ひよこ造船工房

納期遅れ常習犯の船大工。 猫画、オーディオ、たまに造船記♪ since 2008.11

大航海時代Online 『カスタム造船』 その他つれづれ編

2018年04月28日 | 大航海時代Online

■ ちょっとだけ突っ込んだ造船超過強化心得

 

 カスタム造船が実装されて8か月経とうとしています。 で、更なるステップアップとして、先に挙げた造船指針に付随する手法もメモしておこうかなと考えました。 …しかし、各人さまざまな設計思想があるので鵜呑みにしないように、他プレーヤーブログなどを幅広く見て活用してください^^;

 

 先に紹介した基本的な造船指針…。 例えば、平日夜数時間プレイの単アカプレーヤーさんが、1回の試行費用100M・成功率1%なんてものを連発するのは手間暇的に非現実的(コラw)なので、『レギュラー素材使用』『強化トータル10回』というコストパフォーマンスに優れた指針だと考えています^^; (戦闘艦は用途・作戦によって輪を掛けて"諸説あり"、です!!w) …ただ、やはり人は限界に挑戦したくなるもの。 各強化最大値への挑戦の心得を考えてみたいと思います。 (随時追加されるかもしれません(=゚ω゚)ノ)

 

 

 

■ 鉄道投資特典と鉄道大感謝祭

 

 造船費用は、規定回数を超える強化を重ねる度に高額になっていき、最大で1億ドゥカート(100M)にもなります。 少しでも費用を抑えて試行回数を増やせるように、日頃から造船キャッシュバック特典のある鉄道(ウェスト・コースト、セントラル・リバー)に投資しておきます。 地道な投資はもちろん、『緊急増資援助』で対象鉄道になった時に参加したり、目的の鉄道が対象ではなかった時でも、ドゥカートが有り余っていれば投資に参加し、100M投資ごとに得られる褒賞『鉄道投資要請書』(使用すると再度投資が出来る、再投資紙の鉄道版)を集めて、後日対象鉄道にガンガン投資をしましょうヽ(・∀・ )ノ 

 

 鉄道大感謝祭も有用です。("鉄道祭"(運賃無料)でないことに注意) 大感謝祭が開催されると造船費用が30%キャッシュバックされます。 これでさらに強化試行回数を増やすことが出来ますネ。

 

 なお、キャッシュバックが受けられるのは2018.4現在"ボストン"と"サンフランシスコ"のみ。 『キャッシュバック』なので、強化実行時には事前に提示されたドゥカートを所持していないと強化実行できないことに注意。

 

 

 

■ シーズンキャンペーン(?) 造船成功率アップ

 

 カスタム造船実装以降、既に2回行われている造船成功率アップキャンペーン。 これは規定を超えた強化の成功率が"一律10%アップ"するというもの。 (つまり、期間中は成功率が11%で下げ止まります) 今後こういったことが続くかは不明ですが、好評であれば(+バランス(…)が崩れないと判断されれば…)休止者カムバックの目玉ともなっているようですので(?)…あまり期待せずに、丁寧な継続要望を出しつつ(?)開催を待ちましょうw

 

 

 

■ 『特別船素材発注書』の船素材を混ぜ混ぜ

 

 『特別船素材発注書』から出る、またはパッケージやプレーヤーズバイブルに付属している(していた)船素材を混ぜると成功率が100%になるという仕様があります。 成功率がヒトケタ%になったら投入を考えてもいいでしょう。

 

 ・ 特注ストームセイル

 ・ 特注マスト

 ・ 舷側水槽

 ・ 特注スカイセイル

 ・ 特注砲門

 ・ 特注縫帆道具一式

 ・ 特注兵員室

 ・ 特殊拡張倉庫

 ・ 特注リギング

 ・ 船尾部拡張倉庫

 ・ 特注ロープ

 ・ 特注バミューダセイル

 ・ 強化兵員室

 

 これらのうち1つと任意に交換できる『特別船素材発注書』というものがあります。 これは過去、記念シーズン(?)ごと販売された"福袋"のオマケとして付属していました。 福袋はコイン消費の目玉でもあるので(?)、今後もおそらく継続して付いてくるものだと思います。

 

 他に『匠の船素材発注書(No.1)』という、月間ボーナスクエスト報酬が登場したことがありました。

 

