ひよこ造船工房

納期遅れ常習犯の船大工。 猫画、オーディオ、たまに造船記♪ since 2008.11

大航海時代Online 『カスタム造船』 実践&超過強化編

2017年09月02日 | 大航海時代Online

 

 実践編です。 あくまで実践編なので、『サイキョーの海戦戦闘艦』ではなく…、自身の設計思想(恥w)でつくった船の工程を順を追って紹介するだけです^^;

 

※ 規定回数を超過する強化をする前に、その船で『再強化』(主に低Lv船で規定強化回数を増やす従来仕様の意味)ができるかどうかをwikiや商会開拓街で調べてみてください。 1回でも超過した強化が成功するとその後『再強化』が受けられなくなります。(『再強化』は乗船必要Lvを増やしてしまうので一概に『再強化』が必須ということはありません。ケースバイケースです)

 

 

 

■ 建造する船 

 

 

 『マルタ騎士団ガレー』ちゃんですね。 新実装船ですし、白兵艦は弄るところが多くて解説に向くと思いましたw 用途は一応、対NPC収奪です。

 

 

 

■ シップリビルド

 

 …相変わらずスクショがなくてスミマセン…。

 

 私は最初にシップリビルドG3を済ませてしまうタイプです。 白兵戦を基本にしていてコワイのは、接舷直前にピヨる(混乱する)ことです。 そこで、付けていると味方全艦が被弾で混乱しなくなる『司令塔』を付けます。 マルタガレーのオプションスキル候補には『司令塔』が無いので他船から継承させます。 『司令塔』が付く大型の船の最安船種は『戦闘用ガレオン』でしょうか。 店売りを買い、スキル付与で『司令塔』を投入して付けます。 次に『司令塔』が付いた『戦闘用ガレオン』を一旦G1に上げ、それからマルタガレーG0と合成。 G0にG1を食わせると、商会街造船所(R3)でなら何もしなくても合成成功確率が100%になるのでオススメ。 変なストレスを溜めないための一手間です^^; (高Lv船でシップリビルドを行うには高い造船Rが必要です。ご注意!!)

 

 船型式は最終的に『高速戦闘艦』にするんですが、ここで一旦、上記にて『司令塔』を継承させた『マルタ騎士団ガレー(G1)』を『高速戦闘艦』に調整します。 マルタガレーは戦闘艦なので、調整だけなら店売りの『大型キャラック(G0探検船)』を投入すれば(しつづければ)可能です。 で、この際絶対に合成を成功させてはいけません^^; 商会街造船所で合成を行うと数%の確率で成功してしまうので、他の港の造船所で行うことをお勧めします。

 

 『マルタ騎士団ガレー(G1)』が『高速戦闘艦』になったら、それをG2に上げるための素材船G2の用意。 この素材船は商会街造船所に戻って店売りの『戦闘用ガレオン』の同G同士を何度か合成し、『戦闘用ガレオン(G2戦闘艦)』を作って合成。 わざわざG2を作るのは手間と感じますが、『マルタ騎士団ガレー』は特殊な新造船であるため、合成費がバカ高くつきます。 同G同士だと成功率がまだ低いため、船型式を含めて安定・安価に進めるために安い高G素材船を喰わせる方法が適しています。

 

 『マルタ騎士団ガレー(G2)』の船情報を見てみます。 この時点で船型式はおそらく『戦闘艦』か『汎用艦』になっているかと思います。 でもご安心。 ここまで失敗がなければ、G3に上げるときに船型式『探検船』のみで作った『探検船G3』を投入すれば『高速戦闘艦』にすることができます。 素材船の船型式探検船G3は『大型キャラック』を合成して作ります。

 

* …とはいえ、現在の仕様では規定回数を超過した強化も行えるので、船型式はそんなにストイックでなくとも構わないと個人的には感じています^^; 過去のシップリビルド記事、費用や成功率は当時と変わった部分がありますが大筋の進め方は参考になると思います。

 

 

 

■ 付与スキル

 

 ・ 『直撃阻止』 (OP)

 ・ 『漕船補助』 (OP)

