再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

後味悪いわぁ

2012-03-29 15:11:25 | Weblog
住んでいる家は、玄関が道路に面していて、西側は高い塀の上に家が建っている形となる。

だから、西側から下の家を言葉は悪いが見下す形となる。
だが、その塀でボール遊びをされたら、どういうわけか家中に響くのである。作りが安いとかそう言う問題じゃなくて、それで、隣の家の孫がサッカーボールを蹴って遊んでいる時も、「ちょっと!!響くんだけど。ボール蹴られたら!!やめてくんない?」って言ったら、隣の孫は成金の家とは言えすぐに「すみません」って頭下げて止めてくれた。

しかし・・・問題のクソジジのお宅の跡地にダンナの遠縁になるヤツが家を建てたが、そっちはガキの躾がイマイチって言うか、お育ちを疑いたくなるガキで、ガキがボール遊びをはじめて、やっぱり家に響くからさすがに頭にきて「ちょっと!!ボール塀にぶつけたら響いてうるさいんだけど!!ちょっとやめてくんない?」って切れたらその場はすみませんとか言っているが、その後家に向かって小声で何か言い出した。その場には友達と弟がいたようですけど。
文句あるんなら直接言えば良いでしょ?ガキとは言え、可愛げがなさすぎます。
なんでしたら、直接が気に入らないなら、隣近所巻き込んで噂広げて欲しいのですか?選択肢あげても良かったのですけど。
私は、直接言えば済むことは言えば良いと思っている。噂広げる方がえげつないのですが。
私は、されて嫌なことは例えむかつく相手でもやらない。

ちなみに小学校4年のガキ、悪いが善悪の区別がついてない時点で終わっている。
前もうちの隣のバドミントンのシャトルを入れてご迷惑しておいた分際で「うわーめんどくさいね、誰が取りにいく?」って外で友達と相談しているのをみて、性格悪っ!!って思った。悪いけど、面倒なのは隣の奥さんだろ!!いちいち拾って取らなきゃならないのだから。何様なんだこの子。

そのガキの母親と家人はいとこになるが、付き合い全くなし!
って言うか、ガキの母親の母親は家人の伯母になるのだが、嫁に出て苦労してないせいか、ウチの前が更地になってからしばらくして、エ○バのお回りついてでうちにいきなりお連れさん連れてやってきて「おほほ、うちの子そこの空き地に家を建てるの」
オイこら!!家を建てるのは結構だが、先に言うことあるだろが。

普通は家を建てる段階で、長期間騒音出して近隣に駐車したり、いろいろ迷惑するんですが?
「普通は、近々そこの空き地に家を建てることになりました。騒音やいろいろ迷惑するかもしれないけど、お願いね」くらいは言うのではあるまいか?
ちなみに隣の区画とは言え、組は一緒なんですけど?
その上新築祝いの際に、家人に声もかけなかった無礼者に容赦なんてするもんか。
伯父さんなんてあたしに会っても目もあわせないんだから、よっぽどやましいのかしら?
あそこの土地、いわくつきで、あれこれいろんな人が絡んでいて、話が何かであちらに行ったのは間違いないから。

ちなみに家を建てる前のご挨拶は、自分達が回らず、業者任せで、近隣が密かに激怒していることも知らないのだと思う。
私にはいろいろ噂が入ってきているし、現に施工中に勝手に近所のオヤジ相手に、内覧会やられてるのも知らないんだろうなあ・・・
ついでに施工ネタがあまりに雑すぎて、父に確認して笑うしかなかったのであるが、これは全部秘密。伯母さんがまた私を怒らせることがあったら、ばらすが、何もなければ墓に持って行くか。

さすが、お祖母さんが品がないだけあって、孫もすごいですね・・・

だが、さすがにそのガキ、罰が当たったようで、足を怪我したようですね、その数時間後に。
やれやれ、私のせいとか思われたらイヤだなあと思いつつ、顔相を見たら、嫌な悪い色だったから、やっぱり人相学って当たるんだなあって思った。顔色が悪いって言うよりひどかったもんで。怪我の前触れは確かに顔に出ていたのである。

