ひよこ造船工房

納期遅れ常習犯の船大工。 猫画、オーディオ、たまに造船記♪ since 2008.11

ホームシアターおさらい解説 スピーカー配置編

2011年07月24日 | ホームシアター解説

■ 理想的な配置

 

5161ch

 

71ch

 

 上は以前にも掲載した、ITU-R策定のホームシアタースピーカー配置図です。(恥ずかしながら自作…) 中心点が座席位置だというのはもうお分かりですね と、5.1~6.1ch図にはSWも含まれると思ってください

 

 これはホームシアターの規格ができた当初からあり、現在でも使われているものです。 この他、スピーカーの高さに関する図もあり、それによるとフロントスピーカー画面の同高度の両脇、センタースピーカーは画面中央の真裏(←プロジェクター&スクリーンでないと事実上無理)、サラウンド・サラウンドバックスピーカーのツイーターの高さは着座時の耳の位置より10cmほど高くすることが推奨されています。

 

 ただし、これはあくまで配置だけで「理想的」にした場合であり、何の補正も掛けないときに必要な配置と考えます。 実際に補正機能付きAVアンプを使う場合、フロント部(フロント+センターの3ch)は、示されたものに近い配置にしたほうがいいのですが、サラウンド部は"左右対称"であればOKです。

 

 

 

■ フロントスピーカー

 

 ホームシアター環境では一般的な開き角より広めに取ります。 60°は一般的オーディオ環境より広めになりますね。 これは中央に画面があるためと、センタースピーカーで音声の"中抜け"を防止する設計ということでもあります。

 

 最近のスピーカーは指向性(音の届く角度)が広く、AVアンプでもある程度の補正があるので、センタースピーカーが無くても中抜けが気にならないと思います。 気になる場合はスピーカーバッフル面を聞き手に向ければ多少マシになります。 それでも抜けてしまう場合はセンタースピーカーを入れなければなりません。

 

 

 

■ サラウンド・サラウンドバック

 

 側面、背面(後方)なので、音質に気付き難いという利点もあって、フロント部より置き方に若干自由度があります。 ただし一点だけ、サラウンドをリスナー席の真横に置いてしまうと、耳に直に音声が入ってしまいます。 真横(視野外)からの音声には敏感になりやすいので全体の統一感が失われます。 サラウンドが真横の場合はスピーカー正面をやや前方or後方に振ります。

 

 5ch以上の音声といっても、ほとんどのコンテンツは6.1ch収録まで。 なのでスピーカーをなるべく減らしたい場合は6.1ch、つまりサラウンドバックは1chのみにします。 逆にお部屋が広めで、背面音場の方向感にもこだわりたいなら、サラウンドバックを2chにして平面7.1chにすると安定します。 (背面は"見えない"分、音質より左右のバランス感覚に敏感) ちなみに、音声が7.1ch未満の場合、他chの音声をAVアンプ側が解析してサラウンドバックへ配分するようになっています。

 

 "後方"の置き方は自由度は高めですが、より良くするには"左右対の角度"を優先にして合わせます。 左右対称だと違和感を覚え難いためです。

 

 ちなみに、5.1ch配置の場合はサラウンドをなるべく後ろ側にします。 真横より前だとサラウンド感が急激に失われる可能性が高いためです。 ただし、はっきりとした背面音が無い音楽のサラウンド再生では、真横でもそれほど違和感は出ません。

 

 

 

■ センタースピーカー

 

 フロント部分は肝心の"画面"があったり、映像機器をTVにした場合はプレーヤー・アンプもほぼココにあり、ITU-Rを参考に配置すればそれだけ素直に没入効果が上がります。

 

 

Dsc02763

↑ こんな置き方では画面が見えません。 ただしラック内に収めても、距離・角度によっては映像と音声が"乖離"します…。

 

 この状況で難しいのはセンタースピーカーの配置ですね。 多くはTV直下のラックに納められているでしょうが、これだと画面下からはっきりとセリフが出てきておかしく感じます。 画面がスクリーンであれば音が透過しますので、ITU-Rの提言通り、スタンドを使ってでも画面のド真ん中に配置するんですが、液晶・プラズマ(もしくはブラウン管?)だと画面真裏に置くと音が篭ってしまいますもんね… 

 

 これをスマートに解決させる方法は残念ながら思い付きませんでした 手間や予算、環境に拘らなければ、

 

 ・ プロジェクター+スクリーンを導入する。(音が透過するため。 これが本来の解決法)

 ・ 画面から離れて、フロント部全体の発音角度を狭める。

 

 などがあります。 なかなか難しいものばかり、お役に立てず申し訳ないです…。 そのほか、

 

 ・ センタースピーカーを置かない。

 

 と云う手もあります。 ただし、AVアンプ内蔵の音場プログラムの精度やソフトの収録状況によっては、フロント部の音に奥行きが無くなって(または単調な奥行きになって)しまいます。

 

 

 

■ センタースピーカー対処法

 

 TVをテレビ台に置いている場合、スタンドの高さよっては画面とラック天板に隙間が出来ます。 だいたい5cm程度あれば音が前面に出てこれます。 コレを利用してTVの後ろにセンターを配置します。 スピーカーの設計(振動板の位置や口径)によっては篭るものの、全体的にはセリフが安定して出るようになります。 しかし、薄型TVのスタンドが低い場合は難しいですね…。

