ひよこ造船工房

納期遅れ常習犯の船大工。 猫画、オーディオ、たまに造船記♪ since 2008.11

余計なお世話なのですが… 中古S-Master PRO搭載AVアンプのHDMIについて

2010年09月28日 | オーディオ

 SONY AVオーディオに"広帯域パワーアンプ"がすっかり定着し、対応音声規格でもとっくに旬を過ぎてしまったS-Master PRO搭載AVアンプ。 そんな背景やら、今シーズンの買い替えラッシュもあってか、2010.9末現在、ネットオークションには今までよりも大量且つ安価にエスマス機が出品されてきています。

 

 これらの過去(2005年ころまで)のエスマスAVアンプの装備するHDMI基盤は主に映像用と考えたほうが良く、HDMIバージョン違いで、音声信号が受けられなかったり、受けられる信号の規格に制限があるので注意が必要です。

 

 

 

○ HDMIで音声が受けられない機種

 

 ・ TA-DA9000ES (HDMI未装備)

 ・ TA-DA7000ES (HDMIは映像専用)

 

 

○ HDMIで音声を受けられるが、対応規格に制限がある機種

 

 ・ TA-DA9005ES (有料バージョンアップでHDMI基盤を付与されたDA9000ESの呼称)

 ・ STR-DA7100ES (国内未発売の海外展開用機体。 一例として掲載)

 ・ TA-DA9100ES

 

 日本未発売の海外版エスマス機種は他に多数ありますが、いずれも過去のエスマスAVアンプに搭載されているHDMIは原則、ロスレス音声・7.1chを超えるPCMは受けられません。

 

 

 

 HDMIで音声が受けられる機種でも、対応規格は以下のようになります。

 

 ・ Dolby Digital

 ・ Dolby Digital EX (DDの6.1chバージョン)

 ・ DTS

 ・ DTS-ES (DTSの6.1chバージョン)

 ・ AAC (デジタル放送で多く使われる圧縮音声)

 ・ リニアPCM 24bit/96kHz/2ch

 ・ リニアPCM 24bit/48kHz/5.1ch

 

* 未試聴機については他ブログ、クチコミを参照しました。 実際に導入を検討する際はご自身で再確認をしてください。 最低限、"24bit/48kHz/5.1ch PCM"には対応できていますのでHD品質ではないですが再生不可なことはまれです。 今出回っている多くの映画BDも、音声をプレイヤーでPCM・アナログへデコードすることでHDクオリティの音声を聴く事ができます。 他、映像の規格は、現在主流規格1080/60pをクリアできていますので、DA7000ES以降に関しては視聴することが十分に可能です。

 

* つまり、音楽BDで採用されている24bit/96kHz/5.1ch PCMや、『アキラ Biu-ray版』の24bit/192kHz/5.1chはプレイヤーでPCMにデコードしてもHDMI経由で聴く事はできません。 これらの規格の音声は、対応プレイヤーにて規格を上記内に落とすして伝送・再生するか、もしくはアナログへ変換するとHD品質に近づけることが可能になります。(※)

 

 

 

 とにかく、S-Master PRO搭載機は、現在積極的にAVアンプを導入する理由の一つである、『HDMIからの高規格・多チャンネル音声が聴きたい』という期待には沿わない部分があります。 『HDMIで音声が受けられます』などと書いてあっても慌てて飛びつかないよう、ご自身が、現在/今後、聴きたい音声の規格がどんなモノであるかよく検討し、ご使用のプレイヤーの出力状態も加味して決めてくださいネ。

 

* 個人的には、"アナログ接続"・"i.Link伝送の高規格PCM、DSD"でなければS-Master PROの高音質(高再現性)は活きないと考えてます^^;

 

 

 

――――――――――――――――――――

 

 

 

※ 映画ソフトにはHD音声が売りのタイトルもありますが、通常のDolby DigitalやDTS、PCM48kHz/24bit/2chも同時収録されていますので全く聴けないという事態にはなりません。

 

