましいんだな。







コメント

術後10か月

2015-07-16 15:33:36 | Weblog
去年開腹手術してから、10か月たった。

内部の切り取った場所が、台風が来て気圧が変動しているせいか、矢鱈痛む。
同じ姿勢でずっと座っているのはダメ、重たいものを持つのもダメ、振り回すのもダメ、結局約束通り太ったようで、あーあ。

気をつけて歩くようにはしているのだけど、夜も少しだけ食事減らしているんだけど、微妙。

寝る前に無理をしたら矢鱈お腹が痛む。

排泄物の調子も日によって違うので、ひどいときは整腸剤が離せない。

車の運転、相変わらずしんどい。

こんなんじゃ、デートも出来ん・・・(誰とだ、誰・・・・)

台風来るからって、こないだから買い出し推進運動状態で色々買いだめしているんだけど、お腹に限界がやってまいりました。

今日は買い出しついでに、家人と子どものTシャツを買ってみる。
この時期必ずスポーツブランドのものを一枚ずつ買うのだが、バーゲン狙わなかったので、私のシャツの10倍くらいのお値段がしたのだが、まあ勝手に似合いそうなのを見繕ってみた。
帰宅してどういう反応をするか楽しみだ。
奴らは自分でお買い求めになられないので(←どう考えても皮肉)、買わせるのなら文句はなしよ。

そして、来週、恐怖の三者懇談が待っておりますが、問題は、希望日希望時間を聞かれた私は、「24日以外なら好きなところに入れてください」と、中学とか小学校と変わらず、先生困ってなきゃいいんだけど、おそらくワーキングマザーとか諸事情ある方は、開始時間早々か、終了時間間際に人気が集中するので・・・
中学の担任の先生は「大変助かります」っておっしゃいましたが。

問題は、子どもの後に誰もいなくて、懇談時間をもしかして奴に問題があるから、何時間でもOKです♡みたいな状態で入れられたのだろうか?と子どもが。
別にいいわよ、腹が痛まなきゃ。

そして、来月には結婚20年となり。
ここまで来た・・・と最近思う。
正直、嫁ぐ前に釣書で揉め、あっちは私の書き方が正しくないとケチをつけ、こっちは簡素過ぎて話にならんってことで、破談がよぎったのである。

わるいんだけど~、3代前しかたどれない奴にガタガタ言われたくないっつーの。何様だって言うんだ。家人の祖母だったけど、ほんと何様?って感じで、私もよく我慢したわ。家人の母方の祖母は私にきっとなにかしら不満があったに違いないんだけど、それでもまあぐっとこらえて、色々してくださったと思う。
一番うれしかったのは入院していた時に、足悪かったのだけど、わざわざ足を運んでくださり、食べやすいからとみかんを下さり、家にあったものだけどと、暇つぶしに雑誌をくださった。
何なんだろ、すごく嬉しかったなあ。

お亡くなりになる前の約一年、家人が本当は行きたかっただろうに仕事で無理だからと、私が週に一度か二度、入院されている病院に顔を出していたのだ。
ホントに忙しくて家人は家にいなかったし。まあヒマプーだったこともあり。
その時に色々教えていただいて、色々助けていただいて、結婚前に家人の父方の祖母から釣書にケチがついてことをかいつまんで話したら、
「まあ、あなたも娘とおんなじことされたの?私の娘はね(家人の母)、あの人のせいで難儀したのよ。結婚前なんかものすごく調べられて、不愉快だったし、結婚してからも色々あって。あのね、○○さん(私のことである)あの人が言うことを真に受けたりする必要などないから。ほっておきなさい」
ありがたい一言であった。そして、「家人君のものは黙って捨てたらダメよ。私、捨てて怒られたからね」とか。
色々教えていただいた。
家人の祖母と、大叔父さんと大叔母さんはまともだったんですけど、他がものすごくて、なんですか、伏魔殿???

