再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

気を抜いて無くてもこれだよ

2017-11-12 16:51:23 | Weblog
昨日の勤務のことである。

私は自分が勤務に入る前に、暦で自分の運気と自分の人相見て出る。
ハッキリ言えば当たるので、正直自分の顔に不穏な物が出ていたら「うげ」と思うが、こんなもんを学んだ自分が悪いわけで。
観念して出るのだが案の定勤務に出たら、仕事が出来ない前勤務に他部署のお偉いさんらしいのがいる。
この段階で心が萎え切っているのだが、勤務が始まれば仕方がない。

だが、お偉いさんの応援があって仕事が全く減っていないのも不穏に思ったし、結局仕事がのろいからしなきゃならないことが全然出来てなくて、黙って仕事を片付けるのだけど、問題はシフト交代時に切りをつけて帰ってくれる方が全然こっちには楽なのだけど、前の仕事をもたもたやられたら自分の時間になっても仕事がとん挫してできないわけ。
その間にこっちはやり残したことを既に終わっているのだが、こうなると、集配が来る頃にドタバタして自分の首が絞まる。

上司に「お願い」と言われても、お願い以前の問題である。そもそもテンポが遅いと言うのが私からしたら問題外。
じゃあ遅いから正確かと言われたらそういうわけでもなく、出来ればこの人とのセットは忙しい土曜日には勘弁してもらいたく。

一方で、この調子でやられたら自分のペースも崩される、客はこの日に限って多く捌くのに精いっぱいだし、次の勤務は重箱の隅をつつくタイプのバイトと来て、この段階で頭も痛い。
このバイトはベテランのミスは腹が立っても指摘しないが、自分より後に入った者には容赦ないからして。

その上客のあたりも微妙で、たまの常連さん(ご婦人方)に癒されながらやっていたけど、今日のビックリは客が袋に物を入れるやり方が悪いって抜かしてきた。
同じことが出来て指摘するのならその指摘お受けしますが、口だけだったらぶっ殺す・・と内心思いながら、お給料は我慢料じゃあ~と心でブツブツ唱えながらやり過ごす。
その上男性客が来るが、どういうわけか全員多少でも安くなる方を選ぶので、手間が増える。

ハッキリ言う、うちは袋の種類が限られているのだが、その客の商品全部を袋に入れること自体が微妙に自殺行為で、それにしても元同業なのか何なのか知らないが事細かに指摘してきて、言い分はわからないでもないが、さすがにここまで忙しい思いして言ってきたのが色々センスがない奴だってみろ、「貴様に言われたないわ」と口には出さないけど。
それで最後に「袋の入れ方はもう少し考えた方が良いと思います」ってお前何様?!ってキレそうになりながら「ありがとうございます」と。
うちは規定の入れ方があるのだが、それをやると私が担当した客の半分が嫌がって、結局元に戻したりとか言うことが多く。
中途半端な奴がこう言うことを言えば恨まれるだけだと思うけどね。それで微妙に客の顔色が悪かったんだわと。
微妙に恨まれている顔ってあるのだが、それだった。

私もある、特に書店などでカバーかけたり袋に入れるのをもたもたしていたら、私がやりたいって思うことはしばしばあるよ。だが、そんなことは言わない。
どの職業でも完全に向いているのばかりがそこにいるわけではない。変なのに当たったら運が悪いとやり過ごすしかない。
最近はハズレが誰か並んでいるレジの顔を見るとわかるようになった。特にデパートのお歳暮売り場などで入力担当者が並んでいて「こいつには当たってほしくない」と思った奴に当たるみたいな。そしたら案の定ハズレやみたいなことになる。

結局そう言うのは何やっても文句が言いたいだけなので、レジのネタに「袋詰めにうるさい客」って記載しておきました。
他の人間が困らないためである。

更に夕方に集配がきたけど、違法駐車したタクシー会社のせいで、荷物が中々入れられないとか、私の運気の悪さは酷い物であった。

その上帰り間際に客が集中して結局残業して帰る羽目になったのである。

そして今日の夕方。ベテランさんから連絡が有った。どうやらミスをしたようです・・・
謝ったらいいよいいよとおっしゃってくださったけど、そのミスの元の原因は私じゃないんだけど。
私より新人の人がちゃんとお客様に確認取らなかったから起こったミスで、やれやれ・・・

明後日の勤務が正直怖いわ。
って言うか、これで兼任は絶対不味いって言うの。
だが、結局会社提出用に車検証のコピー他が揃うのである。
もう逃げられないってことか。
そして、この不安なまま色々ことが運ぶのが怖い。
だがこの状況だからって誰も助けてくれるわけがないし、頼るのは自分だけかと。



ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
« あのー | トップ | これありなんですか? »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事