再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

根に持ってんなあ

2018-11-21 12:25:47 | Weblog
お母さん。

この間電話で入院している人の話から、
「私は少なくとも自分がしんどいときやぼさぼさでみっともない姿を近親者以外には見せたくないわ」とぼやいたところから母、食いつく。

「アンタが入院して、手術受けた次の日に私が見舞いに行ったら、劣化のごとく怒った」と。

お母さんそいつは違いますよ。
当然訂正する。
「確か、夫から来ていい日は聞いているはずだし、時間帯も指定してあったはずだが、午後以降なら良いけど午前は駄目だと言ったはずですけど、お母さんが来たのは指定した日の午前中でしたが?」

「うう」つまっちゃっている。
「でも・・出るまでに時間かかるから早い方が・・・」
そりゃ、JR他で片道2時間かかるところを心配して出てきてくれたことには感謝しております。


病院の面会時間には引っかかっていなかったが、まだ色んなものが外されていない状態で来られても迷惑に決まってる。要はしんどいのに丁寧な対応なんかできないに決まっている。
実は夫ですら、術後面会時間ぎりぎりまで付き添おうとしてくれたんだけど、意識が戻って少ししてから「子どもが待っているから早く帰れ」って追い返しているんだ私は。

田舎みたいに入院してしばらくしたら当たり前のようにお見舞いって地域には私は嫁いでいないし、私とて周りが入院したって聞いても本人が来てくれと言わない、もしくはメインで見ていて定期的に洗濯物交換をしなければならないとか何かが無い限りは顔出さないから。出しても5分とかで。術後の病院は特に休むところだ。

ここまで言われなければ黙っていようと思ったんだけど、母も他所でやらかしてくれたら困るので、
「実はあの時、何故かお見舞い客が多かったし、私が術後に動けない、くたばりかけたのを見て担当看護師が面会ストップをかけるところだったんですが?」
これには黙るしかなかったようである。

家人も話を聞いて、「それは話が違うよね。こちらが午後からと言ったのであれば、それは来る方だって守るべき話で」
これにはキレかけたようだけど、止めた。それは言わなかったけどね。

結局子どもを思う気持ちはありがたいけど、現状嫁いで20年以上、主導権を握るのは家人であって親ではなくなったのである。
地味にそこの切り替えが出来なかったのだなあと。
ただし、何処の親も年老いても何しても心配は同じだって知ったんだけど。
90過ぎたお母さんが手術した娘さん心配していたとかさ、自分は棚に上げておいて凄い話だなあと。

あれから4年と2か月。
確かに動けるようにはなったし、前ほどの制限もなくなった。しかし、無い物があるって言うのはあちこちに弊害もあるってことで。
ただし、地味にこの部分だけ図々しくなった私は、押しかけて来る宗教とふざけた輩に「内臓取り戻してくれるんなら(宗教に)入ります」と追い返すようになったのである。
あと家人のふざけた親戚一部にもこいつは適用されます。私も色々根に持っている(笑)
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« これは・・・ | トップ | 連休に休み無し »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事