おやじのライフスタイル

志は少年で、理想を求めて七転八倒のライフスタイルマガジンです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イカル@城北中央公園

2009-04-25 09:55:56 | 
季節が良くなっていろいろなところに出かけようと思っていますが、結局なんだかんだであまり出かけることができません。最近は公園で野鳥の写真を撮影しています。まあこれもいいかなって思っています。

今回は「イカル」という小鳥です。コゲラの鳴き声がして大きな木を見上げると居ました。残念ながら大きな木の上のほうにいたので、随分無理のある写真になってしまいました。

「イカル」は「斑鳩」にたくさんいたのでこの名前になったという説ががあります。なんだか文鳥みたいですね。頭が黒く、嘴が黄色いかわいい野鳥です。

ただこれからは木も緑に包まれて野鳥の撮影は難しくなってきます。


(イカルです。)


(蕾をついばんでいました。)


(太い黄色い嘴が特徴です。)


(もっといいアングルで撮影したかったですね。)



コメント (4)

サクラと猫ちゃん

2009-04-23 20:09:03 | ライフスタイル
またもや仕事が忙しくブログの更新ができなくなっていました。

だいぶ季節を逃しましたが、4月に入って直ぐに哲学堂に花見に行ったときののことです。妻と哲学堂まで歩いていき花見です。途中で住宅街に入って細い道を行きます。妻が「わかった。あの猫ちゃんに会いたいのでしょう。」と言いました。そのとおり去年の春に会ったなんだか怪しげな雰囲気のあるあの猫ちゃんに会いたくて青梅街道に出るまで、細い住宅街を抜けていくのです。

かといって猫などは気まぐれなもの。同じ場所に行っても会える確立は非常に低いのですが。正確な場所が分らないで少し道に迷いましたが、見覚えがある小さな祠がありました。(意外とこの辺は小さな祠があるものです。)妻が「いた!」と叫び声。妻は猫を見つける天才です。あの怪しげな猫ちゃんはエアコンの室外機の上にいました。早速、私たちのほうへ寄ってきます。まずは私の方へよってきて、私のにスリスリです。その後、お決まりのゴロンです。この仕草がかわいいのですね。どんな猫も妻に慣れるのですが、この猫ちゃんだけは私にスリスリです。これがかわいいですね。


しばらく猫ちゃんと遊び、今度は新青梅街道に出て見事な桜のアーチの中を哲学堂まで散歩です。この新青梅街道の桜は見事で毎年楽しみです。また哲学堂の桜も今年はさすがでした。本当はどこかでランチをする約束でしたが、なんだか家に帰ろうと言うことになり、バスに乗って家まで帰ってきました。家に帰ると我が家の猫ちゃんが怒っていました。出かける前に息子に猫ちゃんを家に入れるように頼んだのに、忘れて昼寝していました。


(あの猫ちゃんに1年ぶりで会えました。)


(この怪しげで人懐こい怪しげなところが好きです。)


(新青梅街道のサクラは毎年楽しみにしています。)


(アーチのようにサクラが咲き誇ります。毎年サクラ見物の渋滞になります。)


(その後は哲学堂でサクラ見物です。)


(今年は割くのが遅かったせいか見事なサクラでした。)


(家に帰ったら我が家の猫ちゃんが怒っていました。)




コメント (4)

息子の吹奏楽

2009-04-06 23:18:24 | ライフスタイル
3月29日にあった息子が所属するブラスバンドの発表会のことです。

息子は大学仲間と近所の友人で編成した二つのロックバンドでドラムをたたいているのですが、どちらも就職活動や大学院進学などで休止状態です。それとは別に1年ほど前に妻の弟の奥さんと息子さんが参加している市民講座みたいな吹奏楽団に参加してパーカッションを担当しています。中学生と合同で練習や発表会をしています。去年の発表会のことも記事にしました。ただその時は入会してまもなくだったのでたいした楽器を演奏していませんでした。今年はドラムにティンパニーがメインのようです。ドラムは問題ないのですが、問題はティンパニーが上手くたたけなくて大変だったようです。結局、演奏会の2週間前から妻の弟の特訓を受けていました。






当日は妻の兄弟家族、義母が鑑賞に行き、日曜日の午後のひと時を過ごしました。演奏会は中学校の吹奏楽の卒業演奏会を兼ねて、その中の一部の曲に市民講座のメンバーが参加する形式です。演奏は無事に、ティンパニーもそれほど間違えないで終えることができました。息子は父兄や先生などと打ち上げに行きました。やはり若い男の子は一人ということでお母さん方にいじられたみたいです。それでも平気なのですから、息子も大人になりましたね。








