再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

正月の雑煮

2012-01-02 15:52:51 | Weblog
写メして掲載したら、どこの地域か微妙にばれそうなので、載せませんが・・・

私の雑煮は母から受け継いだ物、母はおそらく自分の実家から受け継いでいると思う・・・

私の雑煮は、醤油ベースで、出汁に、昆布、するめ、はまぐり、ブリ、牛肉の細切れが入っている。
中身ごちゃごちゃや・・・と文句が出そうですけど、結構美味です。
これは母が幼少から出してくれた物。これに正月用かまぼこや柚子、海苔を入れて食べるのだ。
幼少の頃は餅が嫌いだったが、出汁はすごく好きでした。

ちなみに母の実家は、ぶりやたこを箱で買った地域、醤油ベースにぶり、はまぐり、するめ、こんにゃくなどが入っていて、先に突き出しみたいな感じで、具材が皿にのって出てきて、それから出汁と餅で食べる感じだが、あれはとても美味しくて、小さい頃に食べただけだが、強烈な記憶として残っている。作っていた伯母さんは健在だから、味わいたいとは思うが・・・まあ普通に考えたら無理ね。

ちなみに家人のところ、どんなのが出ていたのか不明。
家人の祖母が健在の頃、一度だけ家人の祖母の家で、雑煮を教わったけど、どうにも食指をそそられず、1度も作っておりません・・・
家人も食べたいとは言わなかった。それで、うちは私色のお雑煮が正月に出ることになった。
内容ですか?ぶりベースの雑煮だったけど、味噌ベースで、サトイモ、にんじん、大根が入ったものでした。
言っちゃ悪いですが、料理は正直センスがあるように思えず、見ただけでげんなりしてしまった20代の冬でした・・・
せめて、正月だって言うなら、野菜も飾り切りとか、見栄え良くしてあれば、その時の感想も違ったのかもしれません。
まあ、あれこれはなしをきいていたら、数々伝説がおありのようでしたが。

そんな人にあれこれ嫁入り前に品定めされたのかと思うと、今頃怒りが沸いてきますけど、それはさておき。

子どもがうまいうまいって食べてくれますけど、お嫁さんが私と同じ地域でなければ、同じものは食べられないだろうから、子どもには万が一食べたくなったら困らないように、仕込んでおく必要があると思う。
私は、嫁ぎ先が姑不在で、そちらの味は全てすっ飛ばして、自分色を料理に出してきた。
当然、他人にその要求は出来ませんわ。
子どもの為に、作り方記載して万が一死にくたばっても困らないように、レシピをのこしておいてやるか!!

しかし・・・昨年末に買った餅、超不味かったんです。業者に文句つけたろか!!って一瞬頭によぎりました。来年から購入しないけど。
餅が美味くないと、出汁に負けてしまううちの出汁。強烈ですね~
去年までは、個人名が記載してある餅で口当たりが滑らかだったんだけど、この度のはぶつぶつだ、餅。
よーも、こんな不味いもん売ってくれたな!!!って思う。あの出来であの金額は高すぎるよ。河○食品さん。

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 初詣に行く | トップ | 防府天満宮に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事