再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

抹茶と赤っ恥と私

2011-03-22 14:31:12 | Weblog
連休も終わった。平日1人が私の息抜きが出来る領域。もうじき春休みになればそうはいかない。

連休中に両親と妹が訪ねてくれて、いろいろくれた。父がくれた中にはホワイトデーのお返しがあった。商品券である。
もーパパ大好き!!しゃーねー、これを使って勉学に励むかどうするかわからんけど、また行ったら、全身指圧するね。腕だけは上がっているから。

・・・と言うわけでそいつを引っさげデパートに行く。途中信号待ちで久々元上司の偽名と遭遇する。普通に双方がわかったので手を振っただけだが、還暦過ぎのオヤジと、あと3年で40がやってくる中年女のネタとは思えん・・・普通会社辞めたらそれまでなんだけど・・・この人だけは別格なのだろうか・・・やっぱりわからん・・・だけど皆には基本内緒。もし、家人が気が変わって車を買いかえたら、それはお終いになる。次はアメ車言うてるから、アメ車になるんでしょう。そしたらあのじじは絶対気付いてくれないと思うから。

デパートで加賀名物の干菓子を買い、先に大叔父さんのところに行く。
結局商品券使用せず・・・父、すまん!!またにする。
訪ねてきた私を見て、大叔父さんは出かける前だったのだろうけど、私を見たら丁寧に愛想良くしてくださる、「お供えです・・・少しですが」と加賀名物の干菓子を渡した。「ありがとう」とおっしゃった後、近況を聞かれ、この後、座禅に行く寺の本院に用があるけど、行き着けるかどうか・・と大叔父さんにぼやいて後にした。大叔父さんはその寺の周辺を以前は散歩していたそうで、そうぼやいたら「確かにあそこは道が狭いと思う」って・・・
余計不安になる。営業やっていたから、道を全く知らないとかはないにしても、家人みたいな空間認識能力の類は全くない私だった・・・ナビないと営業できない

ナビがあるから、全く迷うことはないが、このナビだけは、車道じゃない道まで出してくれるから、古い市街地とか町でよく車ごとはまるパターン・・・今日もそうだった。
仕方ないので、ジモティと思われる、ご年配のご婦人に「すいません・・・寺探してるんですけど?」「ああ、あれね。上見てごらん。あれだよ。でもね、わたしゃ行ったことがないから、ここからなら、階段使って上がらなきゃならないが、山道使えば車でいけるかもよ!!」「ありがとうございます!!」せっまい道にはまりながらも、山道を行くことにした。そちらは昔と違って若干広くなっている。
現地にはあっさりついたけど、車を止める場所に人がたむろしていて、仕方ないので、この寺がある展望台の上に止めて、歩くことも考えたが、8cmヒールで山道はない、展望台で引き返して、寺の近くで道の広い見通しがいい場所に止めた。
それから寺に・・・なんか祭りをやっていたようで、お茶席がある・・・私は先日、お守りと御朱印帳を求め、お寺さんに「おつりはいらないので」と多めに納めたのだが、この御朱印帳に記載してもらうのに300円かかるのを知ったのは後からみたネットの寺めぐりのHPと、1番霊所できっちり300円取られたことからだった。それで、次に座禅に行けるかどうかもわからないし、体調崩して疎遠になっても困るから、大叔父さんのところから比較的近いこともあって出向いたのだった。

寺では副住職様がいらっしゃったので、事情を説明して、謝りながらお金を渡したのだけど、「多めにもらったからいいです」・・・ってことだった。まったくどこぞの寺と違って謙虚だぜい!!でも、それをされちゃうと、座禅の浄財分納めてないことになるし、私はその金を引っ込めるのも嫌だったので、無理やり納めていただきました。
そしたら、座禅でお世話になるおかあさんが、今日は着物で決めていらっしゃって、「お茶飲んで帰りなさいよ」とおっしゃってくださったのだが、抹茶・・・大好きだが、正式作法は知らないし、寺でそんな上等なもん振舞われるのも初めてで、「マナー知らないので・・・」とお断りしたら、「いいから」とおっしゃるので、いただくことにした。そして車は駐車場に動かして再度!!

いかにも上等な饅頭を黒もじで・・・正直、一口でバクッとやりたいものの、手馴れていない私には食いにくいし、黒もじが指に刺さり、血豆が出来てしまう・・・手は商売道具だから正直しまったと思った。その後お茶を、普段隣の奥さんが美味しいのを出してくださるのだが、マナーは最低限でいいから・・と適当にやっていたツケが今回ってきた!!悪気が全くないお母さんが横に寄ってきて、茶碗の回し方を教えてくださったのだが、どうも表でも裏でもないみたいで・・・もしかして某大名のところの流派??と思いながら、目をシロクロさせながら飲んだ。椿も綺麗だった。茶も饅頭も上等で美味しかったです。でもやっぱり茶碗の回し方を指摘されて・・・
おかあさんに悪気はないのは100%わかります。副住職様もそれをすることが私に恥をかかせるんじゃないかっと思われたのか微妙に止めようとなさったのも。普段なら私も激怒するのだが、おかあさんの親切も副住職様のそれもわかったので、私は逆にすがすがしい気持ちになった。


寺には赤っ恥棄てていきますけども、次はもう少し勉強しておきます。
でも・・・お抹茶代払ってないぞ!!私・・・普通ならあれ有料なんじゃないの??
やれやれ、更に赤っ恥を重ねて、次に座禅に行く時にはまた多めに浄財いれさせていただきます・・・
困った奴ですみません・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもと座禅に行く

