再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

面接かい

2018-02-14 19:16:53 | Weblog
今日も勤務で、何故か携帯の履歴には「ちょっと早く来て」と。
見れば、職場の外見と内部分の写真撮影が必要だったそうだが、私はこの辺はお手のもんで、珍しくベテランさんのお役には立てたようであるが。

問題は研修に入る話がすっかり流れていて、それでてんやわんやしたついでに、今度は面接が入ると上司の上司が。

しゃーないなあと思いつつ、掃除してあれこれ済ませたら上司の上司が。
必要事項他教えて頂いた後、面接の人がやってきた。

申し訳ないんだけど、ここのところ明らかに体重が3桁あるのではないか?と言う人ばかりで、その上対応が悪いとかではないにしても、違和感がぬぐえない私である。

一方で面接が済んだ後、上司の上司が「どうだった?」と、(私に聞くなよ)と思いつつ、
「まず自転車で来るにしても、この辺は特別駐停車禁止区域ってことで、それは自転車でも例外ではないので、出来れば近所の有料の駐輪場に止めてくるか先にその辺を聞いておくべきなのでは?」と言ったら、
「厳しいなあ」と。
「だが、チャリはぎりぎり自分的にはセーフなんだが・・・」と振って来られるので、
「それに、ここは一人対応での接客で、そうなると多分気の強い女しか生き残ってないだろうと思うのですが、あれは・・・気が回らない段階でアウトかと」
「・・・・」
「だいたいお客様も大半は親切だけど、中にはいきなり怒鳴るのとかいるのですが、こちらだってそれに対応するにも、他でも気が回らないようでは、その辺太刀打ちできないのでは?」
「うん?」
「私は先に言います。自分に挨拶しろとか言う意味ではなく、少なくとも出入りしたところに面接担当者以外がいれば、会釈でも目礼でも出来ないようなのが接客やるんですか?」
少なくともそこにいる人間は、一緒に仕事をする可能性が高いからである。
そこで気に入られないといくら優秀でも生き残れないと思う。
うちが脱落者や脱走者が少ないのは、ベテランさん達が人格者だからである。
ついでに中年以上は後がないんだから、しがみつくしかないって言うのもある。

上司の上司の答えは結局、私の直属の上司にお任せすることにする・・・となる。
多分、私と似たり寄ったりの反応だったみたいだが、だからって私にそう言う都合の悪いことを言わせるあたりが(笑)
だが私は厳しいんだと。昔から言われてきたけど、結局気が回らないのは、チームでも客からでもブツブツ言われることになる。
どっちかだけでも救いがあればいいけど、チームで動かないといけないのに気が利かないとか、率先してやらないのは敬遠される元になる。
人が嫌がるのを率先してやるとか、そう言うことです。

うちは学歴不問だけど、ここで生き残るには学歴よりも気遣いなりなんなりは必要だもの。
チームを思いやれるとか、人や嫌がることはやるとか、そう言うのが。

遠回し過ぎたけど、上司の上司にはその辺わかってもらえなかったかもしれないけど、それでも少しだけでもわかってもらえたらなあと思います。

ついでに、女の職場だけって言うのは楽で良いよなあと改めて思ったバレンタインデーでありました。
まあ前勤務と後勤務の人にはふざけてあげたら笑い転げていたんですけど、皆さん。


ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« 結局は | トップ | 教えを乞いに »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事