 ・ 『対砲撃装甲』 (OP シップリビルドボーナス スキル枠追加)

 ・ 『司令塔』 (シップリビルドボーナス スキル継承)

 ・ 『排水ポンプ』 (専用艦スキル)

 

 『直撃阻止』は接舷に向かう際に頭クリティカルを食らわないため。 『漕船補助』は戦闘時に一々『漕船』スキルを切るのが面倒になったため^^; (対N用だからいいでしょうw)

 

 『対砲撃装甲』はこれだけでマスクデータ装甲+10程が得られるため、付けることができるなら下手な強化やシップリボーナス装甲強化を得るより後々のスキル選択の幅も広がると考えました。 今回は船自身が持つスキルだったのでスキル枠追加で。

 

 接舷直前の不意な被弾で混乱しないように『司令塔』をシップリビルドボーナスで継承。 その代わりに個人的に崇拝している『水密隔壁』の継承は断念。 念のため専用艦スキルで『排水ポンプ』を付けました。

 

 

 

■ 規定回数までの強化素材

 

 【凡例】 ・強化回数 帆 砲門 兵装 兵装 (***は投入せずの意)

 ・造 大型2層櫂船 各国公用装材 

 ・1 大ストームセイル 改良大型砲門 舫綱 舫綱

 ・2 大ガフセイル 改良大型砲門 舫綱 舫綱

 ・3 大スクウェアセイル 改良大型砲門 特注大型オール 特注大型オール

 ・4 大ラティーンセイル 改良大型砲門 特注大型オール 特注大型オール

 ・5 大スクウェアセイル 改良大型砲門 特注大型オール 加工鉄板

 

 解説。 今回も機動性に振った強化にしようと考えました。 これまで漕ぎ強化が中途半端な将官用ラ・レアルを運用してきて、漕船スキル発動時でも速度に対し疑問があったため、マルタガレーでは帆はともにMAXを目標にするのはもちろん、漕力にも振って速度が出るか半ばお試しのつもりで上げてみようと考えました。 舫綱が入っているのは、特注大型オールの旋回マイナスを補い、旋回も強化するためですね。

 

 毎回改良大型砲門が入っているのに疑問があると思います^^; 白兵艦なので、基本的に砲は積まないつもりですが、もし砲を積むとなっても倉庫を圧迫することを防ぐために入れています。 (ちなみに私は加速優先主義ではなく、対Nでは戦闘継続性重視として倉庫を標準か旋回に影響がない程度に多めにとっています)

 

  ここまで、規定回数内の強化は、数値変動で値は前後するものの発注は必ず通ります(成功します)。 高めたい強化値を規定内に優先するのはもちろん、その中でも"ゲーム内で"入手難な素材を優先的に入れていきます。 …理由は規定回数を超過した強化にあります^^;

 

 

 

■ 規定回数超過強化

 

 ・6 大ラティーンセイル 改良大型砲門 強化ロープ 強化ロープ

 ・7 大スクウェアセイル *** 強化ロープ 強化ロープ

 ・8 大ラティーンセイル *** 強化ロープ 強化ロープ

 ・9 大スクウェアセイル *** 特殊船倉 加工鉄材 

 ・10 大ラティーンセイル *** 加工鉄材 加工鉄材

 ・11 大スクウェアセイル *** 加工鉄材 加工鉄材

 

 さていよいよ規定回数を超えた強化です!!( ゚∀゚)o彡゜

 

 規定回数を超えた強化の発注にはその船の乗船Lvに応じた高い造船ランクが必要です。 それと"成功確率"も設定されており、超過1回目70%、同2回目60%と下がっていきます。 7回目は10%、10回目の成功確率に至っては1%まで下がりますヾ(:3ノシヾ)ノシ 強化の成否はすぐ結果が出るため、確認のために海に浮くなんてことは無くそれが救いです…。(成功したらいつものように海に浮いて完成を待ちますw)

 

 個人的には、対人船の強化ではないですし、続けると精神に異常をきたしてしまいそうなのでここらで打ち止めとさせていただきます…(。。

 