しかし、来月家人の親族の法事があって、ガキのお祖母さんたちに私が参加すれば遭遇するのだろうが、一体どうなることやら。
なんでこっちは悪いことしたわけじゃないのに後味悪いかな。
明日は寺社巡りをするから、嫌な憑き物は落ちて欲しいと思うこの頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抹茶をいただくbyお寺

2012-03-21 14:19:04 | Weblog
子どもがしばらく家にいる。

家も多少片付いた。子どもの部屋もまともになった。だが、カーテンがいただけない。
6年前に私が布地を買ってきて作ったのだが、魚柄がすっかり色褪せて、ドット柄(要は魚の目しかわからん状態)になったので、「カーテン新しくするよ!!」
子どもはそのままで良いといったが、部屋は綺麗になったし、そろそろ大人っぽいものに変更しようとは思っていたので、否応なしに連れ出す。

しかし・・・昨日家人の客が乗ったせいか車が臭い!!2時間前に換気していたが、効果なし。
悪いんだけど、やっぱりいつか血を見ると思う。

ニ○リに行き、子どもが適当にカーテンを選んだ。
私はバーゲンかかっていたのをいいことに、小さいクーラーボックスをゲット。仕事用である。

その後、彼岸にお墓参りはやらない私と子どもは、いつも座禅で行く寺の本院に出向く。
座禅会は別院で行われます。

子どもは本院は初めてで、「母さん・・・こっちは道がすごいんですけど・・・」
ハイ、そのとおりです。
何せかつて島だったのが、橋のおかげで陸続きになっちゃってますから、元の島の方は、ホテルに行く以外の道はあまり広くない。
ついでに原生林な状態じゃないのか、この山は。やはり聖域なのだろうか。

それから、寺に到着する寸前、白猫が車の前に2匹・・・
白猫様には渡っていただいてから、駐車場に入る。

この日、寺では椿祭りをしていたようです。
私と子どもはお参りが目的だった、寺に到着して私と子どもは本尊に手を合わせていたら、奥から誰か出てこられた。よく見たら、座禅会でいつもお世話になるおかあさんが「あら!!」
「ご無沙汰しております」「まあ、ぼく・・・大きくなったねえ。良かったら抹茶飲んでいきなさいよ!!」
ふっとみたら、抹茶代500円って書いてあるんだな・・・去年はこれなかったような・・・

このおかあさんは私が普段、座禅会で浄財なりお守り購入なりしているから、金を取られるつもりはなかったようだが、今日は何もないので、子どもの抹茶代と一緒に千円差し出したら、「まあお金払ってくれるの?」「・・はい」
ちなみに、去年、私が恥をかいた抹茶ネタがここのネタになるのである。
そして、そいつを聞いた隣の奥さんに基礎だけ習いました。
奥さんはちょっと大笑いされたけど、作法を知らないのは恥ではないこと、点てる方にしたら美味しく飲んでくれるのが一番で、そんなので小ばかにするのは一流じゃない人がすることだとおっしゃった。
ちなみに、かなり腕がある方で、何かの際はお茶の先生方が集まる席でも、上座の席に座ってたとおっしゃっていたので・・・

子どもは学校で裏千家で茶を形だけ習い、学校祭で抹茶を点てる店で腕は披露したが、飲むほうはさっぱりだったようだ。
ちなみにこちらはおそらく○田流・・・このあたりの大名の擁護を受けていた流派だと思う。
おそらく政財界のおえらいさんは正月とかに、そちらの茶会に絶対出向くからねと聞いたことがある。

子どもには「習ったのとは勝手が違うけど、習ったのでやんなさい」点ててくださったお寺の住職の奥様には、作法は知りません。許してくださいと詫びた。
だが、あれ以来、手持ちのバッグには必ず安物だけど、懐紙だけは入れて歩くようになった。

