再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

ミスの連鎖

2019-01-10 09:06:29 | Weblog
今の仕事に就いてから、ミスの連鎖と言うのがこうなるのか~と妙な方向に感心する私であった。

正直、職場には魔物が棲んでいると思う。
普段ならやらないミスを多忙だったとか、逆に2人体制でやらかしたとか、誰かからの貰いミスで盛大にやらかすとか、逆に誰かの手に渡ってミスが露呈したとか様々。
それだって自分がやれば後の勤務に影響が及ぶ、自分で回収できる確率は1/3くらいで、隠蔽しなければまあうちのチームでは問わないけど。

先日勤務終了間際に外国人に返金しろ!とやられた私は、昨日の勤務で色々調べ上げた。
ミスの根源は新人ちゃん1で、うちの業界はミスをしながら仕事を覚えるであるが、それもせいぜい特殊な物、扱ったことがないもの以外はだいたい半年までは大目に見て貰えるがそれよりあとでやれば、チームから流石に不満が上がる。
ノンビリさんなんかはその典型であった。だから上司がこっそりカバーしてやっていたから最初の半年はミスが出なかったが、これが新規プロジェクトが上がってそっちに手を取られたら、今度はチームでそいつらをカバーする羽目になるが、上司もそれを知らないままベテランさんやバイト、私が黙って怒られてカバーしてきたけど、とうとう私が切れてそいつらが露呈ついでにベテランさんがその辺を上司に話して「悪いんですけど、どうしてもやって困ることや隠蔽されて困ることに関して言えば私たちも本人に注意します」で、ただノンビリさんはミスは多いが少なくとも嘘はつかない。

結局最初からミスを連発した結果返金に結びついたことだけは間違いないらしい。
これに関して言えば、今日の朝のノンビリさんと昼のベテランさんに確認してもらうようにお願いした。
じゃないと次にまたちょっと気に入らないことがお客様にあれば、二度と来ないって言ってもまた返金とか付け込まれるに違いないから。

悪いのはゴリ押し女、こいつ嘘を平気でつくんだよなあ、自分のミスを隠すために。こいつが一番まずいと私は思う。
アホか、40越えていつまでも良い子ちゃんでいられるもんかい。ぬるすぎ!
ミスとか間違ったならその場でスミマセンでしたいうたら大半は片付く。ぐちゃぐちゃいいわけしたり隠す方がみっともない。
お前今まで何やって生きてきたの?って突っ込みそうになった。結局自分が多店舗込で沢山勤務しているから私の方が仕事が出来るって自負があるようだけど、あんたのミス、皆が秘密裏に処理してるだけだろ?!って突っ込みそうになった。
この辺はお互い様だがな。

一方で昨日は新人ちゃん2と交代時に色々喋るのだが。
まず先日私が蒙ったミスの根源を掴んだので、「このネタのこのやり方は把握している?」と聞くことに。
確認したら彼女は問題なかった。だが、その際に「これは土曜日に起こったネタで、土曜日は一番忙しいしまだ不慣れなこともあって、ミスは仕方ないと思うのだけど・・・ただし、この手は後に影響するからね~」と。
そしたら新人ちゃん2が私なら安心と思ったか、
「実は新人ちゃん1はよく勤務交代要請を自分に出してくるんですが・・・・その頻度が多くて」と。

学生さんは確かに受講予定が変更したり急遽残されて時間に間に合わないとか間際でシフト交代はよくあること。
だが、これだって言い方とか等価交換をしているかどうかもある。
それで、「一般論であるが、交代させられてばかりもストレスがたまる。正直急病や冠婚葬祭、のっぴきならない事情なら仕方ないこともあるんだけど、それだって事情説明して交代お願いするか相互で納得してならともかく、今その話が出るんならそれはあなたが自分で線引きしてここまでは交代できる出来ないを決めて動いた方がいい」と。
私もそうだよ、ベテランさんと良く交代したりするけど、それだって事情先に言うよ。
ベテランさんもそう、「親の具合が悪いからちょっと変わってもらいたい」とか事情先に言うて、可能なら交代、無理ならこの日は駄目だけど、この日なら空いているとかね。
ゴリ押しと新人ちゃん1はこれが無いのだろうと思われる。
だから途中で相手が嫌になってくるのだ。

新人ちゃん1は先に入った女子大生よりはあとからきた新人ちゃん2にお願いしやすいからしてるのだろうけど、交代ばっかりさせられたらいい気持もしない。
これは、ベテランさんにあげなきゃならんだろう。
学業あってのバイトだし、今の子はバイト掛け持ちしていることが多いから、色々事情があるんだろうけどさ。

結局のところ、私も女子大生にはついついおかーさん目線で見てしまうから良くないのだけど、折角ご縁があって一緒になったんだしなあ、まあ上手く行けばなあと思うのだけど。
ちなみに新人ちゃん2は私を面白い人と思っているらしいが、面白いのではなくておかしい、クレイジーな方だと早く気が付いてください。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« 息抜き | トップ | やれやれです »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事