 他、AVアンプのHDMIバージョンが低くて高規格音声が伝送できない場合やHDMI自体無い場合は、アナログマルチ端子を持つBD対応プレイヤー/レコーダーと接続するとHD品質が保ったままのアナログ信号が得られます。 ちなみにPS3はHD音声デコード対応機ですが、アナログ出力側は2chのみとなり、その接続でも音質的にHDMIに劣る感じがしました。

 

 

 


FRONT MISSION EVOLVED 渋々レビュー後編

2010年09月26日 | ゲーム

 渋々と言いつつ、中編ではノリノリでムービー解説をしてしまいました…。 反省を込めて、後編ではしっかりとレビューしていきますヨ。

 

△ 個人的には"ゼフィール"のデザインと初期の迷彩がどうしても受け付けないので、WAPは"フロスト"、迷彩もつや消し+シックに変更しています。 

 

 

Dsc04898

 

 『ニューヨークの戦い』開始地点の様子。 ニューヨークの街ってもっと広くて区画がキチンとしていそうな気がしますが…。 『エボルヴ』なので単に気のせいです。

 

 

Dsc04899

 

 途中で出会ったカワイソウな敵戦車をナックルで殴り潰します。 FMOと違って、格闘もある程度自動でターゲットを追尾する親切設計。

 

 

Dsc04905

 

Dsc04906

 

Dsc04920

 

 以降出会う敵WAPはすべて撲殺しました。 結構キモチイイ ガンシップからのシューティングシーンを除いて、地上の敵はほぼ全て気持ち良く殴れます。 ヒット率高めなのでお試しアレ。 (良識のある方はFMEをわざわざ買って試してはイケません)

 

 

Dsc04667

 

 そしてお約束のフレンドリーファイヤー(味方撃ち)を実行に移すの図。 しかし、FMOと違って味方からの攻撃は一切受け付けない模様。 『Oh!! エイミ~~!! 友軍が邪魔な時は一体どうしたらいいんだい???』 以降、"クソ友軍"に攻撃を邪魔される事態が多々発生。 まぁここら辺も『エボルヴ』ですから…。

 

 

Dsc04758

 

 22世紀でも強大な存在感を誇る巨大薄型の街頭テレビ。 こんな電力食い、遠慮無く"全て"破壊します。 NYでテレビ破損~♪

 

 そうやって、敵部隊も真っ青な破壊行為をしながら進んでいくと…、

 

 

Dsc04951

 

 ゴゴゴゴゴ…。 O.C.U.最強のアサルトWAP、ゼニスさま登場。 とはいえ、この時点では3~4回殴れば大概ヤれます。 (難易度ノーマル時)

 

 

Dsc04975

 

 しかし勝てないと思った主人公は慌てて味方だと言い張り、ワタワタし始めます。 …え?そうじゃないって? ……。 スミマセン、これはU.S.N.軍(自国軍)に見つかった時の『撃たないでくれ~』な反応でした。 (字幕はU.S.N.なのに、セリフ、グラフィックではU.C.S.て間抜けです。 ってか、UCSってカード会社っぽいね)

 

 

Dsc04999

 

 がお~!! たべちゃうぞ~~!! これが主人公とヒロイン、アデラ・シーウェルとの初対面シーン。 ぷw、これでどうやったら恋が生まれるんだい? ぜひとも教え…、あ、いや、やっぱりそんなコツなんて聞きたくないです。 さっさと次いきましょう。

 

 とにかく、O.C.U.最強のアサルトをポカポカお仕置きしていきます。 『ゼニス君と居るとポカポカするの…。』 写真ぶれまくりで見苦しいので割愛。 (直キャプチャー装備が欲しい…) 上のヒト、民間人のディラン君に対して『早く対空砲を破壊しろ』だの『民間人の割には良くやるじゃない』とヒドい言い草です 全編通して、敵のほぼ100%はディラン君が倒すことになるのにね…。

 

 

Dsc05007

 

 破壊された橋の上で待機している軍の輸送ヘリまで進んで、『ニューヨークの戦い』はとりあえずの終了です。

 

 

Dsc04668

 

 次ステージ、掃き溜めその2『アポロンの戦車隊』です。 ココはディラン父の勤務地(ゴール)まで特筆すべき点はありません。 強いて挙げると…、

 

 

