STAY

SMAPが出演した番組レポメインなブログです。たまに、ドラマや映画の感想などもあり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【ゴロウ・デラックス】ゴロデラレポ。

2012-10-10 22:14:56 | ゴロウ・デラックス
【ゴロウ・デラックスSP】(2012年8月23日)

<ゲスト>美輪明宏
<課題図書>

スタジオ、いい匂いがします。
だいたいこの大物ゲストの半径100mぐらいこの香りがするんですよ(吾郎)

・美輪さんが松涛の街で車を運転しているのを目撃したと吾郎。
吾 スモークも全然貼られてなくて…このまんま美輪さんが車を運転して、
  白洋舎(?)の前を信号1個分ぐらいぼく追いかけて、
  「トントントン、美輪さ~ん」って(笑)

・吾郎が初めて美輪さんと会ったのは、二十歳ぐらいで舞台「毛皮のマリー」を観劇した時。

・小島さんは17年ほど前によく共演していて、なぜか「アラレちゃん」と呼ばれていた。

◇課題図書…『乙女の教室』

☆朗読
巻末の美輪語辞典の「性別」という項目を小島さんが朗読。

・性別は人間として生きるうえではどうでもいいこと。 
 という美輪さんの文章を読んで気持ちが楽になったと話す小島さん。

*同性愛を告白した理由

美 厳しかったなんてもんじゃない、隠れキリシタンと同じだったの。
  戦時中やなにかでもね、同性愛っていうと禁じられたりもしてた

*ゲイバーで働いていた時代に、常連客さんが家族会議でつるし上げられている最中に自殺した現場に遭遇。

美 ~キレイな人がね、なんでこんな、ただね、男が男を愛し、女が女を愛し。
  人を殺したわけでもない、盗んだわけでもない、人間が人間を愛してるっていうねぇ、
  図式に変わりないのに。自分たちと中がうからってそれは…。
  これは闘わなきゃいけないって、その人の死に顔を見て思った

・だから、有名になったらそれを全部話してやろうと思い、実際に有名になって雑誌の取材を
 受けた際に、女性は好きだけど恋愛対象ではないと告白。

美 「そんなこと言っちゃダメですよ、日本でそんなこと言ったら葬られます。
   芸能界でもそういう人はいるんだけど隠してるんだから、あなたも隠しなさい」
  と言われたけど、「それで滅びるような歌だったら、私は本物の歌い手ではありません。
  書いてくださいけっこうです」と断った

・雑誌が出たら喧々諤々となったが、今はビックリする人たちがいっぱい。 
 スターウォーズの世界みたい(美輪)

☆同性愛の歴史

平安時代からお小姓が存在し、女の代わりに男の世話をしていた。
室町時代になると能の観阿弥・世阿弥が同性愛者で、足利将軍とデキていた。
織田信長の愛人は森蘭丸、家康の愛人は前田犬千代、徳川綱吉の愛人は側用人の柳沢吉保。
その柳沢吉保が”柳沢十六人衆”という全国から美少年をかき集め、女物の着物を纏わせて
諸大名をもてなしていた。
元禄になるとゲイバー、陰間茶屋や若衆宿が登場。
明治に入ってからは、西郷隆盛が僧侶の月?と愛し合い、心中未遂。

そのような歴史があるのになぜ同性愛はタブーとなったのか?
その理由は、軍国主義。
同性愛者は子どもを生まないからと、古代国家のやり方にのっとり徹底的に弾圧した。


☆朗読
『乙女の教室』の「恋愛上手になる方法 セックスとお金は引き算」を小島さんが朗読。

・セックスしなくてもお金がなくても一緒にいたいと思えたら長く付き合う関係が持てる。
 自分のことは小出しに少しずつ見せ、最後の引き出しまでは開けてはいけないというアドバイス。

・全部開けちゃったと後悔する小島さんに、「でも開けちゃうでしょ」と吾郎。
 「開けちゃいけない引き出しは開けないほうがいい」(美輪)

・美輪さんの好きなタイプは、容姿は関係なくハートウォーミングで赤ちゃんのような人。
 かつ、努力しているのに世の中から評価されない人を見るとなんとかしてあげたくなってしまう。
 そんな美輪さんを、三島由紀夫や寺山修二は「趣味が悪いな、なんでそんなもんが好きなんだ」
 と言っていたとのこと。

小 吾郎さんの男性としての魅力はどうでしょうか?
美 男性として見たことがないからね…
小 え!?
美 まぁ、タレントさんとしてね、あの~どうなのかな?って、
  そういう見方するの同業者の人は
吾 うんうんうん
小 どうですか?稲垣吾郎さんというのは?
美 はっきり申し上げて悪いけども…人間はね、人間は1番にならないほうがいいんですよ。
  何もかも頂点に立ったら、それだけものすごいことが起きるわけ。マイナスがくるの。
  エルヴィス・プレスリー、マイケル・ジャクソンもそうでしょ?
吾 そうですよねぇ
美 ビビアン・リーだって孤独死でしょ?マリリン・モンローなんか??でしょ?
  みんなそういうふうにね、なんか1番になるとそういうことになるの。 
  2番手3番手がいちばんいいのよ人生は
小 じゃあ、吾郎さんは…
美 自分が出るようにして出ないっていう、そういった所をたゆたってるでしょ?
吾 そうですね、どっちかっていうと、はい
美 で、自分で意識してるでしょ?それはね
吾 そうですね、まぁ、役回りになったりするので
美 だから、あぁ、ずいぶん賢い生き方だなって思ってる
吾 へぇ~
小 吾郎さん折に触れ言ってますもんね


