再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

参観日っと

2013-02-22 15:40:49 | Weblog
別に大好きじゃないのだけど、今日は別物だった。
子どもが幼稚園でお世話になった先生の講演だったから、真面目に行ってみました。
昨日、激しい頭痛、○理痛、腸痙攣ときて、いい調子でもなかったが、午前中仮眠取ったら楽にはなった。
気がつくと、3時間爆睡・・・無理もない、寝たのは今日の12時半、起きたのは6時。指圧付。
子どもが本気で心配していたけど、こればっかりは仕方ないって言うか。

基本は、参観日であれ、何であれ遅刻していくのだけは避けている、体調が悪いと中座して帰る事もあるけど。
そしたら、ちょっと早めに行くと、幼稚園の先生と遭遇しましたので、挨拶はしておきました。

・・・しかし中学生だろ、親が入ってきただけで、後ろガン見してんじゃねーよ、行儀悪いな。
これ、悪いけど育ち等わかるんだよ、まだ中学でやってるならいいけど、高校のオープンスクールでやってるの見たら、頭疑うし、萎えるわ、実際偏差値が低い高校のオープンスクールだと、馬鹿みたいに何度も後ろ見てるのがいるんだけど。そんなんに限って髪の毛はともかく、トサカみたいな頭してるんだよね・・・
子どもがやってないのが救いだったな。あれはオープンスクールにもぐりこんだ後に、家人と言っていたのを聞いてたらしい。

ちなみにガン見ですが、当然お返しはさせていただきます、特に子どもが苦しい思いをさせられたガキには、強烈なガンをお見舞いしておきました。
テメー今度なんかあったら、ぶっ○すぞ!!的なガン。実際、次に何かあったら、一家共々闇に葬り去ってやる。
一度目のトラブルの時は、病院送り&被害届は出さなかったが、次はない・・・と相手の親にも言い放ってある。わかりません、知りませんじゃもうすまさないから。

・・・で参観日。
先生から幼稚園の一日、幼稚園の四季の説明があり、正直懐かしいなあ~って思いながら見てました。でもこのデータ作るの大変だっただろうなあってくらい、内容も濃い物でした。
そう言えば、子どもも同じようなことをしていたなあって・・・感慨深かった。そしてある人の言葉を思い出した。
「子育てって言うのは、一期一会」だと、その時でしかないから、その時を必死でやれと。
その通りだと思う。だから、私は自分の体調もさておいて、家人優先、子ども優先でやってきた。

そして、生徒からの質疑応答や、先生の本読みやいろんなものを見せていただき、隣に座っていたお母さん(こちらは幼稚園から一緒)と「懐かしいわ」って言っておりました。先生のポケットからぬいぐるみやいろんなものが出てくる、本読みもなつかしい、子どもは特に先生が好きだったから、本人はどう思ってみていたのかわからないが、私は懐かしい気持ちでいっぱいになった。

そして、働くにあたり、子どもに接する際、笑顔、感謝を忘れないこととおっしゃっていたが、お寺さんの話張りに高度でしたのは言うまでもありません。それと誰にでも出来ることではないのだが、人を選ばないこと、これ、難しいです。
私は接客の際は、スイッチが入るけど、入らなきゃとてもじゃないけど出来ません。この人好き、この人嫌いじゃ勤まらないですから。
私周りに限れば、この先生と、私の仕事の師匠だけなんじゃないでしょうか、これがなんも抵抗なしに出来る人は。

ちなみに子どもには、以前の可愛げなもんじゃなく、仕方ないとは言え、香ばしい匂いはするし、ヒゲくらいは剃っとけ!!じゃないと先生が引く・・・・って言ったら、昨日髭剃りしてたんだけど、「母さん・・・にきび切った・・・」
あー、にきびまで剃っちゃったんですね。物好きなこって。

子どもには帰宅してから、感想を聞いておきます。

子どもは代議員とかなので、先生の前に偶然とは言え、座っていたけど、先生どう思われたのでしょうね・・・
我が子はおひねり(1漱石とか2漱石とか・・ちなみに一万円だと1諭吉となる)とお菓子が見知らぬ人からいただいていたと言う、悪いが可愛いので有名だったのだが・・・今じゃその面影もなく。うーん・・・

あれから数時間後。
子どもは帰宅して、先生からメールが着たのである。

子どもが、先生の目の前に座っていて驚かれたらしいこと、子どもが真面目に聞いてくれたと、子どもは子どもで、先生のだから真面目に聞かなきゃって、ちょっとプフッて笑ってしまった。そして帰宅してから、その時間にまとめたメモや、先生にお出しする手紙も見せてくれた。
学ぶことが多かったようだね。
でも最後に子どもが、「相変わらず”はさみさばき”すげー!!!」
というのは忘れませんでした。なんと、講義中にハサミと折り紙を取り出し、ちゃきちゃきとハサミを動かし、高度な蟷螂が完成したのであった。
私も手先は器用な方だと言われるんだけど・・・芸術品だった、あれは。

私は卒園してからも、たまにメールをしたりする関係で多少は話を聞いておりますけど、先生曰く、研修で高見映さんの所に行くのが楽しみだったこと、その時は、最前列で講演を聞くと、勉強をやり続ける人のすごさを思い知るのである。
私ものっぽさん見て育ったし、できるかなのDVD揃えました~みたいな感じですから、気持ちはわかるし、私も研修の場合、やっぱり一番見やすいところ、聞きやすいところに行きます。

近いうち、またお会いするから、楽しみです。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« 買い出し買い出し | トップ | 知らず知らずで返ってきたお金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事