 では投入素材の解説。 強化の発注に失敗すると、船は大丈夫なものの素材(と費用)は消失してしまいます。 そのため、規定回数を超えた強化分にはなるべくゲーム内で用意しやすい素材を入れる事が手間を減らすのに有効です。 他、パーフェクトな船(?)を目指すにしても、予算・素材の準備的に何十回の強化を一度にはしにくいので、とりあえずその船の用途的に即活躍できそうな強化を先に実行し、他を努力目標とするのも精神的にオススメです。(←経験上、強く推奨^^;)

 

 汎用品(店売り素材)でも、他の数値を下げないもの、そもそも高めの数値を持つものなど、結構いいものがありますので考えどころです。 (基本、大型用として記述)

 

 ・ 汎用セイル (わずかに帆がMAXに届かなかった場合や、安いので兵装1つのお供に)

 ・ 減揺水槽 (大型であれば、汎用品でも船匠室、渡し綱並みの対波を持つため)

 ・ 加工鉄材 (EUで作れるため無尽蔵?に投入可能。一緒に帆やマストを入れると適)

 ・ 汎用装甲板 (帆を減らさないため、『目標まであと1-2』なときに良い)

 ・ 蒸気部品 (帆船のみ。自国が産業革命中であれば鋼の砲弾を持ち込み無尽蔵に作れる)

 ・ 汎用拡張倉庫 (交易船で、船室を減らしたくない・減らせない時に)

 

 その他、可搬レシピで作れたり、国籍・投資実績によって材料が潤沢に用意できる素材も適していますね。 私の場合は強化ロープのレシピを持っていて、国籍がネデでウィレムスタットのサイザル麻が買えるため、強化ロープの投入を超過強化時に回してガンガン耐久力強化を試行しました^^; 闇に消えた素材は数多… 費用面ではシップリビルドの極初期には及びませんが、素材用意の手間はかかりましたw

 

 

 

■ その他特記

 

 ・ プレーヤーズバイブル、パッケージ付属(に準ずる(*))素材を混ぜると強化成功率が100%

 ・ ゲーム内レアのストームセイル系を混ぜても成功率100%にはならない

 ・ 市長用素材(**)は混ぜても成功率100%にはならない

 ・ 超過強化の成功率下限は1%、強化費用上限は100M(鉄道投資効果(返金)が適用される)

 ・ 強化可能回数は無制限?(***)

 

 (*) 詳細な分け方については不明。 ゲーム内で配布された取引可能レア素材はこれに含まれた。

 (**) PB、パッケ付属品と同名の素材があるが、取引不可品は100%にはならない。

 (***) 公式スクショに大型1船の強化回数26回というものがあり…、おそらくほぼ無制限だと思われる。

 

 

 

■ いちおう…完成!!

 

 

 超過8回目の成功率は5%に下がりますからね…。 とりあえず、対NPC戦闘艦に必要な数値は満足いく結果になったと思います。 残り、旋回と対波や船室は…、今後ドゥカートが溜まったときにちらっと試行してみる程度で…。 まぁそこまでするのは完全にオーバースペックの数字厨になってしまうので、これで終了でいいと思ってますw

 

 ここまでご高覧ありがとうございました(=゚ω゚)ノ 次回は新仕様で船強化をしてきて気づいた点や造船に関する噂話(?)などをお送りする予定です。

 

 

 


 

 

 

大航海時代Online 造船新仕様『カスタム造船』 はじめに

大航海時代Online 『カスタム造船』 新造・規定回数強化編

大航海時代Online 『カスタム造船』 オプションスキル付与編

大航海時代Online 『カスタム造船』 実践編

大航海時代Online 『カスタム造船』 船データ個人的検証編

大航海時代Online 『カスタム造船』 冒険船建造方針

大航海時代Online 『カスタム造船』 交易船建造方針

大航海時代Online 『カスタム造船』 戦闘艦建造方針

大航海時代Online 『カスタム造船』 その他つれづれ編

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 大航海時代Online 『カスタ... | トップ | よその猫ちゃん 47 »
最近の画像もっと見る

大航海時代Online」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事