子どもと饅頭が出されて、黒モジが添えられていたが、子どもはそれを綺麗に取ることが出来ず、みかねたおかあさんが「そのまま食べちゃいなさい」と言われて、一口で完食していた。おいおい・・・
私も悪いけど手に変更。それから、子どもと私は抹茶をいただく。近くには海が見えて、山手には珍しい椿が植えてある。風光明媚って言うのかしら。
天気もいいし、まったりとくつろぎました。

でも思ったんだよな、子どもだってこれに付き合ってくれたけど、そろそろ私とは一緒に歩かなくなると。
家人の買い物の誘いも3度に2度は断っているから。だって、シブチンとの買い物は楽しくないに決まってる。

この後、簡単に買い物を済ませて、子どもの部屋には綺麗なカーテンがかかりました。
なんだか部屋の雰囲気が変わった。お願いですから、部屋はこのまま綺麗な状態を保ってください。by母
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業おめでとう

2012-03-19 20:56:14 | Weblog
今日は子どもの卒業式だった。

ありがたいことに、家人が休みが取れたので一緒に行く。
でも、いつもなら三月は殺人的スケジュールで絶対首なんて縦に振らなかったのだが、この度は震災の影響で仕事量が減ったせいもある。
震災については申し訳ない気持ちなのだが、これが思わぬ方向に行くとは思ってなかった。

家人はブラックフォーマルを拒否しやがりましたので、普通のスーツにネクタイだけフォーマルのシルバーの縞模様を、私は結局ブラックのパンツスーツに、ブランドのコサージュをつけた。

子どもには大好きなメニューを出して、朝ごはんはきっちり食べさせた。
腹が鳴っては恥ずかしいだろうから。

家人は私がそれなりのすがたになったのを見て、またプッ!って笑った。
いつかこの男、血を見るわよ。昔からフォーマルな格好をしたら、別人28号だなんだ言われてきましたが・・・

・・・で肝心の卒業式だが、私服の学校なので、まともな親ならスーツかジャケットかまあまあ場にそぐう格好をさせるのだが、男子の1/3は制服・・・
中学校の。ズボンだけが中学のって奴もいました。そりゃ、どこかの小学校みたいに卒業生が全員行き先の中学の制服で登場って言うならともかく、そうではないからね、ここは。正直、家庭事情がばっちり反映されるネタであります。
スーツを着る頻度がない家なら勿体無いってなるか。
ウチは冠婚葬祭ネタも多いし、子どもがスーツに袖を通す頻度は高い。
それに、そもそも貧乏臭いのが大嫌いな私である。

女の子は、ほとんどがどこぞのアイドルみたいななりでした。
女の子の場合は、服装は同じでも布地やらで出所がわかるので恐ろしいなあと思った。
ジャ○コとバー○リーじゃ全然布地違うし・・・隣に並んだら最後・・・遠方からでも見分けがつく。
でも、同じ格好ならまだいいが、明らかに親が手を抜いてる女の子を見て、複雑な気持ちになった。虐待とは言わないが、ここで感じた引け目は一生背負っていくのかなあって。
でも確か担任は盛り髪禁止!って言ってたはずだけど、ちょっと式典にふさわしくないのがいたな・・・
ちなみに女子で制服はいませんでした。

それに、私立に逃げるんなら多少は自慢になるでしょうけど、やっぱり経済的事情なんだろうなと思いつつ、後から子どもに聞いたら、子どもはスーツから革靴から購入したので、制服の奴に「サラリーマン」ってからかわれたそうですけど、悪い、ここらのサラリーマンはスーツにポケットチーフなんて入れませんから。そう言うことを言う奴に限って、たいしたおたくの子どもではないのは、もうこの6年間でわかったので、わざわざ言うこともなし。
だが、卒業式に制服って絶対変だと、個人的には思う。
だいたい、お母さんの手を握って触った感触で金持ちかどうかわかるよ、実際年末のPTCのフォークダンスのおかけでよーくわかりましたので、一応肩書きとして、人相と手相は見ますから、ダークな占い師ってことになるんでしょうかね、他じゃ黙っているけど。
結構当たるんですよ、これが。学校じゃ絶対言わないけど。