Dsc04671

 

 うぃーーーーん…、

 

 

Dsc04672

 

 ガッシャーン!! 放置されたクルマにダイブするのが楽しかったですね。 うひょひょ… こういうのを見るとダイブしたくなる気持ちは、ルパンⅢ世になぞらえると「ふ~じこちゃぁぁん」的なものだと、自己診断が出ております。

 

 で、放置車に熱烈なダイブを敢行しながら進んでいくと、いよいよディラン父の勤務するビルへと到着。 しかしそこでお約束が…。

 

 

Dsc04773

 

 ほーらぁ、到着直前に攻撃を受けて倒壊しちゃったじゃん 

 

 

Dsc04777

 

 それを見てアタフタする主人公。 このモーション、作品一笑えるモーションです ケケケw。 まぁ王道も王道、手垢が付きすぎて前衛芸術になっちゃうほどのメリケン演出ですネ  

 

 調子に乗るのはこのくらいにして、そろそろ本題。 このステージの名称、『アポロンの戦車』ってナニ?と思った方も居るハズ。 ではお教えしましょう。 それはコイツ↓です。

 

 

Dsc04806

 

 …ん?良く見えない、と? では。

 

 

Dsc04806_2

 

 ……。

 

 うん、どう見たってガイコツ。 アポロンの戦車とはコレを操るキチガ…もとい、傭兵のコードネームだったとさ。 解説を忘れてましたがビルを壊したのもコイツです。 世も22世紀になるとガイコツロボットが開発されるんですね。 とってもステキ… (コレを見たとき、体調が悪かったせいもありますが、本当にスー…ッと意識が遠のきました…。 そういう意味でも破壊力抜群)

 

 

Dsc04696

 

 『このヤローッ!』…だと? 悪いがディラン君、それはこちらのキミたちに対するセリフなのだよ(怒) そのベビーチェアで一生遊んでいるのだな! by赤い彗星

 

 …で、その敵のガイコツ、【E.D.G.E.】という必殺技(笑)を発動させた主人公の攻撃を受け、今回はあっさり退却します。 が、今後もこの"機体"はディラン君に付きまとうことになります。 これがボス級として何度も何度も、果ては複数同時に登場するんですから、別の意味で背筋が凍りますね…。 (使いまわしかよ…正気か?スクエニ…)

 

 

Dsc05013

 

 やられそうになったガイコツの最後っ屁によって、いよいよ本格的に軌道エレベーターが崩壊を始めます。 だから、『パーシバル崩壊』って書かれても、誰もニューヨークにある軌道エレベーターの名前が"パーシバル"だなんて覚えてないってばよ

 

 途中、残党を軽く捻ったり、単機で突っ込んでいったバカヒロイン(名前忘れた…)を助けたりと余計なことがありますが、基本的にはこのエリアから制限時間内に撤退するのが主目的になります。

 

 

Dsc04879

 

 第1章の最後は障害物レースです。 画面中央上のカウントが0:00になったらゲームオーバー。 キット2000…じゃなかった、車載AIが『ウェイポイント設定』なんてのたまいますが、ナビゲーション行為は一切無し。 ゼンリンの地図でもダウンロードしといたほうがええんとちゃうか?

 

 

Dsc04880

 

 途中、ガレキを避けたり、都合良くコロがっているエネルギーBOXを頼りにひたすらローラーダッシュ。 『危ねぇ! 崩れまくってるぞ!』 大丈夫ッス隊長、『エボルヴ』はもう十分崩れまくってるッス 

 

 

Dsc04884

 

 脱出劇のフィナーレは、またしてもお約束演出の大ジャーーンプ この時点でアメリカの子らの興奮は大絶頂…、もとい、最高潮に達します ("大絶頂"ってエロいね)

 

 

Dsc04885

 

 無事脱出して安心しているメンバーの図。 画面奥が軌道エレベーター崩壊のグラフィックなんですが…よく解らない。 どう見ても演出、表現が手抜き。 まぁ、あまり凝っても以降のストーリーとバランスが取れないのでこの程度でイイです。

 

 

Dsc04889

 