そう言うのを一事が万事我慢していたら、昨年内臓一つ持って行かれたのであった。
うげー今すごく腹痛い。

出来れば、ヤバいと思う人は検診をおススメいたします。ほとんどの科がそろった病院で。

コメント

お中元とな

2015-07-12 14:20:15 | Weblog
うちはあんまりやり取りしない家なのですけど、それでも少しは来る。

失礼ながら家人の大叔父さんだけは、事前に「失礼承知で伺いますが、欲しいものは何でしょうか?」と聞きます。
ご年配のお宅で、物に不足が無い家には直接聞くに限る。
今回はカレーのセットが欲しいと言うことだったので、安い金額ではなかったが、有名店のをドーン!と贈っておいた。
これに関してはもう届いていて、届いたと連絡をいただいた。
これでちょっとでも食事作りが楽になればよいのですけど。

父の日のプレゼントは申し訳ないが、あんまりいいものが無いので、食事制限のある父にも食べられるようにと、お中元コーナーからそれらを出すことにしている。
予定日よりどうしても遅れますけど、多分届くのは8月上旬ですけど、何がいいですか?と母に聞けば、メロンとか桃とか出てくる。結局食道がんをやり、喉の縫った部分はどうにもドーナツ状に盛り上がって、食べにくいものは喉につかえるようなので、やっぱりのど越しの良いものに限定されてくる。
これはもうじき届くでしょう、もし父が食べなくても母が食べるそうですから、安心です。
それで食べなきゃ、誰かにあげればよいしって言ったら、「私が食べる!!」ってことでした。

(これを書いている途中、騒音一家が戻ってきたがやかましいのう・・・って言うか、どうしたら一家で騒々しいわけ?世間じゃ昼寝タイムだろうに。けたたましいのには、けたたましい配偶者しか寄ってこないのだろうか?謎である)

問題は、先日のこと。暑くて疲れ切った子どもと私はそれぞれ寝室に引き上げたある日のこと。
玄関がやかましいのだ。まだ寝ていなかった家人が玄関に出たら、「日本○便です」って聞こえてきたが、ちょっと待て、もう夜の9時はとうに過ぎていて・・・私は寝入りばなを起こされた。

寝入りばなを起こされるとなかなか寝付けないのに。
家人には、「ちょっとー9時過ぎてたよね?宅配系は9時までじゃないの?」って言ったら、
「平謝りだったから・・・」
あっそう。規定の時間守れよ、迷惑な。家人が文句言わないなら引っ込んでやるけど。


おそらくそ○うからのお中元で、絶対あれからだと思った。

子どもと私がいないものとして扱っているあれである。
確か家人は3月に「お中元やお歳暮を贈ってくるのはおかしい」と指摘したと言っていたが、なんで届く?

悪いが、家人以外の者はこれを嫌がらせ認定している。
相手にその気がなくても。
正直名前を見るだけで、存在確認するだけで身震いがするし、これ以上手出しされたら、私はどこの内臓持って行かれるんだろう?って思う。
持って行かれる時はあっという間で、これ以上をやられたら緑の紙を降臨させるか、家人には手を出さないように釘を刺してもらうかしかない。

酷い私は、家人の親はノータッチで、大叔父さんからのお礼は自ら電話してお礼を言うのである。
「ありがとうございましたん♪ものすごく嬉しいです(^^)」ってね。
変な話、家人の大叔父さん夫婦には出来ることはして差し上げたいもんで。
結局さー、自分がやってきたことって返ってくるんだなあって。大叔父さんは、子どもにも私にもぞんざいな扱いはなさらなかった。

今日は家人がいなかったから、子どもとそのネタになったのだけど、子どもも私同様、日本○便で察したらしい。
その上、「幽霊から何が届いたんだ?!またあれかよ。箱見飽きた・・・さっさと外部に輸出してくれよ」って。
「まーね、いないものとして扱っているのから物が届くなんてなあ・・物と業者に罪はないが、いやげ物到来だよ全く」と私。

子どもに「今は幽霊だ、いない者だってこっちでやっているけど、あんた・・・自分の結婚式だとそうもいかないわよ。自費で挙式費用を出してやるんなら招待客は自分でチョイスできるが・・・親がかりになれば、父親の言うことは絶対になる」
「そうなんだよねー。それだから早くには結婚できないよなあ・・・」
「え?!もしかしてあれが○んじゃうの待つんか?それで挙式ってこと?」と私。
子ども。「・・・・・・・」