卒業式は泣きませんでしたが、貧血で倒れる卒業生続出で、救急車まで出てくる騒ぎとなりました。
過度の緊張か、朝ご飯食べてないのか知りませんが・・・最初体育館が揺れたから、おおきな地震でも来たのかと思った。
そしたら教師数名が駆けつけていたから、だれか倒れたんだなあって・・・私のいた席からは見えない位置だったもので。

しかし、入退場だけが矢鱈長くて、卒業証書授与はスピーディーときたもんだ。
その後、謝恩会に突入。
しかし、家人が出された物が不味いってぼやく・・・
気持ちはわかりますが、金額的に文句を言うのは不味い値段ですよ・・・

最後にその場にいらした先生と記念撮影を子どもがして、私は撮影したのだが、一人の先生が私と子どもを見て、「きちんとした格好をされていますね・・・ネクタイもスーツも、タイピンまで・・・」もしかして、卒業式に制服はおかしいって思っておいでなのかなって思った。
先生ごめんなさいね、発表会でずっとスーツやネクタイ着用で出てたもんで、やるなら徹底的と決めてる私。子どもも着慣れているし。
帰るとき、家族3人でともかく笑い倒して帰った。
もう小学校に行くことは、選挙以外ではないと思うけど、6年間皆お疲れ様。

謝恩会を済ませ、自宅に帰ってから、スーツを脱ぎ捨てて、デパートに買い物に行ったのである。
買いたいだけ物を買い、子どもが食べたい物を片っ端からデパ地下で購入して、夜お祝いをした。
外食嫌うから、こういうことになるのだが・・・

うちはささやかだけど、揃ってお祝いできてよかったのだと思う。
次は入学式だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんで親が・・・

2012-03-05 20:09:16 | Weblog
数日前のこと、学校からのお達しで、卒業式前に読むので、子ども宛に手紙を書けと言う非常にありがたくないネタを頂戴した私だった。

別に手紙などを書くのは苦にならないから、1人でやっても良かったが、一応不在が多くても父親もいるし、まあ面倒はパスするだろうなと思いつつも、「子どもに手紙を書き、そいつが卒業式前に読まれるそうだが、どうする?」と振ったら、では一緒に・・・と。

なんて迷惑な話なんだ

やるんなら、どっちかが書けばすむことだろうに・・・内心ではかなり不満だったが口には出さず。
一応父親だけど、正直動いてくれたら尻拭いが大変だから、何もしないでくれる方が楽だったりする。
最近では頭にきて、全部あちらのご親族が大好きな事後報告に切り替えようかと思ったが、まあ一応世帯主だし、子どもの親でもあるしと仏心を出した私が馬鹿だったのである。

挙句、数日たってもアクションはなく、一応私がお笑いバージョンと泣きが入るバージョン2通を作成した。
そして、夜・・・「あのさ、文章決めた?」
結局2通を差し出すハメになる。結局自力で書く気はなかったんだな。

そしたら、この2通を融合して書けば良いやって話になって、私の文章にチェックをかけている。
こっちにしたら、2通は下書き以下で、ざっとしか書いてないもんにチェック入れられたら死ぬほどむかつくわけ。
口調も上から目線で悪いけど、いつか血を見るわよ。
それで、私に論文の薀蓄をたれ始めたが、いくら酔っ払いでも聞きづてならない。
汚い字でチェックされるだけでも屈辱だって言うのに

ちなみに幼少からスピーチコンテストや弁論大会でならしてきた私、ついでに論文も、あちこちでアッサリ通過する私にいくらなんでも無礼であろう。

怒りは子どもの為に抑えて、チェックかけられたところを仕方なく修正して、清書して提出。

悪いんだけど、普段子どもに何もしてねえヤツがえらそーに!!っていつか切れてやる。
それか離婚だよね。私に経済力がついたときはほえ面かくなよ。
全部私から取り上げたんでしょ?

それにしても、その前に虚空蔵菩薩そっくりな生き物に、朝車越しに手を振ってもらったからこんなワケわからん目に遭うのでしょうか・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加