・前に新宿でお芝居の稽古をしていたとき、
 下で稽古をしていた美輪さんが「発声が違うわ!」と入ってきて教えてくれたという話をする吾郎。
・今は発音がメチャクチャ、ロックの人はアメリカ人っぽく聞こえるように歌うと言う美輪さんの話を受け、
 「ラップとかもそうですよね、”ちゃんと飯食ってるかぁ?”(かなりのデフォルメ調)」(吾郎)

*歌手生活61年
・「ヨイトマケの唄♪」の映像。

・厚かましい番組なのでと前置きして、美輪さんに発声練習を指導してもらうことに。
 山田くんも登場。
・歌によった発声を変えるという美輪さん。
吾 そういうのって今の歌手って考えないものね、自分の歌い方1つあればいいもんね

・吾郎は高い声が出ないと相談→頭のてっぺんに音をぶつけていくというアドバイス→実演→成功。
 「高い声だと思うと出ないんですよ」(吾郎)

☆朗読
美輪さんにも朗読してもらうことに。
「愛の賛歌」の日本語版と元の歌は違う。
無償の愛を歌った美輪さん訳詞バージョン。

『愛の賛歌』(訳詩 美輪明宏)

高く青い空が頭の上に落ちてきたって この大地が割れてひっくり返ったって
世界中のどんな重要な出来事だって どうってこたぁありゃしない
あなたのこの愛の前には
朝、目が覚めたとき あなたのあたたかい掌の下であたしの体が愛にふるえている
毎朝が愛に満たされている あたしにはそれだけで充分
もしあんたが望むんだったら この金髪(ブロンド)だって染めるわ
もしあんたが望むんだったら 世界の果てだってついて行くわよ
もしあんたが望むんだったら そう、どんな宝物だってお月様だって盗みに行くわ
もしあんたが望むんだったら 愛する祖国も友達もみんな裏切ってみせるわ
もしあんたが望むんだったら 人々に笑われたってあたしは平気よ
どんな恥ずかしいことだってやってのけるわ
そしてやがて時が訪れて 死があたしからあんたを引き裂いたとしてもそれも平気よだって
あたしも必ず死ぬんですもの
そして死んだ後でも二人は手に手を取って
あのどこまでもどこまでも広がる真っ青な空の碧に座って永遠の愛を誓い合うのよ
なんの問題もないあの広々とした空の中で
そして神様もそういうあたし達を永遠に祝福して下さるでしょう 愛の賛歌


吾 感激しました…感動しました!本当にすっごい素人みたいな質問なんですけど、
  同じ詩をもう何千回、何万回って言ってると、こう、自分の中で新鮮味がなくなってしまって、
 「真っ青な空」とか「私は死ぬ」(?)とか言ってもイメージが出来上がってこなくなった時がないですか?
  ぼくはお芝居やってるとすごくそういうことにぶち当たることか多いんですけど

・その都度、新しい発見があるし、自分が歌っていない場合もある。←エディット・ピアフが降りてきたり

◇課題図書…『霊ナァンテコワクナイヨー』

☆朗読
「霊を見るとは?」の箇所を吾郎が朗読。

・霊を見るのと夢を見るのは同じようなもの。アドバイスをちゃんときけば助かる。

吾 ぼくは実はもう5年ぐらい前にアドバイスをしていただいたことがあって、
  結局、まぁ、ぼくそのアドバイスを守れなくて今に至ってるので、
  まぁ、すごい気にはなってたんですけど…う~ん。
  まぁ、人間関係のことで…だからすごく後悔はしてるんですけど
美 でも言うこと聞いておけば良かったとなとは思ったわけ?
吾 思います、たよ。美輪さんが言ってたことはそれすごく的を得たことだったんで。
  ほんとそうだなって思ったし

・頭を金髪にしたのは前世がピカチュウだったからと冗談を言う美輪さん。
 本当は風水。風水は統計学。
・いちばんダメな色は黒とグレーという話で、吾郎は洋服だけでなく、部屋も白を基調にして、
 黒が点在するモノトーン。
 植物の世界には黒も灰色もない。
・衣装で黒を着るときは、中は赤。赤は生命力の色だと美輪さん。


吾 いつも赤パンツはいてると思ってくださいぼく
小 ゴロウ・デラックスのときは2人とも赤パンで出ようか

◇ED
*「ロマンティック音楽会」の告知。
吾 我々も行きましょうね

・美輪さんが帰られて、遠くから見ることしかできなかったと話す親太朗くん。
 「でも山田くんそうとう気に入られていて、可愛い可愛い言われててオレちょっとヤキモチやいてたよ。
  発声練習のときぼくのことあんま触ってなかったよ」(吾郎)


ではでは
コメント   この記事についてブログを書く
« ゆるグダがいいのに…。 | トップ | ストスマ。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゴロウ・デラックス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事