おやじのライフスタイル

志は少年で、理想を求めて七転八倒のライフスタイルマガジンです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

払沢(ほっさわ)の滝@桧原村

2009-05-12 22:22:17 | お出かけ
東京で唯一の村である桧原(ひのはら)村へ行ってきました。桧原村はかつて中曽根元首相の別荘があり、当時のドナルドレーガンアメリカ大統領を招いて有名なったところです。当時、他国の元首を私邸に招くのは珍しく、しかも軽井沢などの高級別荘地ではなく、単なる田舎に招くと言うことで、ニュースになりました。私たちの桧原村訪問の目的は「払沢(ほっさわ)の滝」を見に行くことにありました。実は息子が連休中にガールフレンドと遊びに行って、それを聞いた渓谷マニアの妻が行きたいというので今回のドライブとなりました。

妻は水辺で生き物を探すときにわくわくするそうです。連休中に行った嵐山渓谷でも魚を見つけて大喜びでした。でも妻が渓谷マニアと言うのは長年連れ添っていますがはじめて聞いたような。。。

行ったのは先日の日曜日だったのですが、土曜日から続く晴天で結構暑い日でした。本当は中央高速で八王子まで行くのが早いのですが、なんとなく青梅街道で行くことにしました。青梅街道って練馬近辺などは良く通るのですが、その先がどうなっているのか知りたくて、のんびりと西に向かいます。

2時間くらい走ってやっと山が見えてきました。こうなると東京も広いんだなって感じました。ただし青梅街道は先に行っても名前のような情緒のある風景には接することができませんでした。途中で先週と同じようにJAの直売所(JAあきかわ)に寄り、野菜をたくさん仕入れました。先週のJA嵐山とは異なり、新鮮なんでしょうが値段は都内のスーパーとほとんど同じと言う感じでした。


(JAあきかわの直売所で野菜をたくさん買いました。)


桧原村に入るとサイクリングやバイクのツーリングの人がたくさんいて、のどかな風景です。自転車で都内から来ているのでしょう。すごいですね。若い人はいいですね。とはいってもサイクリングも、ツーリングも私より少し若い人くらいの人も結構いましたね。

時間も12時を過ぎて桧原役場(村の中心地かな)のそばの「たちばな家」さんにラーメンを食べに寄ります。今回は事前にブログで探してもどうしたものかこの「たちばな家」さんのラーメンしか出てきません。なんでも手打ちで美味しそうなので、それはそれでいいのですが。


(「たちばな家」でワンタンメンを食べました。)


(ご主人の手打ちの麺が有名です。)


「たちばな家」さんに入ると、お昼時のせいかほとんど満席です。わたしはワンタンメン、妻はラーメンを注文しました。お客様はほとんどグループで来ているツーリングやサイクリング、ドライブ客でした。隣はご主人は私と同じくらいに見えるご夫婦でしたが、ツーリングジャケットにブーツを着用してかっこよかったですね。夫婦で同じ趣味を持っているのっていいですね。出掛けにみたら夫婦でハーレーに乗っているみたいでした。

肝心のラーメンですが、昔風の東京ラーメンと言う感じでした。どうしてもとんこつと魚介のWスープに慣れてしまうと少し物足りなく感じてしまいます。ラーメンを食べて少し山に登ったところにある「払沢(ほっさわ)の滝」に行きます。


(滝まで渓流を見下ろす山道を歩いていきます。)


「払沢(ほっさわ)の滝」の入り口の村営の駐車場に車を停めて、渓流を見下ろす山道を15分ほど行ったところに滝があるようです。山道を歩き始めて直ぐに木工製品のおみやげ物屋さんがありました。2階で加工して、1階で販売しているようでした。下に見える渓流は透き通ってとても綺麗で、水辺の新緑と一体となっていい感じです。


(昔の村役場風の建物。ここが木工製品の販売所でした。)


(中はこんな感じです。)


(さらにこんな感じの山道を歩いていきます。)

さらに滝を目指して山道を進みます。意外と平坦なので苦にはなりませんが、山道にとがった小さな石が多いので足の裏が少し痛いです。トレッキングシューズを履いてくればよかったです。程なく滝に着きました。思っていたよりすごいですね。

