ひよこ造船工房

納期遅れ常習犯の船大工。 猫画、オーディオ、たまに造船記♪ since 2008.11

続・ホームシアター構築の手引き はじめに

2018年02月01日 | ホームシアター解説

■ 緒言

 

 もう既にブログタイトルから逸脱して定着している、オーディオ、ホームシアター記事^^;

 

 昨今、4Kの普及や有機ELテレビ(カラーフィルター式)の登場とそれら低価格化、色彩のHDR化や新映像音声規格の登場、BSでの4k放送開始のアナウンスなどなど…。 地デジ切り替えの頃ほどではないですがオーディオビジュアル機器の買い替え・新調機運が高まっています。

 

 そこで過去の記述になりつつある当ブログのホームシアター解説を再構成しようと考えました。 なにぶん、専門家ではない素人のボランティア?解説なので、新登場規格や各メーカーの設計思想などは読み切れていない部分・説明抜けな部分もありますが、基本の『k』の字としてホームシアター構築のきっかけにしていただければと思います。

 

 

 

■ ホームシアターで何ができる??

 

 "シアター"というくらいですので、映画ディスク/ソフト、放送波の映画を大画面とド派手な音声で視聴するのが基本の使い方。

 

 それ以外にも、音楽CDを聴いたり、5.1ch分のスピーカーを鳴らせる音声データが入ったSACDという音楽ディスクの再生や、音楽DVD/ブルーレイの再生もできる、ステレオ/サラウンドオーディオセットとしても活躍できます。 他にも、AVアンプ・ブルーレイプレーヤーに装備されたUSBからストレージに入った動画・楽曲の再生ができたり、有線/無線LANでホームネットワークと接続すれば、NASに入っている動画・楽曲が再生できるデジタル再生機としての面も充実しています。

 

 ちょっと昔のオーディオ常識からすると、"音に悪影響があるデジタルの巨大な塊"でもあるので、『けしからん』状態でしょうけども…^^;、一旦揃えてしまえばオーディオビジュアル趣味が一気に豪華になるコト請け合いです。

 

 

 

■ 我が家のホームシアター装備 2018.1

 

 ・ ディスプレイ : 4k液晶 SONY KJ-49X8300D (2016年製 製造終了)

 ・ BDプレーヤー : 2kBD再生機 SONY BDP-S6700 (2016年製)

 ・ AVアンプ : Pioneer SC-LX83 (2010年製 製造終了)

 ・ フロントスピーカーLR : SONY SS-NA2ES (2010年製 製造終了 peは現役)

 ・ センタースピーカー : SONY SS-CN5000 (2007年製 製造終了)

 ・ サラウンドスピーカーLR : SONY SS-F6000 (2007年製 製造終了)

 ・ サラウンドバックスピーカーLR : SS-F6000 (〃)

 

 ディスプレイとサラウンド・センタースピーカーが言う割に貧弱ですが、この程度でも満足しているユーザーがいるということで見てください。 ここに掲載の機器の購入総額は実購入額で80万円台です。 KJ-49X8300Dは前使用テレビの修理不能交換品のため、導入時点のソニーストア通販価格で算定しています。

 

 

 

 

 


 

 

 

続・ホームシアター構築の手引き はじめに

続・ホームシアター構築の手引き ディスプレイ編

続・ホームシアター構築の手引き プレーヤー編

続・ホームシアター構築の手引き アンプ編

続・ホームシアター構築の手引き スピーカー配置編

続・ホームシアター構築の手引き スピーカー選定編

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よその猫ちゃん 52 | トップ | 続・ホームシアター構築の手... »
最近の画像もっと見る

ホームシアター解説」カテゴリの最新記事