 崩落が収まったのち、崩壊したビルを前に、しんみりする御一行。 そこに突如指令が…。 ププ、宮仕えはつらいのぅ 

 

 

Dsc04890

 

 それはディラン君を軍にムリヤリ入隊させる指令だったのでした。 うーん…。 ヒーローモノの王道な展開だ 言い換えると"ご都合主義"ってヤツですネ。 しかし、これも父親関係の伏線にもなっているので(ホント薄っぺらー…い伏線ですが)、まぁ、今回だけは許しましょう。

 

 

Dsc04892

 

 呆然とするディランをよそに、ヒロインが一言、『大尉…笑えないジョークね』 だ~か~ら~、それはこっちのセリフだっつーの!!(怒) …しかし、そんなツレないこと言っていいのかな? いずれアンタはこの男に…ゲフンゲフン。

 

 

Dsc04895

 

 雑音を無視して静かに敬礼するディラン君。 そうそう、男は黙ってサッポロビール。 イイねぇ、男だねぇ。 …オッサンなのは変わらないケド

 

 

 …と、そんなこんなで第1章終了。 キャンペーンシナリオはこれで1/5が消化してしまうというスゴーク短いお話です。 しかもこれ以降もストーリーの盛り上がりは期待できません。 偏見ではありません、なんてったってゲーム自体が盛り上がるのを否定するかのような演出に終始するんですから…。 困った困った 

 

 

 

――――

 

 

 

 さて、『エボルヴ』の楽しみ(苦行)はコレだけではありません。

 

 

Dsc04682

 

 フィールドに隠された敵の"センサー"を壊したり、

 

 

Dsc04683

 

 U.S.N.(U.C.S.)の国旗を象ったエンブレム(コイン??)なんかを探し出したり、楽しいアトラクション(嘘)がたっぷり。 問題点は、コレを探すのに気を取られてストーリーが全然進まないことです。 本来スピーディーなWAPでの戦闘をすっかり殺しています。 この点も制作チームに猛省を促したい(怒) (「集めなきゃいいじゃん」のご意見はごもっともです)

 

 

 最後に朗報。

 

 

Dsc04897

 

 はい。 第2章では待望のハフマン島(の、極々…一部)が戦場になります。

 

 『ボクにも帰るところがあるんだ…。 こんなに嬉しいことはないよ…』

 

 いやいや、旧ハフマン島住民の方々、油断してはイケません。 ハフマン島のシナリオではこのゲーム初の生身の人間での戦闘が待っています。 FMなのに生身で戦えって殺生な 『俺らからWAPを取ったら何が残るんだい?』 まったくです 

 

 

 

――――

 

 

 

 長丁場ご苦労様でした これにて『エボルヴ』のレビューはとりあえず終了。 一応"ノーマル"でラストまで到達しましたが…、もうそんなのコメントしたくもありません(怒) 以後は各自でご確認ください。 ただし、プレイしたことによる損害は補償しませんので覚悟して体験してくださいネ

 

 

 

――――

 

 

 

■ 掲載画像内容 �・SQUARE ENIX

 

 

 


FRONT MISSION EVOLVED 渋々レビュー中編

2010年09月25日 | ゲーム

 長くなるので中編を用意しました それでは前回の続きから。

 

 

Dsc04632

 

 ニューヨーク襲撃シーンは、この作品唯一の珠玉です 細部に対しては異論がお有りでしょうけど、買ってしまった上に全否定ではとっても寂しいです。 この部分くらい褒めさせてくださいナ。  しかし、一部がプロモーションとしても使われたので、逆を言うとコイツのせいで地雷を掴まされたヒトが多かったとも…。

 

 

Dsc04645

 

 ナゾの部隊からの攻撃によって焼け野原となるニューヨーク。 彼らの真の目的は、宇宙空間へと延びる時空エレベーター…、もとい、『軌道エレベーター』の破壊のようです。

 

 ちょっと思ったんですが、これはアメリカでも発売されてるんですよね。 『ニューヨーク襲撃』なんていうと彼の国の人たちにとってのトラウマに触れてしまう気もするんですが、発売に際してそこら辺は大丈夫だったのでしょうか? 