「払沢(ほっさわ)の滝」は日本滝百選(誰が選んだのでしょうかね。)にも選ばれている名瀑だそうです。見上げたがけの頂上の木陰からごうごうと流れ落ちる滝を見ていると不思議な気分になってきます。


(上のほうが木の葉で見えませんが、結構な高度から水が落ちてきます。)


(思ったより見事な滝でした。)


(写っている人と比べると滝の大きさが分ると思います。)

滝より少し下流で妻は大きな岩魚を見つけて大満足。本当に大きな岩魚でした。釣りをしている人はいませんでしたが、確か入漁料を払えば釣りもできるはずです。山道の入り口のカフェまで戻ってソフトクリームを食べて帰ってきました。帰りは中央高速を使って自宅まで2時間弱ですからお手軽ですね。奥多摩の山が綺麗だったのが忘れられません。


(こんなところに岩魚はいましたね。)


(帰りに寄ったカフェの窓から。)


(山並みも素晴らしく、楽しいドライブでした。)






ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« ノースポール | トップ | ヒヨドリ@城北中央公園 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございます (callcharlie)
2009-05-13 23:55:28
>なるさん

綺麗な滝でした。でもその感動を写真に収めるのは難しいですね。もう少しシャッタースピードを早くして撮影しても面白かったかもしれませんね。

>MONAさん

テンプレート目が覚めるようでしょう。少しコメント欄とサイドバーにスジが入っていて見にくいですが。

MONAさんとところからもそれほど遠くないと思いますが、行ってみたらいかがですか。

>scotch_catさん

確かにとんこつ醤油のラーメンが多い中、貴重な味でした。また奥多摩のほうへ行ってみます。

間違いなくscotch_catさんの住んでいるところより田舎ですよ。

>southfellowさん

東京も横は長いですよね。こんどミミちゃんを連れて行ってみてください。新青梅街道に大きなニトリがありました。あそこがsouthfellowさんが言っていたニトリですかね。

>達ちゃんさん

そうですね。渓流の水遊びが好きな気持ちは分りますね。達ちゃんも福島で遊んできましたか。
福島の記事楽しく拝見させてもらっています。
渓谷マニアってすごいすね (達ちゃん)
2009-05-13 22:33:20
奥様が渓谷マニア。。。ですか。
まぁ、綺麗な水のせせらぎとそこに生息する生き物を探す気持ちは、なんとなくわかります。
なんか、自分も子供のころ、わくわくしてました。
でも今でも釣りする時なんかは、そんな気持ちになりますね。
それにしても、大きな滝ですね。
いや、東京近郊に、こんな滝があるとは知りませんでした。
地方では、この手の滝はめずらしくないのですが。。。

東京風のラーメン。。。
自分は好きです。
というか、最近豚骨はむしろ何処でも食べれるので、貴重かと思いますよ!

なんか、自然の中で十分癒されたのでは無いでしょうか。。。
東京も捨てたものではないですね (southfellow)
2009-05-13 13:59:58
東京といっても広くて、東は城南島海岸から西は多摩の山奥まで、決して捨てた物ではないですね。それに野菜も取れたて新鮮そうで、安そうで、・・・。今度行って見ます。
Unknown (scotch_cat)
2009-05-13 07:08:50
昔風なしょうゆラーメンおいしそー。
とんこつこってりには飽き飽きしたのです。
たまにはこういうラーメン食べたい。
東京にもこんな風景あるのですね。
scotch_catの住んでるところより田舎に見えますね。
Unknown (MONA)
2009-05-12 23:32:15
charlieさんテンプレート変えたのですね。
インパクト強い~
目が覚めました
写真も素敵ですよ
きっととても楽しかったのね!
こんな程良い距離の自然が心地よいのですね。
charlieさんも、奥さまも・・・
これからも、たくさんお出かけしてね。
すごいですね (なる)
2009-05-12 22:57:24
山の空気がす~っと流れてきそうなお写真ですね^^
滝、超迫力です。
水の流れがしっかりお写真に捕らえられていて、何度もページを上下にスクロールして眺めていましたよ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お出かけ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事