再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

うそ発見器?!

2019-01-20 13:55:56 | Weblog
先日他の部署の人とお休みが一緒になったから、お茶をすることにした。

普段顔を合わせたら普通に喋って、たまにメールするくらいだったのだけど、利害が一致したらしい。
たがいに聞きたいことがあったと言うか。

でもね、プライベートの格好だと双方で双方がわからなかったんだよ(TT)
プライベート晒すと違う方向になるなあと思ってしまった私である。
あちらさんはものすごくオシャレで私は適当だったから決め決めの姿を見て逃げだしたくなったけどね。(笑)

それでお茶と食事兼ねて某所に入ったんだけども。

そこで情報交換だよね、要は。
そしたら私の方は自分の部署と古いネタが、あちらからは全般ネタが出るわ出るわで内心「聞いてよかったのかなあ?」と。

そしたら、この会社。
嘘つきは淘汰されて行くようです。

そいつにびっくりだった。

うちの仕事で嘘や隠蔽は後々に響く。
嘘の場合は大半一つ嘘をつけば、更に嘘をついて固めて行かなければならないし、そっちの方が面倒だと思うのだけど。

一人目があまりに仕事をサボってパートやバイトに押し付ける割に自分の仕事は全くできないこともあって、本社に出向く関係者たちがそれぞれの上層部の人に不満を言ったら、半年前に左遷されて消えていったのは知ったんだけど、二人目の嘘つきってよりメンヘラが来月末で消えるそうです。

こっちのメンヘラは頭が足りない方なのと、多分お花畑なだけで悪意自体は無いのかもしれないが、巻き込まれたら非常に面倒であった。
私はたまに遭遇する程度だが、同じ部署の人間は大変だったらしい。

だからそいつが来る時は気を付けないといけなかったが、そいつから解放されるのかと思ったら、内心「ヒャッホー!」って叫びたくなった。
憶測だけど、その方女より男の言い分を鵜呑みにしてしまうタイプで、気が付くと周りから警戒されるタイプだと思う。
正直彼氏がいるって聞いたんだけど、こんなメンヘラ捕まえるのってどんなんだ?と私もその時に思ったからね。口には出さなかったけど。

ただ、教えてくれた人間はその人がそんな人間性だと最初知らなかったと言うが、他の人間は仕事柄お客様相手のこともあって、大半の人間は警戒していたのだと言う。
そして私までも警戒していたと知って「なんで最初からわかったの?」と。

私もだけど、今の会社で新人としてはいる場合、助っ人としてはいる場合、上司の皆様方に初にお目にかかるケースがある。
3つ目なんか抜き打ちに近いネタが多かった。

初めての相手に心を開いてもらおうと思ったら、まず自分が下手に出て頭を下げることである。それは私は敵ではありませんって暗に言うのと同じで。
私の場合なら「○○(部署)○○と申します。よろしくお願い致します」と頭は深々下げる。
それが初めてで出来なくても、その次に。
迷惑をかけてしまった相手なら「いつもご迷惑おかけして申し訳ありません」と付け加える。

その話を教えてくれた人の場合は、自分から心を開いて笑顔で最初出向くと言っていた。結局はそう言うことである。
あちらの方が大変だよ、訪ねる側だもの、仕事柄。

だが、そのメンヘラは私のところに最初に来た時に放った言葉が「優しい人で良かった」だったのだ。
それで「どっかできつい目にあったの?」と聞いたらその返答はなく、おかしいなあって思ったのが最初だったから。
俗にいうぬぐえない違和感。
きつい目に遭ったにしても、その後の回答次第のところはあるにしても。

普通は見知らぬ相手に直接会うでも電話でも、私は名前を認識していただくことから。
そして、相手がいる際に相手の名前を呼ぶように心がけている。

それ抜きって言うのがそもそも。
それにしても、うちの会社でそう言う辞め方をすれば誰もなにもしてはくれないだろうなあと。

私のところで辞めた人は別に事情が有っても円満退社だから皆にお茶菓子残して去られるし、こちらも「残念ですね」と心から言うことが出来たんだけど。
なんか引き際も気を付けないと恐ろしいらしい。

まあ契約更新されれば居るつもりではあるんだけど、私は直属の上司とそこまで仲良しではないからなあ。

またお茶できるチャンスがあればと思う。
あちらがどう思っているかわからないけどね。

私のチームの嘘つきも早くあぶり出されないかなと思う。
その人と私は見抜いているけどね。
うちのトップたちは人が良すぎて気が付いていないようだから。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« やれやれです | トップ | ストレスフル?! »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事