美咲ちゃんちの投稿記録

保育士と3人の育児と中国新聞天風録川柳、ヤングスポットへのコメント、イクちゃんブロガーの取材、3世代新聞投稿の記録

イクちゃんサービス店「さくらぴあ」フルートサロン

2016-05-11 14:03:06 | イクちゃんサービス店紹介
イクちゃんサービス店「さくらぴあ」でフルートサロンに参加しました。



月1回あります。

先月は行かれませんでした。

以前にもブログで書きましたが、フルートサロンで3回目にアンサンブルをみんなの前で発表します。

今回は3回目でした。

先月行ってなかったので、すっかり忘れてました。

「ハナミズキ」と「チムチムチェリー」をアンサンブルしました。

今日の発表は「ハナミズキ」は3人。

「チムチムチェリー」は2人で。

私は「チムチムチェリー」の2ndにしました。

なんせ、練習をしてなかったので、2ndなら、高い音も少ないだろうと思い、選んだらとんでもないパートでした。

1stのように高い音でメロディーも多く、ああやっちまったと思いました。

それを2人で吹く。

「100回の練習より1回の本番」という言葉があるようにみんなの前で発表することでたくさんのことを得られるということを聞いて、気持ちを切り替えてがんばりました。

練習をしなくてもいいという意味ではありません。

ただ、みなさんの前で吹くことは一人の練習より得るものが大きいということだと思います。

今回、出席は7名でした。

「ハナミズキ」は1グループ。

「チムチムチェリー」は2グループ発表しました。

他の人の演奏も聴くことができたということです。

自分が吹くことも大事だけど人の演奏を聴くことも本当に大事だなあと思いました。

フルートを吹く時、緊張して、口の形が変わったらすぐ音が出なくなっていました。

特に高い音はすぐ出なくなります。

でも、だんだん高い音も出るようになってきました。

それはなぜかというと「歌うように吹く」という吹き方を習ったからです。

私は口の形ばかり気にしていて、のどの奥も固くなっていました。

のどの奥も広げて、オペラのように歌うように吹くことで高い音も以前より楽に出るようになりました。

フルートが宝物で眠ったままだったことを思うと、音が出せる喜びは大きいです。

これからも職場などで吹いたり、本番を自分で作っていくようにして、上達したいです。

しかも、フルートは吹くとやせるそうです。

イクちゃんサービス参加店情報

はつかいち文化ホールさくらぴあ

http://www.ikuchan.or.jp/service/shop/01500_0001.html

イクちゃんブロガー紹介ページへ

http://www.ikuchan.or.jp/service/bloger/

このブログはイクちゃんブロガーに記事を提供しています。

http://www.ikuchan.or.jp/service/




コメント   この記事についてブログを書く
« 遠足雨弁当 | トップ | 救急講習を終えて »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

イクちゃんサービス店紹介」カテゴリの最新記事