再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

解剖生理学

2013-02-10 16:43:06 | Weblog
うーん、私の場合は、皮膚解剖生理学を学校で学んだと言うのが正しい。
マッサージやエステの勉強も主婦がポンポン金を使えるわけもないので、お金が貯まれば、学校に行く。

これもそう、ツボは割に把握しているが、エステ等の実習で、専門用語言われたり連発されたらわからん???となることがあって、実技以外にも座学の講義を受けていた。
それで、某所学校の解剖生理学はクリアしているのであるが、それでも独学で黙々と勉強して、学校で走り書きで取ったメモはわけわからん??状態になっているので、一冊のノートに綺麗かどうかはわからないが、まとめている。

でも理科があまり好きではなくて、高校生物は選択で取らなかった(代わりに地学)、先生嫌いだから教科も嫌いと言う、お約束ぶりで、でもそのツケが30代で巡ってくる。

ありきたりに専門職や派遣で大きな企業を回らせてもらい、パートでも、聞けば目がテンになるであろう、名の知れた会社に入れてもらうことが出来て、いろいろやった、私は派遣も短期専門だが、でも何かが違った35。
ここが転機だった。

資格とってすぐに開業も出来ないわけじゃなかったが、納得が行かず、無駄に勉強だけ続いていて・・・
解剖生理学も学校でやっただけでは、どうにも納得が行かず、ずっとここの所、書店の医学書のところで解剖生理学の本を見て、でも気に入るのがない・・

で途方にくれていたところ、なんとHPで、それをやっているところがあったのである。
確かにタダで見られるのに、申し訳ないくらいわかりやすくて、目から鱗・・・
気に入れば、本に限れば買ってしまうのだけど・・・

そのHPは看護士対応のもののようです。
難しいかもしれないけど、少しやる気が出たかもしれません。
コメント