endlessly continuing and we move on.

同人サークルAutobahnの外部ブログです

いろんなことがしたい

2005年10月27日 16時03分38秒 | Weblog
でもツライのはヤダヤダ。と、自分で自分のスケジュール管理をしてるとついつい自分に甘くなってしまいますな。仕事のお誘いを断ったりしながら案外と時間を持て余してる。よくないなー。やりたいこと(ネタ)はいっぱいあるんですけどね。自分で文が書けないくらい衰えちゃえば(←やっぱりツラいのはヤダヤダな考え方)企画作って進行管理する仕事のみに専念することもできるんでしょうけど。どこのメーカーさんも一番足りないのはライターのようで。特にヌキゲ系は。


最近は全然なくなりましたけど昔は「エロゲのライターになりたいんですけど」的なことを僕なんぞに言ってくる人がチラホラいて、まあ昔は僕もイタかったので(今もですよ)お説教めいたことを言ってしまったような記憶があったりなかったり。でもまあ考えの大筋は今でも変わってなく、ぼくみたいなヘナチョコでもなれるライターってやつに一番必要なのは技術とかセンスではなくごく単純な実行力と根気だと思うわけです。根気よく作品を書いて、ちゃんと応募して……といった最低限の実行力すら持ち合わせていない人が「ライターになりたい」とかゆって、それって「僕には何もできませんけどキーボードで文字を打つことくらいはできますからライターならなれるでしょ」なんじゃないの?とまではさすがに言いませんでしたけど。まあ自分だって社会的にはニート同然の生活をしてるのでエロ文を書いて生活したいという人の力になってあげたくなくはないのですけど、うーん……。その最初の一歩すら自分で踏み出せないようじゃ業界にもぐりこんだところで「頭のいいメーカー」にいいように利用されて疲弊してダシガラのようになって潰れるだけなんじゃないかとか思っちゃうし。人に言われないと動けない人が入るとけっこうな確率で不幸になれる世界だと思うし。それでもまったく動かないよりはいいんだろうか……。


なんでこんなニート救済みたいなことを考えてるのかと言うと、同人メインで活動を始めてから「でもそのやり方だと人が育たないよね」とある人に言われて、そんなこと考えたこともなかったことに気づいたからでして。確かに自分は2社ほどのメーカーに新人として潜り込んで技術と経験を強盗のようにぶんどって即とんずらしてきたわけですが、それらを得た時点でみんながみんな同人的独立をしてしまうとその技術や経験は次に繋がらないわけです。メーカーの中にいれば、新しく入った人にそれを伝えることができたわけで。現にその2社とももう消えてるし!アハハハハ!すいません。まあ別に義務感もなにもありゃしないんですけど。5年前より市場は疲弊してるみたいで、特に中小のメーカーにスルリと潜り込んで新人が一本書かせてもらえるなんて状況がそもそも無くなってるような感はありますが。どうなんでしょね。


あと「プロにはなれないけど同人ゲーなら自分でも作れる」と顔に書いてある人にも何人か見てしまったのですが、これもかなり間違ってるとぼくは思うのです( ´ω`) 見よう見まねで作れる同人誌と違って(これは構造的違いの話をしているのであって同人誌を卑下しているわけではないですよ)、ゲームを見よう見まねで作るのはたぶんものすごく大変。それこそメーカーに入って作り方を教わって締切を作ってもらってケツを叩いてもらいながら作る方が何十倍も何百倍もカンタン。だと思うんだけどな。とりとめもなく終わっちゃえ。
コメント

ライヴ感

2005年10月18日 14時12分55秒 | Weblog

もうロッテの優勝が決定してしまいましたが、先日プレーオフ第一ステージの第一戦目を見て来まして。千葉マリンスタジアムでvs西武。正直ほとんど知識はなかったのですけど誘ってくれた方がロッテの熱烈ファンだったゆえ特等席で解説つき。しかもバックネット裏22段目。なんていうのキャッチャーの斜め後ろでね。ピッチャーの放ったボールがストライクゾーンに入ったかどうかみたいなのが目視できる距離(でもストライクだと思ったらボールだったりその逆だったりする)。ダイヤモンド全体が見渡せるからバッターがバントの構えを見せた瞬間にガッと内野手が連動して動くのとか全部見える。生すごくいい。試合はエース渡辺俊の快投に西岡の三連続ファインプレイに掘のあわや満塁ホームランという犠打にフランコの適時打にコバマサ劇場と見所満載で大満足。

 

そいでね以前からいつかランブル的な女子プロレス的なものを作りたいなあーとか思ってたのですけど、やっぱりナマで見てからにしないとだめかなと思ったっていう話。生ヤキウでこんなに色々と新しい発見があったんだしなあ。生あなどりがたし。生女子プロレスとか生格闘技とかも見ておかないと。プライド見たいな。女マウリシオショーグンが踏みつけ電気アンマとか(そっちか)。女子プロっていまどこでやってるんだろう……

 

ところでこのブログの黒猫デザイン気に入ってるんですけど、あまり目に優しくないかしら。黒っぽバックに白字はチカチカするかな?どうだろ。

コメント (2)

ごぶさた

2005年10月16日 03時48分48秒 | Weblog
ちょほいとまちなは。

さすらいの寿司食いです。副業のエロゲ作りなどからはすっかり足を洗って身奇麗になったつもりが俗世のしがらみとはなかなか振り払いきれないものでございますな。正月くらいはモチのひとつもつまみたいものです。なんだこのキャラ。


さてはて最近の活動についてなど少々。冬コミで販売予定の新作「デミパラドキシア∽フッカスティック(仮名)」は前編後編の二枚腰リリースを予定してます。もともとは二枚同時に何か出したいなー、って話だったんですけどね。同時だと冬コミに間に合わないってんで。片方だけ先に出します。いやでもね8800円のエロゲとかで何十個もエロシーンがあるのって途中で飽きちゃうことない?あるよね?どんなに美味しいくいもんもそんな続けては食べられないの。飽きちゃうの。でも手の届くところに置いてあるとついつい食べちゃうの。わかるわかるよー(力也)。そんなわけで悪いようにはしないから安心して。ちなみに作業的にはつい先日、前編のシナリオ作業が終了。自分で書いといてなんですがなかなかエッジが効きました今回。パー穴で「ノリがバカすぎてダメだ」というタイプの感想を抱いた方には今度こそついてこれないかもしれませんのでご購入の際はよく吟味してからにして頂きたい所存也。


そいで直接通販を始めました。というのもさすがにパー穴も愛エプも販売開始から年月が経ってね(この間なにをしていたという話)同人ショップさんの店頭に並ぶことも少なくなってきたみたいで、問い合わせメールが増えてきたもので。ありがとうございます。Autobahnのトップページから案内ページに行けるので、よろしければご利用くださいな。いつまでやるかわからないけど。あと冬の新作はしばらくは直接通販はしない予定。できれば同人ショップさんで買ってほしいのです。


あとは何かな。ええと、風邪ひいた。みんな気をつけて季節の変わり目。
コメント