2011-03-12 22:00:53 | Weblog
家人は今月土曜日オール出勤の為、家人を送り出した後、午前中は死んだように寝て、午後から子ども引きつれて久々(多分3ヶ月ぶりくらいか?!)座禅に行って見ました。
私は、2年前くらいにはまってから、時間があれば行くようにしている。子どもは半分乗り気ではなかったが、私は面白くないことが続いていて、気分を払拭する為だった。
いつか、私に嫌がらせをしてきた家人の親族にリベンジを果たしたいと思っているが、その一方で仏の教えには反することで、少々辛いものがある。

子どもは現地までの距離が遠いとぼやくが、山道を走るからで、時間にして自宅から30分、いつも買い物にいくところと距離自体は変わらないって言ったら子どもは驚いていたが、久々寺に着いた。
いつも見かける方に挨拶をして、座禅が始まった。
だが、私は雑念だらけ・・・
アフリカンシンフォニーの楽譜が頭に浮かんできて、あそこでオルガンの音色はこうで、それであそこの部分はffだっけ?みたいな雑念と、ここのところ家人の親族にされた仕打ちと、今までの怒りがこみ上げてくる。これが雲水さん相手の座禅なら私は何度も警策を受けているであろうと思った。だが、ここのお寺さんは警策はやはり控えめです・・・
一度だけ、自主的に受けました。

だが、結局私は家人の一族の先祖供養や墓参りは出来なくなったので、寺に通うようになったと言うのもある。家人の家の仏壇はウルトラ級でバカタレの義父の身勝手な判断のせいで、今はほぼ絶縁状態の義弟の家にあるもんで、お参りは出来ず。墓は遠方にあって、私ではいけないものすごい辺鄙な場所にある。営業やっていた私はある程度の場所までは車を走らせることが出来るが、あそこはさすがに無理だっつうの。行くまでに自分があの世に行きそうだ。

自分の身内のそれは、私の勝手でおまいりに行けばいいが、なんだか複雑である。どうせ、あの家では仏壇に仏飯もお茶も供えてないんだろうなあと。私はここの一族が絶家しようとなにしようと勝手だが、我が子が不憫である。この先義父が死ねば、家人と義弟と泥沼化しないわけがない。
私は、その時たった一人の子どもすらちゃんと守れるのだろうか・・・
申し訳ないが泥沼化するんなら、自活できるようになった時、子どもを連れて出てもいいと思っている。

一方で、子どもに至っては、お寺さんが背中を向けていらっしゃる時とかに頭をかいている有様
悪知恵つけてどーすんのよ?!と思ったが・・・最初は足がしびれて、足先が途中からプルプル震えていたり、結構笑える事を知らず知らずでやってのけていたが、最近は悪知恵以外はマシになったと思う。
座禅の後にいただくお茶や普段絶対食わない饅頭などもちゃんとそこではいただく。
そして、そちらにいらっしゃってお茶などを淹れてくださるお母さんから子どもはお菓子をいただいていた。

今日は浄財を入れる代わりに、お守りと御朱印帳をいただく。お守りは災難続きの友達に、後者は私のため。
後者には寺の名前を書いたものをいただいた。24の寺を巡るのは3つの県をまたがるので簡単ではないが、いずれ回ってみたいと思う。だから、家で中身を確認してから、シトロエンの中にそれは入れた。暇を見て巡ってみようと思う。
本当は四国にお遍路さんにも行って見たいが、まだそんな余裕はない。その時は邪道だが、一人旅で、車で回ってみたいなあ・・・それがかなった時に、何に乗っているかが楽しみだったりする。(歩きはドクターストップがかかる)

帰宅して、子どもはいただいたお菓子を食べていて、私にも一つくれました。
そして、むかしばなしのネタで、仏様に供えたごはんを食って、河童と相撲して買った子どものネタをちょっくら説明したら、子ども目をシロクロさせてちょっと困っていました。

正座しても座禅しても、大きくなってほとんど目線が一緒になった子ども、小さい頃がものすごくなつかしいのですが、まだ少しだけ、親離れと子離れが出来ていない。一緒に出歩いてくれるのは今のうちだけと思うが、なんだか複雑である。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドタバタと針刺し

2011-03-08 20:40:36 | Weblog
昨日からなんとなくドタバタとしていた。

昨日は午前中、買いだしに出て、精米済ませてきた。
午後からはまったりしていたら、頻繁に電話がかかったり、子どもが友達を連れてきたのだが、気がつくと金をねだられ、奴らはコンビニに行ってしまった。静かになったので、PCやりながら”雨の日と月曜日は”を聴いておりました。ちなみに私はカーペンターズが好きで、車のBGMは今はカーペンターズ。

それにしても子どもが連れてくる友達は何故か、うちにくると些細なことでも爆笑してくれて、私と子どものやり取りだけで笑い転げて、ジュースが飲めないとこぼしておりました・・・
って言っても、いつもの会話なんですが・・・何が面白いのかイマイチわからん。

今日は、どこも車では出かけず、暇を決め込むつもりで午前中もまったりしていた。
昼ごはんを食べてから、庭木の剪定をした。電線に引っかかりそうな木は切り落とさないとまずい。結局手の甲に切り傷をいっぱい作ってしまったが、用件は済んだ。それから郵便局とスーパーに歩いて行き、編みかけのショールを編み、ビーズブレスレットを完成させた夕方。

子どもが帰ってきた。
そして配布物と一緒に、「今日家庭科で針刺しつくったの!!」「母さんにくれるの?」「うん、僕は家庭科のもので針刺しはあるから」
もらったのがこれです。
結局マクラメ編みする針を刺しておくことにしました。
「こりゃ、結構なプレゼントで・・・」
中にはコーヒーの出がらしが入っていると言っていた。

針刺しは大事にするからね。
先日から、顔にプレゼントをいただくであろう相が出てたのはこれだったのだろうか・・・
当たるのね・・・人相学。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加