 ・ 特注ストームセイル : 横帆25~35 対波2~4

 ・ 特注バミューダセイル : 縦帆20~40 対波1~3

 ・ 特注マスト : 縦帆20~30 横帆20~30

 ・ 舷側水槽 : 旋回1~3 対波2~4

 ・ 特注砲門 : 砲室8~12

 ・ 船尾部拡張倉庫 : 倉庫4~8 対波2~4

 ・ 特注ロープ : 耐久力20~40 装甲0~2

 ・ 強化兵員室 : 装甲0~2 船室2~6

 

 課金特典よりも交換可能な種類が少ないですね。 これらも同様、混ぜると100%になる素材。 今後も登場するかはわかりませんが、もし始まったら積極的に参加するのが吉。

 

 ちなみに、名誉市長だけが買える船素材にも同名のアイテムがありますが、市長褒賞(トレード不可品)は混ぜても造船成功率100%にはならない模様。

 

 

 

■ ストームセイル系の投入が微妙に…

 

 ストームセイル系、特に大ストはトータルで高い強化数値を持ち、対波が重要な造船では重宝されてきました。 ただし、規定を超過した強化が出来るようになり、その上で高い対波値を目指すとなるとちょっと事情が変わってきます。

 

 ストームセイル系は横帆の数値がスクウェアセイルと比べて低いために、(規定強化内で)兵装にマストを全く入れない場合(または数値的に失敗すると)、超過してもしばらくは横帆素材を入れる必要が出てくるため、失敗が続くと素材の用意に手間取ります^^; 1回の投入素材が増えると(単アカでは特に)素材の生産をするためのキャラクターを頻繁に移動させる必要も出てきて素材生産効率にも支障が出てきます。

 

 これを面倒くさがると、希少な(?)大ストを入れた意味が減少します^^; (文章では伝わりにくい…やればわかるさぁ…(。。))

 

 特に、『提督居室』を大量に入れて旋回・対波・倉庫減少を期待している場合は大ストの意味なし!!( ゚Д゚)(おおげさw) いずれにせよ、自走交易船以外ではストームセイル系を積極的に入れる必要無し(薄)です。 しかしやはりストームセイルを多用した方が少ない強化回数でパーフェクトを目指すことができます。

 

 

 

■ ひよこ所持の最多強化船

 

 ひよこ所持船のうち、もっとも強化した回数が多いのは25/5回の『マルタ騎士団ガレー』です。 実践編で紹介したマルタ騎士団ガレーを造船キャンペーン中にさらに強化したもの。

 

 造船指針は対N白兵収奪。 加速主義ではないので、加速強化は付けず、容量も標準の戦闘継続重視です。

 

 

 

 12回以降の設計は忘れましたが…、数値的に舫綱(提督居室?)や渡し綱、汎用大型拡張船室をぶっこみ続けたと思います^^; 他にも20回超えの大型船は3隻ありますが…過酷ですね。 実際に造船してみると、上記、割引や成功率アップ法を用いないとここまでは絶対に無理。 そして、経験上、パーフェクトを想定して素材の効率的組み合わせを計画するよりも、『その船の用途に必要な強化値を先ず上げるべし』の持論は揺るぎないですね^^

 

* 資金が尽きた時や建造している船が急に必要になった時、中途半端な強化では性能が発揮できない可能性があるため。

 

 最後にシップリビルドボーナスについて。 昨今、従来とは異なるスキル候補傾向を持った戦闘艦が実装されています。(要するに、候補が少ない、"使えないものだらけ"など^^;)  先の造船解説連載では『シップリビルドでは強化値よりもスキル(スキル枠追加・スキル継承)優先』とは書きましたが、『(自身の戦術に)有用なスキルが2個以下だな』というときは無理してスキル追加をせずに、耐久力強化(または改装艦や加速強化)を選択した方が全体的に効率的な気がします。 やはりここら辺も考えどころとなっています(ФωФ)

 

 

 


 

 

 

大航海時代Online 造船新仕様『カスタム造船』 はじめに

大航海時代Online 『カスタム造船』 新造・規定回数強化編

大航海時代Online 『カスタム造船』 オプションスキル付与編

大航海時代Online 『カスタム造船』 実践編

大航海時代Online 『カスタム造船』 船データ個人的検証編

大航海時代Online 『カスタム造船』 冒険船建造方針

大航海時代Online 『カスタム造船』 交易船建造方針

大航海時代Online 『カスタム造船』 戦闘艦建造方針

大航海時代Online 『カスタム造船』 その他つれづれ編

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« DigiFi基盤オーディオ 『DF17... | トップ | 大航海時代Online 小型最速... »
最近の画像もっと見る

大航海時代Online」カテゴリの最新記事