あー、そう言う意味じゃなかったのね。
「・・・費用をためるまで待ってくれと言うためだ」

・・・「オイ、それは不味いな。そう言えばお父さん(家人)は私に25まで待てって言ったのよ。金貯めるまでって。だが、一方の私は引く手あまたじゃないが、お見合いは来るし、色々あって待ってたら誰かに持って行かれる状態でね・・・待ってくれるのは女に寄ります(笑)」

「・・・・・・・・・」←子ども

「一つだけ、合法的な方法があるが、それだけはね~出来ちゃったならまあ仕方がないが、あたしは賛成できないわ。誰かに迷惑かけるしね」

子ども気の毒。
結局子どもが親戚認定しているのは、母方の祖父母と叔母と大叔父さん夫婦だけなんだもん。
なんでかって?彼にお小遣いくれるから。彼を本当の上で人として扱ってくれるから。

下手したら、子どもの結婚式は、この人たちだけしか呼ばれない身内だけのお食事会になりかねないなあと思う。
それにしてもそこまで毛嫌いされる祖父っていったい何したんでしょう?謎です。

多分、受取人が私だったら受取拒否ってると思う。








コメント

誕生日が近づいた

2015-07-07 14:35:37 | Weblog
子どもの誕生日が近づいた。

プレゼント自体は発注済みで、届くのは数か月後だが、まあ何もしないって言うのもあれなので、本人が好きなガトーショコラを焼いてみる。
焼きあがったばかりで、まだ冷やしてもいないし、飾りつけもなにもしてないのだが・・・
別の日に形だけでもお祝いで食事に行こうかなとは思っているが。

私はボコボコ子をなせる体質でもなく、望んで出てきたのが、あれほど望んだ男の子だった。
出産前は豪雨災害が多い年で、家人も否応なしに仕事に駆り出されていて、徹夜で帰ってこないのを一人で、出産の荷物眺めながら待っているような有様だった。
連日ニュースで、お亡くなりになられた方のこととか、災害現場ばかりがテレビで映し出されていた。

出産時は運が良く、誰もが病院につめてくれた。
一生縁がないと思っていたもの、だが私にも子育てとやらのチャンスは与えてもらい、曲りなりにも育てては来た。
今迄に葬式がチラついたことが二度あるが、なんとか育ってくれた。

今ではすっかり体も大きくなり、基本的な心配は、自転車通学で交通量の多いところを使うから、行ってきますと出かける前に言われたら、「生きて帰って来い」

変な話、生まれてすぐは色んな欲があったけど無事に育ったんならそれでいい。少々馬鹿でもいいや。生きてるんなら。
だから、卒業証書もらって、段位もらって、生きて帰って来れば、高校はそれでよしって言ってある。
絶対私が馬鹿だと思う。

もっしゃもっしゃとたらふくご飯を食べていれば安心するし、元気がなければ気になるし。
私は子どもは授かりものだが預かりものだとおもっているので、そのうち誰かに渡さなきゃならないだろう。

誰からも祝福されてきたんだから、その恩を忘れないように。

そして、私はそのために大変贅沢な病院での出産をしたが、10何年後ツケが回って来やした…
昨年某所内臓持って行かれたのだが、食事が良い個人病院だったので、入院中飢えることは全くありませんでした。
朝食、昼食、夕食、夜食が出ておりましたが。
ほとんど病院食と自販機のジュースがたまにあれば、それで十分だったのだが、昨年入院した某総合病院。
飯が不味いなんてもんじゃなく発狂するかと思った。入院中祝日があった時の昼のお祝い膳以外、ひどいもんであった。

妊婦も一般患者と同じ食事みたいだったけど、あれで母乳出るのかしらん・・・って思った。

出産での入院は実家を使わず、こちらで産んで実家に帰ることになったが、父には怒られた。
だが、諸事情あってそれが出来なかったのだから仕方ない。

誰か一人くらい、実家で産むのがいるかと思ったが、今のところいない。
私はこういうのがあって、親に頼らない子どもだと言われているのだろう。






コメント