 

 

Dsc04648

 

 物騒な大砲が出て来ました こういうのってSFの世界では"荷電粒子砲"とかって言うんでしたっけ? リアル軍事志向の方たちから見ると噴飯モノらしいですが、先日友人に見せてもらったニコ動に荷電粒子砲(ビーム砲?)開発実験というものがあって、実際にベニヤ板などを焦がしていたので、原理的には可能なのかしら? (間違いならゴメンなさい…)

 

 

Dsc04650

 

 ヤツら、ブチこむ気満々だ…

 

 

Dsc04651

 

Dsc04839

 

Dsc04652

 

 貨物船に偽装された船からもミサイルの援護射撃

 

 

Dsc04840

 

Dsc04841

 

 エレベーターに装備された防御機構発動。

 

 

Dsc04853

 

 苦戦しつつも次々にミサイルを落としていきますが…、 (…外れたビームはどこに着弾したんだろ)

 

 

Dsc04851

 

Dsc04653

 

Dsc04654

 

 あーあ、撃っちゃった~。 このゲーム唯一の手に汗握るシーンです。 (大げさ)

 

  

Dsc04852

 

Dsc04867

 

Dsc04869

 

 この後エレベーターは時間を掛けて崩壊していきます。 全シャフトが落下するわけではなさそうですが、少なくとも近接部分、数十キロ超(※)の長さの鉄棒が落ちてくるんです。 "想像すると"甚大な被害かと…。 残念ながら、後にも先にも具体的被害のリアルタイム描写がありません。 ここのあたりも手抜きです。

 

 

 さて、これでFME最大の山場が終わりました。 この後のストーリー、演出ははっきり言ってクズです(怒) 地雷ゲー蒐集家も"さぶイボ"必至の『エボルヴ』をたぁんとご賞味アレ。

 

 

Dsc04656

 

 掃き溜めその1。 『ニューヨークの戦い』なーんて題してますが、別に主人公は命令があって出撃するわけではありません。 父親の勤務するビルがたまたま近所だったので、着の身着のまま駆けつけたまでのこと。 要するにWAPは無断でパクってます。 この身勝手ぶりはFM3(サード)のカズキを思い起こさせます。

 

 

Dsc04657

 

 車載AI…じゃなかった、コクピットに搭載されたAIとお話をするディラン。 職務に忠実なAIなら停車…じゃなかった、システム停止を実行すると思うのですが…。 そっか、プログラムを改ざんして自分の命令しか聞かないようにしてたんだね

 

 しかしこのAI、"ウィズ"なんてカワユイ愛称があるし、結構こき使われるし、丁寧なしゃべりをするんで、ストーリーに絡みがあるとかと思いきや(最後に何かがあったような気がしますが、無いも同然)、カーナビ役とE.D.G.E.のスタンバイをON/OFFする以外は全くの放置プレイ。 かなり不遇な扱い

 

 

Dsc04876

 

 そうそう、この背中が上の放蕩息子の父親ですね なにやら陰謀に一枚噛んでいそうな構図。 しかしそこは『エボルヴ』、大したストーリーなんてありませんがな (あ、言っちゃった…)

 

 

 

――――

 

 

 

 と、書くのが疲れてきたので今回はこれまで。 次回、第1章完結編をお送りいたしますのでお楽しみに。 皆さんはこれを見て興味が湧くことが無いよう、お願いしますね (どんなお願いだw)

 

 

 

――――

 

 

 

※ 作品内では、シャフトの長さや宇宙空間の構造物の質量など具体的な数字はありませんが、今回は、とにかく比較的大きな力が掛かりやすい、濃大気圏内の部分が落下するという予測で"数十キロ超の長さの鉄の棒"としました。 上部構造はおそらく大気との摩擦で燃え尽きててしまうかと。 これはシロウト意見です、ご承知のほどを。 (まぁ『エボルヴ』なんで、どーでもいいコトなんですが…)

 

 

 

――――

 

 

 

■ 掲載画像内容 �・SQUARE ENIX

 

 

 


FRONT MISSION EVOLVED 渋々レビュー前編

2010年09月24日 | ゲーム

 こんにちは

 