コメント (6)

桜@石神井川

2009-04-05 07:40:53 | 
4月4日は私の誕生日である。
この日は日中に歩いて哲学堂まで桜見物に妻と行く約束になっていました。しかし、私はもう一箇所桜見物がしたい場所がありました。石神井川を覆いかぶさるように続く桜です。


(こんな感じの桜の並木が続きます。)


(まさしく満開。)


(見事な桜を見ることができてよかったです。)


車で石神井川まで行ってみました。当日は見事に満開で見事でした。朝でしたがたくさんの人が岸を散歩しています。また、さらに写真を撮影している人もたくさんいました。


(こんな感じで石神井川の南側に並木が続きます。)


(朝起きしてきてよかった。)




コメント (8)

コゲラ(Japanese Pygmy Woodpecker)@城北中央公園

2009-04-03 21:33:06 | 
城北公園でアカハラやその他の鳥たちを撮影できたので満足でした。妻もドックランでたくさんの犬たちをみて楽しかったようです。園内を歩きながら昔飼っていてここで遊ばせた犬の話や息子の小さい時にここへよく来たときの話などしながら公園内を歩きます。少し疲れたので売店でコーヒーでも飲んでみようということで、ちょうど公園の真ん中にある売店に向かいました。売店のある広場まで来たら、花見には早いのにもうシートを広げて宴会をしている人たちもいます。そんな騒がしいところで、いきなり木の上のほうで聞きなれない「キーキー」という鳥の声です。見上げると「コゲラ」です。つがいで2羽が一本の太い木をつつきながらぐるぐる螺旋状に上がっていきます。


(大きな木をつついていました。)


(くるくる木の周りを回るのでなかなか撮影が。。。)


先日、お彼岸のときに妻の親族が私の家に集まりました。その時、義兄が「一
番好きな野鳥はコゲラ」と言っていました。くるくるまわって木をつついているのがかわいいそうで、その時は「ふ~ん」と聞き流しましたが、実際に見るとかわいいですね。ただ、写真を撮影するのは難しい。構えると木の裏に行ってしまい写らない。私も木の回りをクルクル追いかける。今考えたのですが、待ち伏せて、撮影すればよかったのですね。。


(お尻ばかり写ってしまいました。)


すずめぐらいの大きさで木をつついています。英名は「Japanese Pygmy Woodpecker」だそうです。また会いたいですね。なんだか野鳥に夢中になってしまいそうです。


(また会ってみたいですね。)



コメント (3)

春 菜の花@蘆花公園

2009-04-02 21:29:55 | 
東京は寒い日が続いてとても春を感じるとは行きません。ただし明日からは暖かくなるようです。この週末はやっと桜が満開でしょう。毎年桜が散ってから開催している「中野桜まつり」も今年はどんぴしゃですね。春を感じる花は桜のほかにもたくさんありますが、私は菜の花が好きです。


(蘆花公園の菜の花は真っ盛りでした。)


先日に行った蘆花公園では桜のほかにたくさんの花を見ることができました。中でも菜の花は春を感じる花でした。菜の花と桜を同時に見ると「春だな~」と実感しますね。蘆花公園のお花畑は四季の移り変わりを感じさせる、よく作られた空間です。


(東京でまとまった菜の花を見る機会は少ないかもしれませんね。)

(蜂が花粉を運んでいました。)


(本当は桜と一緒に見たかったのですが。)


桜の木を眺めながら進むと、妻が「メジロだ。花の蜜を吸っている」との声に、私もメジロを探しますがなかなか見つけられませんでした。写真でも分るように花の中で蜜を吸っているメジロはなかなか見分けにくいですね。妻は歩きながらも小鳥や猫を良く見つけます。


(メジロが花の蜜を吸っていました。)


(メジロって人懐こいのでかわいいですね。)


このお花畑は良く手入れされていて、その他にもボケの赤い花やユキヤナギなどが咲き誇っていました。ここはよい公園です。こんな公園が環八にあること自体不思議です。東京もいろいろ探せば自然がいっぱいの公園ってあるものですね。


(ボケの花も満開でした。)


(ユキヤナギも見事ですよ。)


(ユキヤナギもこれだけ群生していると見とれますね。)


お近くの方は蘆花公園にお出かけください。今週末は見事でしょう。

蘆花公園の過去記事

和風スパゲッティ すぱろー&蘆花公園
サクラサク@蘆花公園



コメント (4)