珈琲とギターの日々

横浜馬車道でカフェのマスターをやってた男の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バルセロナを振り返る「お宝返却大作戦」

2007-08-13 22:58:17 | ひとりごと
しばらくレンタル中だったので借りれなかったのですが、
今週末ようやく借りれました。

ルパン三世「お宝返却大作戦」

・・・もう、4年前だったんですね

カヒミさんがエンディングを歌っていると言うことで、
当時、TVスペシャルは楽しみに見たのですが、
昨日、久々に見直してかなり再発見!

サグラダ・ファミリアをはじめ描写がかなり正確なんです!
全体像も、ファサードのディテールもそうですが、
塔の中の階段とか、塔と塔との間の幅や質感が!

いやー、オレってルパンが駆け回っていた所を降りていったんだー。
なーんて、チョット嬉しくなってきます

また、この話は、ルパンたちがバルセロナをはじめ
世界各地を飛び回ってるのですが、
不二子ちゃんがパリでお茶していたのは去年紹介した老舗カフェ
「Les Deux Magots」
おおっ、オレ、不二子ちゃんの席近くでお茶してたんだ
・・・
うーん、良く出来ています
所詮、アニメなんですが、描写が良いと嬉しくなるものです

建築物とかもそうですが、それ以外もかなりマニアックで、
次元愛用の銃、コンバットマグナムと
敵が使う銃、デザートイーグルとの
スペック差を出すようなディテールの描き方とか、
これは男の子にはたまりません

また、キャラの生かし方もかなり良く出来ていて、
それぞれに良く動いているのが嬉しい所。
特に銭形のとっつあんは、今回数回に渡りルパンを逮捕しており、
近年稀に見る活躍をしてますし、それからのルーチンギャグは
イイ感じで、話の緩和剤になってくれています

うーん、良いなぁ、この作品。
改めて思っちゃいました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 横浜元町~関内視察 | トップ | フライパンで珈琲焙煎 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最高 (メッカ)
2008-06-27 17:17:39
あのラストの演出とか、最後まで宝をうまく使った作品でしたね
ですね。 (ぎーにょ)
2008-06-29 12:23:25
若干、演出にやり過ぎ感も無くはないですが、
この作品はルパンがストイックに動くので、
とってもかっこいいですよね

ひとりごと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

「ルパン三世」とは (ルパン三世の諸々ブログ DVDなどが安いのはどこだろう)
ルパン三世。題名であり、主人公の名前でもあるこの作品は、モンキー・パンチ原作で、もはや国民的アニメと言っていいほどのお馴染みのアニメになりました。