 とてつもなくダメな出来で精神的ショックが大きかったFME…。 このまま終わってしまうのは勿体無いですし、ショックな部分を詳細に書かないことには不公平になるので、やっぱりレビューをしてみたいと思います まぁ、仕事の手を休めて気晴らしに見てくださいナ 

 

 紹介するのは主にキャンペーン。 ゲーム起動から第1章終了まで。 今回はその前半です。 (とりあえずネタバレ注意です)

 

 

 

――――

 

 

 

FRONT MISSION EVOLVED

 

Dsc04549

 

 始めに、PS3のディスクインフォメーション画面。 一部アイコンがかぶっていますが公式Twitterの壁紙にも使われてるCGですね。 イイ雰囲気です。 このCGだけなら今後、シリーズを通して使えるほどの出来でしょう。 (後が続けばですが)

 

 

Dsc04554

 

 ゲーム起動後。 スクエニ+開発チームのロゴなどが派手に表示されます。

 

 

Dsc04557

 

 タイトルコール…。 なにやら工作機械が火花を散らせてせっせとロゴ製作します。 …チープな演出になんだか早速イヤな予感…。

 

 

Dsc04564

 

 タイトル画面。 "ダン、ダン、ダンダカダカダカ、ダン、ダン" …テレ東で平日の昼にやっているような、むかーしむかしの洋画みたいな音楽…。 "THE・戦争モノ"

 

 

Dsc04566

 

 "メインメニュー"から"キャンペーン"を開始すると、先ずはじめに『ロングアイランド研究所』と紹介されます。 "研究所"ってドコの研究施設? ハナシが進むと分かってくるのですが、ディアブル・アビオニクス社の研究所とのこと。 要するに民間企業の施設なのでした。 過去のFMシリーズでは、こういうトコロの言い回し、紹介演出などは結構丁寧だったので、早くもお粗末ぶりを露呈。 (ちょっと厳しい評価かな?)

 

 さて、では早速、その研究所へとお邪魔いたしましょう。 by渡辺篤史

 

 

Dsc04571

 

 …しかし、いきなり大気圏外へ飛ばされ、国際情勢と宇宙開発の解説が挿入。 順番がちょいと変。 "研究所"関係ないじゃん

 

 

Dsc04581

 

 ムービーが終わってようやく"研究所"へと潜入できました。 ふぅ~。 …だから、『ヴァンツァーリサーチラボ』っていきなり書かれても…。 (ドコで区切っていいのか分からないし) このくらいの名称徹底、または『通称、ロングアイランド研究所』などの詳細説明はしましょうよ

 

 

Dsc04583

 

 中にうごめく人影が…。 辺りに目を移すとスゴーくハデハデ~なメカデザインですね~ [スキル効果 : プレイヤーのテンションを10秒間低下させる]…。 とにかく、2人の話を聞いてみましょう。

 

 

Dsc04745

 

 ぶれてますが、こちらが本作の主人公ディラン・ラムゼイ君です。 …ん?ホントにそうか? 取説と違ってかなりのオッサンな気が…。

 

 『オイオイ、いきなりオッサンはないだろ、こんな色男捕まえてよぉ。』

 

 は、はぁ、失礼イタシマシタ

 

 『いい機会だ、俺のイチバンのお気に入りのキャサリン…じゃなかった、エイミーも紹介するぜ。 ほら、エイミー』

 

 

Dsc04591

 

 『ちょっとぉ、ディラ~ン、キャサリンとはもう別れたんでしょ~? いつになったら約束したデートに連れてってくれるの~??』

 

 『ハッハッハ、参ったね。 皆さんの前でイキナリそれはないだろ。 ん??』

 

 とまぁ、某ビバヒルネタはこれ位にいたしまして…、この2人に限らず、以降登場するキャラクター達は北米臭がプンプンです しかも、ディランはホントにパッケージイラストとは全く違う雰囲気を纏っております…。 こんなんでイイのでしょうか。

 

 ちなみに、この2人はWAP(ロボット兵器)メーカーのエンジニアだそうですヨ。 ホントかな~? (実際の2人にロマンスは発生しません。 あしからず…)

 

