再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

先日から

2018-10-16 09:31:14 | Weblog
また疑いがかかっていた。
仕事で。

私が仕事が出来ないとか嘘つきでは無くて、状況的にもう何言っても不利って状態だった。
お客様からクレームが上がったけど、お客様は私はあまり疑わず、矛先を対応した人間と上層部に向けてきたようである。

だが、受け付けたのは私だったから私も居心地は悪かったのであるが、今回ばっかりは事情聞いてきた上司たちに私も「この状況では疑われても仕方のない状況ですね」とチクリとぼやくことも忘れなかった。

だが、助けて下さった人が居る。
集配さんである。
私は集配さんは下に置かない対応だけは心がけているのであるが、その集配さんが私の状況見かねてそちらのナンバー2に私の状況を説明したらしい。
そしたらその場でナンバー2の人が私の勤務中に連絡してきて、
「色々調べたが、私さん(私)のせいではないこと、証拠も十分な物が上がっているし何人もで確認したし、監視カメラも確認したから間違いないだろう。それとあまり気にしないように」と。
集配さんが説明したその場で連絡を下さったと言う。

正直、集配さんは私より後に入ってこられたけど、多分パートの私より立場は上(笑)
私もノンビリさんは状況的に私のせいではない、ベテランさんもこれは誰にあってもおかしくないからとはおっしゃったが、だが疑われてもおかしくはないところにはいて、それでもまた人に助けてもらったのである。

感謝してもしきれない。
一方で、前の勤務の時にクレーム出されたお客様がやってこられた。
「いらっしゃいませ、先日は申し訳ありませんでした」
「あら」

あれからどうなったかはまだ伺っていなかったので、お客様から事情を伺いレジをする。
それでお詫びしながらお客様から色々伺うのだが、お客様に話の流れから
「またいらしてくださいますよね?」と
「もうきているわよ」と。

それから、私はあの状況ではお客様にだって疑われてもおかしくなかったのに
「あなたの勤務時間は?」と。
勤務時間と週にどの位出るか説明したら、
「またくるわね」とおっしゃってくださったのであった。

一方で上層部に連絡を入れる。
ナンバー2の方に入れたら、(先日はナンバーワンが休みだったから自分が対応したけど)本来の管轄はナンバーワンの方にねと言うことだったので、
ざっと説明してお礼を改めて申し上げる。
「あのね、あまり気にしなくて良いから」
「少なくともなんであれ、疑われたままで勤務するのは嫌ですので」
「そりゃそうか・・・」

それからナンバーワンに連絡を、そしたらお客様がいらっしゃった上にまたきてくださるそうですと言ったら、ものすごく驚いておいでだったのである。
お客様、私以外の対応した人間には結構厳しいことをおっしゃったらしく。
だが、ナンバーワン他上司たちが間違っているのは、うちのチームは概ねお客様に親切にしていることもあって、誰か嫌いなのがいても他の人間の勤務の時に来るって言う裏技でも何でもないけど、逃げ道はある。

ちなみに私が嫌うお客様がいて一方で私を好きだと言ってくださるお客様もいらっしゃるが、そう言うお客様は私があれこれ覚えているから。
それと、幼少の頃から親のお客様と言うのがものすごく多くて、それも富裕層ばっかりだったこともあって、その辺の扱いを地味に心得ているからである。

直属の上司だけ報告した際に、
「ねえ・・・お客様の扱ったもの覚えてるの?」と。
少なくとも常連さんの物を見れば、趣味だとか購入されるブランドだとかそんなものは割に頻繁に見ればわかるであろうと思うし。
上層部たちは大量に物を見るのだから覚えていなくて当然だと言う考えだったけど。

私はおかしいものの覚え方をするので。
これも後味の悪いネタではあったのだけど、最終的に上が正しいか、お客様と私が正しいか。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« 約五年検診 | トップ | 食べてストレスが取れる »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事