ラクス・クライン慰問ライブ終了記念サイン会

なんというか、毎回ガンダムの感想を書こうとするとブログが死ぬ。デスてにぃー(´д`)

今回は特に、なんか知らないけど、いちいち演出が長い気がする。
回想シーンというか使い回しが多いのは相変わらずですが、要らないシーンが多いような。
まず「シンがステラを抱え、インパルスに乗り、ミネルバへ飛び込み、ヨウランとか出て、医務室に駆け込み、艦長が部下を引き連れ」という繋がり…要るか、これ?
「シンがステラに気付く(先週ラスト)>タイトル後、医務室で寝てるステラのシーン」でいいんじゃない?
シンが敵兵を連れ込んだという時点で嘘っぽいし、仮にもドクターってあんなこと言うかなぁ?
看護婦さんの首を絞めてる時点で射殺されないのも不思議。ザフトって意外と軽いのね(後半に続く

ステラが暴れたシーンもなーんか無意味に長いような。暴れだした時点で抱きしめろよ、シン(´д`)
ハンカチの回想(いい加減回想しすぎ)は誰がどー回想してるかわかりにくい。
大事なことじゃなかったのか?ネオを刷り込んだんじゃないのも不思議だ、連合軍。

ステラの損失で3バカが2バカに記憶を換えられちゃうのかぁ…便利なのかなんなのか。
これでステラが戻ったら違う部隊所属ってことなのかな?ソロでデストロイ。

「シンに会いに来た」
これ、視聴者は嘘だって知ってるのに良いの?
だってステラは「ラボを守る為」に飛び出して、シンのことなんか全然思い出してなかった上での行動じゃん。
一回でもシンを思い出してれば、というか、会いたがってるシーンさえあれば別だけど。
それなのに「会いに来た」だぁ?その台詞に真実味が一切ありません。私はステラを信用しません。

後半ですが、AA組は戦艦あるのに自前のシャトルねーの?
ザフトの宇宙港ってもんのすげー間抜けな警備とチェックだし。これじゃー不審車が柵を破って滑走路を走ってもおかしくない。

サインを貰って喜ぶザフト兵達の会話。
ザフト兵A「今日のラクス・クラインってさ…」
ザフト兵B「ああ、ラクス様なんだけど…」

ザフト兵AとBハモって「いつもより小さくねえ…胸が」

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )