夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

選ぶ意思の系の、成り、選び、を、前提として、初めて、 可能ら、が、成り立つ 。

2017-11-15 12:27:20 | 政治・経済
【 感や、観念を成り立たせる、
喚起因として働く、
それらの、 宛 アテ 、 で、
対象に成る、 物事が無いと、

我々が、 我々の精神系の各々の、
一定部分らである、 感らや、 観念らとして、
我々の各々に現前する物事らは、

それら自らを喚起因として機能させて、
感らや、 観念らを、 改めて成立たたせる、
事に成るが、
宇宙のあちこちの領域らめいた何彼ら等から、
地球の存在する領域めいた何かへ、
地球人類のとは、 異なる、 在り様で成立つ、
感や、観念ら、 を、 成立たたせる者らが、
来てある様な状況の、
何彼の事らを思い分けて観ると、

その主らは、
地球や、 地球人類などの存在らを、
知りようが、 無く、
地球人類と、お互いに、
その存在を知り合えない場合の在る事が、
考えられる。


共通の、 質としての内容や、
規定性らのある、 感らや観念らの、
宛なり、 喚起対象なり、に、 成り得る、
何彼らが、 無いと、

感ら、の、 現前態らにおいて、
それらを通して、
その存在らを基に、
観念での、 図式的な事ら等を成す形で、
何彼かの存在を知る、
という事が、
それ自らの成立ちを得られないので、

地球に重なって、 何彼かがある、とも、
観成し得る、度合を、
何彼かが成している状況に対しては、

その何彼かが、 我々の感ら等の宛に、
成り得ない内は、
我々の知り得る宛の存在には、成らない。


何らかの感らや観念らを成す主らが、
すでに、 地球辺りの何彼らと重なり合っている、
めいた、
何らかの度合を成していても、
その主らの何彼らが、
我々の感ら等の宛に成らない物らであるならば、

我々は、
我々の精神系の各々の、
可能態や、現前態の、 一定部分らである、
観念らの規定性らの、
矛盾し合う関係性ら等を、
思い分けて観て行く事を通して、
その存在の可能的な度合を知る、
という形で、
それの在り得る事を知る事は、 できるが、
それの存在ぶりを、直に知る事は、できない。


科学技術性 ≒
科学技術である物 、 科学技術である事 、
その度合い等 、 を、
そうした事をも、 思案視野に入れて、
発達させて行くのであれば、

すでに、
物事を探し当てる行為を成り立たせる事に、
必要な、
その物事として、 の、 情報らを宿す、
観念の設定存在である、
基準の体系知を成してある状態は、
成した事に成るので、
そうした存在らの度合いらを発見できる、
分 ブ なり、 可能的な度合いなり、
が、 そこには、 ある、事に成る 。


いずれにせよ、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、
細菌らなどによる攻撃や、 核攻撃などの、
人為的な災害らも含めた、
色々な災害らへ対する、 避難経路ら、と、
より、 快適に住める、 避難所ら、 とを、
作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、

英米の富裕権力層の者ら、を、
その事業らへの、 最大手の、 資金ら、や、
許認可の、 出し主として、
自らの事業らを営んで来てある、
英米の、 投資銀行の、
ゴールドマン・サックス系の者らや、
そうした類の者らを、 幹部らとしてある、
IMF ≒ 国際通貨基金 、 系の者ら、
等の、
カネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
自らも、 主張し、 実行する事において、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
主な政治家らや、 報道機関らの者らに、
テレビやラジオへ頻繁に出てくる、
論説員らと、 論弁員らが、

主に、 日本国民たちから、 日本国民たちへ、
カネとして働く、 数値ら、などの、

資本性 ≒ 資本である、 物 、
資本である事 、 資本として働き得る度合い、
や、 それを成し得る存在 、 など 、 ら、 を、
日本政府、 が、 預けて、 役立たせ得る事の、 あり得る度合い、を、 より、 小さくしたり、
小さいままにしたりする事でもある、

日本政府の財政における、 緊縮 、 を 、
繰り返し、 成す事を通して、

それらが奉仕すべき、 日本の主権者である、
日本国民たちの一般と全体とへ、

デフレ不況性 、 を、 押し付け続けて来てある、

その、 デフレ不況性、 を、 解消し去ってゆく、
と共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを、
飛躍的にも高めてゆくべき、
押しつまった状況にも、 ある 。


地上を襲い、 地上をおおい得る、
あり得る、 色々な、 災害らへ対して、

地上に、 避難所らや、 避難経路らを設定して、
日本の主権者たちを、 それらへ誘導する事は、

人食い虎どもの住む、 密林へ、
人々を誘導する事に類する行為であり、

日本の主権者として、 日本国民たちの一般 、
へ対する、
個々の日本国民においても、
執事なり、 召し使いなりの立場にある、
公務員などの、 者らにおいても、
成す事が、 許されない 、

日本国民たちの一般の、 あり得る、 福利ら、を、 より、 能くも、 最大限にも、 成す事を、
約束して、 日本の社会に、 存在し、 存続する事を、 日本国民たちの一般から、 許されてある、
筋合いにある者としての、 義務 、 に、
違反性を成す、 行為であり、

それが、 作為型では、 無く 、
無知性と痴愚性とにもよる、 不作為型の、
行為であっても、
それへの責めを負うべき、 筋合いを、
それを成す主 ヌシ 、 らの側に、
成すものである事に、 変わりは、 無い 】 。


☆ 複数の 、 務録 ブロク ≒ blog 、
らへ、 同時に、 記事を発信をしており、
頂く、 論弁らの、 一つ、一つへの返信は、
出来がたいので、 ご容赦を頂きたい。

その論弁欄らは、 情報交換の場などとし、
日記代わりにでも、 詩律句を発表する場としても、 好きに、 使われたし。

☆ 根途記事➕論弁群;

☆ フェイスブック ; 小平博美さん ;

知り合いから、 ラインがありました。

『 警察署に通う方から来たメールです。
必ず、 読んで下さい。
知らない人が、 路上で、 接近して来て、
乾燥海産物をおすすめして、
販売しようとしながら、 一回、 味見をしてとか、
臭いを嗅いでとか、 言われたら、
絶対、 絶対、 しないで。

海産物ではなく
( エチル・エーテル ) 、 1種の麻酔薬で、
臭いを嗅いだら、 意識を失う。

中国から来た、 新しい犯罪である。
周囲へ、 広く、 知らせて下さい。

実際、 事件発生、 臓器売買してるそうです。
特に、友達や親戚に、是非、 伝えて下さい。

このメールを受けたけど、
一人だけで知っているのは、 とても深刻である、
と、 思って、 送ります。
周辺の知人達に、巻き込まれないように、
早く伝えて下さい。 』


☆ 本人が気付かない内に成っている、
微小な脳梗塞の存在を知る方法
2016/ 4/26 20:41:27 ;
http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 koueki-psec@moj.go.jp :
:
☆ 菊池洋に: 遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/


@ テレビ番組の、 たけし氏の家庭の医学:

☆ 片手を、 顔の前へ突き出し、
天を指す様に、その親指を立て、
目を瞑 ツム ってから、
その手先を、 上下に揺らし、
目をつむったままの状態で、

別の片手で、 その立てた親指をつかむ事が、
すんなり出来ない場合には、

脳梗塞が、 すでに、 微小な範囲で、
成っているので、
至急に、検査して貰える様に、病院へ行く事!



☆ オールトの雲:
太陽系の最外縁部にあるとされる、
小天体の集まり: 数万 AU 。 :

・太陽の重力圏の範囲: 約十万 AU
≒ 約1.6光年
≒ 光の、電場と、磁場、の現象らが、
成り立つ状態が、次々に連鎖してゆく、
その移動の速度:

光速 、で、 移動した場合に、
1・6年もかかる距離 。
:

・陽〜プロキシマ・ケンタウリ ≒
最も近い隣の恒星: 約 27万AU 、
約 4.2光年 。 :

@ 式では、 解るが、 引力に囚われて、
公転するって事が、 ピンとこない。

映画とかで、宇宙船から離脱して、
流されてゆく人と、 公転している星とは、
何が、違うんだ。

どうやったら、 自由から、 束縛に変わるの? :


【 @ 自由から、束縛へ、と、観るのは、
予測確定性の度合の低い、運動態らや、
選び様ら等を含む、 観念設定上の図式事らを、
自由性を現前させる度合が高い事柄と観、
予測確定性の高い事柄らを、
自由性の度合の低い事柄と観ている、
度合があるのかも知れないが、

意図を実現する自由性は、
因果系を象って成る観念において、
その因果系の一定事項らを、
自らに体現する形で、
観念の設定上の図式事項らが成し行われてゆく、
事において、
意図する事柄らの、一定度合以上が、
実現されてゆく事でもあり、

因果必然系の一定事項らに成る事らでもある、
可能事項らを選ぶ、
心居 ウイ な行為を成す事に基づいて、
観念された、 可能事項らを、
現前態の事らにする度合を成す事でもあるから、 因果系を成し現す形で、
それ自らの成立ちを得る 、 もので、

自らの成し行い得る、事ら、を、
選ぶ、 意思の系、 が、 成り立つ事は、

自動的に、 因果必然系を構成する、
現実態、と、 可能態、の、 物事ら、から、
可能な物事らが、 選ばれ得る、 状態になる、
事を意味し、

その因果必然系の世界に、
全く、 意思の系ら、の、どれ一つも、
成り立ち得ていない場合においては、

その因果必然系の一定部分ら、が、
可能な物事や、 その一定部分などとしての、
意味を、 宛てがわれる事は、 無い 】 。


@ 引力は、 質量のある存在同士で、
働き合うので、

宇宙船と人との各々でも、働くが、
その力は、
太陽が、 宇宙船や人と引っ張り合いをする、
力と比べると、 ゼロ 、に等しい位しかない。

物体が、 中心の天体の重力から脱出できる、
速度より、速ければ、 飛び去れるし、
遅ければ、 天体の、見えない、
引き寄せる網に、 囚 トラ われる。


☆ 古い記事の引越保管と改訂など :