 

 そこで上置きも検討してみます。

 

 

Dsc02766

 

 上写真は背面から見た図。 なんでも良いので、このように固い台(使っていないスピーカー)にセンターを載せ、画面上から覗かせる手も考えます。 下部に隙間がない場合は、ラック天板上に置いてラック・TVの反射込みの音声になるよりは大分マシです。 新たにスタンドが必要で、この選択もしなければなりませんが、下置きよりも音場感は多少増します。

 

 映画視聴では、AVアンプ設定で左右のフロントスピーカーからもセリフを少し出す設定にすれば、このような置き方でもセリフが引っ張られて中央付近で定位しやすくなります。 一方の音楽再生は、センター単独発音が少ないので、音場的には下置き、もしくは設置しなくても十分です。

 

△ 上は一例として挙げてみましたw 環境・状況により最適は異なります。 先ずは予算・手間の掛からない方法からお試しください。

 

 

 

■ フロントハイト・フロントワイド

 

 フロントハイトは、フロント部上部にスピーカーを配置し、高さ方向の音場を補完する目的で導入されました。 高さ方向の音声が重視される作品や圧迫感(潜水艦内部など)の再現が必要な作品で重宝します。

 

 配置は、フロントスピーカーのやや内側に内向きにします。 フロント部スピーカーとの位置関係を、丁度Wの字を逆さにしたような感じにします。 フロントハイトはセンター音声を引き上げる効果もあるので、センターをラック置きにした場合にもセリフ引き上げ効果があります。

 

 ただ、残念というか朗報というか…、現在、フロントハイトの音声が収録された作品は少なく、アンプのバーチャルスピーカー機能でハイト音声は割と簡単に再現できてしまいます。 しかも天井の高さによってはスピーカーを吊るのが必須となり、工事が要ります。 これらの手間を考慮すると重要度はそれほど高くありません。

 

 "ワイド"は、サラウンドを後ろ置きした場合の前方・側面音を補完するために置きます。 一般的ではありませんし、狭小部屋且つサラウンドが前置き・横置きなら必要なし、です 

 

 

 

■ サブウーファー

 

 サブウーファーの置き方には(同じ部屋に置くという以外)指定はありません。 名目上、ウーファーが発生させる低域音は方向性(指向性)に乏しい、つまりどの方向から来ているか知覚しにくいとされているためです。

 

 とはいえ、様々な体験談から大体よいとされている場所もあります。 それはセンターとフロントL、またはフロントRの間です。 理屈は分かりませんが、この場所に置くとサラウンド感が増すという報告が多数あります。 丁度アンプの近くになりますし、ライン(RCA)ケーブルや電源ケーブルが節約出来ますので異論はないでしょう 

 

 一部の高級機、最新機には、0.2ch分の出力があるという触れ込みのAVアンプがあります。 これにはサブウーファー出力が2系統装備されているのですが…、一部のサブウーファーには「ライン出力」が装備され、更にその先にウーファーを繋ぐ"数珠繋ぎ"にも対応します。 AVアンプ側で0.2ch分を制御する利点もあるのだと思いますが、0.1ch出力しかないアンプの場合でも、この数珠繋ぎや、二股RCAラインケーブルというものも売られていますので、この方法を低域音増強にご活用ください。

 

 一例として、SONY サブウーファー SA-W3000の取説(PDF)に数珠繋ぎが詳しく記載されています。 (同社ピアノ塗装シリーズSA-W7700は数珠繋ぎに対応しません)

 

 

 

■ 着座位置と自動音場補正(測定)

 

 スピーカーの周波数(音圧差)は設置位置、視聴位置で如実に変化します。 フロントスピーカーのツイーター、もしくはミッドレンジ(スコーカー)がなるべく耳と同じ高さになるよう、スピーカーと着座位置を調整します  AVアンプに装備された自動音場補正はそういった誤差も修正する働きがありますが、やはり物理的に調整できる部分はやっておきましょう。

 

 自動音場補正を掛ける際も、測定マイクの位置・高さは着座位置への正確な設置を心がけます。 位置が違うと、AVアンプの機種やお部屋の材質/構造によっては、周波数補正・低在波コントロールに誤差が出ます。

 

 

 

――――――――――――――――――――

 

 

 

ホームシアターおさらい解説 計画編

ホームシアターおさらい解説 概要編vol.1

ホームシアターおさらい解説 概要編vol.2

ホームシアターおさらい解説 ルーム整備編

ホームシアターおさらい解説 AVアンプ選び編

ホームシアターおさらい解説 スピーカー選び編

ホームシアターおさらい解説 サブウーファー編

ホームシアターおさらい解説 自動音場測定編

ホームシアターおさらい解説 スピーカー配置編

ホームシアターおさらい解説 BDプレーヤー選び編

ホームシアターおさらい解説 映像機器編

 

 

* ブログ形式なので続けて読みにくい面がありまして申し訳ないです。 当連載は⇒の"ホームシアター解説"タグもご利用ください。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ホームシアターおさらい解説... | トップ | 暑中お見舞い申し上げます 2011 »
最近の画像もっと見る

ホームシアター解説」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事