広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひとりぼっちはさびしいなあー

2017-07-15 11:40:05 | 日記
「自閉症だったわたしへ」 ドナ・ウイリアムスの著である

著者がわかるというより 訳者の気持ちの代弁がよくわかると

いったほうが正解だろう

自分がどこにいるのかわからない、自分を探しての数秒が周りと

離れていくのである

会議などで「聞いているのですか」と 婉曲に 注意されることも

ある

同じことである
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死ぬのは 何時かなあ― | トップ | 動物と会話共存できそうだね »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事