◇ 因果必然系を前提とする自由性。

☆ 因果必然系上のものらを、 選ぶ主が、
可能らにする。 12/ 10/9 22:30 :


我々の自由に選ぶ意思が、
一定度合以上で実現する事においては、

因果必然系の存在が前提になる。


因果関係が成り立たない、世界では、
いかなる意図も、 それを実現し得る、
手段な事らと、 関わりを成し得ず、

いかなる、 意図も実現し得ない世界では、
そもそも、 意図そのものも、
それ自らの成り立ちを得られない。
:

◇ 意図 、 というものに置いては、
既にして、 因果系が、
観念の設定上に、 成立っており、

観念設定上の因果系の存在は、
意図 、 なり、
心積もり 、 なり、 などの、
何事かの、 成り立ちや、 不成立を、 段取りする、
心居 ウイ な作業らの綜合系が、
動的に成り立つ事への、前提になっており、


我々は、 因果必然系においてある、 ものら、
に対して、
何事かを選ぶ行為をなす事において、
それらを、 可能ら、として、
格付けて観る、 観念な、 行為に及ぶ。


可能的な事ら、 可能ら、 があるから、
意思し、 意図し、 選ぶ、
自由性、が、 成り立つのではなくて、

選ぶ主が、
意図し、選ぶ行為を在らしめると共に、
選ぶ主として、 自らを在らしめる事により、

その事自体において、
必然性と共に在る、 因果系上のものらが、
可能ら、として、格付けられ、

自由意思と相対するものらとなる、のであって、

可能らの綜合系である、
因果必然系の存在の度合いが、 乏しく成れば、
成るほどに、
自由意思の存在度も、乏しいものになる。


☆ 可能らから、 自由運動が、
選ばれるのではなく、
自由運動が、 可能らを選りすぐって、可能とする
08/ 1/27 13:53 :


☆ 可能から  自由は、成らず  自由から

可能候補ら 選ばれて成る・・。 :


☆ 自由者: 選ぶ主 、 が、
可能らを選ばねば、
可能候補らは、 無いに等しい
08/ 1/28 13:05 :

◇ 先立ちて 選ぶがありて  可能あり

選びに先立つ 可能らは、 無し・・。



☆ 成る意思の 選びが分ける 因果系

選ぶ自由が 可能らを成す・・。

2016/ 2/19 21:59:51 ;

・・観る主として、
意思の系が、 観念らの成り合う場で、
その他の、 観られる感ら等の物事らと、
区別される形で、設定され、

我々の各々の精神系の、
現前態や、 可能態の、 一定部分らであり、
自前の物らである、 観られる宛先として、
観念に設定される、 色ら等を、
自らの、 質としての内容とする、
感ら、等が、
観る主である、 意思系に対して、

観られる宛先の存在として現前すると、
我々の各々の自らである、 感ら等が、
観る主に対する、
観られる、 他者として区別され、
他者としての規定性を観念設定されるので、

色らを伴う、 光らは、

我々の外側から入り込んで来る様に、
思われる度合を成し、
音らも、我々の外側にも、
在り得ているかの様にも、
何となく、思われる度合を成している。


それらの全てが、 感らである限りは、
我々の各々の精神系を構成する、
一定部分ら、の、
可能態や、 現前態、の、 物らであり、

我々の各々の一定部分らである事は、
その手の観念らの規定性らが邪魔をして、
中々、在りのままに、
思い分けて認められなかったりもする。


意思系の成り立ちは、
自らの一定部分ら同士が、
観念らの設定において、
我彼に、 分けて観られる事を伴い、
我々は、
部分な自らである物らを、他者と観て、
相手にし、 動的な図式事らを成し行う。


働き掛ける主である、意思系の、
直に、働き掛ける相手らは、

我々の各々の部分な、 自分らであり、
その働き掛けらは、
翻訳された感らと、
それらを含む、 観念らの現前などでもある、
反応事象らを呼び起こす。


虫も含めた動物らの中に、
意思系のある者らがいるのであれば、
そこには、
観る主と、
それに観られる他者、 とに、
区別される形で、 成立つ、
観念らが成立ってもある事になる。


何らかの動的な図式事らを、 選り好みして、
成し行う、
意思系が成り立ってある場らの各々では、

選ぶ度合いが高い程に、
選ぶ事における監督である、
意識の構築性の度合が、
高く在り得ている事が、 伴われ、

自らの成し得る行為な、 事らを選ぶ、
自由性の度合の高さは、
その可能的な行為主の、
動的な意識の構築性の度合の高さを、
量り観る上での、 目安になる。


動物ら等の意識の構築性の度合を量り観るには、 その可能的な行為らにおいて、
選り好みの成され得て、在る、 度合を、
設定して観る事が、 役に立つ 。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 代々型の、 犯罪加害性ら 。 ... | トップ | 観念らの規定性らによる、一... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事