 そして、いよいよ今作でNo.1の破壊力を持つモノの紹介です。

 

 

Dsc04596

 

 ババーン ナウなヤングにバカウケのコクピット内部登場!! 過去のシリーズが神秘のベールにやんわり包んでいた禁断の聖域が、米製ブルドーザーによってあっけなく瓦礫と化したとさ。 チーン。

 

 

Dsc04597

 

 そしてコンソール中央の丸いモノ。 これはWAPに搭載されたAI、人工知能を模したオブジェです。 人は車載AIとお話するのがとっても大好き。 フェアリーテールとはまさにこのこと "ナイトライダー"が懐かしいですネ。

 

 そうそう、FMEとは関係ないですが、その"ナイトライダー"で主演していたデビッド・ハッセルホフさんは、現在ではAIとおしゃべりする趣味はキッパリとお辞めになり、堅実にミュージカルなどへも出演。 ファントークでは過去AIとよろしくやっていたことも軽くジョークになさる好中年です。 皆さんもググッてみましょう~。 平成生まれの人には分からないかな? (これを書いた後改めて調べてみましたら、2002年頃からアルコール依存症を患っていて、最近、それが原因で死に掛けていたことが判明。 アララ…) 

 

 閑話休題。 そしてステージは試験場へ。

 

 

Dsc04602

 

 要するに、この世界に放り込まれて間もない我々プレイヤーに、WAPの操縦を手取り足取り教えてくれるチュートリアルです。 ストーリー上はお偉方へのデモンストレーションだなんて言ってるけど、この程度で政府のお役人を納得させられるのかな?

 

 

Dsc04604

 

 いちいち"GOOD!!"の音声はバカにされてる気分…。 こちとら前世でWAP乗りやってたんだから、こんなのヘッチャラだーい! …とか言って、ミサイルの撃ち方がしばらく分かりませんでした…。 全般的にFMOとは操作法が違います。

 

 

Dsc04630

 

 そうこうしているウチにご近所のニューヨークが悪者どもに襲撃されてしまいます。

 

 『おまえたち、やっておしまい!』

 

 『へ~い ぽちっとな☆』

 

 『ワクワクするべ~』

 

 冗談はさておき、この物語の一番の山場、ニューヨーク襲撃シーンです。 えっと、"一番目の山場"では無いのです。 イチバンの山場です。 このムービーを最後にFMEは急下降を始めます。  (個人的見解)

 

 

 今回はココまで。 では次回後編をお楽しみに。

 

 

 

――――

 

 

 

Dsc04742

 

 ある意味、関係があるようなら現実世界に対する冒涜です…

 

 はぁ…、ココに、『過去のフロントミッションシリーズとは一切関係ありません』って一文も入れていいですか…?

 

 むむ? 最下段にKonamiってありますけど、関わっているなんて初耳です。 (あれ?

 

 

 

――――

 

 

 

■ 掲載画像内容 �・SQUARE ENIX

 

 

 


FRONT MISSION EVOLVED 緊急続報…

2010年09月17日 | ゲーム

 ……。

 

 到着から一晩経ちました。FMEです…。

 

 むぅ…。 なんですかねぇ…、こう…もっと、さぁ…。 

 

 いやいやスミマセン、何を言いたいのか意味不明でしたね…。 要するに、ある程度覚悟していたとは言え、新設定や人物が登場するムービーシーンなどへのガックリ度は予想以上でした、ということです。 (特にコクピット内…。 あんなの、有り得ん …今まで"目を瞑っていた"ワタシも悪いのですが)

 

 これから買おうと思われている方、FMシリーズだからといって他を無条件に"ボチ"らないほうがいいです。[断言] しっかりPV(または、アップされていたらYOU TUBEやニコ動など)を見たり、シナリオ部は必ず試遊したほうがイイでしょうね…。 きっとアナタの判断は正しいと思います(謎)

 

△ 逆に戦闘システムはボチボチなんで、FMと思わなければロボットアクション物としては及第点かな…? WAPが暴れまわるムービーは文句無く満点なんですが…。 (ムービーだけじゃあね~、CG映画じゃあるまいし)

 

 取り急ぎ報告まで。